さらに条件を追加する
LIBRARY

シャワーヘッドからポタポタ水漏れする原因と修理方法

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
シャワーヘッドからポタポタ水漏れする原因と修理方法

説明 シャワーヘッドからポタポタと水漏れが起こっていて、困っていませんか?シャワーヘッドから水漏れが起こっている場合、原因によっては自分で修理することも可能です。ただ、その原因が何なのか、どういった修理をすればいいのかわからなくて困っていますよね。今回は、そんなシャワーヘッドからの水漏れの原因や原因別の修理方法について詳しくご紹介したいと思います。

シャワーヘッドからポタポタと水漏れが起こっていて、困っていませんか?

シャワーヘッドから水漏れが起こっている場合、原因によっては自分で修理することも可能です。ただ、その原因が何なのか、どういった修理をすればいいのかわからなくて困っていますよね。

今回は、そんなシャワーヘッドからの水漏れの原因や原因別の修理方法について詳しくご紹介したいと思います。

シャワーヘッドからポタポタ水漏れする原因

シャワーヘッドヘッドからポタポタ水漏れする場合、主に「水漏れが起こっている箇所」によって原因や調べ方が異なります。

  1. 水漏れが起こる箇所
  2. 1.シャワーヘッド本体
  3. 2.シャワーホースの付け根
  4. 3.シャワーの水栓本体

水漏れが起こっている箇所によっては、大体原因が決まっていることもありますが箇所だけで判別できないこともあります。そこで今回は、シャワーの水漏れが起こっている箇所別に原因や調べ方についてご紹介したいと思います。

1.シャワーヘッド本体から水漏れする原因

蛇口を閉めているのにシャワーヘッドからポタポタと水漏れがしている場合。このような場合は、主に2つの原因が考えられます。


  • 【水漏れの原因】
  • ・シャワーヘッド内に水が残っている
  • ・蛇口のバルブが劣化・損傷している

上記2つのどちらが水漏れの原因になっているか調べるには、シャワーヘッドの水が出る面を上に向けて水漏れが止まるかどうか調べてみましょう。上に向けて水漏れが止まる場合はシャワーヘッド内の水が漏れているだけの可能性が高く、構造上少しは漏れるものなので修理・交換で止まるものではありません。

反対に、上を向けても水漏れが止まらない場合はシャワー水栓(蛇口)本体内部にあるバルブが劣化・損傷している可能性があります。この場合は、バルブもしくはシャワー水栓本体の交換が必要になります。

シャワーヘッドにボタンがある場合

シャワーヘッドの中には、節水対策として手元で水を出したり止めたりできるボタンがついているものがありますよね。このタイプのシャワーヘッドの場合、何年か使っているとシャワーを使っている最中にボタンの隙間から水が漏れてくるようになり、そのまま使い続けるとボタンで水を止めているのにボタンの隙間から水が漏れることがあります。

これは、シャワーヘッド内部の部品の劣化・損傷が原因で起こる水漏れです。シャワーヘッドは、ホームセンターやネットショップで安いものなら1,000~3,000円くらいで新品を購入できるので自分で買ってきて交換するのがおすすめです。

ポイント
お風呂場(浴室)シャワーヘッドの交換は特殊な工具などが必要なく、手だけで交換が可能な場合が多いので自分で交換するのが早くてお得です。

2.シャワーホースの付け根から水漏れする原因

シャワーホースとシャワー水栓本体の付け根もしくは、シャワーホースとシャワーヘッドの付け根部分から水漏れが起こっている場合。このような場合は、両方の付け根にある「ゴムパッキン」の劣化が原因だと考えられます。

ゴムパッキンの劣化が原因かどうか調べるには、付け根部分の金具を回し外して中にあるパッキンを触ってみるとわかります。手にゴムの色がついたり、ボロボロと部品が崩れる、固くなっていてヒビが入っているような状態であればパッキンが劣化していると分かります。

このような場合は、取り外したパッキンをホームセンターに持っていって同じサイズの部品を買って自分で交換すれば水漏れを修理することができます。シャワー水栓・シャワーホースのメーカーや品番が分かる場合はメーカーのサポート窓口に連絡して新しい部品を注文できる場合もあります。ただ、シャワーは毎日使うものなので急ぎで直したい場合はホームセンターで実物を持っていって同じものを購入した方が早く直せます。

3.シャワーの水栓本体から水漏れする原因

シャワーの水栓本体からの場合、3つの箇所から水漏れが起こる可能性があります。

1.ハンドル部分からの水漏れ

シャワー水栓本体に取り付けられている、ハンドル部分から水がポタポタ漏れている場合。この場合は、ハンドル内部のゴムパッキンの劣化が原因です。ハンドル内部のゴムパッキンの交換方法などについては、下記の記事で紹介していますので心当たりのある人はチェックしてみてください。

2.シャワーと蛇口切り替え部分からの水漏れ

お風呂場(浴室)の水栓には、シャワーと蛇口の水の切り替えができるハンドルがついているかと思います。この切り替え部分にもバルブが使われており、バルブが故障すると水漏れが起こります。切り替えバルブの構造は、製品によって異なるため自分で修理もしくは交換をする場合は設計図を取り寄せて構造をしっかり確認してから作業をしましょう。シールテープ(防水テープ)を使った応急処置については、下記で紹介しております。

3.バルブ本体の故障による水漏れ

シャワー水栓本体の吐水口やカランから水漏れが起こっている場合。この場合は、水栓本体の開閉バルブが故障している可能性があります。開閉バルブについても、切り替えバルブと同様に製品によって構造が異なるため自分で修理もしくは交換をする場合は設計図を取り寄せて構造をしっかり確認してから作業をしましょう。自分で修理が無理な場合は、業者に依頼しましょう。

シャワーヘッド・ホースの水漏れ修理方法

細かい水栓部品の入れ替えなどは自分でやろうとして修理不可能な状態になって水道屋に依頼される方が多いため、今回は水道設備修理の知識がない人でもできる、簡単な水漏れ修理の方法を2つご紹介いたします。

1.シャワーホースの「パッキン」交換方法

シャワーホースの付け根部分のパッキンの劣化による水漏れの場合、ゴムパッキンを交換するだけで水漏れを修理できる場合があります。シャワーホースの付け根といっても、シャワーヘッドとの繋ぎ目部分と、シャワー水栓本体との繋ぎ目部分の二箇所があります。両方とも、部品を緩めるだけで簡単に交換ができますので、ご説明いたします。

パッキン交換手順

必要な道具は、交換するパッキン、マイナスドライバーです。シャワーヘッドとの繋ぎ目→水栓本体との繋ぎ目の順でパッキンの交換方法をご説明いたします。

【手順】

1.最初に、シャワー水栓本体の止水栓をマイナスドライバーを使って締めて置きます。
もしも、止水栓が見当たらない・分からないという場合は家の大元の止水栓を締めて水を止めてください。

2.シャワーヘッド付け根の金具を手で固定して、シャワーヘッド本体をくるくる回して取り外します。

3.シャワーヘッド本体を取り外すと、金具の内側に黒いパッキンが入っています。
それを用意した新しいパッキンに交換して、組み立てなおしたらシャワーヘッド付け根のパッキンの交換は完了です。

4.シャワー水栓本体とシャワーホースの付け根部分も、シャワーヘッドと同様に手で金具を緩めて取り外します。

5.金具の中に黒いパッキンが入っているので、それを新しいパッキンと取り替えます。

6.元通り組み立てなおせたら、止水栓を開けて水を流してみましょう。水が漏れてこなくなれば、修理完了です。
もしも、パッキンを交換しても水が漏れてくるという場合は別の原因が考えられます。

2.シールテープ(防水テープ)を使った水漏れ修理方法

シャワー水栓本体の切り替えバルブから水が漏れている場合。本来であれば、水栓本体を分解して切り替えバルブを交換もしくは水栓本体を交換する必要があります。しかし、一時的な応急処置としてシールテープ(防水テープ)を使って水漏れを修理することができます。

切り替えバルブの水漏れ応急処置手順

必要な道具は、プラスドライバー、マイナスドライバーとシールテープです。

【応急処置手順】

1.最初に、マイナスドライバーを使ってシャワー水栓本体の止水栓を締めておきます。
止水栓が見当たらない、分からないという場合は家の大元の止水栓を止めておきましょう。

2.シャワー水栓の切り替えバルブは、ネジ(ビス)で固定されていますのでドライバーを使ってネジ(ビス)を緩めます。
ネジ(ビス)が見えないように、カバーキャップがされている場合は細い棒をカバーキャップの穴に差し込んで取り外しましょう。

3.ネジを緩めると、切り替えの取っ手を取り外すことができます。

4.取っ手を取り外すと、マイナスの溝が入った部品が出てきます。
この溝にマイナスドライバーを斜めにはめて、ドライバーの柄の部分をもうひとつのドライバーの柄を使って叩いて緩めていきます。最初は固くなっていますが、一度緩めると叩かなくてもスルスルまわるようになります。最後は、手で部品を外します。

5.部品を外したら、切り替えバルブの先端が出てきます。この先端部分の少し下側に、シールテープを2~3周巻きつけます。
同様に、先ほど(4)で取り外した部品のまわりにもシールテープを2~3周巻きつけます。

6.シールテープを巻きつけた部品を取り外した手順と逆の手順で元に戻していきます。
部品が上手く収まらない場合は、シールテープの巻きすぎが考えられます。古いシールテープを取り外して、巻く回数を減らしてください。

7.元通りに組み立て直せたら、止水栓を開けて水が漏れないか確認して完了です。


この修理方法は、一時的な応急処置です。シールテープが劣化すれば、再び水が漏れてきます。また、水漏れがひどい場合は別の箇所から水が漏れてくることもあるため早めに切り替えバルブの交換もしくは水栓本体の交換を業者に依頼しましょう。

シャワーヘッド・ホース水漏れの原因と修理方法まとめ

最後に、今回紹介した内容を簡単にまとめて終わりたいと思います。

お風呂場(浴室)のシャワーまわりで、よく水漏れが起こるのは下記の箇所です。

1.シャワーヘッド本体・・・シャワーヘッドを上向きにして水が漏れるなら、水栓本体のバルブの故障が考えられる。

また、シャワー水栓は製品によって構造が変わるので自分で修理する場合は設計図をしっかり確認する必要があり、知識のない人には難易度が高い。

2.シャワーホースの付け根・・・シャワーヘッドや水栓本体との繋ぎ目部分から水漏れがしている場合は、繋ぎ目金具内部のゴムパッキンの劣化が原因と考えられる。

金具は手で緩められるタイプが多いので、一般の人でも簡単に交換できる場合が多い。

3.シャワーの水栓本体・・・シャワー水栓本体からの水漏れは、ハンドル部分、吐水口やカラン(開閉バルブの故障)、切り替えバルブの3箇所で水漏れが起こりやすい。

ハンドル部分の修理と切り替えバルブの応急処置は比較的簡単にできるが、開閉バルブや切り替えバルブの故障は水栓本体の分解作業が必要になるため知識のない人には難易度が高い。

いかがでしたでしょうか。

水漏れの原因によっては、特殊な工具を使わなくても手だけで直せるものもあったので自分でやってみたいと思ったのではないでしょうか。

もしも、バルブの故障でバルブの交換や水栓本体の交換をお考えでしたら、生活救急車にお気軽にご相談ください。