さらに条件を追加する
LIBRARY

シャンプー台の水漏れ修理のやり方と業者に依頼したときの費用相場に…

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
タグ
シャンプー台の水漏れ修理のやり方と業者に依頼したときの費用相場について

説明 シャンプー台の水漏れ修理のやり方を探していませんか?シャンプー台の修理は原因の特定ができれば、自分で修理することも可能です。そこで今回は、シャンプー台の水漏れ修理のやり方と業者に依頼したときの費用相場をご紹介します。

シャンプー台の水漏れ修理のやり方を探していませんか?

シャンプー台の水漏れは、コマパッキンの劣化やホースの劣化などさまざまな

原因が考えられます。そのため、原因を特定することが解決につながります。

簡単に自分で修理できる場合もあるので、コストを抑えたいという方は挑戦してみるのもおすすめです。

そこで今回は、シャンプー台の水漏れ修理のやり方と業者に依頼したときの費用相場をご紹介します。


シャンプー台の水漏れ修理は「原因の確認」からスタート

シャンプー台の水漏れといっても、原因はさまざまです。これを特定できないと修理をすることができません。

まずは、どこから水漏れが起きているかを調査しましょう。


シャンプー台の水漏れの症状から原因を調べる

シャンプー台の水漏れは、主に下記の2種類があります。



それぞれどんな原因が考えられるのかを、次よりご紹介いたします。


シャワーヘッドから水漏れが起きているときの原因

ハンドルをしっかり閉めても、シャワーヘッドの水がポタポタ止まらないという症状が起きているときは、コマパッキンの劣化が原因のことがほとんどです。

ハンドルの部品であるコマパッキンは、メンテナンスをせずに使い続けると固くなり、閉めても水がしっかり止まらなくなってしまいます。

この場合はほとんどが、パッキンの交換をすることで改善されます。


>>>パッキンの交換方法

シャンプー台下から水漏れが起きているときの原因

シャンプー台下から水漏れが起きている場合は、以下の2つの原因が考えられます。


シャワーホースの劣化

パッキンと同じくシャワーホースもだんだん劣化します。メンテナンスを行わないと亀裂が入って割れることで水漏れが起きてしまいます。

この場合は交換が必要になりますが、同じものが用意できないとハンドルなどもすべて交換しなければならないこともあります。


>>>シャワーホースが原因の場合の対処法

排水口詰まりによる水漏れ

シャワーホース以外にも排水口の詰まりによって水漏れが起こる場合もあります。シャンプー台は頭を洗う場所なので、髪の毛やシャンプー・トリートメントなどを毎日使うため、汚れがたまりやすくなります。

排水口が詰まってしまったらラバーカップやパイプクリーナーで詰まりを解消しましょう。


>>>排水口詰まりが原因の時の対処法

シャンプー台の水漏れ修理のやり方

シャンプー台の水漏れ修理は、主にパッキンの劣化が原因です。このパッキンの交換作業は比較的簡単なため、自分で交換することもできます。

しかし、部品の取り外しには少々力がいるため、外せないときは無理に行わないようにしましょう。

ここでは、DIYを行うときに必要な道具と手順をご紹介します。


シャンプー台の水漏れ修理に必要な道具

シャンプー台の水漏れ修理には以下の道具を揃えましょう。


  • ・ウォーターポンププライヤー
  • ・マイナスドライバー
  • ・プラスドライバー
  • ・新しいコマ

ウォーターポンププライヤーがないとき、使われているスピンドルによってはモンキーレンチで代用できる場合があります。


シャンプー台のハンドル部分からの水漏れ修理の手順

シャンプー台のコマを交換することで、蛇口からの水漏れを改善することができます。以下の手順で交換行いましょう。

  • 1.シャンプー台の下に設置されている止水栓を止める。
  • 2.マイナスドライバーでハンドルの上蓋を取る。
  • 3.プラスドライバーでネジを外し、ハンドルを取る。
  • 4.ウォーターポンププライヤーでスピンドル・コマを取り外して新しいものに交換する。
  • 5.逆の手順で元に戻す。
  • 6.止水栓を開けて、水漏れがないか確認する。

シャワーホースから水漏れしているとき

シャワーホースからの水漏れは、シャワーから水が滴り落ちてホースを伝って漏れてしまうことが原因です。これが起こることを前提に、基本は水受けが取り付けられていることがほとんどです。

しかし、ホース自体に亀裂が入ったりしていると、シャワーホースを交換するしか方法がありません。

万が一廃盤になってしまっていて全く同じシャワーホースが用意できないときは、水栓、ハンドルと共に全交換が必要になってしまいます。


詰まりによる水漏れが起きているとき

シャンプー台は頭を洗うため、髪の毛やシャンプー、トリートメントなどで排水管がすぐに汚れてしまいます。

詰まりによる水漏れは、詰まりを解消させる必要があります。汚れによる詰まりの解消にはラバーカップやパイプクリーナーなどを使いましょう。何かを落としてしまったときは、排水トラップのフタを外すと取り除くことができます。

程度が軽ければこれで解決することができます。自分で対処できないときは、業者に依頼して直してもらうようにしましょう。


シャンプー台の水漏れ修理を業者に依頼する費用相場

シャンプー台で水漏れが起きたときに、業者に依頼して直してもらおうと思う方も多いと思います。

いざ修理を行うときにどのくらいの料金がかかるのか分かっていると、業者を比較して選ぶことができます。

そこでここでは、生活救急車で実際に対応した事例をいくつかご紹介したいと思います。業者に依頼する際のご参考になれば幸いです。


生活救急車でシャンプー台の水漏れ修理をした料金事例

生活救急車で対応した事例をいくつかご紹介します。


※作業当時の料金のため、料金形態・税率が異なる場合がございます。


配管の水詰まり除去

  • 項目内容 料金(税込)
  • 屋外配管の水詰まり除去 34,560円
  • ローポンプ作業 7,560円
  • 基本料金 4,320円
  • 合計 46,440円

>>>事例の詳細はこちら


洗面所の水漏れ修理

  • 項目内容 料金(税込)
  • 基本料金 4,320円
  • 洗面所の水漏れ修理 10,800円
  • 合計 15,120円

>>>事例の詳細はこちら


シャンプー台止水カートリッジの交換対応

  • 項目内容 料金(税込)
  • 止水カートリッジ交換 8,640円
  • 合計 8,640円

>>>事例の詳細はこちら


シャワーホース交換作業

  • 項目内容 料金(税込)
  • シャワーホース交換 4,320円
  • 合計 4,320円

>>>事例の詳細はこちら


シャンプー台の水漏れ修理のやり方と費用相場まとめ

今回はシャンプー台の水漏れ修理のやり方と費用相場をご紹介しました。

シャンプー台の水漏れの原因はパッキンの劣化やホースの劣化などさまざまです。原因を特定することができれば自分で修理を行うこともできます。

しかし、自分で修理を行うのが不安なときや、改善されないときは業者に依頼して修理をおこなうのがおすすめです。水漏れはそのままにしておくと二次災害が起こる可能性があるため、放置はやめましょう。

生活救急社でも水漏れ修理を承っております。シャンプー台の水漏れにお困りの方は、お気軽にご相談ください。