さらに条件を追加する
LIBRARY

防犯ガラスの交換費用価格相場!効果とメリット・デメリット

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

防犯ガラスの交換費用価格相場!効果とメリット・デメリット

説明 近くで空き巣被害があると、窓ガラスを防犯ガラスに交換したいと考えられる方が多くなります。というのも、泥棒は玄関よりも窓から侵入することが多いからです。もちろん、防犯性の低い鍵などを使っている家や鍵を開けっ放しにしている家を狙う泥棒も多いですが、手口としてはガラスを割るだけですむので、窓ガラスから侵入する泥棒が多いのです。今回は防犯目的でガラスを交換しようと考えられている人に向けて、防犯ガラスの特徴や、交換費用などについてご紹介いたします。

防犯ガラスとは

「防犯ガラス」という名前は知っているけど、どうして”割れにくいのか”や”構造がどうなっているのか”を知っている人は少ないかと思います。中には、防犯ガラスだと思って、全然別のガラスを使っていたという人もいるかと思います。そこでまずは、防犯ガラス選びで間違ったガラスを選ばないように、またどういったものが防犯ガラスなのかをご説明したいと思います。

防犯ガラスの構造

防犯ガラスの構造についてですが、一般的に防犯ガラスは合わせガラスの中間膜に特殊な素材を使ったガラスのことを言います。合わせガラスとは、2枚のガラスの間に樹脂などでできた中間膜を挟んだガラスのことを言い、中間膜の種類によって防音効果や防犯・防災効果が期待できます。

防犯ガラスの場合は、厚い特殊な中間膜の他に、一緒にポリカーボネート板と呼ばれる板を入れる非常に防犯性の高い防犯ガラスがあります。製品によって、中間膜だけのもの、ポリカーボネートが入ったものなど色々な種類の防犯ガラスがあります。

ドライバーやバールによる破壊に耐える

防犯ガラスは、他のガラスと違って、ドライバーによる”こじ破り(三角割り)”やバールなどを使った”打ち破り”に長く耐えることができます。こじ破り(三角割り)とは、日本の泥棒がよく使う手口で、ドライバーを使って窓ガラスを小さく破って鍵を開けて侵入する方法で、打ち破りは名前通りガラスを叩き割って侵入する方法です。

網入りガラスと防犯ガラスの違いについて

よく勘違いされているのですが、網入りガラスは”防犯ガラス”ではありません。網入りガラスとは、ガラスの中にワイヤーが入っているガラスのことで、火災が起こった際にガラスの破片が飛散するのを防止したり、炎の侵入や外に広がるのを防ぐために作られた防火ガラス(防火設備用ガラス)のことです。

また、網入りガラスは防犯ガラスのような合わせガラスではなく、1枚ガラスの仲間です。ワイヤーが入っているため、他のガラスよりも強度があり、防犯対策にも使えると勘違いされていますが、他のガラスと強度はほとんど変わりません。バールなどを使った打ち破りに合うと、簡単に穴が空きます。

防火ガラスにもなる防犯ガラスとは

防火区域に家があるため、防犯ガラスを入れたいけど、防火ガラスにしないといけないという人もいらっしゃるかと思います。実は、防火ガラスであり、同時に防犯ガラスでもあるガラスはあります。

日本板硝子株式会社のセキュオシリーズ

例えば、日本板硝子株式会社のセキュオシリーズなどがあります。セキュオシリーズには、セキュオ30やセキュオSP、セキュオPYなどの色々な種類があります。

2枚のガラスの間にポリカーボネート板や中間膜を入れることができ、打ち破りなどに強い防犯ガラスにできます。また、ガラスを一般的なフロート板ガラスだけでなく、網入りガラスや耐熱強化ガラス(透明な熱に強いガラス)にすることができ、防火区画でも使える防火ガラスにもなります。

防犯ガラスとガラスの割られ方

通常の1枚ガラスから防犯ガラスに交換されようと思われる方のきっかけは、「近くで空き巣被害があったから」「ガラスが知らない内に割られていたから」など様々かと思います。

”知らない内にガラスが割られていた”というのは、泥棒に割られていたのか、自然に割れたのか、それとも物がぶつかって割れたのかの判断が難しいため、交換するべきか悩む人もいるかと思います。そこで、泥棒がよく使うガラスの割り方をご紹介しておきたいと思います。

泥棒が使うガラスの割り方

泥棒がよく使うガラスの割り方には、ドライバーなどを使った”こじ破り(三角割り)”、バールや石などを使った”打ち破り”、バーナーやライターを使った”焼き破り”の3種類があります。

ドライバーを使ったこじ破り(三角割り)とは

こじ破り(三角割り)とは、ドライバーなどのするどい工具を使って、窓の鍵の近くを三角に割って穴を空け、そこから中の鍵を開ける侵入方法です。日本独特の割り方で、短時間で鍵を開けることができ、大きな音もでないのでよく使われます。道具もバールなどと違って、ポケットに入ってしまうので泥棒が犯行現場まで目立たずに辿り着きます。

窓ガラスの鍵の近くが割られていれば、こじ破り(三角割り)の可能性があります。

バールや石を使った打ち破りとは

打ち破りとは、バールや石などを使ってガラスを叩き割って侵入する方法です。大きな音がするため使われないだろうと考えている人が多いですが、こじ破り同様によく使われる方法です。

打ち破りを使う泥棒は、ターゲットの家だけでなく、周りの住人が買い物に行く状況などを調べたり、どこに現金や宝飾品が置いてあるのか目星をつけて警察がくるまでの短時間でどのように盗むのか計画を立てて犯行におよびます。そのため、いつも通り外出して帰ってきたら、ごっそり貴重品を盗まれていたなんてこともあります。

ガラスの破片が内側に飛散していて、大きく割れている場合は打ち破りの可能性があります。

焼き破り

前述の2つの手法に比べて、あまり使われない方法ですが、ライターなどの火器を使ってガラスを熱して割る方法です。他の手口に比べて時間はかかりますが、ガラスが割れるときの音が小さく不自然に工具を持ち歩かなくて済む方法です。

ガラスの一部分が変色したり、溶けている場合は焼き破りの可能性が高いです。

防犯ガラスと熱の関係

防犯ガラスへの交換を検討されている方の中には、防犯ガラスが熱に弱いと考えられている方がいらっしゃいます。実際、熱に強いか弱いかというのは、防犯ガラスにどんなガラスを使っているかによって変わります。

例えば、通常の住宅に取り付けられているフロートガラスであれば、焼き破りに対して特に抵抗があるわけではないため、時間をかければ焼き破りが可能です。しかし、フロートガラスではなく熱に強い耐熱強化ガラスを使っていれば、焼き破りに対しても抵抗が高いため、焼き破りによる侵入対策として有効でしょう。また、耐熱強化ガラスでなくても、中間膜に耐火性能のある膜を使えばフロートガラスを使っていてもある程度時間を稼ぐこともできます。

防犯ガラスは熱割れするの?

「防犯ガラスも熱割れするんでしょ?」と思っていらっしゃる方がいらっしゃいますが、1枚ガラスなどと比べて特に熱割れしやすいといったことはありません。(関連記事=>『家のガラスの割れ方別の原因と対策!割れないよう防止する方法』)

防犯ガラスとよく間違えられる、”網入りガラス”や”ペアガラス(複層ガラス)”については、構造上熱を吸収しやすい・熱が移動しにくいため他のガラスに比べて熱割れしやすいと言われています。

防犯ガラスも割れてしまう

防犯ガラスを使っている人によくある勘違いですが、防犯ガラスを使っていてもガラスが割れてしまうことはあります。バールで何度も叩いたり、重たいものが勢いよくぶつかったりすることで衝撃に耐え切れず割れることはあります。ただし、他のガラスのように一瞬で割れたり、破片が大きく飛散するといった割れ方ではなく、ちょっとずつヒビが入って穴をこじ開けたり、穴を空けた一部分のガラス破片が床に落ちるといった割れ方をします。

侵入までの時間を稼ぐのが重要

防犯ガラスは、泥棒がガラスを割って家に侵入するまでの時間を稼ぐことを目的にしています。時間を稼ぐことで、周りの住人に気づいてもらえたり、その住人が通報して警察が駆けつけるまでの時間を稼いで物を盗めなくします。

防犯性能の高い製品について、官民合同で認定する「CPマーク(防犯マーク)」というものがあります。このCPマークという制度も、侵入において5分以上時間がかかれば泥棒が侵入を諦めるという調査結果を基に作られたマークであり、侵入されるまでに時間がかかる製品のみが取得することができます。

防犯ガラスと組み合わせたい防犯対策

防犯ガラスは、それ単体でも高い防犯性を持っています。しかし、前述のとおり必ずしも割れないという訳ではなく、時間をかけることができれば割れてしまいます。そのため、より防犯対策を強化したいという場合は、割れてから更に時間を稼ぐための防犯対策を追加するといいでしょう。

防犯ガラスと補助錠の組み合わせは効果的

窓ガラス周辺の防犯対策として、レールなどに取り付けることができる簡易的な補助錠の使用が良いといわれています。これは、窓に元から取り付けられている鍵の近くだけでなく、補助錠の近くもガラスを割らないといけないため、侵入にかかる時間を稼ぐことができるからです。

一般的なフロートガラスでもそうですが、強度の高い防犯ガラスであれば、割る箇所が1つでも時間がかかるのに、2つになれば更に時間がかかるため有効な対策になります。

防犯ガラスとセキュリティーサービス

防犯ガラスでなくても、ガラスが割られて不正侵入されそうになった際に、警報がなってセキュリティーサービスが駆けつけるといったサービスもあります。周りの住人が町内会の旅行や行事などで留守になっても、セキュリティー会社が駆けつけてくれます。

また、セキュリティーサービスが駆けつけない警報が鳴るだけのモノでも泥棒を威嚇することができます。ネットショップなどで購入することも可能なので、気になる人は検討されてみてはいかがでしょうか。

防犯ガラスの防犯以外の効果

ガラスに対して、防犯対策だけでなく他にも色々な効果を望んでいる人は多いかと思います。よく希望される効果についてご紹介いたします。

断熱性能と遮熱効果について

防犯ガラスは、合わせガラスに特殊な中間膜やポリカーボネートを使用したガラスのため、高い断熱性能や遮熱効果は期待できません。ただし、紫外線・UVカット効果については、中間膜の特性で約99%カットすることができるため効果が高いと言われています。

もしも、断熱性能や遮熱効果も期待できる防犯ガラスにしたいという場合は、防犯合わせガラスを使ったペアガラス(複層ガラス)を使用されるといいでしょう。ペアガラスは、2枚のガラスの間に空気やガスなどを封入したガラスのことです。片側を防犯合わせガラスにすることで、断熱性や遮熱効果が期待できるペアガラスにすることができます。

防音効果はあるのか

防犯ガラスは、ガラス2枚と中間膜を使うため一般的なフロートガラスに比べると防音効果は少し高いといわれています。ただし、ペアガラス(複層ガラス)や二重サッシ(内窓)ほど防音効果があるわけではありません。防犯効果と防音効果を重視する場合は、先ほどの防犯合わせガラスを使ったペアガラスや二重サッシ(内窓)を取り付けるといった対策がオススメです。

また、防音効果については、ガラスが高い防音・遮音性能を持っていたとしても、サッシが通常のアルミサッシなどであった場合は、サッシ部分からよく音漏れがするといわれています。高い防音効果を期待している場合は、ガラスだけでなくサッシも防音・遮音性能の高いガラスにされるといいでしょう。

飛散防止効果はあるのか

地震や建物の経年劣化、台風などでガラスが割れてしまった場合に、ガラス破片の飛散が心配という人もいらっしゃいます。防犯ガラスは、中間膜があるおかげでガラスが大きく飛散することを防ぐことができます。

他のガラスのように、飛散防止フィルムなどを貼らなくてもいいので、その点に関しては便利かと思います。

防犯ガラスとペアガラス(複層ガラス)の違いとは

防犯ガラスとよく間違えられる”ペアガラス”について、ご紹介しておきたいと思います。よくある間違いですが、全く違うものですので注意しましょう。(関連記事=>『ペアガラス修理交換割れ替え費用価格!効果とメリット・デメリット』『複層ガラス修理交換割れ替え費用価格!効果とメリット・デメリット』)

合わせガラスとペアガラス(複層ガラス)について

防犯ガラスは2枚のガラスの間に中間膜などを挟んだ”合わせガラス”の仲間です。これに対してペアガラス(複層ガラス)は、同じく2枚のガラスを使っています。しかし、ガラスの間にあるのは、空気もしくはガスなどが封入されており約6ミリ~18ミリの間が空いています。(関連記事=>『合わせガラス修理交換割れ替え費用価格!効果とメリット・デメリット』)

ペアガラスは、この空気もしくはガラスの層があることで、熱の移動を抑えることができます。冬場の暖房や、夏場の冷房効率を上げる断熱効果の高いガラスで、暖房代の節約や快適な空調・空間を作りたいという人に人気のガラスです。

防犯合わせペアガラス(複層ガラス)とは

前述で少しご紹介いたしましたが、断熱効果と防犯効果を合わせもった「防犯合わせペアガラス(複層ガラス)」というガラスも存在します。断熱効果と防犯効果の両方が欲しいという人は、このガラスへの交換を検討されるといいでしょう。

防犯ガラスと強化ガラスの違いについて

防犯ガラスと強化ガラスは、どちらも割れにくいというイメージのあるガラスです。確かに、強化ガラスは名前に”強化”と書かれているので強いイメージがありますよね。しかし、実際のところはどうなのでしょうか。

強度は防犯ガラスの方が上

まず、強度についてですが、強化ガラスよりも防犯ガラスの方が割れにくいです。強化ガラスは、通常のガラスを粉上にして固めたガラスであり、一般的な1枚ガラスに比べて約3~5倍の強度があるといわれています。

確かに、ちょっとつまづいて軽くぶつかっただけでは割れない程度の強度はあります。ただし、バールなどで叩けば粉状になって簡単に割れてしまいます。

強化ガラスは安全性が高い

強化ガラスは、防犯目的ではなく安全目的で使用されるガラスです。例えば、子供などが走り回る学校では、転倒した際のことを想定して割れても大きなガラス破片が出にくい強化ガラスをよく採用しています。

通常のガラスであれば、転倒して貫通するとガラス破片で大きな裂傷を負い大量に出血してしまうといった可能性がありますが、強化ガラスは粉状に割れるのでそのリスクを抑えることができます。

防犯ガラスは地震対策になるか

防犯ガラスは、ガラスの間に中間膜があるため、ガラスが割れても飛散しにくい構造になっています。そのため、地震などでガラスが割れてしまい、飛散したガラスで怪我をするといったリスクを軽減させることができます。

防犯ガラスと台風について

地震と同じく、台風などの強風に耐え切れなくなってガラスが割れたり、物が飛んできてガラスが割れたりといったこともあるかと思います。そういった場合も、ガラスが飛散したり、いきなり大きく穴が空くといったことはないため、怪我などのリスクを抑えることができます。

防犯ガラスの交換費用や料金相場

防犯ガラスに交換しようと思った際に、ガラスの種類のほかに気になるのが交換費用や料金相場かと思います。ガラスの交換や入れ替えにかかる費用は、出張料や見積り料、作業費・交換費、ガラス本体代金、副資材代金、既存ガラスの処分代、運搬代など色々な費用があります。

業者によって、出張料や見積り料が無料のところもあれば、出張や見積りだけで8,000円取られるところもあります。防犯ガラス本体については、製品やサイズ・厚み・中間膜の種類・オプションなどによって異なりますが、1㎡あたり約2~4万円前後します。

諸々の費用を含めると、業者や製品にもよりますが1枚あたり約3~5万円はかかってきます。オプションをつけたり、サッシ交換をしたりといったことをすれば、料金は高くなります。

生活救急車で交換した場合

当サイトの運営者である生活救急車の場合は、交換する際に現地で無料のお見積りから対応させていただいております。出張料や見積り料は基本無料ですので、まずはお気軽にお問い合わせいただければと思います。

見積りで有料になる場合

見積りが”基本無料”とさせていただいているのは、高速道路や橋などの有料道路を使わなければ到着できない場所にある方からご依頼をいただいた場合に、その費用をいただくためです。ただし、見積りでも費用が発生する場合は、お客様に事前に承諾をいただいてからお伺いします。到着していきなり費用を請求することはございませんので、ご安心ください。

急な割れ替えにも対応

車にガラスを数種類積んで巡回しておりますので、急な割れ替えでもご希望に沿うものがあれば、当日の入れ替えも可能です。

まとめ

今回は、防犯ガラスの特徴や交換費用などについてご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。泥棒などは、玄関よりも侵入が簡単な窓を狙ってくることが多いので、窓周りの防犯対策はしっかりとしておきましょう。また、防犯対策を重視するなら、ガラス交換だけでなく補助錠や2重サッシ(内窓)といった対策も検討されるといいでしょう。ガラスのことならガラス修理ガラスリフォームの出張ガラス屋のガラスの生活救急車へ。

ユーザー評価:  4.0 (15件)