さらに条件を追加する
LIBRARY

スズメバチの巣の見分け方と駆除方法~駆除する時期ややり方について…

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

スズメバチの巣の見分け方と駆除方法~駆除する時期ややり方について~

説明 家の近くで蜂の巣を見つけたとき、それが「何の蜂の巣なのか」きになりますよね。ミツバチの小さい巣であれば気にしないという人は多いですが、スズメバチの巣ができていると早めに駆除したいという人がほとんどです。そこで今回は、スズメバチの巣の特徴や駆除をするときのコツ、業者に駆除を依頼したときの料金などについてご紹介したいと思います。

家の近くで蜂の巣を見つけたとき、それが「何の蜂の巣なのか」きになりますよね。

ミツバチの小さい巣であれば気にしないという人は多いですが、スズメバチの巣ができていると早めに駆除したいという人がほとんどです。

とはいえ、いきなり近くにできた蜂の巣が「何の蜂の巣なのか」を予備知識がない状態で見分けるのは難しいと思います。

そこで今回は、スズメバチの巣の特徴や駆除をするときのコツ、業者に駆除を依頼したときの料金などについてご紹介したいと思います。

スズメバチの巣の見分け方

日本の民家近くに巣を作る蜂というと、「スズメバチ」「アシナガバチ」「ミツバチ」の3種類が有名です。

そして、この3種類の中で「スズメバチ」は攻撃性が高く、毒性が強いことで知られており、毎年、死亡事故を起こしている蜂です(死亡件数は厚生労働省の人口動態調査で確認できます)。

危険な蜂であるスズメバチですが、巣は見た目が特徴的なので簡単に見分けることができます。

そこでここでは、スズメバチの巣の特徴とよく巣が作られる場所をご紹介いたします。


スズメバチの巣の特徴

スズメバチの巣は作り始めの頃は、フラスコを逆さまにしたような形をしています。完成に近づくにつれ、次第にボールの様な球状になります。

色は白系と茶色系を混ぜたマーブル模様が特徴で、一目でスズメバチの巣とわかる特徴的な模様をしています。

巣の大きさは最初は5cm程度ですが、次第に大きくなり完成時には約60cm程度になります。完成した巣には約1,000匹のスズメバチが生息し、とても危険な状態になります。

スズメバチの巣には常に見張り役の蜂が外を監視しており、少しでも刺激してしまうと、一斉に兵隊役のスズメバチが飛び出して来て刺されてしまいます。

スズメバチが巣を作る場所

スズメバチの巣と言うと、大きな丸い巣が軒下などにぶら下がっているイメージがありますが、軒下以外にもスズメバチが巣を作る場所があります。


  • 【ススメバチが巣を作りやすい場所】
  • ・軒下
  • ・換気扇のダクト
  • ・天井裏
  • ・壁の断熱材の中
  • ・戸袋の中
  • ・垣根や植え込みの中
  • ・床下

上記以外にも土の中や木の根元などの、わかりにくい場所に巣を作る種類のスズメバチいますので、巣の場所がきちんと確認できていない状態で殺虫剤を使うのは絶対に止めましょう。

巣の近くで殺虫剤を使うと、巣の中にいる蜂が一斉に襲い掛かってくるので要注意です。

スズメバチの巣を駆除する時期

スズメバチの巣は、大きくなる前に駆除した方が安全なので、見つけ次第素早く駆除するのがいいと言われています。

蜂の巣は、1ヶ月、2ヶ月放置していると、どんどん巣が大きくなって、蜂の数も増えてしまいます。

スズメバチには、巣の駆除を行うのに適した時期があるので、参考までにご紹介しておきたいと思います。

駆除を行うのに適した時期

スズメバチの巣は4月~6月前半の間、まだ巣が小さい時期に駆除するのが比較的安全と言われています。

なかでも巣の直径が10cm以下のこの時期は、巣には女王蜂と幼虫しかおらず働き蜂がいないとされており、刺される可能性はかなり低くなります。なので、しっかり準備をすれば自分で駆除できる可能性があります。

反対に7月以降、もしくは巣の直径が10cm以上の場合は、働き蜂が急激に数を増やしますので、大変危険な時期になります。

とくに、直径が15cm以上になったら、駆除中に周りの家や通行人にも被害が出る可能性があるので、専門の業者に依頼することをおすすめします。

スズメバチの巣を駆除する方法

駆除に取りかかる時期、巣の大きさを確認し、自分でも駆除が可能な範囲の場合は駆除に取りかかりましょう。

しかし、駆除中にスズメバチが向かってきたときに驚いて逃げてしまうかもしれない、蜂の数が多すぎて怖い、といったような場合は怪我をする可能性があるため、専門業者への依頼をおすすめします。

駆除を行う時の注意点

駆除を行う時間帯は、夕方から日没後の2~3時間の間に駆除を行うのがよいでしょう。この時間帯なら、働き蜂が巣に戻っています。また、暗くなると蜂の活動が鈍りますので、日中に駆除を行うより安全です。

しかし、暗いと巣がよく見えなくなってしまうデメリットもあります。出来れば日中の内に下見をして巣の位置関係を把握しておくなど、事前に対策を立てておくようにしましょう。

また、蜂はにおいに非常に敏感で、においに刺激されて攻撃してくるケースもあります。香水などは付けずに駆除作業を行うようにしましょう。

駆除を行う時に準備するもの

スズメバチの巣を自力で駆除する場合、安全のために服装や道具などを準備する必要があります。最低限、必要な物をご紹介します。

蜂用のスプレー殺虫剤

蜂用のスプレー殺虫剤は「ピレスロイド系」の成分が含まれているものが、効果を発揮します(殺虫剤には、大抵ピレスロイドが含まれています)。またなるべく遠くまでスプレーを噴射できる物を選ぶようにしましょう。

蜂の巣の駆除で殺虫剤を使用する場合、思っているより減りが早く1缶では足りなくなる場合がありますので、多めに何本か用意しておきましょう。

防護服

蜂に刺されないために着用します。暑くても必ず上下着用しましょう。

専用の防護服が高価で用意できない場合は、襟や袖口にすき間のない厚手の長袖・長ズボンの服の上にレインコートを着用しましょう。自治体によっては、防護服のレンタルが用意されていることもあります。

黒などの濃い色は蜂を刺激してしまいますので、なるべく白に近い色を選びましょう。

手袋・長靴

手には、蜂の針を通しにくい皮製の手袋や軍手を着用するようにしましょう。

足はズボンの裾の下に長靴を履き、ひもなどでしばってすき間から蜂が入り込まないようにしましょう。

ヘルメット

顔の部分にアクリルやメッシュがついた、養蜂家が使用している防蜂ネットが安全です。防護服の場合は、頭まで覆えるタイプがほとんどですが、購入前にメッシュの大きさなどを確認しておきましょう。

防蜂ネットの用意が難しい場合は、ヘルメットか厚手の帽子をかぶり、目をゴーグルで保護しましょう。また、タオルで首筋のすき間をおおい隠すのも忘れない様にしましょう。

長い棒

手で直接、蜂の巣を落とすのは大変危険ですので、長い棒を使って蜂の巣を落とす様にしましょう。

ごみ袋と虫取り網

棒で落とした蜂の巣をゴミ袋に入れて処分します。虫取り網にゴミ袋をかぶせたものを用意しておいて、蜂の巣を網に入れるように落とすと、後の処分が楽になります。

蜂の巣は可燃ごみとして捨てられるので、ゴミ袋は自治体指定の可燃ごみ用のゴミ袋を重ねて使うのがおすすめです。




※種類・品番・サイズなど、買い間違いにご注意ください。


スズメバチの巣を駆除する手順

準備が出来たら、駆除を行っていきます。雨の日は羽が濡れて蜂の活動がしにくい状態のため、雨の日を狙って行うのもひとつの方法です。

手順1.少し離れた位置から巣の表面にスプレーを噴射する

巣から2~3メートル離れた場所から、巣に向かってスプレーを噴射します。働き蜂はほぼいない時期ですが、もしいた場合はひるまずにスプレーします。

手順2.巣に近づいて中に向かってスプレーを噴射する

スズメバチの動きが止まったら、巣に近づき巣穴の中にスプレーをします。羽音が止まり、スズメバチが完全に死んだことが確認できたら、棒を使い巣を落とします。

手順3.巣を処分する

なるべく厚手のゴミ袋の中に蜂の巣を入れます。破られる可能性もありますので、2重3重にビニール袋をかぶせると安心です。

袋の口をしばる前に念のため、もう一度、スプレーを噴射しておきましょう。終わったら燃えるゴミに出します。

手順4.戻り蜂対策と予防

蜂の駆除を行っている時に、外に出ていた蜂や駆除から逃れた蜂が、巣のあった場所に戻ってくることがあります。

戻り蜂に対しては、巣があった場所にスプレーや木酢液をかけておくと近づかなくなります。巣を再び作らせない効果もありますので、忘れずに行っておきましょう。

スズメバチの巣駆除業者の料金事例

自分でスズメバチの巣を駆除するのは危険もあって、できる自信がない場合もありますよね。そういう場合は、専門の駆除業者に駆除を依頼する方法があります。

しかし、業者に依頼する場合は、費用がどの位かかるのか気になりますよね。

そこでここでは、生活救急車で行った蜂の巣の駆除の実際の料金事例をご紹介したいと思います。


生活救急車の蜂の巣駆除の作業料金

生活救急車でも、スズメバチの巣の駆除の作業料金については、巣の大きさや蜂の数、場所、施工内容などによって異なります。

正確な見積もりは現地見積りですが、参考例としていくつか料金事例をご紹介いたします。

スズメバチの巣の撤去依頼

スズメバチの巣を取って欲しいとのご依頼でした。


  • 項目内容 料金(税込)
  • スズメバチ駆除 10,800円
  • 合計 10,800円

>>>事例詳細はこちら

スズメバチの巣の駆除依頼

蜂の巣ができたので駆除して欲しい。多分、スズメバチだと思うとのご依頼でした。


  • 項目内容 料金(税込)
  • ハチ駆除 15,000円
  • 合計 15,000円

>>>事例詳細はこちら

庭の木のスズメバチの巣の駆除依頼

庭の木にスズメバチが巣を作っているので、駆除をお願いしたいとのご依頼でした。


  • 項目内容 料金(税込)
  • ハチ駆除 20,520円
  • 合計 20,520円

>>>事例詳細はこちら

スズメバチの巣の駆除作業

スズメバチの巣の駆除をお願いしたいと考えていますとのご依頼でした。


  • 項目内容 料金(税込)
  • スズメバチ駆除 27,000円
  • 合計 27,000円

>>>事例詳細はこちら

庭木の穴のスズメバチの巣の駆除

スズメバチの巣の駆除を依頼したい。庭にある木の穴から出入りしているとのご依頼でした。


  • 項目内容 料金(税込)
  • スズメバチ駆除 30,240円
  • 繁忙期 3,240円
  • 合計 33,480円

>>>事例詳細はこちら

2階の戸袋にあるスズメバチの巣の駆除

今気付いたら2階の戸袋の所に、蜂の巣が出来ているとのご依頼でした。


  • 項目内容 料金(税込)
  • スズメバチ駆除 46,440円
  • 合計 46,440円

>>>事例詳細はこちら

スズメバチの巣の見分け方と駆除方法まとめ

今回はスズメバチの巣の見分け方や巣を駆除する時期や方法、スズメバチの巣の駆除を、業者が行った場合の料金事例などをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

もし、スズメバチの巣を見つけた場合、自分で駆除できる場合もありますが、スズメバチは危険な生き物です。なるべく、専門の駆除業者に依頼されることをおすすめします。

生活救急車では、スズメバチの巣の駆除のご相談・お見積りを承っております。お困りの際は、お気軽にお電話ください。


ユーザー評価: ☆☆  3.3 (4件)

大きさは、10センチ未満殺虫剤3本購入、自分で駆除してみます

自分で出来る大きさなのが分かったので、挑戦してみようと思います

10cmぐらいのを見つけ 駆除しようと思うが 自分では無理そうなので 業者に 頼むことにしました。