さらに条件を追加する
LIBRARY

トイレタンクから異音?チェックするべき箇所は音から調べる!

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

トイレタンクから異音?チェックするべき箇所は音から調べる!

説明 トイレタンクから異音がした場合、どこを調べたらいいのか知っていますか?異音の種類によって、大体故障・不具合のある箇所は特定することができます。とはいえ、初めてトラブルを経験する人にとっては、どこをチェックしたらいいのか分かりませんよね。そこで今回は、異音別の主な故障原因やチェックするべき箇所についてご紹介したいと思います。

トイレタンクから異音(変な音)がして、心配になっていませんか?

「ゴボゴボゴボ・・・」

「カンカンカン!」

「シューーーー」

明らかに、いつも聞かないような音が鳴っていると不安になりますよね。

自分で確かめようと思っても、どうやって調べたらいいのか、どこを見たらいいのか分からないということもあると思います。

そこで今回は、トイレタンクからの異音について、音別の主な故障原因やチェックするべき箇所などについてご紹介したいと思います。(※タンク内から)


トイレタンクからの異音と故障内容

トイレタンクからの異音によって、ある程度は故障内容を予想することができます。

ただ、トイレタンクからだと思っていても、別のところから音がしていたということもあるので「トイレの異音別の故障内容」をご紹介いたします。

トイレから「コポコポ」「ゴボゴボ」と異音がする場合

トイレから「コポコポ・・・」「ゴボゴボ・・・」と異音がする場合、「つまり」が発生している可能性があります。

完璧につまっているわけではありませんが、放置しておくと次第につまりが大きくなって水が流れなくなります。

トイレのどこをチェックするべきか

もしも、「コポコポ・・・」「ゴボゴボ・・・」と異音がしたら、家の外にある排水枡をチェックしてみましょう。

排水枡は、汚水が集まる場所ですが、ここでつまりが起こっていると水が流れなくなってしまいます。

もしも、排水枡がつまっているのであれば業者に排水枡の洗浄を依頼することを検討しましょう。

軽度のつまりなら自分で直してみる

排水枡がつまっておらず、便器内の排水路などで起こっている軽度なつまりであれば家にあるもので直すことが可能です。

必要な道具や、やり方などは下記のページで詳しく紹介しておりますので、チェックしてみてください。

>>>トイレつまりを薬品・洗剤で溶かす!『ティッシュやトイレットペーパー』のつまりをスッキリ解消!

トイレから「シューーーー」と異音がする場合

水を流したあと、もしくは水を流していない状態で「シューーー」といった音が数分続くのであれば「タンク内の部品の故障」が原因と考えられます。

タンク内で水漏れが起こっている可能性があり、放って置くと水道料金が高くなったり、タンクから水が溢れてたりといったトラブルに繋がる可能性があります。

トイレタンクのどこをチェックするべきか

トイレタンク内には、ボールタップやフロートバルブなどの馴染みのない部品が入っています。

「シューーー」という異音は、部品の故障による「水漏れ」の音であることが多いので、ボールタップと呼ばれる給水を調整する部品を調べてみましょう。

もしも、レバーを引いていないのにボールタップの根元から水が出るようであればボールタップの故障だと分かります。

他にも、便器内に勝手に水がチョロチョロ流れている場合は、フロートバルブの劣化損傷が原因です。

自分で新品の部品を購入して修理する、もしくは業者に修理依頼するなど、早めの修理を検討した方がいいでしょう。

トイレから「ゴー」「ブーーン」と異音がする場合

トイレタンクのあたりから、「ゴー」「ブーーン」と船の汽笛のような大きな音がする場合は、配管の共鳴現象の可能性があります。

このような場合は、トイレタンクのボールタップを交換することで改善することがあります。

自分で新品の部品を購入して修理する、もしくは業者に修理依頼するなど、早めの修理を検討した方がいいでしょう。

>>>トイレ浮き球故障・ボールタップ交換!方法や費用はいくら?

トイレから「ゴンッ!」「ガンッ!」と異音がする場合

トイレで水を流したあとに、「ゴンッ!」「ガンッ!」と壁を殴ったような音がする場合は「ウォーターハンマー現象」が原因の可能性があります。

ウォーターハンマー現象とは、「水を急に止める・出す」といった操作をした際に、水道管内の圧力が急激に変化し、水道管が震え、壁にぶつかることで大きな音が鳴る現象です。

ウォーターハンマーって修理が必要なの?

ウォーターハンマー現象は、放置しておくと壁や天井などの目に見えない場所で水漏れを起こす可能性があります。

そのため、ウォーターハンマー現象が起こった家庭では、水撃防止器を設置するなどの対応を取ります。

ウォーターハンマー現象については、下記の記事で詳細を紹介しておりますので、心当たりのある人はチェックしてみてください。

>>>水道管閉めるとドンと音がする原因!ウォーターハンマー修理費用

トイレから「コンコン」「カンカン」と異音がする場合

トイレから「コンコン」「カンカン」と壁に何かがぶつかるような音がする場合は、排水管の膨張が原因の可能性があります。

季節的なトラブルで、冬場などによく起こるトラブルです。

温かい排水が流れることで、排水管が膨張して、近くの壁などにぶつかって「コンコン」「カンカン」といった異音がなります。

季節的なトラブルなので、春や夏になると収まることが多いですが、あまりにも音が大きくて気になるのであればリフォーム会社などに相談した方がいいでしょう。

トイレから「チョロチョロ」と異音がする場合

よくあるのが、トイレタンクから「チョロチョロ」と水の流れる音がするといったトラブルです。

トイレタンクから「チョロチョロ」と音がする場合は、タンク内のボールタップやフロートバルブの故障が原因の可能性があります。

別の異音でも紹介しましたが、ボールタップやフロートバルブは水を出す・止めるの操作をしているので、この部品が故障すると水漏れが起こるようになります。

トイレから「ボコン」と音がする場合

便器の上部からボウル内に洗浄水が流れ込む穴が開いています。

その穴の先端にストロー状の空気穴が開いており、何らかの原因でその空気穴が詰まってしまうと、空気が抜けずに「ボコン」という音が発生してしまいます。

直径3㎜程度の針金などで刺し、空気穴を確保することで改善されます。

トイレ内から「シュー」と異音がする場合

水漏れ以外にも、手洗い管から水が出ないときに「シュー」という音が発生します。

タンクの種類によってさまざまですが、ダイヤフラムという部品(流量の調整弁)がついている場合があります。

このダイヤフラムが劣化し、穴が開いたり裂けたりすると、水が止まらなくなったり、タンクに水がたまるのが異常に遅くなる現象が起きます。

ダイヤフラムは、ネットやホームセンターなどで購入できるので、自分で交換が可能です。

チョロチョロと音がする場合はどこをチェックするべきか

トイレタンクからチョロチョロと音がする場合は、便器内に水が漏れていないかチェックしてみましょう。

もしも、水を流していないのに便器内に水が流れている場合は、トイレタンク内のフロートバルブの劣化損傷が予想できます。

便器内に水が流れていない場合は、トイレタンク内をチェックしてみましょう。

タンク内に水がたっぷり入っていて、オーバーフロー管の標準水位よりも高い位置に水位がある場合はボールタップの故障が原因だと予想できます。

トイレタンク内から、チョロチョロ音がする場合の原因や詳しい部品の説明などは下記のページで紹介していますのでチェックしてみてください。

>>>トイレタンク内の水がチョロチョロ水漏れして止まらない!

トイレタンクからの異音と故障内容まとめ

今回紹介した、「トイレタンクからの異音の一覧と故障内容」をまとめておきたいと思います。

  • 【異音の一覧と故障内容】
  • ・「コポコポ」「ゴボゴボ」と異音がする場合
  • →トイレの排水路や排水管、排水枡でつまりが起こっている
  • ・「シューーーー」と異音がする場合
  • →タンク内の部品の故障が原因で水が漏れている
  • ・「ゴー」「ブーーン」と異音がする場合
  • →配管の共鳴現象
  • ・「ゴンッ!」「ガンッ!」と異音がする場合
  • →ウォーターハンマー現象
  • ・「コンコン」「カンカン」と異音がする場合
  • →排水管が温められて鳴る季節的なトラブル
  • ・「チョロチョロ」と異音がする場合
  • →ボールタップやフロートバルブの故障

ここで紹介したのは、あくまで一例です。

必ずしも今回紹介したことが原因でない可能性もあります。

そのため、異変を感じたら業者に調べてもらい、必要であれば修理するといった対応を取るようにしましょう。


ユーザー評価:  4.1 (13件)

トイレの流した後にゴボォゴボォと トイレで音がする。 ウオーターハンマーの音が夜になると 聞こえてくる。

わかりやすく 問題解決出来ました