さらに条件を追加する
LIBRARY

暗証番号式の鍵が開かないときの秘密の開け方

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
暗証番号式の鍵が開かないときの秘密の開け方

説明 暗証番号式の鍵が開かなくなってしまって困っていませんか?暗証番号式の鍵は、長い間使っていないと番号を忘れてしまうことがあります。そうなった場合、鍵を破壊せずに自分で開けられたらと思いますよね。そこで今回は、暗証番号式の鍵が開かなくて困っている人のために、暗証番号式の鍵の開け方についてご紹介いたします。

暗証番号式の鍵が開かなくなってしまって困っていませんか?

暗証番号式の鍵は、長い間使っていないと番号を忘れてしまうことがあります。そうなった場合、全部の番号を試すのは時間がかかってしまいますし、鍵を破壊するのはできるだけ避けたいですよね。

そこで今回は、暗証番号式の鍵が開かなくて困っている人のために、暗証番号式の鍵の開け方についてご紹介いたします。

暗証番号式の鍵が開かない原因一覧

暗証番号式の鍵が開かない原因は、主に、「暗証番号が間違っている(忘れている)」もしくは「錠前の部品が壊れている」の2つがあります。

ただし、錠前の種類によっては特有の故障原因などもあります。

そこでまずは、錠前別の暗証番号式の鍵が開かない原因をご紹介したいと思います。

南京錠のダイヤルロックが開かない原因

南京錠は、鍵の本体が経年劣化などにより稼働しなくなると開けられなくなることがあります。

長期間使わないまま放置する、雨ざらしになるなどの理由で錠がサビてしまうと、番号が合っていても鍵が動かずに開けられないというケースがあります。

このようなときは、動かなくなっている部分に潤滑剤を吹き付けると直ることがあります。

金庫のダイヤル錠が開かない原因

金庫のダイヤル錠が開かない原因は、開ける手順が間違っている可能性が考えられます。

金庫のダイヤル錠の場合、ただ番号を合わせるだけでは開かず、正しい手順で回していく必要があります。

一般的なダイヤル式金庫は、「右4回→左3回→右2回→左1回」という手順で番号を合わせて解錠します。回す方向や回数が間違っていると開けられないため、番号を合わせるときは一つずつ確かめながら回すようにしましょう。

また、番号のリセットができていないと、正しい番号の合わせ方をしても開けられないことがあります。この場合、ダイヤルを4回以上右に回すと番号がリセットできます。

玄関・金庫の電子錠が開かない原因

玄関や金庫の電子錠が開かない原因は、電子錠の防犯機能、電子部品の故障、電池切れが考えられます。

電子錠には、暗証番号を一定回数以上誤入力すると、いたずら防止で一定時間捜査できなくなる機能がついていることがあります。番号を複数回押し間違えたときは、この機能でロックがかかっている可能性があります。

たいていは数分~1時間ほどでロック解除されるため、解除後に正しく入力し直せば開けることができます。

また、電子錠は電池で動いているため、電池切れになると動作しなくなります。この場合は、電池を新しいものに交換すれば、開けられるようになります。

長時間電池切れしているとリセットの可能性

長時間電池切れを起こしていると、あらかじめ設定しておいたパスワードがリセットされてしまうことがあります。

電子錠の種類によりますが、電池のバッテリー残量が少なくなるとアラームや光で知らせる機能がついていることがあります。

いつもと違って、音が鳴ったり、光ったりしているときは電池が消耗していないかチェックしておきましょう。

暗証番号式の鍵が開かないときの対処法

暗証番号式の鍵が開かない原因についてご紹介しましたが、今度は暗証番号式の鍵が開かないときの対処法についてご紹介いたします。

原因と同様に、対処方法も錠前によって色々と異なるのでわけてご紹介いたします。

南京錠の鍵はツルを引っ張りながらダイヤルを回す

南京錠の鍵のU字になっている部分をツルといいます。この部分を引っ張りながらダイヤルを回して、正しい番号に合わせていくという方法があります。

ツルを上に引っ張りながら、下一桁目から一つずつダイヤルを合わせていくと、どこかでツルのゆるむ番号にあたります。あとは、残りの番号も同じ要領でダイヤルを回していけば、開けられることがあります。

ただし、番号間違い以外が原因、例えばツルの錆びや部品の破損が原因の場合はこの方法で開けることができません。

ワイヤーカッターで切って開ける

ワイヤーカッターで、南京錠のワイヤーやツル部分を切断して開けるという方法もあります。部品の破損があるときは、鍵屋でもこの方法を使うことがあります。

ワイヤーカッターは、製品によって切断可能なサイズがことなります。切断できるサイズは、「直径何mm」の形で表記されています。

ワイヤーカッターを購入するときは、南京錠のワイヤーやツルの直径と、ワイヤーカッターの切断可能サイズを確認しておきましょう。

金庫のダイヤル錠は手で回したときの違和感を探す

金庫ダイヤルの暗証番号を忘れてしまった場合は、手でダイヤルを回したときの違和感を探すことで開けられることがあります。

テレビなどでよくやっていますが、金庫に聴診器を当てながらダイヤルを右や左にカチャカチャ回して金庫を開けるシーンがありますよね。

あれは、ダイヤルを回したときに感じる違和感や音を元に正しい暗証番号を調べています。しかし、この方法は何度も練習が必要で、慣れている人でも金庫の種類によってはまったくできないこともあります。

そこで、「ダイヤルの番号を全部試す」という対処法を思いつく人もいますが、どちらかといえば、全部試す方が大変かもしれません。

ダイヤルの番号を全部試すのは無謀

家庭用の据え置き金庫のダイヤルは、大半が4つの番号を合わせて開けるタイプです。ダイヤルの数値は0~99まであるので、暗証番号の組み合わせを全部試そうと思うと、単純に100×100×100×100=100,000,000通り試さなくてはなりません。

もちろん、途中で開く可能性もありますが、一番先頭のダイヤル番号がわかっていても1,000,000通りはパターンが残っています。

どこか1つだけ番号が分からないのであれば全部試してみてもいいと思いますが、2つ以上番号が分からないときは業者に鍵開けを依頼されることをおすすめします。

電子錠は電池交換で開く可能性がある

暗証番号式の電子錠が開かないときは、電池切れの可能性があります。電池の残量が少ないと、テンキーは反応するものの、ドアを開けるためのバッテリーが足りないため開けられない、という状態になることがあります。

電池切れが原因で開かない場合は、電池交換をすれば開けられるようになります。電子錠は、電池の残量が少なくなると音やランプの点滅などで通知してくれるので、交換時期を見逃さないように気を付けましょう。

交換用電池がコンビニにないことも

電子錠の電池は「角型電池」など特殊なものが使われていることがあります。普通の丸型乾電池と違って、角型電池はコンビニによっては置いていない可能性もあります。

深夜に電池が切れたときのために、電池のストックを用意しておくといざというときも安心です。

電池切れによる暗証番号のリセットに注意

製品によっては、電池交換を行うと暗証番号が初期設定の数字にリセットされるものがあります。

電池交換を行った後に、いつも使っている暗証番号で開かなくなったときは、初期設定の番号(「0000」や「1234」など製品によってことなります)を入れてみましょう。

非常開錠用の鍵がついていないか確認

電子錠は、非常開錠用の物理的な鍵を付属していることがあります。鍵付きの製品であれば、番号忘れや電池切れのときでも鍵を使って解錠することができます。本体の下や側面などを確認し、シリンダーがついていないかを確認しましょう。

また、番号の再設定用のカードが付属している製品もあります。電子錠は、暗証番号以外でも解錠できる機能が備わっているものも多いので、取扱説明書などを参考にしながらほかの開錠方法を探してみましょう。

暗証番号式の鍵が開かないときの秘密の開け方まとめ

今回は、暗証番号式の鍵が開かないときの対処法についてご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

開かなくなったときにすべての番号を試すのは時間と労力がかかりますが、鍵の仕組みの問題や故障などが原因のときは、別の方法を試すことで開けられるケースもあります。

もしも、鍵屋に鍵開けを依頼するときは相見積もりをしておくと安心です。生活救急車では、他社比較のための相見積り、料金や作業内容を確認するための現地見積りは無料で承っております。

お困りの際は、お気軽にお電話ください。まずは、無料の現地見積りにてご対応させていただきます。