さらに条件を追加する
LIBRARY

一戸建て・マンションの排水管高圧洗浄の料金相場について

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

一戸建て・マンションの排水管高圧洗浄の料金相場について

説明 一戸建て・マンションなどの住宅で、排水管の高圧洗浄の料金相場や作業の流れなどがわからなくて困っていませんか?はじめて高圧洗浄をする人からすると、料金相場などがわからなくて不安ですよね。そこで今回は、一戸建て・マンションの排水管高圧洗浄の料金相場などについてご紹介いたします。

一戸建て・マンションなどの一般住宅で、排水管の高圧洗浄をしようと思っているけれど、料金相場や作業の流れなどが分からなくて困っていませんか?

家を建てたばかりの頃は排水管も新品ですが、5年10年も経つと油汚れや食材カスなどが蓄積して悪臭やつまりなどのトラブルが起きるようになり、はじめての高圧洗浄を検討されるようになるかと思います。

ただ、はじめて高圧洗浄をするとなると、料金の相場や作業の流れなどがわからなくて変な業者に引っかからないかと不安ですよね。

そこで今回は、一戸建て・マンションなどの一般住宅での排水管高圧洗浄にかかる費用・料金相場や作業の流れなどについてご紹介したいと思います。

排水管の高圧洗浄が必要な理由

排水管の高圧洗浄というと、飲食店などで行うイメージがありますが、一戸建て・マンションなどの一般住宅でも排水管の高圧洗浄を行うことはあります。

飲食店などの食品を扱う建物の場合は、日々、大量の油や食材カスが排水管に流れていくので取り扱う食品・お店の繁盛具合にもよりますが、大体1~3ヶ月に1回ほどのペースで高圧洗浄をするのがいいとされています。

ただ、一戸建て・マンションなどの一般住宅の場合は、飲食店のように大量の油や食材カスが流れるわけではないので1年に1回、数年に1回のペース、もしくはつまりや悪臭がしてから行うといった間隔でされる方など人によってバラバラです。

ただ、つまりや悪臭がしているということは、排水管内に油汚れや雑菌などが繁殖しているということなので、放置しておくと排水管の腐食・劣化が早まったり、夏場に悪臭が部屋に立ち込めて生活できないといったトラブルに発展することがあります。

そういったトラブルを避ける・改善するためにも、定期的に排水管の高圧洗浄をしておくのがおすすめです。

排水管の高圧洗浄が必要な症状一覧

日常生活の中で、排水管の高圧洗浄が必要かどうかの判断基準を知っている人は少ないですよね。そこで、排水管の高圧洗浄をした方がいいケースを場所別・症状別にご紹介したいと思います。

お風呂の排水管が詰まったとき

お風呂場の排水溝から水が逆流してくる場合、排水管や排水管奥の排水枡でつまりが起こっている可能性があります。お風呂場の排水管の場合、髪の毛やシャンプー・洗剤などが固着して水が流れなくなることがあるので、こういったときに高圧洗浄をして排水管をきれいにします。

>>>トイレや風呂場から水が逆流する原因はアレだった!

洗濯機の排水管が詰まったとき

洗濯機から出る排水には糸くずや髪の毛、お風呂の湯を再利用しているご家庭では湯垢が付着しています。他にも洗剤や柔軟剤も詰まりやすくする原因の一つです。

洗濯機の排水管が詰まってしまうと起こる症状として、すすぎや脱水で洗濯機が途中停止してしまう事があります。排水管の詰まりによるエラーで何回も洗濯機が停止してしまう場合や、排水口から悪臭がする場合は高圧洗浄が必要になってきます。

>>>洗濯機排水溝つまりの直し方「仕組みと水漏れ原因の解消法」

洗面所の排水管が詰まったとき

洗面所の排水の詰まり箇所は排水トラップと、排水管の2箇所あります。排水トラップが詰まっているのであればわざわざ高圧洗浄をしなくても、洗剤やワイヤーブラシで掃除することで解消できることが多いです。普段お手入れをしていないのであれば排水トラップでも高圧洗浄が必要になる場合もあります。手の届かないような排水管の奥で詰まっている場合は高圧洗浄機が必要なることがあります。

>>>洗面所つまりで水の流れが悪い!原因と直し方とは

台所の排水管が詰まったとき

台所は食材のカスや油汚れなどが多く流れる箇所ですので、非常に詰まりやすい箇所の一つです。その為他の箇所と比べてより頻繁にお手入れが必要です。パイプクリーナーを使っても詰まりが改善されなかったときに高圧洗浄が必要になります。

>>>台所つまりの原因と直し方!道具がなくても自分で解消できる

トイレの排水管が詰まったとき

トイレの詰まりは軽度~重度まで様々ですが、高圧洗浄が必要なのは最も重度な場合です。その為始めはラバーカップやローポンプを使って改善を試みますが、それでもダメな場合や詰まりの原因がトイレ本体ではなく、その排水管に原因がある場合は便器の脱着を行って高圧洗浄を行う必要があります。

ちなみに業者が修理を行うときは、排水枡を先に確認して排水管に問題があるかを判断し、排水管に問題があれば高圧洗浄を行います。

>>>トイレつまりの直し方「自分でできる8つの修理法」

排水枡が汚れているとき

トイレの排水管が詰まったときでも少し触れましたが、排水枡の汚れも臭いや詰まりの原因になってしまいます。掃除をしたにも関わらず臭いや詰まりが改善されないという場合はこの箇所がまだ汚れているはずです。

ご自宅の排水枡を確認してみて、まだここが汚れているのであれば完全には洗浄できていない証拠になりますので、ブラッシングや状況によって高圧洗浄が必要になります。

排水管高圧洗浄の費用・料金相場

排水管の高圧洗浄が必要なケースについて紹介しましたが、今度は「費用や料金相場」についてご紹介したいと思います。

排水管の高圧洗浄を業者に依頼したときの料金

排水管の高圧洗浄を行う場合、一般的には「排水管の長さ」によって高圧洗浄の料金が代わります。また、長さだけでなく、「建物の高さ(階数)」が高くなると必要な機材がかわってくるので低階層の建物よりも料金が高くなるといった変動があります。

この「排水管の長さ」による料金は、業者によって大きく異なります。参考までに、当サイトを運営している生活救急車の排水管高圧洗浄の料金についてご紹介したいと思います。

高圧洗浄の料金表
作業内容 作業料金

高圧洗浄機使用(3mまで)

50,000円

高圧洗浄機使用時追加費用(3m超え1mにつき)

3,000円

夜間早朝料金
(20:00~07:59までの受付)

8,000円

  • ※価格は税抜きです。
  • ※料金合計=作業料金+材料費+(追加作業+時間外料金)
  • ※高速のサービスエリアや離島など、有料道路を通らなければ行けない場所は別途3,000円(税抜き)がかかります。
  • ※上記料金は標準価格であり、トラブル状況によって作業内容が異なる場合があります。最終価格は、作業前にご提示するお見積り書の価格となります。

排水管高圧洗浄の料金相場事例

作業料金は排水管の長さ・建物の高さによって変わるので一概には言えませんが、大体の相場感覚がつかめるように実際の作業料金例もご紹介しておきたいと思います。

※料金事例は、作業当時の料金をそのまま掲載しております。料金体系・税率が現在と異なることもございますので予めご了承ください。

家庭の浄化槽の高圧洗浄

  • 項目内容 料金(税込)
  • 高圧洗浄機使用(3mまで) 15,680円
  • 基本料金 4,320円
  • 合計 20,000円

>>>事例詳細

台所の排水管・排水枡の高圧洗浄

  • 項目内容 料金(税込)
  • 基本料金 4,320円
  • 高圧洗浄 16,200円
  • マス清掃 8,640円
  • 合計 29,160円

>>>事例詳細

マンションの排水管の高圧洗浄

  • 項目内容 料金(税込)
  • 基本料金 4,320円
  • 排水管詰まり工事 23,760円
  • 合計 28,080円

>>>事例詳細

長い排水管の高圧洗浄

  • 項目内容 料金(税込)
  • 基本料金 4,320円
  • 高圧洗浄 27,000円
  • 追加4m 12,960円
  • 合計 44,280円

>>>事例詳細

しつこくなって申し訳ありませんが、排水管の高圧洗浄は「排水管の長さ」と「建物の高さ」によって必要な機材や作業が変わり、料金も大きく異なります。調査を含まない現地見積りは無料で行っておりますので、正確な料金を知りたいという場合は、まずは現地見積りをご利用ください。

高圧洗浄をする前にできること

排水管内で、ちょっとつまりが起こっている程度であれば、高圧洗浄をしなくても自分でできる解消法でつまりを直すことも可能です。そこで、よく使われているつまりの解消法をご紹介したいと思います。

お湯をたくさん流し込む

必要なのはお湯だけです。お湯は油汚れなどを水と比べて落としやすいですので、大量のお湯と水圧によって汚れを一気に落とします。お湯の温度は40~50℃が適切です。注意点として、熱湯は絶対に使わないで下さい。配管を傷める恐れがあり、最悪の場合は破損する恐れがあります。

まずは排水口の穴を塞ぎます。洗面所は蓋があると思いますので蓋をすればよいのですが、台所の場合は排水トラップを外して排水管に直接タオルなどで蓋をしましょう。詰め込みすぎて排水管の中へ落ちていかないように気を付けて下さい。お湯をある程度貯めることができたら、タオルを引き抜いて一気に流し込みます。

この方法はお手入れでも十分効果が期待できますので、予防方法として月に1回の周期で行うもオススメです。

重曹とお酢を使って排水管を洗浄

殆どのご家庭で置いてある重曹とお酢を使うことでも排水管を洗浄することができます。テレビでもたまに取り上げられていることがありますのでご存じの方もいるのではないでしょうか。重曹もお酢も安い物で十分です。

始めに排水管に直接重曹を振りかけます。その後お酢をまいてから40~50℃のお湯を流し込みましょう。30分~1時間ぐらい放置することで詰まりや臭いを落とすことができます。

市販のパイプクリーナーを使う

スーパーや薬局などで購入できるパイプクリーナーを使う事でブラシやスポンジだけでは取れない汚れも取り除くことができます。パイプクリーナーだけでも効果はありますが、効果を更に高める方法があります。それは40~50℃のお湯にボトルごと浸けて薬剤を温めましょう。薬剤を温めることで汚れと薬剤の科学反応がより高まって洗浄力が高まります。洗い流す際には同じ温度のお湯を流すと汚れもより流れやすくなります。

パイプクリーナーの種類

パイプクリーナーの種類はいくつかあり、スーパーなどでよく見かけるのは洗剤型の「液体タイプ」と「粉末タイプ」です。他の種類として「真空式タイプ」と「ワイヤーブラシ」という種類があります。これら2つは見れば知っているという種類だと思います。これらもパイプクリーナーに含まれますが使うタイミングが異なりますので種類ごとにご紹介します。

液体タイプ

液体タイプのパイプクリーナーはその名の通り液体を問題箇所に流し込み、洗浄成分でヌメリや汚れを溶かして取り除くタイプです。スーパーやドラッグストア、ホームセンターなど比較的簡単に手に入れやすいので、初めて使う方や日々のメンテナンスでは液体タイプがおすすめです。主な洗浄成分である水酸化ナトリウムの含有量が多い程洗浄力が発揮できますので気になる方は洗剤ごとにチェックしてみると良いかもしれません。

強い溶解力を持った液体タイプでも、粘度が低くてサラサラしたタイプでは洗浄成分の効果が薄く十分な効果を発揮できない場合がありますので、頑固な汚れを取り除きたいというときは高粘度タイプを選ぶのがおすすめです。

粉末タイプ

粉末タイプのパイプクリーナーは水と反応する事で発泡して、泡と汚れが密着して落とします。業務用として取り扱われているものが多く、市販のものにはない洗浄力を期待することができます。ただし、それだけ危険な成分も含まれていますので、個人で使用する場合は注意が必要です。

液体タイプの場合は使いきりのものが多くその都度買う必要がありますが、粉末タイプの場合は使いかけをストックする事ができますので常備品としても使われています。

真空式タイプ

真空式パイプクリーナーはラバーカップ(通称スッポン)がより強力になったものと思ってもらえば大丈夫です。ラバーカップでは水が溜まっている状態でしか効果がないのとは違い、水が無い状態であっても強力な吸引力を発揮します。ラバーカップというとトイレで使うというイメージが強いですが、真空式パイプクリーナーは2ℓのペットボトルぐらいのサイズもあるので、トイレ以外にも台所や洗面所などでも使用できるよう考慮されています。使用するタイミングとして日々のメンテナンスで使うというよりは、完全に詰まってしまったときに使うと良いでしょう。

ワイヤーブラシ

ワイヤーブラシは何mもあるワイヤーの先にブラシが付いており、排水管の奥にある汚れを直接取り除くことができます。そのため液体タイプや粉末タイプといった洗剤型のパイプクリーナーを使っても効果がなかったというときに使うとより効果的です。洗剤型で汚れを取りやすくしてパイプクリーナーで擦ることで簡単に汚れが落ちる場合があります。深い場所にできた詰まりをとるのにも適していますが、引っかかってしまう恐れがあります。慣れるまでは慎重に使用する必要があります。

一戸建て・マンションの排水管高圧洗浄の料金相場まとめ

今回は、一戸建て・マンションの排水管高圧洗浄の料金相場などについてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

排水管の高圧洗浄は、排水管の長さ、建物の高さなどによって、作業内容や必要な道具が異なり、料金も大きく変わります。

また、業者によって1mあたりの洗浄料金も変わるので、複数業者に見積りをとって比較してから依頼されることをおすすめいたします。