さらに条件を追加する
LIBRARY

トイレで流れないバリウムを流す方法

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
タグ
トイレで流れないバリウムを流す方法

説明 トイレにバリウムがくっついて流れないというのは、人に見られるのは恥ずかしいですよね。また、流れずに便器に残ってしまうと臭いも気になります。一人暮らしであれば、バリウムが自然に消えてなくなるまで待つという方法もありますが、なるべく早くきれいにしたいですよね。そこで今回は、トイレで流れないバリウムを流す方法をご紹介したいと思います。

「トイレにバリウムを流したら水が濁って・・・」

「トイレにバリウムの塊が残って流れない・・・」

健康診断で難関と言われている「バリウム検査」。

飲むのもひと苦労のバリウムですが、出すのも、出した後もちょこちょこと苦労することが多いようです。

とくに「出したあとにトイレにバリウムが残ると大変」という話はよくあります。

そこで今回は、トイレにバリウムを流したら便器内に残ってしまったという人に向けて流れないバリウムを流す方法などについてご紹介したいと思います。(※トイレつまりでお悩みの人には下記記事がよく読まれています。)

>>>トイレつまりは放置で自然に治る?時間が経てば流れていく?



トイレにバリウムが残って流れない

健康診断でバリウム検査を受けた場合、下剤をもらってバリウムを強制的に出さなければなりませんよね。

はじめての人の場合、バリウムがでなかったらどうしようと不安に思う人が多いと思いますが経験者の場合は「バリウムが出るときは便器に残らないようにしなきゃ」と思う人が多いようです。

というのも、バリウムが便器にくっついてしまうと色々と対策をしても微量に残ってしまうことがあるからです。

とくに、便器の見える位置であれば色々と対策をすることができますが、便器の排水路などでバリウムがくっつくと対策が大変になります。

きちんと流れたと思っても、水が白く濁るといったことがあり、そういった場合は排水路でバリウムがくっついているとわかります。

そのため、バリウムを出すときは事前に便器にくっつけないための対策をしておく人もいます。

トイレの便器にバリウムをくっつかせないための方法

慣れた人であれば、便器にバリウムをくっつかせないためにあらかじめ対策をしています。

「対策」といっても、非常に簡単な方法で「トイレットペーパーを便器に敷いておく」だけです。

バリウムを便器と直接触れさせずに、トイレットペーパーとくっつけることで便器にくっつくことなく流すことができます。

トイレットペーパーを敷いてから時間が空くと水に濡れて破れてしまうので、トイレットペーパーを敷いたらすぐにバリウムを出したほうがいいでしょう。

トイレの便器に残ったバリウムを流す方法

先ほど紹介したトイレットペーパーを使った方法は、事前にバリウムを便器にくっつけないためにする予防策です。

しかし、既に便器にくっついてしまったという人もいますよね。

そういった場合は、下記の4つの方法を試してみてください。

  • 【バリウムを流す方法】
  • 1.割り箸で取る
  • 2.ゴム手袋とブラシで取る
  • 3.ぬるま湯を流す
  • 4.洗浄剤で溶かす

1.割り箸で取る

大きなバリウムの塊があって、水をなんど流しても流れていかないという場合は「割り箸で取る」といった方法があります。

バリウムが便器にくっついてしまっていると、水の勢いだけでは流れていかないので割り箸で直接便器から剥がすといいでしょう。

使い方の注意点としては、便器を割り箸でこするような取り方は便器を傷つける原因になるので止めましょう。

バリウムを直接便器から剥がすために、使います。

ただし、細かいバリウムについては割り箸では取り除くことができないので「2.ゴム手袋とブラシで取る」といった方法を試します。

2.ゴム手袋とブラシで取る

一番簡単なのが、「ゴム手袋とブラシ」を使った方法です。

ゴム手袋を装着して、ブラシでゴシゴシとバリウムを磨いて落としてみましょう。

大きな塊がある場合は、ゴム手袋を装着した手で直接触ってはがすといった方法もあります。

ただし、バリウムが固まっていると便器から剥がれなくなってしまうので「3.ぬるま湯を流す」を試してみて下さい。

3.ぬるま湯を流す

便器内にバリウムの残骸だけがしつこく残っている場合。

このような場合は、バリウムが固まってしまっているので「ぬるま湯」を使ってバリウムを溶かして流します。

やかんやポットで沸かした熱湯をかける人もいますが、「陶器製の便器は熱湯で割れる」ことがあるので「45℃くらいのぬるま湯」を使うようにしましょう。

方法は簡単で、バケツにぬるま湯をためて2~3回ほど水を便器内に流すだけです。

ぬるま湯を使うと大体のバリウムを流すことができますが、それでも便器内にバリウムが残っている、水が白く濁るといった場合は「4.洗浄剤で溶かす」を試してみて下さい。

4.洗浄剤で溶かす

便器内にバリウムがこびりついている場合や、目に見えるバリウムはきれいになったけど水が白く濁るという場合は市販の洗浄剤を使ってみましょう。

洗浄剤を使うことで、ある程度は早くバリウムが流れていくことがあるようです。洗浄剤を使った後に、ブラシなどでこすってみると簡単に落ちることもあるので試して見ましょう。

何をやってもバリウムが流れない場合

これまで紹介した方法を全部試してみたけどバリウムが流れずに残っているという場合は、「自然になくなるまで」待ちましょう。

ただ、自然になくなるのを待っていると2週間ほどかかることもあるので、なくなるまでの間は毎日トイレ用洗剤を使って地道にブラシでこするといった対策もしておくと早めに流れて行きます。

金たわしなどでこするのはNG

バリウムが流れなくて、とにかく早くバリウムを流したいという人の中には金たわしを使ってごしごしこするという人もいます。

しかし、トイレの説明書などにも書かれていますが陶器製のトイレの便器に「金たわしは使用NG」です。

便器に傷がついてしまうと汚れが蓄積しやすくなったり、表面についた傷が原因で便器に大きなひびが入ってしまうこともあります。

また、金たわしだけでなく使い捨てできる掃除ブラシの先端に使い捨て用ブラシをつけずに柄の部分だけで便器をこするのも傷がつく原因になります。

便器にひびが入った場合は、トイレ便器の説明書にも書いていますが修理ができず便器全体の交換が必要になります。

バリウムは自然に待っていれば、いつかは溶けていくものなので便器を無理やり傷つけるような取り方はしない方がいいでしょう。

トイレで流れないバリウムを流す方法まとめ

今回は、トイレで流れないバリウムを流す方法や便器にバリウムがくっつくのを予防する方法についてご紹介したましたが、最後に要点をまとめておきたいと思います。

  • 【バリウムを流す方法】
  • 1.割り箸で取る
  • 2.ゴム手袋とブラシで取る
  • 3.ぬるま湯を流す
  • 4.洗浄剤で溶かす

バリウムが便器にくっついてしまった場合は、上記の方法を使ってバリウムを剥がせないか試してみましょう。

割り箸やブラシなどで物理的に取る方法と、ぬるま湯や洗浄剤でとかしてバリウムを流す方法とがありますが自分の状況に適した方法を使ってみて下さい。

どうしてもバリウムが残ってしまうという場合、金たわしなどで無理やりこすらずに水で自然に流れていくまで待つようにしましょう。

流れるまでの間、トイレ用の中性洗剤とブラシを使って掃除をするだけでもある程度早くバリウムを流せるようになります。

  • 【便器にバリウムをくっつけない対策】
  • ・トイレットペーパーを便器に敷いておく

これからバリウムを出す予定がある人は、トイレットペーパーを便器にあらかじめ敷いてからバリウムを出すようにすると便器にバリウムがくっつかないので便利です。

トイレットペーパーを敷いた後は、トイレットペーパーが濡れてダメになる前に早めにバリウムを出すようにしましょう。

もしも、うまくいかずにバリウムが便器に残ってしまった場合は、今回紹介したバリウムを流す方法を試してみて下さい。



ユーザー評価:  4.2 (157件)

試してみます。長りなかったら自然に流れるまで待ってみます。

私だけではないんだと安心したのと、時間はかかるけど、いつかは流れる。ありがとうございます。

いつも悩んでいましたが、参考になりました。

水のにごりがとれなくて早速ためしてみます。ありがとうございました。

なるほど!参考にさせていただきます!

トイレが詰まってしまって大変と思ってたので、最終的に、流れるとの事で、安心しました。