さらに条件を追加する
LIBRARY

子供がトイレをつまらせたときの対処法

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
タグ
子供がトイレをつまらせたときの対処法

説明 子供がトイレをつまらせたときって、原因がよくわからなかったり、いたずらで自然につまるようなトラブルとはつまりの規模が違っていてビックリしますよね。とはいえ、子供がトイレをつまらせたときは何が原因になっているのかよくわからなくて、どうやって対処したらいいのか悩んでしまいますよね。そこで今回は、子供がトイレをつまらせたときの原因や対処方法などについてご紹介したいと思います。

子供がトイレをつまらせたときって、原因がよくわからなかったり、いたずらで自然につまるようなトラブルとはつまりの規模が違っていてビックリしますよね。

そんなとき、ラバーカップ(すっぽん)や水をとにかく流してしまうとつまりが悪化したり、排水管や便器が壊れて大規模な工事が必要になってしまうこともあります。

とはいえ、子供がトイレをつまらせたときは何が原因になっているのかよくわからなくて、どうやって対処したらいいのか悩んでしまいますよね。

そこで今回は、子供がトイレをつまらせたときの原因や対処方法などについてご紹介したいと思います。

子供がトイレをつまらせたときにやってはいけないこと

最初に、子供がトイレをつまらせたときにやってはいけないことを注意点として先にご紹介しておきたいと思います。これをやってしまうと、つまりの状態が悪化するので注意してください。


  • 【やってはいけないこと】
  • ・放置すること
  • ・ラバーカップをいきなり使うこと

子供がトイレをつまらせたら放置してはいけない

自分がトイレットペーパーなどをいつもどおり使っていて、トイレをつまらせたという場合は放置して様子を見るのも悪くはありません。

トイレのお掃除シートなどは、流せるタイプであっても水に溶けるまでに時間がかかってつまりの原因になることもあるからです。

ただ、子供がトイレをつまらせた場合、何がつまっているかわかりませんよね?とくに、おむつやナプキンなどをいたずらしてトイレに流してしまった場合、素材になっている吸水ポリマーが水を吸って肥大化すると取り出すのが困難になります。

そのため、子供がトイレをつまらせた場合は何をつまらせたのか聞く、教えてくれない場合はトイレのゴミポットに捨てていたおむつやナプキンなどがなくなっていないか、便器の排水溝につまっていないかを確認した方がいいでしょう。

もしも、おむつやナプキンなどがつまっている場合はゴム手袋をして直接掴みだしましょう。時間が経つと元の大きさの倍以上になるので、時間勝負です。

子供がトイレをつまらせたらラバーカップをいきなり使わない

何度も出てきますが、子供がトイレをつまらせたときって原因が何かわからないことがありますよね?

トイレットペーパーのつまり程度であれば、ラバーカップを使うことで改善することもありますが、置物やタオル、紙おむつやナプキンなど異物がつまっている場合はラバーカップを使うことで状況が悪化することがあります。

とくに、最初は便器の排水路内でつまっていたのにラバーカップを使ったことによって排水管などに異物が移動してしまうと業者に修理を依頼したときに、排水路内でつまっていたときよりも料金が上がってしまいます。

そのため、原因が何か分かるまではラバーカップは使わないようにしましょう。子供に何をつまらせたのか聞くか、トイレのまわりのものがなくなっていないかを確認して、トイレットペーパーやお掃除シートなど水に溶けるものがつまっていると分かってから使うようにしたほうが安全です。

子供が急にトイレをつまらせたので修理道具がない!

子供が急にトイレをつまらせたので、ラバーカップ(すっぽん)のようなつまり専用の解消道具がないことってありますよね。そういった場合、近くのお店などにラバーカップが売ってないか探しますが、欲しい時に限って売ってないですよね。

そこで、子供が急にトイレをつまらせたときでも、家にあるものやコンビニ、スーパーなどで手に入れやすいものを使ってトイレつまりを修理する方法を状況別にご紹介したいと思います。

子供がトイレットペーパーをつまらせた場合

子供がトイレットペーパーを大量につまらせた場合。この場合はラバーカップがあれば便利ですが、ラバーカップが家にないという人は多いかと思います。

そういった場合は、お湯を使った方法と重曹とお酢(クエン酸)とお湯を使ったトイレつまりの解消法を試してみてはいかがでしょうか。

お湯のみを使ったトイレつまり解消法

お湯のみといいましたが、正確にはお湯とバケツとひしゃく(便器の水をくみ出すもの)を使います。

最初に、ひしゃくで便器内の水をバケツに取り出してから、45℃くらいのお湯を便器の半分くらいの量流し入れるというのを2~3回ほど繰り返して、1時間ほど放置するという方法です。

トイレットペーパーの軽いつまりであれば、この方法でつまりを解消することができます。ただ、つまっている量が多い場合は次の重曹とお酢(クエン酸)を使った方法がおすすめです。

重曹とお酢(クエン酸)とお湯を使ったトイレつまり解消法

家のお掃除グッズとして人気の重曹とお酢(またはクエン酸)とお湯を使うと、お湯のみの方法と比べてトイレつまりが解消しやすくなります。

やり方は、重曹カップ1/4、お酢(またはクエン酸)100ml(カップ1/2)、お湯45℃程度を便器の半分の量を順番に入れて1時間ほど放置するだけです(水位が高い場合は先に水を汲み出しておきましょう)。

1時間ほど経ったら水を少し高い位置から便器の排水溝めがけて少しずつ流して、きちんと水が流れるようになったら完了です。

子供がおもちゃをトイレにつまらせた場合

子供がおもちゃをトイレにつまらせてしまった場合。たとえば、小さいゴムボールやロボットの腕、人形や積み木などの水にとけることのないものをつまらせると、これを直接取り出さないとつまりは解消されません。

この場合は、まずは落ち着いて便器の排水溝を確認してみましょう。ゴム手袋をはめて、排水溝に直接手を入れて何かひっかかる物があれば引っ張り出しましょう。

汚水が多い場合は、あらかじめバケツに汚水をくみ出しておくと作業がしやすくなります。あまりにも小さいおもちゃの場合は、そのまま流れて家の外の排水枡まで流れていることもあるので水が流れるようであれば排水枡を確認してみるといいでしょう。

ただ、排水枡に留まらずにそのまま下水道管に流れている場合は確認ができなくなります。

子供がおむつをトイレにつまらせた場合

子供がおむつをトイレに流してつまらせてしまった場合、つまりを解消するには時間勝負になります。おむつには水分を吸収する吸水性ポリマーが使われていますが、水を吸うと肥大化して便器の排水溝から手で引っ張り上げるのが困難になります。

そんなに大きくならないだろうと思ってしまいがちですが、子供がおもらしをしたときでもおむつが大きくなってますよね。それよりも更に大きくなるだけでなく、紙がボロボロになって吸水性ポリマーがバラバラになると余計に回収が困難になるので早めに取り出しましょう。

やり方はおもちゃを落としたときと同じで、ゴム手袋をしておむつを引っ張りだすだけです。もし手が届かないのであれば、針金ハンガーなどを使って引っ張りだすのも試してみるといいでしょう。

子供がトイレをつまらせたときの対処法まとめ

今回は、子供がトイレをつまらせたときの対処法についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。トイレがつまったときに、いきなりラバーカップを使ってしまいがちですが、つまりの原因によっては状況が悪化することもあります。

そのため、もしも子供がトイレをつまらせてしまったときは、最初に便器の排水溝を確認して何がつまっているのか原因を確認してから対処をはじめることをおすすめいたします。