さらに条件を追加する
LIBRARY

車の鍵を紛失でスペアなしの人が「鍵をすぐに安く手に入れる方法」

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
車の鍵を紛失でスペアなしの人が「鍵をすぐに安く手に入れる方法」

説明 車の鍵を紛失してしまったとき、一番はじめに頼るのがスペアキーですよね。しかし、そのスペアキーも見当たらなかった場合、どうすればいいかわからず困る人が多いと思います。そこで今回は、車の鍵を紛失して1本も予備が手元にない人が、素早く鍵を手に入れるための方法と、なるべく安く手に入れる方法をご紹介します。

車の鍵を紛失してしまったとき、一番はじめに頼るのがスペアキーですよね。

しかし、そのスペアキーも見当たらなかった場合、どうすればいいかわからず困る人が多いと思います。

実は、新しい鍵はディーラーや鍵屋に依頼することで、純正キーやスペアキーが手元になくても新しく鍵を作ることが可能です。

できれば早く新しい鍵を手に入れて、すぐに車を運転できる状態にしておきたいですよね。

そこで今回は、車の鍵を紛失して1本も予備が手元にない人が、素早く鍵を手に入れるための方法と、なるべく安く手に入れる方法をご紹介します。

車の鍵を紛失してスペアもない状態で鍵を作る方法

元の鍵もスペアキーもない場合は、ディーラーや鍵屋に依頼することで新しい鍵を手に入れることができます。

ただ、何も鍵がない状態でどうやって新しい鍵を作るのか、何かこちら側で用意するものなどはないかなどわからないことがたくさんあると思います。

そこでまずは、手元に車の鍵が1本もない状態で新しい鍵を作る方法についてご紹介いたします。

ディーラーに依頼すれば純正キーが手に入る

スペアがない場合はディーラーに依頼すると、メーカーから純正キーを取り寄せてもらうことができます。

純正キーは新車で受け取った鍵と同じもので、イモビライザー機能が付いている鍵やスマートキーでも対応してくれます。

ディーラーに依頼する場合も、鍵屋と同様に車種やグレード、鍵の種類などで料金が変動するので依頼するときにディーラーに確認しておきましょう。

鍵屋に依頼すればすぐに新しい鍵が手に入る

鍵屋に依頼した場合は、鍵穴を見ながらスペアキーを作成することが可能です。

ブランクキーが合うものがあれば車があるその場で鍵を作成し、そのままもらうことができます。ただし、あくまでスペアキーのため、純正キーとは別物です。

また、イモビライザーキーは鍵屋で作成するとディーラーよりも料金が高額になり、種類によっては作成できないこともあります。

鍵屋に電話するとイモビライザー搭載有無などを確認されることが多いので、事前にイモビライザーが搭載されているか確認しておいたほうがいいでしょう。

>>>車の鍵の種類と見分け方~ウェーブキー・リモコンキー・イモビライザーってなに~

車の鍵をすぐに手に入れる方法

鍵が1本もない状態だと、車が運転できないので、すぐにでも新しい鍵が欲しいと思います。

そこでここでは、なるべく車の鍵を早く手に入れるための方法をご紹介します。

鍵屋に依頼するとすぐに鍵を手に入れられる

鍵屋は、お店の駐車場や旅行先のホテルや何もない路上で車の鍵を紛失したときも、車が置いてある場所まで出張してその場で鍵を作ることができます。

また、新しく鍵を作る際は、鍵が1本もなくても、鍵穴を見ながら作ることが可能です。

イモビライザー搭載キーやスマートキーのような特殊な鍵でなければ、作成を開始してから大体30~120分程度で新しい鍵を受け取ることができます。

そのため、旅行先で身動きがとれなくなった、会社の車の鍵をなくした、スーパーの駐車場から家に帰れなくなったなど、どうしてもすぐに鍵が欲しいときは鍵屋への依頼がおすすめです。

ディーラー依頼は費用は安いが時間がかかる

ディーラーに依頼すると、鍵屋よりも安い費用で新しい鍵を手に入れることができます。さらに、イモビライザーやスマートキーなどの特殊な鍵も対応してもらえます。

しかし、鍵が完成するまで、数日から1週間ほどの時間が必要です。

また、外出先で立ち往生してしまっている場合は、レッカーを呼んで自宅まで車を運ぶ必要があります。

ただ、日数や使用場面は限られますが、鍵の作成費用の安さについては圧倒的にディーラーが安いので、とにかく費用を安く抑えたいという人はディーラーに依頼をしたほうがいいでしょう。

ロードサービスで鍵の作成はできる?

JAFなどのロードサービスはあくまで鍵の解錠のみで、新しい鍵の作成は行っていません。しかし、JAF会員の場合、鍵の解錠作業自体は無料で行ってもらえます。

完全にどこかに落としたときは、鍵屋かディーラー対応になりますが、インロックしてしまった場合のような、鍵の解錠のみはJAFに依頼するといいでしょう。

ただ、ゴールデンウィークやお盆、年末年始などの長期休暇中はJAFも非常に混みあっているようで、待ちきれない人が鍵屋に依頼をされることがあります。

また、鍵屋であればインロックしたときに備えた予備の鍵をインロックした現場で作って渡すこともできるので、再発防止に備えたいという人は鍵屋への依頼も検討してみてはいかがでしょうか。

新しい車の鍵を安く手に入れる方法

急を要していない場合は、ディーラーに依頼するのが、最も安く新しい鍵を手に入れられる方法です。

ディーラーもしくは車のメーカーに鍵を紛失したことを連絡すると、純正キーと呼ばれる、メーカーが作成する正規品の鍵を購入できます。

鍵の種類によっては、車を購入した際にもらう書類などに書いてある、キーナンバーが必要なことがあるので、持っていくといいでしょう。鍵の取り寄せにかかる時間はおおよそ1~3週間程度です。

鍵屋などで作った鍵は、その日のうちにもらえますが、鍵穴の構造を見ながら作るスペアキーのため、精度は純正キーより落ちてしまいます。

くらべて純正キーは、新車を購入したときと同じものを取り寄せられるので、使用感に違和感などを感じることは少ないでしょう。

依頼先 ディーラー 鍵屋
日数

1~3週間

基本即日

料金

3,000~15,000円前後
(特殊鍵は15,000円~)

13,000~30,000円前後
(特殊鍵は別途見積もり)

上記の表は、それぞれの特徴をまとめたものです。ディーラーでの鍵作成は、一般的な鍵の場合は3,000円からと、とても手ごろな価格で取り寄せができます。時間に余裕がある場合は、ディーラーに頼むのがおすすめです。

車の鍵をすぐに安く手に入れる方法まとめ

今回は車の鍵をなるべく早く、安く手に入れる方法をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

急ぎの場合は、鍵屋に依頼すると、その場で鍵を受け取ることができます。安さ重視の場合は、日数はかかりますがディーラーに依頼するのがおすすめです。

緊急時の場合でも、複数の鍵屋に相見積もりをすることで料金を安くできる場合もあります。生活救急車では、他社比較のための相見積りも承っておりますので、お困りの際はお気軽に現地の無料見積りをご依頼ください。