さらに条件を追加する
LIBRARY

ネズミの毒餌の作り方~自作の罠で駆除したい人向け~

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
タグ
ネズミの毒餌の作り方~自作の罠で駆除したい人向け~

説明 ネズミ駆除に、自分で作った毒餌を使ってみようとお考えですか?購入した毒餌をそのまま仕掛けることもできますが、ネズミの種類に適した毒餌を自作することで駆除の効率をよくすることも可能です。今回は、自作の罠で駆除したい人に向けて、ネズミの毒餌の作り方をご紹介いたします。

ネズミ駆除に、自分で作った毒餌を使ってみようとお考えですか?

購入した毒餌をそのまま仕掛けることもできますが、ネズミの種類に適した毒餌を自作することで駆除の効率をよくすることも可能です。

そこで今回は、自作の罠で駆除したい人に向けて、ネズミの毒餌の作り方をご紹介いたします。

ネズミの毒餌にはどんな違いがある?

ネズミの毒餌とは、殺鼠剤(さっそざい)を含んだ餌のことです。

さまざまな製品が販売されており、薬局やホームセンター、インターネットショップで購入することができます。

形状や殺鼠剤に使う薬剤(毒)は、製品によって異なります。そこでまずは、ネズミの毒餌にどんな違いがあるかをご紹介したいと思います。

餌の形状

毒餌の形状には、固形タイプと粉末タイプの2種類があります。

それぞれ使い方が異なるので、目的や状況に合わせて製品を選ぶようにしましょう。ここでは、毒餌の形状の違いについてご説明いたします。

固形タイプ

固形タイプの毒餌は、ネズミに直接食べさせることで効果を発揮します。下準備などはとくに必要とせず、購入したものをそのまま設置できる手軽さが利点です。

餌に何が入っているかは製品によって異なるので、購入するときは食害に遭っている食べ物を含んでいるものや、それに近いものを選ぶようにしましょう。

粉末タイプ

粉末タイプの毒餌は、別に用意した餌に振りかける、団子状に練りこむといった形で使用します。ホウ酸団子に使われるホウ酸も、もとは粉末の形で取り扱われています。

粉末をそのまま置いても効果は出にくいですが、どんな餌にも混ぜられるので食害に遭ったものと同じ食べ物で毒餌を作ることができます。

殺鼠剤の種類

毒餌に含まれる殺鼠剤の毒には、蓄積タイプと即効タイプの2種類があります。

どちらが効果的かは、ネズミの数や性質(警戒心や毒への耐性)によって異なります。それぞれの長所と短所を考慮したうえで、状況に合った殺鼠剤を使用しましょう。

蓄積タイプ

蓄積タイプの毒餌は、ネズミに継続的に食べさせることで効果を発揮する遅効性の毒です。

駆除するには、数日から1週間程度食べさせ続ける必要があります。駆除の期間が長くはなりますが、餌を食べてもすぐに死なないことで、ほかのネズミに毒餌に対する警戒心を持たれにくいという利点があります。

ただし、体の大きなドブネズミや、毒に耐性を持つスーパーラットには効果が薄いことがあります。その場合は、次に紹介する即効タイプの毒餌を使ってみましょう。

即効タイプ

即効タイプの毒餌は強力な殺鼠剤を使用しており、ネズミが食べるとすぐに効果があらわれるのが特徴です。

一度食べたネズミが数時間後には駆除できる強力な毒ですが、食べてすぐに様子がおかしくなったのを見たほかのネズミが警戒して、同じ餌を食べなくなってしまう可能性があります。

また、強力な毒なので、誤って家族やペットが食べないように設置や保管場所には十分注意しましょう。

ネズミの毒餌の作り方

殺鼠剤を購入して、ネズミの毒餌を自作することもできます。

ネズミの毒餌を自作する利点は、自分で餌の配合を決められる点です。ネズミに食べられたことがあるものを毒餌の材料に使うことで、駆除できる確率を上げられることがあります。

そこでここからは、ネズミの毒餌の作り方をご紹介したいと思います。

自作できるネズミの毒餌とは

先ほど、ネズミの毒餌には固形タイプと粉末タイプがあることをご紹介いたしましたが、毒餌を自作する場合は、「粉末タイプ」の毒餌を用意しておきましょう。

毒餌を触るときは、ビニール手袋や薄手のゴム手袋をはめましょう。

殺鼠剤が皮膚に付いておこる手荒れや、毒餌に人のにおいがうつってネズミに警戒されるのを防ぐことができます。

撒き餌の作り方

撒き餌は、ネズミの餌となる食べ物に粉末タイプの毒餌を振りかけて作ります。


  • 1.トウモロコシ、パン、油あげ、ソーセージなどをネズミの食べやすいように細かく切り、ビニール袋に入れます。
  • 2.殺鼠剤の粉末を10g~30g程度、ビニール袋の中に入れます。
  • 3.袋の口をしっかりと握りながら振って、全体を混ぜ合わせます。

食害に遭ったものがわかっているときは、それと同じ餌を用意すると効果的です。ただし、できるだけ腐りにくいものを選ぶようにしましょう。

また、ごま油などの食用油を少量振りかけておくと、臭いでおびき寄せやすくなったり、粉末が餌にくっつきやすくなります。

ホウ酸団子の作り方

ホウ酸団子はすでに完成されたものも市販されていますが、よりネズミの食いつきやすい餌を使って自作することもできます。


  • 1.ホウ酸と小麦粉(またはそば粉)を2:1の割合で用意します。
  • 2.(1)に牛乳、砂糖を大さじ一杯と、トウモロコシ粉やゆでたジャガイモなどを混ぜ合わせて、水を少し加えながら団子の形に練ります。
  • 3.数日間天日干しします。(子供や動物が食べないよう置き場所に注意しましょう)

また、ホウ酸の代わりに粉末タイプの殺鼠剤を混ぜて作ることも可能です。その場合、殺鼠剤と小麦粉は1:20程度の割合が適量となります。

毒のない餌も一緒に作っておく

いきなり見慣れない餌が置いてあると、ネズミは警戒してなかなか近づかない可能性が高いです。

そんなときは、同じ作り方で毒を抜いた餌だけを数日間置いておきましょう。安全な餌と認識させて、警戒心を解いたころに毒餌に変えることで食べられやすくすることができます。

ネズミの毒餌を使うときの注意点

ネズミの毒餌は、ただ置いておくだけではなかなか思ったように駆除できない可能性があります。

また、思わぬ事故にならないように、取り扱いには十分注意する必要があります。

ここでは、ネズミの毒餌を安全で効果的に使うために注意しておくべきことをご紹介いたします。

子供やペットの誤食に気を付ける

毒餌に使われている殺鼠剤は、人やほかの動物にとっても害があるものです。

毒餌を仕掛けるときは、小さな子供やペットが誤って食べないような場所に置くようにしましょう。

また、粉末タイプの毒餌は風で散った殺鼠剤を誤って吸い込んでしまう可能性があります。設置するときは、風で飛ばないように置き場所を工夫しましょう。

毒餌が減らなくなるまで続ける

ネズミは「貯食性」という、食べ物を巣に持ち帰りしばらく取っておく習性を持っています。そのため、毒餌が減っていてもすぐには効果が現れない場合があります。

毒餌が減っていてもすぐには片付けずに、しばらくは様子を見ておきましょう。毒餌の減りが完全に止まったら、毒餌を回収してネズミの死骸を探しましょう。

死骸はできるだけ早く片付ける

毒餌を食べたネズミは、家の中や敷地内で死んでいる可能性が高いです。

ネズミの死骸を放置していると、ネズミに寄生していたイエダニが家の中に引っ越して増殖したり、死骸が腐敗臭を発生させたりと家の衛生状態が悪くなってしまいます。

駆除に慣れていない人にはちょっと難しいかもしれませんが、毒餌が食べられた後はできるだけ早く死骸を見つけて処理を行いましょう。

「スーパーラット」には毒餌が効きにくい

スーパーラットとは、毒餌の毒に耐えられるように進化したネズミのことです。

毒餌が減っているのにネズミがいなくならないときは、スーパーラットが侵入している可能性があります。

スーパーラットには蓄積タイプの毒が効かないため、より強力な殺鼠剤を使う必要があります。しかし、強い毒は警戒されて食べられにくく、毒餌での駆除自体が難しいこともあります。

スーパーラットを駆除する場合は、捕獲トラップを使う、専門の業者へ相談する、など別の方法で行うことも検討してみましょう。

ネズミの毒餌の効果的な仕掛け方

ネズミは警戒心が強いため、毒餌の罠になかなか引っかからないことも考えられます。そんなときは、仕掛ける方法を見直してみましょう。

毒餌の設置方法を工夫することで、駆除の効果を上げられる可能性があります。

そこでここからは、ネズミの毒餌の効果的な仕掛け方をご紹介いたします。

ネズミの餌場や通り道に仕掛ける

毒餌を仕掛けるときは、仕掛ける場所が重要となります。

警戒心が強いネズミは、餌場と認識した場所以外にある餌には手を出さないことがあります。そのため、仕掛ける場所はネズミの餌場や通り道など、比較的警戒しにくいところにするといいでしょう。

仕掛ける場所は、1か所だけではなくいろいろな場所に分散させると効果的です。

ほかに餌になるものを置かない

毒餌以外の食べ物があると、ネズミの興味がそちらに移ってしまう可能性があります。

毒餌を仕掛けるときは、ネズミの餌になるものをすべてしまっておくようにしましょう。ネズミが侵入できない場所に、臭いが出ないように密閉した状態で保管し、毒餌以外に食べ物がない状況を作っておくことが大切です。

効果が現れないときは餌を変える

1週間ほど設置していても毒餌が減らないときは、用意した餌がネズミの好みではなかったり、餌の味に飽きてしまっている可能性が考えられます。

餌や殺鼠剤の種類を変えてみると食いつくようになることがあるので、効果があまりないときは毒餌を何種類か用意してみましょう。

ほかの罠と併用して使う

毒餌を食べたネズミは体に異常をきたし、警戒心が薄くなることがあります。

罠に対する注意力も低下するので、普段は引っかからない罠にもかかる可能性があります。そのため、毒餌と同時に粘着シートなどの捕獲トラップを設置しておくと、駆除の確率が上がる効果が期待できます。

ネズミの毒餌の作り方まとめ

今回は、ネズミの毒餌の作り方をご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

ネズミの毒餌は、ホウ酸団子のように自作することできます。自作する場合は、ネズミの好きな餌を混ぜると駆除の効果を上げられる可能性があります。

より効果的に仕掛けるためには、設置場所を工夫する、ほかに餌になるものを置かない、といったことに気を付けましょう。

しかし、警戒心の高いネズミはなかなか毒餌にひっかからないこともあります。駆除が難しいときは、専門の業者に依頼して駆除してもらうことをおすすめします。

生活救急車ではネズミの駆除を承っておりますので、お気軽にご相談ください。まずは、現地見積もりからご対応させていただきます。