さらに条件を追加する
LIBRARY

蛇口水漏れの修理方法と費用・料金相場

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
蛇口水漏れの修理方法と費用・料金相場

説明 蛇口からの水漏れで困っていませんか?蛇口から水漏れが起こった際にやることは「修理もしくは交換」ですよね。しかし、自分でやる場合はやり方が、業者に依頼する場合は作業料金などが分からなくて困りますよね。そこで今回は、蛇口の水漏れ修理のやり方や水道屋に修理を依頼した場合の料金などについてご紹介したいと思います。

蛇口からの水漏れで困っていませんか?

蛇口を締めているのに水がポタポタ漏れたり、部品のつなぎ目から水が染み出してきたり、蛇口が折れて水が溢れてきたりと状況はさまざまだと思います。しかし、蛇口から水漏れが起こった際にやることは「修理もしくは交換」ですよね。

しかし、自分でやる場合はやり方が、業者に依頼する場合は作業料金などが分からなくて困りますよね。そこで今回は、蛇口の水漏れ修理のやり方や水道屋に修理を依頼した場合の料金などについてご紹介したいと思います。

蛇口水漏れの原因を調べる

色々と分からないことが多いと思いますが、最初は蛇口から水漏れが起こってしまった原因が何なのかから調べてみましょう。いろいろな原因が考えられますが、主に下記のようなことが原因で水漏れが起こっている可能性があります。

  • 【主な水漏れ原因】
  • 1.ハンドル内パッキンの劣化・破損
  • 2.ケレップ(コマ)のゴムパッキンの劣化・破損
  • 3.バルブカートリッジの劣化・破損

1.ハンドル内パッキンの劣化

蛇口を捻るときにもつハンドル部分には、蛇口を開いたときに中から水が溢れてこないように「ゴムパッキン」が使われています。

このゴムパッキンは、日々の使用で徐々に劣化して「弾性(ゴムのグニグニした感触)」がなくなります。弾性がなくなると、ゴムが固くなってしまうので金属でできた蛇口とナットの隙間を埋めることができず水が漏れてくるようになります。

>>>ハンドル内パッキンの修理・交換方法

2.ケレップ(コマ)のゴムパッキンの劣化

蛇口の中には、ハンドル部分以外にも「ケレップ(コマ)」と呼ばれる部品にもゴムパッキンが使われています。

ケレップ(コマ)は、「給水管から蛇口内への水の流入を塞ぐ」役割を持っています。ハンドルを回すことで、ケレップ(コマ)が持ち上がり、蛇口内部に水が入ってきて吐水口から水が流れるようになります。ハンドル部分のパッキンと同様に、経年劣化でパッキンが固くなるとケレップ(コマ)の隙間から水が漏れるようになります。

>>>ケレップ(コマパッキン)の修理・交換方法

3.バルブカートリッジの劣化・破損

最近の蛇口と言えば、ほとんどがレバーを上げ下げする「レバーハンドルタイプ」の蛇口ですよね。レバーハンドルタイプの蛇口の場合は、ケレップ(コマパッキン)の代わりに「バルブカートリッジ」と呼ばれる部品が入っています。

バルブカートリッジはレバーを左右に動かすことでお湯と水の切り替えができるようになる部品です。このバルブカートリッジが壊れることでお湯もしくは水しか出なくなったり、蛇口の部品の隙間から水が漏れてきたりすることがあります。

>>>バルブカートリッジの修理・交換方法

蛇口の水漏れ修理・交換方法

蛇口の水漏れの原因についてご紹介しましたが、それぞれの原因ごとの修理方法についてご紹介したいと思います。修理といっても、パッキンやバルブカートリッジは消耗品なので新品の部品を購入して交換することになります。今回は、その交換方法をご紹介いたします。

  • 【水漏れの修理・交換方法】
  • 1.ハンドル内パッキンの交換方法
  • 2.ケレップ(コマ)の交換方法
  • 3.バルブカートリッジの交換方法

1.ハンドル内のパッキンの修理・交換方法

「ハンドル内パッキンの劣化による水漏れ」の修理方法をご紹介いたします。パッキンの劣化は、新しいパッキンに交換することで水漏れの修理が可能です。

必要な道具

交換するパッキン、ドライバー(プラス・マイナス蛇口にあったもの)、ウォーターポンププライヤー。

ハンドル内パッキンの修理・交換手順

上記はハンドル内のパッキンの交換方法について解説されている動画です。作業を行う前には、必ず止水栓を止めておきましょう。

  • 1.ハンドル上部のビスを外す
  • 2.ハンドルを外す
  • 3.カバーナットを取り外す
  • 4.カバーナット下のパッキンを交換
  • 5.逆の手順で戻す

2.ケレップ(コマ)パッキンの修理・交換方法

「ケレップ(コマ)パッキンの劣化による水漏れ」の修理方法をご紹介します。ケレップ(コマ)の場合も、ゴムパッキンのみの取替えができますが、ケレップ(コマ)の劣化も同時に起こった場合に備えて丸ごとの修理・交換方法をご紹介いたします。

必要な道具

交換するパッキン(ケレップ(コマ))、ドライバー(プラス・マイナス蛇口にあったもの)、ウォーターポンププライヤー。

ケレップ(コマ)の修理・交換手順

上記動画で、ケレップ(コマパッキン)の交換作業が紹介されています。作業を行う前には、必ず止水栓を止めておきましょう。

  • 1.カバーナットを外す
  • 2.ハンドルを緩めて取り外す
  • 3.新しいケレップ(コマ)に交換
  • 4.逆の手順で戻す

3.バルブカートリッジの劣化・破損

バルブカートリッジの交換方法についてご紹介したいと思います。バルブカートリッジは、メーカー・製品などによって交換できるカートリッジが決まっているので必ず製品番号などから使っている蛇口に合致するバルブカートリッジを購入するようにしましょう。

必要な道具

バルブカートリッジ、ドライバー(プラス・マイナス蛇口にあったもの)、ウォーターポンププライヤー、レンチなど。

バルブカートリッジの修理・交換手順

上記動画で、バルブカートリッジの交換作業が紹介されています。作業を行う前には、必ず止水栓を止めておきましょう。

  • 1.レバーカップを手で外す。
  • 2.ビスを緩めてレバーを取り外す。
  • 3.プライヤーで本体を固定したまま、レンチでカートリッジのカバーを回す。
  • 4.カートリッジを手で取り外して新しいカートリッジと交換する。
  • 5.逆の手順で部品を組み立て直す。

壁付きの蛇口からの水漏れ原因

ここまでは、キッチンや洗面所などでよく見られる「台付き」蛇口の水漏れ原因や修理方法についてご紹介しました。しかし、お風呂場や一部のキッチンで見られる「壁付き」蛇口でも水漏れが起こることがありますよね。壁付き蛇口の場合は、台付きと同様の原因のほかに「シールテープの劣化」が原因で水漏れが起こることがあります。

シールテープとは?

シールテープとは、水道管などの配管の隙間を埋めるために使われるテープのことです。壁に埋め込まれている蛇口には、壁の中の給水管とのつなぎ目にシールテープが巻かれています。

壁付き蛇口の修理方法

壁付き蛇口と壁の間から水漏れがするようになったら、シールテープが劣化していないか確認してみましょう。もしも、シールテープがボロボロに剥がれていたら巻きなおしが必要になります。壁付き蛇口は直接給水管と繋がっているので、蛇口を取り外す際は家の元栓を閉めてから作業をするようにしましょう。

必要な道具

シールテープ、ウォーターポンププライヤー、レンチなど。

シールテープの交換手順

上記動画で、壁付き蛇口の交換方法と一緒にシールテープの交換作業が紹介されています。動画では洗面所のような場所で作業されていますが、キッチンやお風呂場の壁付き蛇口も同様の構造をしています。作業を行う前には、必ず水道の元栓を止めておきましょう。

  • 1.蛇口と壁から伸びている偏心管を繋ぐナットを緩める。
  • 2.蛇口を取り外して偏心管を手で回して取り外す。
  • 3.偏心管についている古いシールテープを剥がして新品を巻きなおす。
  • 4.逆の手順で組み立てなおす。

蛇口の水漏れ修理の費用・料金相場

蛇口の水漏れ修理の原因や自分でできる修理方法をご紹介しましたが、輸入品やアンティーク、古い規格の蛇口を使っていると自分で修理できないこともあります。そういったときは水道業者に修理を依頼しますよね。

しかし、業者によって料金体系が大きく異なるだけでなく、現地見積りが基本になるので料金がどれくらいかかるのかわからなくて不安になると思います。

そこで今回は、ホームページ上である程度料金の比較ができるように生活救急車の蛇口修理の料金表をご紹介したいと思います。生活救急車でも正確な料金は現地見積りになるので、ホームページ上での比較程度にお使いください。

蛇口の水漏れ修理・交換料金表 基本料金 作業費 合計
調整・修理作業

4,000円

4,000円

8,000円

パッキン・スピンドル・スパウト等部品交換

4,000円

4,000円

8,000円

単水栓(壁付き/デッキ式)交換

4,000円

8,000円

12,000円

分岐水栓取り付け(食洗機・浄水器)

4,000円

8,000円

12,000円

混合水栓(壁付き/デッキ式/ワンホール)

4,000円

10,000円

14,000円

※料金合計=基本料金+作業費+部品代+(追加作業+時間外料金)
※夜間(22:00~23:00)は、別途3,000円。深夜・早朝(23:00~25:00と6:00~8:00)は、別途6,000円がかかります。
※価格は税抜きです。

蛇口水漏れの修理作業料金事例

先ほど、生活救急車の蛇口水漏れ修理の料金表をご紹介しました。料金については作業の内容によって変わりますので、イメージしやすいように生活救急車で行った作業料金事例をご紹介します。

正確な見積りは現地見積りになりますが、複数の事例をホームページに載せておりますので不安な場合はそちらも参考にしていただければと思います。

蛇口の水漏れによるパッキン交換作業料金事例

キッチンの蛇口から水を流すと水漏れするとのご依頼でした。


  • 項目内容 料金(税込)
  • 台所水栓修理 パッキン交換 4,320円
  • 基本料金 4,320円
  • 合計 8,640円

>>>事例詳細はこちら

蛇口の水漏れによるケレップ・スピンドル交換作業料金事例

洗面所の蛇口から水漏れしているとのご依頼でした。


  • 項目内容 料金(税込)
  • ケレップ交換 4,320円
  • スピンドル交換 4,320円
  • 基本料金 4,320円
  • 合計 12,960円

>>>事例詳細はこちら

蛇口の水漏れによる修理の作業料金事例

お風呂のシャワーからの水漏れがだんだんひどくなってきたとのご依頼でした。


  • 項目内容 料金(税込)
  • 浴室混合水栓(デッキ式)交換 10,680円
  • 基本料金 4,320円
  • 合計 15,000円

>>>事例詳細はこちら

蛇口の水漏れによるカートリッジ交換作業料金事例

台所の蛇口から水漏れしているとのご依頼でした。


  • 項目内容 料金(税込)
  • カートリッジ交換 4,320円
  • 部品代 9,720円
  • 基本料金 4,320円
  • 合計 18,360円

>>>事例詳細はこちら

蛇口の水漏れによる分解調整作業料金事例

洗面所の蛇口からポタポタ水漏れするとのご依頼でした。


  • 項目内容 料金(税込)
  • 蛇口分解調整 サビ抜き含む 4,320円
  • 部品代 14,040円
  • 基本料金 4,320円
  • 合計 22,680円

>>>事例詳細はこちら

蛇口水漏れの修理方法と費用・料金相場まとめ

今回は、蛇口からの水漏れ原因や修理方法、業者に依頼したときの費用・料金相場などについてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。ある程度やり方がわかっていれば、自分でできそうな修理方法もありましたよね。

ただ、輸入製品や古い規格の蛇口などは現行品の蛇口と修理方法が異なることもあるので今回紹介した方法では修理できないこともあると思います。そんなときは水道業者に依頼されると思いますが、業者によって料金体系が異なるので最低3社に相見積りをされてから業者を決めると安心です。生活救急車でも無料で現地見積りをしておりますので、お気軽にご依頼ください。