さらに条件を追加する
LIBRARY

賃貸でできるクレセント錠の防犯対策

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

賃貸でできるクレセント錠の防犯対策

説明 賃貸でも、窓のクレセント錠の防犯強化ができる方法を探していませんか?最近は賃貸であっても現状回復に影響を及ぼさずに防犯グッズを取り付ける方法があります。今回は、賃貸でできる窓のクレセント錠の防犯対策強化のやり方についてご紹介いたします。

窓のクレセント錠の防犯対策を行っていますか?

窓についているクレセント錠は、実は玄関に取り付けれている鍵のような防犯効果は期待できません。

そのため、防犯対策を行っていない窓はかなり無防備な状態と言えます。しかし賃貸の場合は、最後に元の状態に戻す必要があり、なかなか防犯対策に踏み切れない人も多いと思います。

そこで今回は、賃貸でもできる窓のクレセント錠の防犯対策をご紹介します。



賃貸でもできる窓のクレセント錠の防犯対策について

窓についている、クレセント錠の防犯効果をご存じでしょうか?ほとんどの人が防犯効果のある鍵として使っていると思いますが、実はそうではありません。

窓の防犯効果を高めるには、クレセント錠とプラスアルファの対策が必要です。

ここでは、窓のクレセント錠の防犯対策についてご紹介します。


窓のクレセント錠には防犯効果があるの?

窓の鍵といえば、ほとんどの家で使用されている、三日月のような半円型の回転する部品と、それを引っ掛ける金具からできている「クレセント錠」です。

実は、クレセント錠は窓を窓枠にきっちりくっつけるための道具であり、防犯対策としてついているわけではありません。

最近はダイヤルロックがついたクレセント錠や別途鍵穴がついたもの、つまみが取り外せるものもあり、そういったものは防犯効果があると言えます。


賃貸の窓でもできるクレセント錠の防犯対策とは

空き巣の侵入は、6割が窓からといわれています。そんな窓を無防備な状態にしておくのは危険です。

上記のようにクレセント錠の防犯効果はほとんどないため、自分で対策を行うようにしましょう。

窓の防犯対策と言えば、ガラスの防犯フィルムを思い浮かべる方が多いと思いますが、それ以外にも下記のような対策があります。



物件によっては取り入れらない場合があるため、管理者に確認が必須です。自分の部屋に合った方法で防犯対策を行いましょう。


空き巣が窓ガラスを割る手口とは

侵入盗が侵入する場所はほとんどが窓や玄関と言われており、防犯対策を怠っているとガラスを割られて侵入される可能性があります。

窓ガラスを割るとなると、とても大きな音がなるイメージが強いと思いますが、全く音もなく素早く破る方法もあります。

侵入盗は一般的に、5分で侵入できなければ諦める傾向があります。万が一狙われても侵入できない対策を行うことで、被害を防ぐことができます。

犯人が窓を破る手口を知っておけば、対策もしやすいですよね。そこで、犯人が窓を割る手口をいくつかご紹介したいと思います。


こじ破り(三角破り)

侵入盗が使う手口で最も多いのが、この「こじ破り」です。別名三角破りとも呼ばれます。これは窓のガラスと枠の間に、マイナスドライバーを3~4回突きつけるだけでガラスを割ることができる手法です。

何も対策がなされていない一般的なガラスの場合は、30秒程度で割れてしまいます。またこの方法の特徴は、大きな音がしないという点です。

サッシとガラスの隙間を狙うことで音も立てずに、いとも簡単にガラスを割ることが可能になります。


突き破り(打ち破り)

突き破りはアイスピックでクレセント錠の近くのガラスに穴を開けて開錠する手口です。穴自体も小さく目立たないうえ音もほとんど鳴らないのが特徴です。

穴を開けたのちにそのままピックを使ってクレセント錠を倒し、窓を空けてしまいます。

また、「打ち破り」という方法もあります。これはアイスピックで小さい穴を開ける突き破りと真逆で、バールやハンマーで思いっきりガラスを叩き割る方法です。

大きな音が鳴るため、電車や工事などで周りの音に紛れる場所で使われることが多い手法ではありますが、住人が駆けつける時間を計算している犯人なら場所を選ばないこともあります。


焼き破り

「焼き破り」はガスバーナーなどでガラスを温め、水をかけて急激に冷やすことでガラスを割る方法です。突き破りより小さな音しか出ませんが、大きな穴を開けることができます。

一般的に小型のガスバーナーが使われますが、持ち歩きもしやすく風が吹いても火が消えないメリットがあるライターを使う手口が増えています。

焼き破りは強化ガラスを使用していても、窓を割ることができてしまいます。


賃貸の窓でもできるクレセント錠まわりの防犯対策一覧

賃貸となると、なかなか防犯対策がしたくてもできないという人も多いと思います。元の状態に戻せないと退去時に修繕費用が必要になり、無駄なコストがかかってしまうので、心配するのは当然です。

しかし、全く対策をしないというのも不安ですよね。「賃貸でも何かいい方法はないの?」と困っている方は、以下の対策を取り入れてみてはいかがでしょうか。

ここでは賃貸でも取り入れられる、クレセント錠周りの防犯対策をご紹介します。


賃貸の窓でも補助錠をつけて防犯対策を強化できる

補助錠は穴をあけて固定したり、錠自体を交換する必要があり賃貸では取り入れられないと思っている方もいると思います。

しかし、最近では補助錠にもさまざまな種類が販売されており、賃貸でも気軽に取り入れることができます。

両面テープで貼るタイプなら、退去時に原状回復が可能です。強力なテープを使用しているものは避けるべきですが、大抵のテープはドライヤーやシールはがしを使えば取れます。

また、水返しに挟むタイプなら好きなときに着脱が可能なため、面倒な設置作業もいりません。






賃貸の窓でも防犯フィルムを取り付けて防犯対策を強化

窓に防犯フィルムを貼り付けることでガラスを強化して割れにくく、また割られた際に飛び散りを防ぐ効果があります。

防犯フィルムは窓全体に貼ったほうが防犯性が上がるという検証結果もあるため、基本的には全面張りがおすすめです。しかし、全体に貼るとなるとその分コストがかかってしまうため、クレセント錠周りだけ部分貼りしている人も多いようです。

防犯フィルムはメリットだけのように思えますが実はデメリットもあります。粘着力が強いフィルムははがすことが困難な場合もあります。

そのため、フィルムを選ぶときは、退去時のことも考えて購入することをおすすめします。


フィルムを貼る前に管理者に確認

先程記述したように賃貸の場合は原状回復が必要なため、防犯フィルムを貼るときは注意が必要です。はがしやすい物を選んだとしてもきれいにはがれない可能性も考えて一度管理者に相談することをおすすめします。

防犯対策のためにこれから設置しようと考えている管理者の場合は、原状回復を不要とすることもあります。

まずは設置する前に確認を取りましょう。


防犯フィルムを貼るときの注意点

一般的に防犯フィルムと呼ばれるものは、厚さが350μm以上のポリエステル製でないと防犯の効果はほぼありません。

厚さ50μmほどのものは、自然災害などでガラスが割れてしまった際に、飛び散らないようにするためのフィルムです。

飛散防止フィルムでは、防犯対策はできないので注意しましょう。




窓用防犯ブザーでガラスが割られたときに備える

不審者は光や音を嫌うため、これらを取り入れることで侵入されにくい環境を作ることができます。

そこでおすすめなのが、窓用の防犯ブザーです。これは、窓に伝わった振動や窓が開いたことを感知して、警報音を発することが可能です。大きな音が鳴ることで、不法侵入を知らせ犯人を驚かせることができます。

防犯ブザーには、ネットショップやホームセンターで購入できる物のほかに、ホームセキュリティに加入して取り付けてもらう物もあります。

しかし賃貸の場合は、ホームセキュリティの加入を許可していないこともあります。管理会社や大家さんに事前に確認しておきましょう。


防犯ブザーだけでは防犯にならない可能性もある

振動やセンサーによって警報音をならす防犯ブザーですが、デメリットもあります。この警報音がなっているときは、すでに犯人が窓を破って侵入していることを意味するものでもあります。

音に驚いてすぐに出ていく可能性もありますが、常習犯の場合は家に誰もいないのが分かっていたら金品を盗んでから逃走するかもしれません。

防犯ブザーのみで犯行を防ぐのではなく、他の防犯グッズと合わせるようにしましょう。




賃貸の窓でも2重窓なら防犯ガラスを取り付けられる

2重窓は、窓を破る作業・鍵を開ける作業を2回繰り返す必要があるため、時間に追われている犯人からすると厄介です。

窓ガラスを防犯ガラスに交換となると、退去時に原状回復ができないため修繕費がかかってしまったり、管理者の許可が下りない可能性があります。そんな賃貸の場合は、2重窓を取り付けることがおすすめです。

最近では窓枠に穴を空けず、もともとついているビスを使用して二重窓を取り付ける方法があるため、退去時。

業者に依頼して工事を行うため、管理者への許可申請は必要なので、しっかり確認を取ってから行いましょう。


防犯ガラスを使ったものならより効果的

2重窓のガラスにも、防犯ガラスを取り入れるとより防犯効果を上げることができるのでおすすめです。

防犯ガラスなら鈍器で叩いても穴ができにくく、犯人が諦める確率が高くなります。


賃貸でもできる窓のクレセント錠の防犯対策まとめ

今回は、賃貸でもできる窓のクレセント錠の防犯対策をご紹介しました。

窓のクレセント錠は、防犯対策のために付けられているわけではないため、簡単に破られてしまいます。そのため、自分自身で対策を行うことが必須です。

窓の防犯にはガラスフィルムや補助錠、二重窓などさまざまな方法がありますが、物によっては管理者の許可をとることを忘れないようにしましょう。

犯人は特定の建物を狙う傾向があります。入りやすいと判断されてしまうと何度も被害に遭ってしまうため、「防犯対策をしている家」ということをアピールすることを心がけてください。