さらに条件を追加する
LIBRARY

雨漏りを内側から修理する方法~自分でできる応急処置~

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
タグ
雨漏りを内側から修理する方法~自分でできる応急処置~

説明 室内で雨漏りがして、お困りではありませんか?雨漏りの水が建物の内側まで侵入すると、壁や天井などの内装にも影響をおよぼします。放っておくとどんどん家の中を濡らしてしまうので、できるだけ早く対処したいですよね。そこで今回は、雨漏りを内側から修理する応急処置の方法をご紹介したいと思います。

室内で雨漏りがして、お困りではありませんか?

雨漏りの水が建物の内側まで侵入すると、壁や天井などの内装にも影響をおよぼします。放っておくとどんどん家の中を濡らしてしまうので、できるだけ早く対処したいですよね。

自分ですべて修理するのは難しいですが、雨水の侵入を一時的に止めたり、剥がれかけた壁紙を補修したりといった応急処置であれば自力で行うことも可能です。

そこで今回は、雨漏りを内側から修理する応急処置の方法をご紹介したいと思います。

内側に起こる雨漏りの症状

雨漏りは、屋根や外壁など建物の外側にできた隙間から雨水が入り込むことで発生します。

建物の内側まで雨水が侵入すると内装や家財にも悪影響が出るため、できるだけ早期に発見して対処したほうが被害を少なく抑えられます。

そこでまずは、内側に起こる雨漏りの症状についてご紹介いたします。

壁や天井の雨染み

外から侵入した雨水が建物内に染み込んで、壁紙や天井のクロスにくすんだ色のシミを作ることがあります。

壁や天井にできたシミで、建物内部の雨漏りに気付くという人はかなりたくさんいます。

また、木材は濡れると変色しやすいため、和室の天井板でも雨染みが発生する可能性があります。

壁紙や天井クロスの浮き・剥がれ

雨漏りで壁や天井が濡れると、内装に使われている壁紙やクロスが湿気で歪み、膨らんだようになります。

これは、クロスの接着剤が水に濡れて、部分的に弱まっている状態です。さらに接着力が低下すると、クロスが浮いたり、めくれ上がって剥がれてしまうことがあります。

壁・天井の症状が進行するとカビの原因に

雨染みやクロスの浮き・剥がれなど内装の症状は、進行すると黒ずんだカビが発生する場合があります。

クロスの表面のカビだけでなく、室内全体からカビの臭いがしたり、クロスを剥がしてみると下地にカビができていたことで発覚するケースもあります。

カビの発生は建物全体の劣化にもつながるので、できるだけ早く雨漏りを修理し、カビが生えた内装は補修・交換をしましょう。

天井からの水滴

外から侵入した雨水が屋根裏を通って天井に流れ込み、室内にポタポタと落ちてくることがあります。

クロスを使用しない、板張りの天井でとくに起こりやすい症状です。

対策をしないと床が水びたしになってしまったり、床板や畳にカビが生える原因となります。また、家具や家電にかかると劣化や故障につながる可能性もあるため、見つけ次第すぐにバケツなどで水を受け止めておくようにしましょう。

サッシ・窓枠からの水漏れ

経年劣化によりサッシの引き違い部分に隙間ができたり、外側のコーキング材が破損・摩耗していると、雨が吹き込んで窓枠やその付近から水が漏れてくる可能性があります。

窓サッシから雨漏りしているときは、もしカーテンを付けていたら外しておきましょう。水が継続的にかかっていると、壁紙やクロスと同様にカビが発生することがあります。

内側の雨漏りを修理する方法

建物の内側で雨漏りが起きたら、まずは室内の水を拭き取ったり、天井から落ちてくる水滴をバケツやブルーシートで受け止めるなどの対処を行いましょう。

これだけでも応急処置にはなりますが、ずっと水の対応に追われるのは大変ですし、一時的でも水の侵入を止めたいと考える人もいると思います。

そこでここからは、内側の雨漏りを修理する応急処置の方法についてご紹介いたします。

修理方法1.防水テープを貼る

屋根裏や窓サッシなどに有効な対策です。アルミ製やゴム製の、防水機能を持つ粘着テープを雨水の侵入している隙間に貼り付けて使用します。

貼り付ける部分の水気を雑巾で拭き取ってから、接着面に雨水が侵入しにくいように下から上に貼り付けると効果的です。

一部のゴム製防水テープ(黒か白色の製品が多い)は、窓サッシに使用できないものがあるので購入時に注意書きの内容を確認しましょう。

修理方法2.クロスや壁紙の浮き・剥がれを修理する


引用元:Amazon

天井のクロスや壁紙が浮いている、剥がれているときは、症状が軽ければDIYでの補修も可能です。

たとえば部分的にめくれている程度であれば、ジョイントコーク(ヤヨイ化学の製品:ジョイントコークA)という内装用の接着剤でくっつけることができます。

クロス・壁紙の部分的なめくれを補修する手順

  • 1.下地の状態を確認します。汚れや水気があるときは、しっかり拭き取っておきましょう。
  • 2.下地にジョイントコークを塗ります。金属製のパテベラを使うと塗りムラがなくせます。
  • 3.めくれた方向と逆向きにクロスを押さえて貼り付けます。同じ方向にローラーを使って、下地と壁紙の間に入った空気を抜いておきましょう。

クロスが完全に剥がれ落ちていたり、劣化や汚れでもとのクロスが使えない状態になってしまっているときは、新しく貼り替えたほうがいいでしょう。

また、下地にカビが発生している場合は下地の交換も必要となり、DIYでの補修は難しくなります。業者に相談し、下地の補修工事を依頼することをおすすめします。

修理方法3.雨漏りでできた染みを清掃する

壁や天井にできた雨染みは、洗剤や漂白剤で落とせることがあります。

中性洗剤を使って、表面を傷つけないようにスポンジでこする方法がもっとも簡単ですが、汚れの種類によっては洗剤では落ちない場合があります。

そんなときは、漂白剤を使って落とす方法もあります。ただし、そのまま使うと色落ちなどの原因になるため注意しましょう。

雨漏りの染みを清掃する手順

  • 1.市販の漂白剤を水で10%~50%程度に薄めます。
  • 2.薄めた漂白剤を染みの部分に霧吹きなどで吹き付けます。
  • 3.漂白剤を吹き付けた部分を水拭きします。
  • 4.乾いた布で水気を拭き取ります。

上記の方法で、雨染みを薄くできることがあります。

ただし、漂白剤を使った部分が白くなってしまう可能性があるため、まずは隅の方など目立たない部分に霧吹きを使って変色するかどうかを確認しておきましょう。

漂白剤を使うときの注意点

漂白剤を使用するときは手袋とマスクを着用し、換気をしっかり行いましょう。

また、木目模様のある化粧板などに使うと、木目を消してしまうことがあるので注意が必要です。木目を消したくないときは、なるべく洗剤を使って清掃しましょう。

雨漏り修理を業者に依頼した場合の料金相場

応急処置を行った後は、できるだけ早く外側の雨漏りも修理しましょう。

外側の雨漏りは、専門の業者に相談して調査をしてもらったうえで、補修工事を依頼することをおすすめします。

ここでは相場をイメージしやすいように、生活救急車で行った作業事例をご紹介いたします。

外側の雨漏りは自力での修理が難しい

外側の雨漏りは、作業が難しく危険を伴う可能性もあるため、自力で補修を行うのはおすすめできません。

また雨漏り診断の知識がないと、外側の原因を特定するのは難しいでしょう。原因や建物の構造がわからないまま屋根などの隙間を埋めると、排水のための穴まで塞いでしまって雨漏りが悪化する結果にもなりかねません。

慣れない人が自力で修理しようとするとかえって損をする可能性もあるため、無理をせず専門の業者に任せたほうがいいでしょう。

生活救急車で行った作業事例

作業費用は、雨漏りの原因や建物の状態によって異なります。以下に一例をご紹介いたしますが、正確な料金を知りたいときは現地でのお見積もりをご依頼ください。

作業事例1.外壁ひび割れの補修工事

  • 項目内容 料金(税込)
  • 外壁塗装 64,800円
  • 合計 64,800円

>>>この事例の詳細を見る

作業事例2.瓦が5、6枚落ちた屋根の修理

  • 項目内容 料金(税込)
  • 屋根工事 124,740円
  • 合計 124,740円

>>>この事例の詳細を見る

作業事例3.割れた雨樋の修理

  • 項目内容 料金(税込)
  • 雨樋修理 35,000円
  • 合計 35,000円

>>>この事例の詳細を見る

雨漏りを内側から修理する方法・自分でできる応急処置まとめ

今回は、雨漏りを内側から修理する方法についてご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

建物の内側に現れた雨漏りの症状は、応急処置の範囲なら自分で修理することも可能です。一時的でも雨水の侵入を防ぐことで、被害の拡大を抑えられる場合もあります。

しかし、内側の応急処置だけでは根本的な解決ができないため、応急処置の後はなるべく早めに修理業者へ相談して外側からの補修を行うことをおすすめします。

生活救急車では雨漏りの修理を承っておりますので、お困りの際はお気軽にご相談ください。まずは、現地見積もりからご対応させていただきます。