さらに条件を追加する
LIBRARY

サッシの雨漏り修理のやり方と業者に依頼したときの費用・料金相場

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
サッシの雨漏り修理のやり方と業者に依頼したときの費用・料金相場

説明 大雨や台風の時に、サッシから雨漏りが発生してしまって、修理のやり方がわからなかったり、業者に依頼したときの修理費用、料金相場はいくら位なのか気になりますよね。今回は、サッシの雨漏りの原因や修理のやり方、業者に依頼したときの費用・料金相場をご紹介したいと思います。

大雨や台風の時に、サッシから雨漏りが発生してしまって、修理のやり方がわからなかったり、業者に依頼したときの修理費用、料金相場はいくら位なのか気になりますよね。

雨漏りは、濡れた場所を雑巾やタオルでふいているだけでは、根本的な解決にはなりません。雨水の通り道を見つけて補修をしないといつまでも雨漏りし続けます。

そんな雨漏りを直して欲しいと修理業者に依頼した場合、どの業者も現地見積りで、業者ごとによって料金が違ってよくわからないですよね。

そこで、今回は、サッシの雨漏りの原因や修理のやり方、業者に依頼したときの費用・料金相場をご紹介したいと思います。

サッシの雨漏りの原因について

雨の日、窓のあたりがなんだか濡れている。窓をしっかり閉めているから、雨漏りするはずはない・・・と思いますよね、

実は、窓を閉めた状態でも、雨水が漏れてくることがあります。ここでは、その原因と簡単な対処法についてご紹介します。

サッシの雨漏りの原因.1コーキングの劣化

雨漏りの原因として、一番多いのがコーキングの劣化です。窓枠を外壁にはめ込むときに、隙間ができます。その隙間を埋める役目をするのが、コーキング(シーリング)というゴム状の建材です。

コーキングは、雨水や紫外線などさまざまな原因により10年程で寿命を迎えてしまいます。そして、ひび割れやはがれなどが生じて隙間ができ、雨漏りの原因となります。

コーキングの劣化の対処法

コーキングが劣化しているときは、古いコーキングを撤去して新たにコーキングで隙間を埋めることで、雨漏りの予防になります。

サッシの雨漏りの原因2.外壁のひび割れ

外壁塗装が劣化して、ひび割れが生じるとそこから雨水が浸入します。ちょっと見ただけではわからない程度の細かいひび割れや、小さな穴でも水が入り込み、時間が経つとともに少しずつ雨漏りするようになってしまいます。

また、サッシ周辺のひび割れだけではなく、もっと上部にあるひび割れが原因で、雨漏りが発生するケースもあります。

外壁のひび割れの対処法

まず、ひび割れの幅が1mmを超えるものについては、外壁の下地や構造部分にも影響が出ている可能性があるので、自分での補修はおすすめできません。

ひび割れの幅が0.3mm以下のの補修方法としては、微細なセメントの粉をひび割れに塗布し、適量な水分を加えてセメントの粉を定着させる方法があります。

他には、ひび割れ箇所をコーキングで埋める方法があります。

サッシの雨漏りの原因3.窓上部の換気扇や配管

窓の上部にある換気扇や配管部分には、ある程度の防水対策がほどこされています。しかし、台風や豪雨などさまざまな角度から雨が吹き込む場合は、雨水が浸入することがあります。

窓上部の換気扇や配管からの雨漏りの対処法

防水対策がほどこされている部分のコーキングの劣化により、雨水が浸入するケースが考えられます。対処法としては、古いコーキングを撤去して新たにコーキングで隙間を埋めます。

サッシの雨漏りの原因4.引き違いサッシのさかい目

台風のときなどは、雨が真横から窓に吹き付けることもあります。引き違いサッシの場合、さかい目に隙間ができているとそこから雨水が浸水することがあります。

引き違いサッシのさかい目からの雨漏りの対処法

対処法としては、2つあります。まずひとつめは、窓の外に雨戸やベニヤ板を張り付けて、雨水が入ってこないようにする方法です。

もうひとつは、雨戸の位置を変える方法です。雨水は外側に出ているサッシの横から侵入してくるので、反対側に設置するように位置を変更します。こうすることで、雨水や風の勢いをブロックすることができるので、横から吹き込んでも雨漏りしにくくなります。

サッシの雨漏りの原因5.窓の近くに屋根がある場合

サッシの近くに壁についている屋根があり、その壁にひじ割れが生じていると、屋根から伝わってきた雨水が侵入しサッシから雨漏りがします。

窓の近くに屋根がある場合の雨漏りの対処法

ひび割れ箇所をふさぐ必要がありますので、外壁のひび割れ同様、微細なセメントの粉をひび割れに塗布する、コーキングでひび割れ箇所を埋めるなどの対処法があります。

サッシの雨漏りの原因6.防水処理の不備

通常、サッシを取りつける前に防水シートやフィルムを貼り防水処理を行います。ところが、その防水処理が行われていなかったり、処理方法に不備があったりすると雨漏りしてしまいます。

防水処理の不備の雨漏りの対処法

防水処理の不備により雨漏りしている箇所に、防水テープや防水シートを使って対処をします。防水シートは防水テープに比べて、修繕できる範囲が広く排水管や排気口などにも使用できます。

サッシの雨漏り修理のやり方

雨漏りを確実に止めるには、雨漏りの原因を突き止めて適切な修理を行うことが大事です。そのため、雨漏りの専門知識と経験のあるプロの業者に相談するのが一番です。

しかし、サッシの雨漏りは放っておくと大きな被害につながってしまいます。自分でできる応急処置があれば、被害の拡大を防ぐことになります。

自分でできる応急処置1.ぞうきんで雨水を吸いとる

ご自宅にある、ぞうきんや布切れを、雨漏り箇所に置いて雨水を吸いとります。ぞうきんや布が水を吸って重くなったら、新しいものに交換するか、しぼってまた置きましょう。

市販の吸水シートを使用する方法もあります。ぞうきんや布よりも吸水力が強いので、雨漏りの量が多いときは役に立ちます。

雨漏りの応急処置に使える市販の吸水シートの選び方

最近、ホームセンターでも防災用品コーナーに置かれているのを見かけるようになりました。使用方法としては、雨漏りしている箇所にかぶせて使用します。

使用する場所によってサイズが異なりますが、室内で使用する場合は5L吸水タイプが一般的です。

自分でできる応急処置2.窓の外に雨戸を取りつける・位置を変える

もし、雨戸が取りつけられていない場合は、雨戸を取りつけることで雨漏り対策になります。すでに雨戸が取りつけられている場合は、雨戸の位置を変えてみましょう。

引きちがいの隙間から雨水が入ってくることが考えられるため、外側のサッシのレール部分を雨戸でガードするように取りつけると、雨水の浸入を防ぐことができるかもしれません。

自分での雨戸取りつけが難しいケース

最近の雨戸は軽量化されており、収納スペースも必要ないため自分で取りつける人も増えてきてはいますが、中には自分での取りつけが難しい場合もあります。

一例としては、電動で開閉する雨戸を取りつける場合、電気工事の資格が必要になります。他には、足場のない高所の窓への取りつけなどが難しいケースとしてあげられます。

雨戸を取りつける場合のデメリット

雨戸を取りつけることで、雨漏り対策としてのメリットをご紹介しましたが今度はデメリットについてご紹介します。

まずは「開け閉めが面倒」であることがあげられます。せっかく取りつけても、開け閉めが面倒だからと結局利用していないというケースもあります。

次に、「室内が暗くなる」ことがあげられます。昼間でも雨戸を閉めてしまうと、まるで夜のような暗さになってしまいます。

他にも、旅行などの長期不在時で雨戸を閉めっぱなしの場合、泥棒に留守だと気づかれてしまうなどがあげられます。

自分でできる応急処置3.コーキング剤をつけ足す

目に見えてコーキング(シーリング)が割れてボロボロになっている場合は、市販のコーキング(シーリング)剤をつけ足して補修するのもよいでしょう。あるいは防水テープで貼るのも手でしょう。

コーキングと防水テープの使い分け

コーキングは隙間や穴を埋めたい場合には、大変便利です。例えば、外壁のひび割れや配管のひび割れなどに役立ちます。

防水処理の不備による雨漏りの場合は、防水テープがあると、一時的に雨漏りを食い止めることができます。雨漏り範囲が広範囲に及ぶ場合は、防水シートを貼って防水テープで固定するといった方法もあります。

業者が行うサッシからの雨漏り修理方法

サッシからの雨漏りは自分でも対処できる箇所ではありますが、補修したのに雨漏りする、どこから雨漏りしているのかわからないといった場合は、無理せず業者に相談することが一番です。

業者が修理を行う場合、防水紙や防水テープ、コーキング剤を取りかえる修理方法とサッシ全体を取りかえる方法があります。外壁の劣化が原因だった場合は、外壁修理や外壁塗装が必要になります。

業者が行うサッシからの雨漏り修理費用・料金相場

サッシからの雨漏りの修理を業者に依頼した場合の、費用・料金相場についてご紹介します。

ネット上で掲載されている料金を調べた結果、数万円~数十万円と、相場にかなりの開きがあります。これは雨漏りの状況やどれくらいの範囲で雨漏りが発生しているのかといった被害状況によって、修理の内容や技術が異なってくるためです。

以下に修理費用・料金相場の一例をご紹介します。

雨漏り修理内容 雨漏り修理費用・料金相場
窓のコーキング補修・窓枠の補修

3~25万円

サッシ全体の交換

3~50万円

外壁のコーキング補修・ひび割れ補修

5~10万円

外壁塗装

60~160万円

※上記金額はあくまで一例です。状況等により金額は変動する場合があります。

サッシの雨漏り修理の料金事例

サッシの雨漏り修理の費用は、修理方法や修理する範囲によって大きく変動します。雨漏りしている箇所が何箇所あるか、あるいは二次被害がどこまで及んでいるかなどによっても修理費用は変動します。

ここではイメージしやすいように、生活救急車で実際に作業した料金事例をご紹介したいと思います。

雨どいが外れて掃き出し窓から雨漏り【作業費用:32,400円】

2階の一箇所だけ雨どいが外れたみたいで、1階の掃き出し窓から雨が漏れるので、修理して欲しいとのご依頼でした。

現場の状況を詳しく確認し、2階の雨樋が外れて、窓から雨漏りする修理に対応しました。

詳しくお知りになられたい方は、下記をチェックして下さい。

>>>水漏れする雨どいの雨漏り修理対応

キッチンの天窓からの雨漏り【作業費用:110,000円】

キッチンの明かりとりの天窓からかどうかわからないけど、雨漏りがポタポタしているとのご依頼でした。

現場の状況を詳しく確認し、キッチンの天井・天窓の雨漏りの修理に対応しました。

詳しくお知りになられたい方は、下記をチェックして下さい。

>>>キッチンの天窓の雨漏り修理対応

木製サッシの雨漏り修理【作業費用:220,000円】

木製サッシの角から雨漏りがしているので、修理をお願いしたいとのご依頼でした。

現場の状況を詳しく確認し、木製サッシからの雨漏りの修理に対応しました。

詳しくお知りになられたい方は、下記をチェックして下さい。

>>>木製サッシの雨漏り修理対応

通気口の枠の外れの修理【作業費用:243,648円】

二階の外側にある窓のような通気口が、外れてしまったので見て欲しいとのご依頼でした。

現場の状況を詳しく確認し、屋根の通気口の枠が外れている修理に対応しました。

詳しくお知りになられたい方は、下記をチェックして下さい。

>>>通気口の修理対応

窓枠の雨漏り修理【作業費用:416,880円】

木枠のサッシの上部が雨漏りで濡れている。詳しい箇所はわからないけど、直してもらえますか?とのご依頼でした。

現場の状況を詳しく確認し、窓枠の雨漏り修理にご対応しました。

詳しくお知りになられたい方は、下記をチェックして下さい。

>>>木製サッシ上部の雨漏り修理対応

雨どいと窓の外枠の修理【作業費用:498,960円】

屋根の雨どいが風にあおられてバタバタしている。他にも窓の外枠も見て欲しいとのご依頼でした。

現場の状況を詳しく確認し、風でバタバタしている雨どいと、窓の外枠修理にご対応しました。

詳しくお知りになられたい方は、下記をチェックして下さい。

>>>屋根の雨樋と窓の外枠修理対応

サッシの雨漏り修理のやり方と費用・料金相場まとめ

今回は、サッシの雨漏りの修理のやり方や、業者に依頼したときの費用・料金相場についてご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

サッシから雨漏りした場合は自分で応急処置を施すことが可能ですが、雨漏りの被害を最小限に抑えるためには、早めに業者に依頼するのがよいでしょう。

生活救急車でも、雨漏り修理の作業やお見積りを承っております。他社比較のお見積りも対応しておりますので、お困りの際はお気軽にお電話ください。