さらに条件を追加する
LIBRARY

引き戸の鍵が開かないときの開け方と修理方法

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

引き戸の鍵が開かないときの開け方と修理方法

説明 引き戸の鍵が開かなくなってしまい、お困りではありませんか?トイレなど室内の引き戸が開かない場合は、状況によっては中に人が閉じ込められてしまうこともあります。今回は、引き戸の鍵が開かないときの開け方と修理方法をご紹介したいと思います。

引き戸の鍵が開かなくなってしまい、お困りではありませんか?

トイレなど室内の引き戸が開かない場合は、状況によっては中に人が閉じ込められてしまうこともあります。

そんな事態になったときに備えて、自分ですぐできる「緊急時の開け方」を知っておくと、いざというときも安心です。

そこで今回は、引き戸の鍵が開かないときの開け方と修理方法をご紹介したいと思います。

引き戸の鍵が開かないときの開け方

「引き戸が開かない」と一口に言っても、その原因はさまざまです。鍵の故障だけではなく、建てつけの問題や、内鍵を誤ってかけてしまったということも考えられます。

原因がわからなくても、いずれかの開け方を試してみると開錠できる可能性もあります。

そこでまずは、引き戸の鍵が開かないときの開け方をご紹介いたします。

開け方1.鍵・鍵穴を清掃する

玄関など、鍵穴のある引き戸の鍵が開かない場合は、鍵や鍵穴が汚れているために鍵がうまく回らないことが原因となっている可能性があります。

鍵が最後までささらない、ささるけど回せないなどの症状があるときは、鍵の洗浄を行ってみましょう。

鍵を清掃する方法

鍵が汚れている場合は、歯ブラシや鉛筆で洗浄することができます。

まずは、歯ブラシで傷をつけないように軽くこすって、鍵の刻みや溝の汚れを落としましょう。これだけでも改善する場合はありますが、さらに鉛筆に含まれる黒鉛を使うとより効果的です。

鍵の溝になっている部分に鉛筆の芯をこすり付けてから鍵穴に抜き差しすることで、鍵の滑りが良くなることがあります。

鍵穴を清掃する方法

分解や取り外しをしないで鍵穴を洗浄するときは、エアーダスターや鍵穴用潤滑剤を使いましょう。

エアーダスターでほこりやごみを吹き飛ばしたり、鍵穴用潤滑剤で汚れを洗い流すことができます。潤滑剤を使用した後は、鍵をゆっくりと抜き差しして潤滑剤をなじませるようにしましょう。

鍵穴を洗浄する際は、鍵穴用潤滑剤以外は使わないようにしましょう。工具用の潤滑剤や食用油は、べたつくのでかえって汚れがたまる原因となります。もし使ってしまった場合は、すぐに鍵穴用潤滑剤で洗い流しましょう。

開け方2.扉を押し上げながら鍵を回す

引き戸の建てつけが悪くなり、鍵を回すときに引っかかったため鍵が開かなくなってしまうケースもあります。

この場合は引き戸の位置がずれていることが原因なので、ずれを直せば開錠できることがあります。

扉を押し上げるか引き上げながら鍵を回して、鍵が引っかからない位置になるように扉を動かしてみましょう。

ただし、この方法では根本的な解決にはなりません。急いでいる場合の一時的な応急処置と考えたほうがいいでしょう。後で時間が取れたら、忘れずに修理を行うことをおすすめします。

開け方3.非常開錠装置で開ける

トイレや浴室などの室内ドアに取り付られる鍵の場合、非常時に外側からも鍵を開けられる非常開錠装置が付いていることがあります。

非常開錠装置は、製品によって見た目や開け方が異なります。開け方は大きく分けて2つですが、どちらもコインやボールペンなど身近な道具で開けられるようになっています。

非常開錠装置の開け方1.コイン・ドライバーで回して開ける

鍵の外側に細い窪みがあるタイプの非常開錠装置は、コインやマイナスドライバーで操作します。

溝に道具をはめ込んで左右どちらかに回せば開錠できます。

ただし力を入れすぎたり、何度も開け損ねていると溝を潰してしまう可能性もあるため注意が必要です。慌てずに、真っすぐ差し込めば問題なく開けられますが、不安な人はあらかじめ練習しておきましょう。

非常開錠装置の開け方2.ピン・ボールペンで押して開ける

鍵の外側に小さな穴が開いているタイプの非常開錠装置は、ピンやボールペンを使って開錠します。

トイレの鍵の場合、施錠状態を表示する部分(施錠時は赤、開錠時は青になる場所)に穴が開いていることが多いです。

穴の中にピンやボールペンを差し込んで下にスライドさせると、鍵を開けることができます。

開け方4.鍵屋に開錠を依頼する

上記の開け方でも開錠できなかったり、錠とストライク(錠受け)がずれている、鍵が抜けなくなった、鍵が刺さったまま折れた、などが原因で鍵が開かない場合は、鍵屋に開錠を依頼しましょう。

無理をしてこじ開けようとすると余計に症状が悪化する可能性もあるため、自分で開けるのが難しいと感じたときは専門の業者に頼んだほうが確実です。

引き戸の鍵が開かないときの修理方法

鍵の清掃や応急処置でなんとか開錠できたとしても、鍵の不具合を解消しておかないと再び同じ症状に悩まされることになりかねません。

鍵がかかりにくい状況が続くようであれば、引き戸の鍵を修理しておきましょう。

ここでは、引き戸の鍵が開かないときの修理方法をご紹介いたします。

修理方法1.錠とストライク(錠受け)のずれを直す

引き戸を開けた状態で鍵をかけて、横から見たときに錠受けとデッドボルト(鍵をかけると飛び出る部分)の高さが合っていなかったときは、錠とストライクの位置を修正する必要があります。

引き戸の鍵は戸先錠と引き違い戸錠の2種類あり、種類によって修理方法が異なります。また、ネジの取り外しを行うので修理の際はプラスドライバーを用意しましょう。

戸先錠のずれを修理する方法

戸先錠は、一枚だけの引き戸や、引き違い戸の戸枠と接する部分の引き戸錠です。ここでは、戸先錠とストライクとのずれを直す手順をご説明します。


  • 1.引き戸を開け、ストライクの上下についている取り付けネジを、プラスドライバーでゆるめます(完全に取り外さないように注意しましょう)。
  • 2.ストライクを上下に動かして位置を調整します。
  • 3.取り付けネジを締め直します。

調整した後は引き戸を閉めて、鍵がひっかからずに回るかどうか確認しましょう。

引き違い戸錠のずれを修理する方法

引き違い戸は、2枚以上の引き戸が重なる部分(召し合わせ部)に取り付ける鍵です。ここでは、引き違い戸錠とストライクのずれを直す手順をご説明します。

引き違い戸錠を修理する場合、ネジを調整するドライバーのほかに、錠とストライクを仮止めしておくためのドライバー(ピン)が必要となります。


  • 1.戸を閉めた状態で、室内側のカバーを固定しているネジをゆるめます(調整用の穴がないときはネジを外します)。
  • 2.ネジ穴や調整用の穴にドライバー(ピン)を差し込み、室外側にあるストライクの穴まで貫通させます。
  • 3.貫通させたドライバー(ピン)が水平になるように、ドライバー(ピン)を動かして錠前の位置を調整させます(なるべく上下には動かさない)。
  • 4.ネジを締めて、カバーを取り付けます。

引き違い戸錠は、メーカーや製品によって部品の位置や修理方法が異なります。

調整ネジを外していいかどうかや、仮止めをするための穴の位置など細かい違いも多いので、戸先錠より作業が難しいことがあります。自信がない人は、業者に相談することも検討してみましょう。

修理方法2.戸車を調整する

引き戸が傾いているなど、建てつけが悪くなっていて鍵が開かなくなっている場合は、戸車を調整しましょう。


  • 1.戸車を調整するためのネジ穴に、プラスドライバーを差し込みます。ネジ穴は通常、引き戸の下部側面にあります。見つからない場合は、パッキンの下に隠れている可能性があります。
  • 2.ネジ穴にプラスドライバーを差し込んで中のネジを回すと、上下方向に調整することができます。

ネジを完全に外してしまうと元に戻せなくなることがあるため、ネジの回し過ぎには注意しましょう。

修理方法3.鍵を交換する

摩耗やサビなどで錠前が全体的に劣化している場合は、鍵を交換することをおすすめします。

鍵穴用潤滑剤を使用すれば、ある程度動きをよくしたり錆を落とすことは可能ですが、劣化した部分が直るわけではありません。

そのまま使い続けていると、潤滑剤を使っても完全に動かなくなってしまう可能性もあるため、動きが悪くなったら早いうちに交換しておきましょう。

引き戸の鍵の開錠・修理を業者に依頼したときの料金相場

鍵の開錠や修理は、慣れていない人にとっては難しい作業となることがあります。業者に相談して作業してもらうと確実ですが、料金がどれくらい必要なのかが気になりますよね。

そこでここからは、玄関引き戸の鍵の開錠や修理を業者に依頼したときの料金相場をご紹介いたします。

生活救急車で実際に行った作業事例の紹介

鍵の開錠・修理を業者に依頼したときの料金は、施工内容や部品代によって変わります。

ここでは相場をイメージしやすいように、生活救急車で実際に行った作業事例をご紹介いたします。

作業事例1.玄関引き戸の開錠【作業費用:10,800円】

玄関引き戸の内鍵がかかってしまっているようなので、開錠してほしいとのご相談をいただきました。

お客様は急いでいらっしゃいましたので、約20分後に現場へお伺いし、トラブルを解消いたしました。

>>>この事例の詳細

作業事例2.納屋の引き戸の開錠【作業費用:38,880円】

敷地内の納屋の鍵が開けられなくなったので見てもらいたいとのご相談をお受けいたしました。

ご依頼をいただいたので現場にお伺いし、開錠後に鍵の交換を行いました。

>>>この事例の詳細

引き戸の鍵が開かないときの開け方と修理方法まとめ

今回は、引き戸の鍵が開かないときの開け方と修理方法をご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

開かなくなった引き戸は、鍵を洗浄する、建てつけを調整する、非常開錠装置を使用する、といった方法で開けられる場合があります。

しかし、どうしても鍵が開かないときや、中に人が閉じ込められているなど緊急性があるときは、専門の業者に相談して早く確実に開錠してもらうことをおすすめします。

また、鍵が開きにくい状態で使い続けると故障して動かなくなる原因となる可能性があるので、不具合があるときは早めに修理を行いましょう。

生活救急車では、鍵の開錠や修理を承っておりますので、お困りの際はお気軽にご相談ください。まずは、現地にて無料のお見積もりからご対応させていただきます。