さらに条件を追加する
LIBRARY

台風時のサッシからの吹き込みを防ぐ方法

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
タグ
台風時のサッシからの吹き込みを防ぐ方法

説明 台風のときに、サッシから雨が吹き込んできてお困りではありませんか?「台風のときだけだから、我慢しようかな」と軽く考えがちですが、しっかり備えておくことで窓枠や内装への被害を発生させず、建物の劣化を防止できます。そこで今回は、台風時のサッシからの吹き込みを防ぐ方法についてご紹介いたします。

台風のときに、サッシから雨が吹き込んできてお困りではありませんか?

横殴りの雨が大量に吹き付けるとサッシから水が漏れてくる、という症状に悩まされている人も多いと思います。

「台風のときだけだから、我慢しようかな」と軽く考えがちですが、しっかり備えておくことで窓枠や内装への被害を発生させず、建物の劣化を防止できます。

そこで今回は、台風時のサッシからの吹き込みを防ぐ方法についてご紹介いたします。

台風時にサッシから雨が吹き込む原因

普段の雨では何も起こらないけれど、台風が来ると雨が吹き込むというときは、まず雨の向きや量が関係している可能性があります。

また、雨漏りの初期症状が起こっているケースも考えられるため、サッシから雨水が吹き込んでいたらできるだけ早く原因を特定して対処することをおすすめします。

そこでまずは、台風時にサッシから雨が吹き込む原因についてご紹介したいと思います。

吹き込みの原因1.引き違いからの浸水

サッシの引き違いには、窓を動かすための戸車を収納する部分や、窓を動かすためのレールが溝を作っているため、構造上どうしても隙間のある箇所ができてしまいます。

隙間から雨水が入ってきた場合、ある程度は外側の窓枠から排水できるようになっています。しかし、台風などで大量に水が流れ込み、一度に排水できる量を超えてしまうと室内側に浸水することがあります。

また、暴風をともなう雨で横方向から雨が吹き付けた場合、引き違いの隙間から雨水が浸入する可能性も考えられます。

吹き込みの原因2.窓枠からの雨漏り

窓サッシは、コーキングという充填材で外壁と接着されています。コーキングが雨水や砂ぼこりで劣化すると、破れて隙間ができ、そこから雨水が浸入することがあります。

劣化状態が初期のもので、まだ隙間が小さい場合は台風のように大量に雨が降ったときだけ症状が現れる可能性があります。

また、経年劣化により窓枠が歪んで隙間ができると、その箇所が雨水の浸入経路となることがあります。

吹き込みの原因3.ガラスと窓枠の間からの雨漏り

サッシ部分とガラス窓のつなぎ目に使われるゴムパッキンも、コーキングと同様に雨風や経年により劣化していきます。

窓ガラスのゴムパッキンが摩耗して隙間ができると、その部分から雨水が吹き込んでくるケースがあります。

ゴムパッキンの劣化が進むとガラスが外れやすくなって危険なので、水漏れや摩耗を見つけたら早めに交換や補修を行いましょう。

吹き込みの原因4.外壁からの雨漏り

サッシ付近の外壁にひび割れが起こっていると、ひび割れから浸入した雨水がサッシから流れ出てくることがあります。

室内側にある窓枠付近の壁紙がふくらんでいる、めくれているなどの症状が出ていることで浸水に気が付くケースもあるので、台風時には壁紙など内装のクロスの状態にも注意しましょう。

サッシからの吹き込みを防ぐ方法

ここまで、台風時にサッシから雨が吹き込む原因についてご説明いたしました。

破損箇所があったときは早めに修理するのが望ましいですが、すでに台風が来ていたり、近づいている状態ではすぐに修理するのは難しいと思います。

そんなときは、サッシや窓枠に応急処置を行ってみましょう。ここでは、サッシからの吹き込みを防ぐ方法をご紹介いたします。

雨戸・シャッターを閉める

雨戸が設置されているサッシの場合は、雨戸を閉めてサッシを保護しましょう。

雨水の吹き込みだけではなく、風で飛んできた物が窓ガラスに当たって破損するのも防ぐことができます。

レール部分の水を吸い取る

レール部分に雨水が溜まってあふれてしまっているときは、レールの水を拭き取る、吸い取るなどで水気を取り除きましょう。

引き違い部分のレールに雑巾や吸水シートを敷いて、吹き込んでくる雨水を吸収しながらせき止めておくことで、応急処置が可能です。

ただし、水を吸い取りすぎて逆に雨水を引き込んでしまう可能性もあるため、レール部分いっぱいに敷き詰めるのは避けましょう。引き違い部分に、堰(せき)を作るようなイメージで設置すると効果的です。

室外側のレールにごみが溜まっていないかをチェック

レールに水が溜まっている場合、台風による大量の雨水で排水が追い付いていない状態になっている可能性があります。

上記の理由に加えて、レールに枯れ葉や泥が詰まっているために雨水が溜まりやすくなっているケースも考えられます。

排水機能を劣化させないように、台風前には室外側のレールにごみなどが詰まっていないかをチェックしておきましょう。

網戸の位置を変える

雨戸がない窓でも、網戸の位置を変えると吹き込みを軽減できることがあります(引き違い窓の場合)。

網戸の位置を室外側に近い方にあるサッシと反対側にすると、サッシが互い違いになって雨が吹き込みにくくなります。

防水テープを貼り付ける

窓枠やガラス窓のゴムパッキンから雨が吹き込んでいるときは、防水テープを貼り付けて隙間を塞ぎましょう。

貼り付ける箇所の水気を拭き取ってから、空気が入らないように下から上に向かって貼る方法がおすすめです。テープの隙間ができている部分より少し広めに貼ると、テープの縁から雨水があふれるのを防ぐことができます。

防水テープには、アルミ製やゴム製、屋内・屋外用などさまざまな種類がありますが、一部の製品は窓サッシへの使用ができないため、購入時に確認しておきましょう。

サッシからの吹き込みを修理する方法

吹き込みの原因が雨漏りだったときは、症状が進行する前に雨漏り箇所を修理することが重要です。

また、サッシまわりの設備を見直すことで症状が改善する場合もあるので、毎回台風のたびに雨が吹き込んで気になるという人は、設備の交換も考えてみるといいかもしれません。

ここからは、サッシからの吹き込みによる雨漏りを修理する方法についてご紹介いたします。

雨漏り修理を行う

サッシや外壁の破損により雨漏りが発生している場合は、早めに専門の業者に相談して修理を依頼することをおすすめします。

サッシが原因とわかっていても、調査でほかの場所に破損が見つかる可能性もあります。

雨漏りを完全に直すには、破損箇所をすべて補修する必要があります。見落としがないように、修理は専門の知識と技術を持った業者に任せた方が安心です。

窓サッシの交換をする

窓サッシが経年劣化していると、引き違い部分や窓枠に隙間ができやすくなります。補修箇所が多いときは、窓サッシを全体交換することも検討してみましょう。

また、古いタイプの窓枠は排水機能が少なく雨水がレール部分に溜まりやすいことがあります。

排水弁などが取り付けられた比較的新しいタイプの窓サッシであれば、雨水がたまりにくく吹き込みが軽減できる可能性があります。

雨戸・シャッターを後付けする

雨戸は、後から取り付けることも可能です。よく吹き込みが起こるけれど窓に雨戸が付いていない、という場合は雨戸を後付けする方法もあります。

よくある引き戸タイプのほか、じゃばら状になっているものや、自動で開閉ができるタイプなどさまざまな種類が販売されています。

台風時のサッシからの吹き込みを防ぐ方法まとめ

今回は、台風時のサッシからの吹き込みを防ぐ方法についてご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

台風時は雨の方向や量が普段の雨天とは異なるため、サッシの隙間から吹き込んだりレールからあふれることがあります。また、雨漏りの初期症状が起こっていることも考えられます。

サッシからの吹き込みを防ぐときは、水を吸い取ったり、雨戸や網戸、防水テープなどでサッシを保護するなどの対策を取りましょう。

破損などで修理交換が必要な時は、早めに業者に相談しておくことをおすすめします。

生活救急車では雨漏り修理を承っておりますので、お困りの際はお気軽にご相談ください。まずは、現地見積もりからご対応させていただきます。