さらに条件を追加する
LIBRARY

外壁塗装をしても雨漏りがする理由と対処法

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
外壁塗装をしても雨漏りがする理由と対処法

説明 「雨漏りの補修のために外壁の塗装をしたのに、雨漏りが直らない」「外壁の塗装は劣化していないのに雨漏りが起こってしまう」といった、外壁と雨漏りに関するお悩みはありませんか。雨漏りの原因はひとつだけではありません。ここでは、外壁塗装をしても雨漏りがする理由とその対処法についてご紹介します。

「雨漏りの補修のために外壁の塗装をしたのに、雨漏りが直らない」「外壁の塗装は劣化していないのに雨漏りが起こってしまう」といった、外壁と雨漏りに関するお悩みはありませんか。ここでは、外壁塗装をしても雨漏りがする理由とその対処法についてご紹介したいと思います。

外壁塗装をしたのに雨漏りがする理由とは

雨漏りの原因はひとつだけではありません。

たとえば外壁のひび割れなど、外壁の問題が原因の雨漏りであれば外壁塗装で修理することができますが、屋根など住宅のほかの場所に問題があった場合には、外壁塗装では雨漏りを治すことができません。ここでは、外壁塗装をしても雨漏りがする理由についてご説明いたします。

屋根に原因があるので雨漏りが直らない

「雨漏りしていたので住宅の外観をチェックしたら、外壁のひび割れを見つけたので外壁塗装をした」じつは、これだけでは雨漏りの修理ができていない可能性があります。たとえば、外壁のひび割れはあったものの、雨水が侵入してきているのは外壁からではなく屋根からだった、というケースでは、残念ながら外壁塗装では雨漏りは直りません。その場合、本当の原因である屋根の修理を行う必要があります。

瓦のひび割れが原因の雨漏り

瓦屋根の場合、瓦が強風でずれたり飛んでいったりすることで雨漏りが起きることがあります。また、経年劣化により瓦にひびが入ってしまうと、そこから雨水が侵入する可能性があります。

瓦に破損が見られない場合でも、瓦屋根は谷部、板金など構造上雨水の溜まりやすい箇所があります。そういった箇所が経年劣化により穴が開いたために、雨漏りするケースもあります。

スレートの破損が原因の雨漏り

スレート屋根の場合、スレートが外部からの衝撃などにより破損したことで雨漏りが起きることがあります。また、スレート屋根は野地板の上に防水シートを貼り、その上に釘でスレート屋根を打ち付けるという3重の構造になっていますが、この打ち付けた釘穴に雨水が溜まり、雨漏りの原因となることがあります。

防水シートの劣化が原因の雨漏り

瓦やスレートなど屋根材の下には防水シートが入っていますが、経年劣化で防水性能は落ちてゆきます。防水シートの劣化を放っておくと、雨水が侵入しやすくなり、雨漏りの原因となります。

塗装の下地・継ぎ目に問題があるので雨漏りが直らない

外壁からの雨漏りでも、外壁塗装だけでは解決できないケースがあります。下地の破損やシーリング剤の劣化など、塗装の部分以外に問題がある場合は、塗装とは別の方法で修理する形となります。

外壁の下地のひび割れが原因の雨漏り

外壁からの雨漏りであっても、外壁塗装のさらに内側に問題がある場合は、最も外側である外壁を塗装しても雨漏りを直すことができません。

「外壁にひび割れなど劣化があったので外壁塗装をしたのに、雨漏りが治らない」というときは、外壁のさらに内側にある下地にまで劣化が及んでいる可能性があります。

通常、外壁の下には家の内側の壁に水が侵入するのを防ぐための防水シートが入っていますが、外壁のひび割れから雨水が侵入すると、防水シートが腐食して破けてしまい、雨漏りの原因となります。

シーリング剤の劣化が原因の雨漏り

塗装や下地のほかに、外壁の継ぎ目に問題が発生しているケースもあります。

外壁の素材にサイディングボードなどを使用しているときは、壁材同士をつなぎ合わせるのにシーリング剤を打ちますが、このシーリング剤が劣化していると、継ぎ目が破れて隙間ができ、そこから雨漏りが発生することがあります。

また、サイディングボードやモルタルなど外壁素材の耐用年数はおよそ10年ほどですが、シーリング剤はおよそ5年ほどで劣化が始まるため、外壁より早いタイミングでの補修が必要になる可能性があります。

外壁塗装をしても雨漏りが直らないときの対処法

外壁塗装をしても雨漏りが直らないときは、外壁以外の場所に問題が起こっている可能性があります。ここでは、問題の箇所に応じた対処法についてご紹介いたします。

屋根に原因がある場合の対処法

瓦の場合は、ずれているときは元の位置に戻す、飛んでいってしまったりひび割れがあったりするときはその部分を交換することで解決できます。

また、雨水が侵入することで瓦の下にある防水シートや下地が破損しているときは、防水シートの張替えや下地の塗り直しが必要となります。

劣化が激しく、全体的な損傷が見られるときは葺き直しや葺き替えとなる可能性があります。

スレート屋根の場合は、破損している箇所を修理すれば対処することができます。

棟板金の交換、屋根塗装、屋根材の重ね葺きなどの方法がありますが、屋根材の表面だけでなくスレート自体の傷みがあるときは、スレートを新しく葺き替える必要があります。

塗装の下地・継ぎ目に問題がある場合の対処法

外壁塗装の下地が劣化しているときは、下地として入っている防水シートを張り替えることで雨漏りを修理できます。

外壁の継ぎ目に使われているシーリング剤の劣化が原因のときは、シーリングの打ち換えやシーリング剤の充填で雨漏りを直すことができます。

自分でできる応急処置は?

雨漏りの程度や住宅の劣化具合によっては、すでにある屋根材や壁材を剥がしたうえでその下にある素材を修理、交換するなどある程度の規模の工事を行う形になる可能性もあるため、完全に雨漏りを修理するには、業者へ連絡して修理を依頼することになる可能性があります。

とはいえ、業者の工事が始まるまでの間、できる限り雨漏りの被害や雨漏りによる住宅の劣化を防いでおきたいと考える方も多いかと思います。ここでは、DIYでもできる応急処置の方法をご紹介させていただきます。

しかしながら、補修作業、とくに屋根などの高所での作業は命にかかわる危険を伴います。自分で行う対処はあくまで応急処置までにしておいて、本格的な修理は業者に依頼することをお勧めします。

バケツやブルーシートなどで落ちてくる水の対策をする

まずは、雨漏りで部屋の中へ侵入してきている水を防ぐことが先決です。

水が落ちてきている場所に新聞紙やレジャーシートを敷き、その上にバケツを置きます。バケツの水が跳ねないように、中に新聞紙や雑巾を入れておくとよいでしょう。また、屋根裏にブルーシートを敷いておくと、雨水が室内に侵入するのを防ぐことができます。

コーキング材で穴をふさぐ

外壁などのシーリングに使用するコーキング材や補修に必要な道具は、ホームセンターのDIYコーナーやインターネットショップなどで購入することができます。

自分でコーキング材を劣化している箇所に充填して応急処置をするという方法になりますが、ひび割れが激しい、シーリング以外の部分がひび割れている、といったような劣化が進んだ状態のときは、さらに本格的な工事が必要となる可能性があります。外壁にひび割れがあるときは、雨水の侵入を防ぐためにビニールシートをかぶせておくと応急処置になります。

また、屋根からの雨漏りの場合はコーキング材での補修はおすすめできません。屋根に上っての作業は非常に危険で、命にかかわる事故になりかねないためです。加えて、屋根瓦や塗装をコーキング材で塞いでしまうと、塞いだ箇所によっては、本来は水と一緒に流れるはずの土やごみなどをせき止めてしまい、かえって屋根の劣化の原因となってしまうため、屋根にコーキング材を使用することはやめておきましょう。

DIYで外壁のシーリングにコーキング材を使用する方法

応急処置として外壁にコーキング材を使用するときは、コーキング材のほかに、打ち付けのためのコーキングガン、下塗り材(と、下塗り材を塗るためのハケ)、外壁を守るためのマスキングテープ、コーキング材を成形するためのヘラを用意します。


  1. ①補修箇所である継ぎ目のまわりにマスキングテープを貼る
  2. ②補修箇所に下塗り材を塗る
  3. ③コーキングガンを使ってコーキング材を充填
  4. ④ヘラでコーキング材を成形する
  5. ⑤マスキングテープをはがして乾燥させる

上記の手順は、すでにあるシーリングの上に重ねて充填するという方法です。

シーリング剤の劣化が激しく、古いシーリングを一度剥がしてから補修する必要があるときは、もう少し本格的な工事が必要となります。

こちらでご紹介した方法はあくまで応急処置になりますので、完全に修理したい、という場合は業者に依頼したほうが確実です。

雨漏りの修理にかかる費用は?

自分でできる雨漏りの対策にも限りがあり、完全に修理するとなると業者に依頼をする形になります。しかし、いざ頼むとなると、どのくらいの費用が必要になるのか気になる方は多いと思います。ここでは、外壁や屋根の雨漏り修理にかかる費用についてご紹介いたします。

外壁の修理費用の相場

ひび割れの補修やシーリングの打ち替えなど、作業内容や範囲によって異なりますが、約5万円~50万円がおおよその相場となっております。外壁の全体的な塗装や張り替えを行う場合はさらに高額となり、相場は約50~300万円となります。坪単価や平米単価で費用を出している業者も多いので、修理が必要な範囲を確認しておくと費用も計算しやすいでしょう。

屋根の修理費用の相場

瓦屋根、スレート屋根いずれの場合でも、業者によっては一枚の交換から受け付けているところもあります。差し替え費用の相場は、約1万円~5万円となっております。下地の張替えの相場は約5~30万円、全体的な葺き替えの場合は約50万円~200万円となります。

足場代がプラスされることも

屋根や外壁の高いところなど、ハシゴでは届かない場所での作業であったり、立地上ハシゴを設置できない場所であったりするときは、足場を組んで修理作業を行う形になります。修理のために足場を組む場合にも費用が発生し、相場は約5万円~20万円となります。

雨漏りの修理には保険が適用できる?

雨漏りの修理には、火災保険が適用できるケースがあります。外壁や屋根の修理は範囲が広いことも多く、費用が高額になる可能性も。もしその費用が保険でカバーできるなら、とても助かりますよね。しかし、すべての雨漏り修理に対して保険が適用できるわけではありません。ここでは、雨漏りの修理に保険が適用できるケースについてご紹介いたします。

自然災害による雨漏りは、保険が適用できる

火災保険は、火災による損害だけではなく、台風や大雪などの自然災害による損害も補償されます。

たとえば、台風で屋根瓦などの屋根材が飛ばされて雨漏りした、台風で飛ばされた物が屋根や外壁にぶつかって雨漏りした、などのケースであれば、風による災害である「風災」と認められて保険が下りることがあります。

また、積雪により屋根などが破損して雨漏りした場合は、「雪災」と認められれば補償の対象となります。

その他、落雷で屋根材が破損したことが原因での雨漏りも補償の対象となります。

経年劣化による雨漏りは補償の対象外

火災保険が適用できるのは、自然災害による雨漏りの場合となるため、自然災害のときに起こった雨漏りであっても、雨漏りの直接的な原因が住宅の経年劣化であると認定された場合には、保険が適用されません。

外壁塗装をしても雨漏りがする理由と対処法まとめ

今回は、外壁塗装をしても雨漏りがする理由と対処法についてご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

雨漏りの原因は外壁だけではなく、屋根に問題が見つかるというケースもあります。原因が分かれば応急処置を行うことができますが、ちゃんとした修理が必要であれば早めに業者へ相談することが大切です。

でも、どんな業者に任せたらいいかわからない、と不安になることもありますよね。そんなときは東証一部上場企業の生活救急車へお気軽にご相談ください。

まずは、現地見積りから承っております。