さらに条件を追加する
LIBRARY

イモビライザーのカギを紛失したら

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
イモビライザーのカギを紛失したら

説明 イモビライザーはカギの紛失以外にも、さまざまなトラブルに遭う可能性があります。インロックやカギ折れなど、普段有り得ないと思うトラブルもいっぱいあります。そこで、今回は、イモビライザー搭載車のカギトラブルについてご紹介。

イモビライザーのカギを紛失したら

車の乗り換えで、イモビライザー搭載車にはじめて乗る人は、「カギをなくしたら大変!」と不安になるかと思います。確かに、はじめて使う人は不安になるかと思います。そんな、はじめてイモビライザー搭載車に乗る方に、カギ屋の当社に来るイモビライザー搭載車のカギトラブルをご紹介したいと思います。

イモビライザー搭載車のカギトラブル

まずは、当社によくお問い合わせをいただく、イモビライザー搭載車のカギトラブルを下記にまとめましたので、ご覧ください。

  • 【イモビライザー搭載車のカギトラブル】
  • カギをなくしたので作って欲しい。
  • カギを閉じ込めてしまった。
  • エンジンがかからない。

普通の車のカギトラブルと、ほとんど内容はかわりません。しかし、カギ屋側の対応が変わってきます。

1.カギを紛失したので作って欲しい

非常によくいただく、お問い合わせです。また、カギが折れたので、作って欲しいというご依頼もいただきます。

イモビライザーのカギの作製には、非常に高価な道具や技術と知識が必要になります。また、最新車種であれば、データがないため、作れないということもあります。そのため、対応できる地域が限られていたり、全く対応できないこともあります。

それでは、実際にカギをなくした場合はどうしたらいいのでしょうか。まずは、車を購入したディーラーに電話で問い合わせましょう。時間はかかると思いますが、カギ屋よりも安価に作ってもらえるでしょう。そこでもし、想像よりも時間がかかる場合は、カギ屋に電話をしましょう。

もし、山の中などでカギ屋がこられない場所で、ディーラーの対応が遅い場合はどうしたらいいでしょうか。その場合は、自動車保険などに付随されているレッカーサービスを利用する方法があります。

自宅もしくは、ディーラーが指定した工場などに車を移動してもらい、その後で、イモビライザーの対応ができるカギ屋もしくはディーラーに対応してもらうことになるでしょう。

2.カギを閉じ込めてしまった

「いつも、カギが車の中にあったら、アラームが鳴ってカギが閉められないようになっているのに。」とお電話で問い合わせをいただきます。

お客様は、誤作動だと思っていることが多いのですが、“電池切れ”だったということもあります。お客様の中には、車のカギに電池が付いているという感覚がない方もいらっしゃるため、いつのまにか電池がなくなったという人もいらっしゃいます。

電池の性能やカギの使用頻度によって変わりますが、1年に1回は交換したほうがいいようです。

もし、カギを閉じ込めてしまった場合は、当社のようなカギ屋にお電話いただければ対応は可能です。(車種や年式などによっては、対応できないタイプもあります。)。イモビライザーの場合、カギの作製ができなくても開けるだけの対応はできる可能性が高いので、急いで開けたい場合などはカギ屋をご利用ください。

3.エンジンがかからない

このお問い合わせには、主に2種類の可能性があります。

ひとつ目は、「いつも使っているカギを使ったけど、エンジンがかからない。」という場合。これは、車そのものの故障のため、当社のようなカギ屋では対応ができず、自動車の修理工場やディーラーに問い合わせていただくトラブルです。

そして、ふたつ目が「近くのカギ屋さんで作ってもらったカギでは、エンジンがかからない。」という場合。イモビライザー搭載車にはじめて乗る人が、よくする失敗です。

イモビライザーは、簡単にいうと「電子チップが入ったカギ」です。このカギを複製しようとすると、まず電子チップが入ったカギを用意する必要があり、その後で車ごとの登録情報を電子チップに登録する必要があります。(とても簡単に説明しています。)。そのため、町のカギ屋さんにカギだけ持っていっても、イモビライザーキーではなく、扉の開け閉めができるだけのカギが出来上がります。

スペアなどが欲しい場合は、事前にディーラーにお願いしておくと、安価でスムーズです。車購入の際に、「足りないなぁ」と思ったらお願いしたほうがいいでしょう。

カギの専門家に聞いてみました!

当社のカギのタレントしてテレビにも出演している【玉置 恭一】に、イモビライザー搭載車のカギトラブルについて聞いてみました。

私「イモビライザー搭載車のカギをなくすと、確かに大変ですが、なくした時の対応策はありますか?」

玉置「時間に余裕があれば、ディーラーとかメーカーにお願いする方法があるけど、2週間ぐらいかかることもあるから、当日どうしても急いで車を動かす必要があるなら、カギ屋に頼む方法がいいと思う。ただ、費用はディーラーやメーカーに頼むよりも高くなる。だから、時間がある人はメーカーとかに頼んだ方がいい。」

私「そうなんですね。でも、カギ屋だと対応できる車も限られてくると思うんですけど。」

玉置「地域とか技術力にもよるけど、やれる人はやれる。昔の先輩で、協力店として動いてくれている人で、イモビライザー専門でやっている人もいる。その人は、メーカーからもカギを作って欲しいと依頼がくるほど、高い専門性を持っているから。ただ、そういった人が近くにいなければ厳しいと思う。」

私「そうですよね。では、もしも、カギ屋もディーラーもすぐに対応できなければどうしたらいいですか?例えば、山の中とか。」

玉置「レッカーで移動して、自宅とかに運んでもらうしかないかな。自宅に運んだ後は、ディーラーとかメーカー、もしくはカギ屋と相談することになると思う。」

私「なるほど。ちなみに、イモビライザー搭載車はインロック防止機能がありますが、それでもインロックしてしまうことはありますか?」

玉置「昔の高級車で、よく誤作動を起こしたメーカーはあった。電池切れとかではなくて、本当に誤作動で。そういった場合は、本当に大変だった。カギを開けても、正規の開け方じゃないからアラームは鳴り続けて、落ち着かなかった。」

私「あれ?中にあるカギを使えば、アラームは止まりませんか?」

玉置「車種によって違うけど、高級車だと止まらないことが多かった。特に、さっき言ったあるメーカーで、10~15年くらい前のものは誤作動は多いし、アラームは止まらないから本当に大変だった。」

高級車のメーカーは、車に詳しくない私でもよく知っているメーカーでした。ただ、昔のことなので、正式なメーカー名は伏せさせていただきます。

まとめ

イモビライザー搭載車は、普通の自動車のカギと違って、なくすと大変。もしも、カギをなくしたけど時間に余裕があれば、ディーラーやメーカーに頼むのが安く済みます。ただ、当日どうしても車を移動させたり、時間に余裕がないのであれば、費用は高くなるがカギ屋に頼むのがオススメ。また、イモビライザーのインロック防止機能は、電池切れや誤作動を起こす可能性があるので、普段から気をつけたほうがよさそうです。