さらに条件を追加する
LIBRARY

水道蛇口の交換費用と料金相場

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
水道蛇口の交換費用と料金相場

説明 水道蛇口の交換費用と料金相場について紹介しています。水道業者は現場見積りが基本ですが、急いでいる時は適正価格であれば依頼したいという人は多いです。とはいえ、それが本当に適正価格なのかどうかの判断は何度かトラブルを経験した人でなければ分かりません。そのため、今回は一般的な料金相場と生活救急車の料金表を紹介いたします。

水道蛇口の交換費用や料金相場、どれくらいになるのか気になりますよね。

本来であれば、水道業者によって料金体系が異なるので、最低でも3社に相見積りを依頼して実際に料金を確認してから依頼するのが損をしない流れです。

しかし、水漏れなどで急いでいる場合は、3社に見積りをしている暇はありませんよね。

水道業者に限らず、引越し業者やリフォーム業者などの出張業者は、現場見積りなので3社に見積りを取っていると日をまたぐこともあります。

そこで今回は、初めて依頼をする人が変な水道業者にひっかからないように、水道蛇口の交換費用と料金相場についてご紹介したいと思います。

水道蛇口の交換費用の料金相場

水道蛇口の交換といっても、キッチン・台所の蛇口なのか、洗面所・洗面台の蛇口なのか、お風呂場なのかと場所だけでも色々ありますよね。

また、場所だけでなく使っている蛇口の種類についても、単水洗か混合水栓か、分岐水栓があるのか、壁付きなのかデッキ式か、ワンホールなのかツーホールなのか、シャワーホースはあるのかなどで条件が変わってきます。

そこで料金表を確認する前に、あなたが使っている水道蛇口がどういった種類のものなのかをはっきりさせておきましょう。

水道蛇口の種類

DIYをしたことがない人やはじめて蛇口の交換をする場合は、部品ごとの見分けがつかなくて大変ですよね。

特に、はじめて蛇口を選ぶ人は部品全体が載った写真と使っている蛇口を見比べながら調べているので余計わかりづらいと思います。

蛇口の種類を確認する際は全体ではなく、特徴的な1部分ごとをしっかり確認することで自分が使っている蛇口がなんなのかを確認することができます。

今回は、はじめての人でも簡単に自分が使っている蛇口の種類を調べられるように見分けるポイントと一緒に蛇口の種類をご紹介いたします。

  • 【主な蛇口の種類】
  • ・単水栓と混合水栓
  • ・壁付きと台付き
  • ・ワンホールとツーホール
  • ・シャワーホースとシャワーヘッド
  • ・分岐水栓と分岐孔

単水栓と混合水栓

水道蛇口の交換をする際は、一番最初に使っている蛇口が「単水栓」なのか「混合水栓」なのかを確認しましょう。

蛇口の種類は色々とありますが、単水栓と混合水栓は構造が全く違うので最初に確認しておきます。

単水栓とは?

単水栓とは、1つの吐水口(水が出る口)から水もしくはお湯のみしか出ない種類の蛇口です。

学校や公共のトイレの手洗い場、厨房(キッチン)の洗い場などでよく使われています。

混合水栓とは?

混合水栓とは、1つの吐水口(水が出る口)から水とお湯の両方が出る種類の蛇口です。

一般家庭のキッチンや洗面台、給湯室の蛇口など、色々な場所でよく使われています。一般家庭で使われている蛇口のほとんどが、混合水栓です。

壁付きと台付き

単水栓と混合水栓の次に確認したいのが、「壁付き」か「台付き」かです。

これは文字通り、壁についている蛇口なのか台についている蛇口なのかで変わります。

壁付きタイプの蛇口

壁つきタイプの蛇口は、蛇口の根元が壁の中の給水管と直接繋がっています。

蛇口を交換する際は、家の水道の元栓を閉めて作業を行います。

キッチンやお風呂場でよく使われているタイプの蛇口です。

台付きタイプの蛇口

台付きタイプの蛇口は、給水ホースが給水管と繋がっています。

蛇口を交換する際は、給水管の止水栓を閉めて作業を行います。

キッチンや洗面所(洗面台)でよく使われているタイプの蛇口です。稀にお風呂場にも使われていることがあります。

ワンホールとツーホール

壁付きと台付きの違いが分かれば、あとは「ワンホール」なのか「ツーホール」なのかを見分けるだけです。

この2つの違いが分かれば、交換するべき蛇口の種類がはっきりします。

ワンホールの蛇口

ワンホールとは、水栓取り付け穴が1つの蛇口のことです。

交換する蛇口を選ぶ際は、既存の取り付け穴に適したサイズの蛇口を選ぶ必要があります。

ツーホールの蛇口

ツーホールとは、水栓取り付け穴が2つの蛇口のことです。

ワンホールと違って取り付け穴が2つあるので、既存の取り付け穴のサイズと穴同士の距離も計測して適切な部品を選ぶ必要があります。

シャワーホースとシャワーヘッド

ここからは蛇口の種類というよりも、オプションの違いについてご説明しておきたいと思います。

よくある勘違いなのですが、「シャワーホース付き」と「シャワーヘッド付き」は全く別物です。

洗面台で使うような伸びるシャワー蛇口が欲しい場合は、「シャワーホース付き」の蛇口を選びます。

伸びるようなシャワー蛇口はいらないけれど、節水などで水をシャワー状にしたいという場合は「シャワーヘッド付き」を選びましょう。

ちょっとした違いですが、使い勝手や掃除・メンテナンスのしやすさが異なるのでしっかり確認しておきます。

分岐水栓と分岐孔

食洗機を使っている人の場合、蛇口に分岐水栓または分岐孔の取り付けを検討されているかと思います。

分岐水栓は、既存の蛇口に金具をつけて水を分岐させます。

分岐孔は、蛇口本体に分岐させる金具がついている蛇口のことです。

ちょっとした違いですが、分岐水栓を蛇口と別途購入して後付するのか、元から分岐孔がついている蛇口に交換するかでかかる部品代や取り付け費用が異なります。

水栓・蛇口交換費用の料金相場

あなたが使っている蛇口の種類は、確認できましたか?

それでは、水栓・蛇口の種類ごとの交換費用の料金相場についてご紹介したいと思います。

水栓・蛇口交換費用の料金相場 料金相場
水栓・蛇口の部品交換
(パッキンやバルブカートリッジなど)

8,000~10,000円

単水栓(壁付き/台付き)交換

10,000~15,000円

混合水栓(壁付き/台付き)交換

10,000~15,000円

混合水栓(ワンホール)交換

10,000~15,000円

混合水栓(ツーホール)交換

10,000~15,000円

分岐水栓の取り付け

10,000~14,000円

交換費用のみのため、ここに部品代や出張料・夜間料金などが加わります。

基本的な交換にかかる作業料金や基本料金は、上記のような料金相場になっています。

ここに、蛇口本体の部品代や出張料・夜間料金が加わるため実際の料金はもっと高くなります。

業者によっては、廃材諸経費やキャンセル料などが発生することもあるので、見積り依頼をする際は事前に見積りが無料かどうかを確認するようにしましょう。

生活救急車の水道蛇口の交換費用と料金相場

蛇口の種類や見分け方、交換費用の料金相場についてご説明しましたが、最後に生活救急車の水道蛇口の交換費用と料金相場についてご紹介しておきたいと思います。

料金表を出す前に申し上げると、当社は「激安店」ではありません。

適正な価格で、きちんとアフターフォローができ、技術力と対応力のある作業員が対応できるような価格設定になっています。

蛇口の修理・作業料金表
作業内容 作業料金

調整作業等

8,000円

パッキン・スピンドル・スパウト等部品交換

10,000円

単水栓(壁付き/デッキ式)交換

12,000円

分岐水栓取り付け(食洗機・浄水器)

現場お見積り

混合水栓(壁付き/デッキ式/ワンホール)

15,000円

追加修理作業

現場お見積り

夜間早朝料金
(20:00~07:59までの受付)

8,000円

  • ※価格は税抜きです。
  • ※料金合計=作業料金+材料費+(追加作業+時間外料金)
  • ※高速のサービスエリアや離島など、有料道路を通らなければ行けない場所は別途3,000円(税抜き)がかかります。
  • ※上記料金は標準価格であり、トラブル状況によって作業内容が異なる場合があります。最終価格は、作業前にご提示するお見積り書の価格となります。

水道蛇口の交換費用と料金相場まとめ

今回は、水道蛇口の交換費用と料金相場についてご紹介いたしました。

蛇口の交換費用などは、ネット上に正確な料金は載っておらず現場見積りが基本となります。

また、交換する蛇口の種類は何なのか、どういった作業が必要になるのかによって料金は異なります。

また、依頼する業者によっても料金体系や料金項目が異なるので、最低でも3社は見積り書をとってから依頼する業者を選ぶと安心です。