さらに条件を追加する
LIBRARY

鍵が回るけど開かない・空回りする原因と修理方法

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
鍵が回るけど開かない・空回りする原因と修理方法

説明 鍵は回るけど開かない、ずっと空回りする、といったトラブルで困っていませんか?原因によっては自分での修理も可能ですが、どうしても業者でないと対応できないこともあります。そこで今回は、鍵が回るけど開かない原因や自分でできる修理方法などについてご紹介したいと思います。

鍵は回るけど開かない、ずっと空回りする、といったトラブルで困っていませんか?

鍵は確かにくるくる回っているのに開錠ができない場合、原因によっては自分での修理も可能ですが、どうしても業者でないと対応できないこともあります。

そこで今回は、鍵が回るけど開かない原因や自分でできる修理方法などについてご紹介したいと思います。

鍵が回るけど開かない・空回りする原因

玄関などの鍵が空回りしてしまう症状には、いくつかの原因があります。ここでは、鍵は回るけど開かない・空回りする原因についてご紹介します。

鍵が回るけど開かない原因1.カムの破損

鍵をさし込む部分を「シリンダー」と呼びます。シリンダーに鍵をさし込み回すことで、「カム」と呼ばれる平たい金属が動き施錠・解錠を行います。

この「カム」が破損してしまうと、鍵を回してもデッドボルト(かんぬき)を動かす事ができなくなりますので、鍵が回るけど開かないトラブルが発生し、施錠も解錠もできなくなってしまいます。

鍵が回るけど開かない原因2.デッドボルトの故障

カギの空回りの原因の一つとしてあげられるのが、錠前の不具合によるデッドボルト(かんぬき)の故障です。

経年劣化などの金属疲労でデッドボルトを固定しているまわりの部品や、デッドボルトを動かしている部品の劣化などが原因によっておこります。

デッドボルトが故障した場合、外側から鍵の解錠・施錠を行っても空回りするだけです。外側と同様に室内からサムターンを回転させてもくるくると空回りしてしまい、解錠も施錠も行うことができなくなります。

鍵が回るけど開かない原因3.鍵の先端の摩耗が原因

旧タイプの一部のディスクシリンダーの場合、さし込む鍵の先端がカムとして機能しているタイプがあります。

ところが、長年の使用により鍵の先端が摩耗し削り取られてしまうと、錠前ケースに接触しデッドボルトを動かす場所に当たらなくなってしまい、空回りを起こす原因になります。

鍵が回るけど開かない場合の修理方法

鍵が空回りして開かない原因についてご紹介しましたが、ここからは対処方法についてご紹介します。

鍵が空回りする原因は部品の摩耗や劣化が多いため、対処できる方法は限られてしまいますが、いくつかご紹介します。

鍵が回るけど開かない場合の修理方法1.ゴミやほこりを取りのぞく

鍵穴の中のゴミやほこりが原因で、鍵が空回りする場合があります。その場合は鍵穴にたまったゴミやほこりを取り除けば、解決できることがあります。

ゴミやほこりを取りのぞく方法としては、「掃除機でゴミやほこりを吸いだす」「エアダスターでゴミやほこりを吹き飛ばす」「鍵穴専用の潤滑剤をたっぷり鍵穴に入れて、汚れを洗い流す」などの方法があります。

鍵が回るけど開かない場合の修理方法2.鍵を変えてみる

鍵の先端の摩耗が原因で鍵が空回りする場合は、さし込む鍵を変えてみると鍵が開く場合があります。

合鍵やご家族の方がお持ちの鍵で開け閉めできるか、確認してみましょう。

鍵が回るけど開かない場合の修理方法3.シリンダーを交換する

接続部の劣化や破損によってカムが外れてしまった場合、再び取りつける事ができません。

また、カム単体のみの販売はされていないため、シリンダーの鍵交換が必要になります。

鍵が回るけど開かない場合の修理方法4.錠ケースを交換する

デッドボルトを固定している回りの部品や、デッドボルトを動かしている部品の劣化による空回りの場合も、カムと同様に部品だけでの販売はされていません。

この場合は、錠ケースの交換が必要になります。

鍵が回るけど開かないトラブルの予防方法

鍵が回るけど開かない、空回りする原因と修理方法についてご紹介しましたが、トラブルを予防できる方法があるかどうかが気になりますよね。

予防方法としては、やはり普段から鍵、鍵穴のメンテナンスを行うことが重要です。

鍵が回るけど開かないトラブルの予防方法1.鍵穴のメンテナンス

「鍵が回るけど開かない場合の修理方法1」でご紹介した方法は、予防方法としても有効です。

鍵穴の汚れやほこりを取りのぞく事で、スムーズに鍵の開閉が行えます。鍵の開閉がスムーズに行える事で、部品の摩耗や破損をおさえる効果があります。

鍵が回るけど開かないトラブルの予防方法2.錠ケースのメンテナンス

錠ケースを簡単にメンテナンスする方法は、デッドボルトのすき間から「鍵穴専用の潤滑剤」を流し込みます。これによって、錠ケースの内部に潤滑剤が浸透しデットボルトの動きをスムーズにします。

デットボルトの動きがスムーズになることで、デットボルト回りの部品の摩耗や破損をおさえる効果があります。

鍵が回るけど開かないトラブルの予防方法3.鍵の汚れを落とす

さし込む鍵が汚れていると鍵の回りが悪くなったり、鍵穴に汚れがたまる原因にもなります。

方法は、鍵の溝や凹凸部分を歯ブラシなどを使い汚れを落とします。特にディンプルキーは、穴のくぼみにゴミやほこりがたまりやすいので、定期的に掃除することで鍵がスムーズに回り、部品の負担が軽減されます。

鍵が回るけど開かないトラブルの予防方法4.鉛筆を使用する

鉛筆の芯には黒鉛が含まれています。黒鉛には金属部分に付着すると自己潤滑する特性があります。この特性を利用して、鉛筆の芯で鍵の溝や凹凸、くぼみに黒鉛を塗りこむと鍵穴内部に付着して、鍵の通りがスムーズになります。


  • 【鉛筆を使用したメンテナンス手順】
  • 1.鍵の溝や凹凸、くぼみに鉛筆の芯でなぞるように黒く塗り、鍵穴に鍵を数回抜き差しする
  • 2.数回抜き差ししても、スムーズにならない場合は、繰り返し行う
  • 3.鍵の抜き差しがスムーズになれば、鍵に付着している黒鉛を布やティッシュなどでふき取る

鍵の寿命は10~15年

一般的には鍵の寿命は10~15年と言われています。毎日、開け閉めの使用を繰り返すことで、鍵が摩耗したり、シリンダーや錠ケースの部品がすり減ったり劣化したりします。

鍵の寿命をできるだけ長くするためには、


  • ・定期的に鍵・鍵穴のメンテナンスを行う
  • ・鍵の抜き差し・開け閉めなどを乱暴に行わない

などが上げられます。

長年、同じ鍵を使用している場合や、日々の開け閉めを行う中で違和感を感じた場合は、鍵の交換などを検討されるとよいでしょう。

鍵が回るけど開かない・空回りする原因と修理方法まとめ

今回は鍵が回るけど開かない原因や修理方法や予防方法について、ご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

「開け閉めがしづらい」「回りにくい」など、鍵に違和感を感じた場合は、早めに対策を行うことで、鍵が開かなくて家に入れないなどのトラブルを回避することができます。

生活救急車では、現地見積りを無料で対応しており、他社比較のための相見積りも承っております。お困りの際は、お気軽にお電話ください。