さらに条件を追加する
LIBRARY

賃貸アパート・マンションの鍵紛失!一人暮らしなくした費用

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

賃貸アパート・マンションの鍵紛失!一人暮らし なくした 費用

説明 こちらのページでは、一人暮らしで賃貸マンションにお住まいの方が鍵を失くしてしまった場合の対処方法や注意点、鍵屋さんに鍵交換を依頼した際の料金相場などをご紹介いたします。

一人暮らしで賃貸マンションの鍵をなくしてしまった

家に帰って来て鍵を開けようと思い、鍵を取り出そうとしたとき「あれ?鍵がない」

家の鍵を失くしてしまうトラブルは非常に多く、自分でも気づかないくらい自然に鍵を落としていることがよくあります。電車に間に合わなさそうで走ったときにポケットから落ちたり、電車の定期を出すときにいっしょに鍵も落としたり、財布が開けっ放しになっていたりと原因は様々です。こういった鍵を失くすトラブルに遭い、すぐに家の中に入りたい場合、持ち家や購入したアパート・マンションにお住まいの方は鍵屋さんなどに開錠を依頼しても問題はないかと思いますが、賃貸マンションにお住まいの方の場合は少し流れが違ってきます。

まずは、冷静になって鍵を探してみましょう

鍵が一時的に見つからないと、すぐに失くしたと決めてしまう方がみえますが、まずは冷静になって探してみましょう。無意識の行動の中で、普段の置き場所とは違うところに入れていたり、慌てていたりすると、車の中に置きっぱなしなんてこともよくあります。また、洋服のポケットやカバンの中もよく探すようにしましょう。特に、仕切りがたくさんあるカバン小さなポケットは要注意です。また、中敷きなどが入っている場合は、裏に隠れていることもあります。カバンはものが入っていると探しにくいので、全部ものを出して、鍵が入りそうなスペースはすべて確認しましょう。

鍵が見つからなかったら、管理会社に連絡する

鍵を探しても見つからなかった場合は、まずは管理会社に連絡しましょう。

早く家に入りたいために、直接鍵屋さんに連絡して鍵を開けてもらう方がみえますが、入居時に交わした賃貸借契約書の中で、鍵を失くした場合は、まずは管理会社に連絡するという内容が記載されている場合もあります。また、管理会社でスペアキーを保管している場合もあり貸してもらえる事もあります。

管理会社に連絡するときのポイント

まずは、鍵を失くしてしまったのか、忘れてきたかもしれないか、また部屋の中にスペアキーがあるかなどを正確に伝えておきましょう。失くしたのであれば鍵交換が必要になりますし、忘れてきたり、部屋の中にあるようであれば鍵の開錠だけで済みます。

管理会社がスペアキーを持っている場合は、家まで来てくれるのか、また来てもらった場合に出張料が掛かるのかを確認しておくといいでしょう。鍵交換を行う場合は、自分で鍵屋さんを手配してもいいのか確認しておきましょう。管理会社の中には、自社で鍵屋さんに依頼しているところもありますので、勝手に手配すると後でトラブルになることがあります。

管理会社が営業時間外の場合

最近では、夜中や営業時間外でもコールセンターなど夜間対応を行っている管理会社が増えています。管理会社に営業時間外に電話をかけると、「営業時間外はこちらまでご連絡下さい」という番号アナウンス対応している場合もあります。営業時間外は対応していない管理会社の場合は、家に入ることは諦めて他で宿泊するようにするか、ご自身で鍵屋さんを手配し開錠してもらうかのどちらかになってくるでしょう。やむを得ず、鍵屋さんに開錠してもらう場合は、鍵交換まで依頼してしまわないように注意して下さい。基本的には、管理会社の許可なく鍵交換を行うことを禁止している管理会社がほとんどになっております。

>>>関連記事:家の鍵をなくした!交換したほうがいい?費用はいくら?遺失届け

>>>関連記事:鍵を紛失したときの作成料金と対処マニュアル

警察に「遺失届」を提出する

盗難にあった場合は警察にご相談するかと思いますが、鍵をなくしてしまった場合でも警察に相談するようにしましょう。誰かに拾われて悪用される可能性がありますし、鍵をなくしたということは家のセキュリティに穴が開いてしまったということなので、そのまま生活するのは防犯上よくありません。遺失届を提出しておけば、鍵が見つかったとき手元に届く可能性も高まります。電話連絡のみで受理してくれる署もありますので、手間はそれほどかからないでしょう。

鍵交換はどこに依頼すればいいのか

不動産屋さんに依頼する

賃貸物件やマンション・アパートにお住まいの方で、管理してもらっている不動産屋さんに連絡を考えている方もおられると思います。不動産屋さんで管理会社を所有しているところは多くありますが、鍵屋さんを自社で所有しているところはほとんどなく、実際は不動産屋さん経由で鍵屋さんに依頼しているケースがほとんどです。不動産屋さんとの契約の中で鍵交換の際は連絡するという内容になっている場合や、費用を不動産屋さんが負担してくれるということになっている場合は一度不動産屋さんに連絡してみましょう。

便利屋さんに依頼する

空き巣被害に遭って家の中の片付けや他の箇所の修理などもまとめて依頼したい場合などは生活関連サービスを複合的に行っている便利屋さんに依頼すればまとめてお困りごとが解決できます。また、防犯対策として防犯カメラやセンサーライトの設置を同時にお願いしたいという方も、便利屋さんがおすすめです。

鍵交換のみの依頼については、対応してくれる便利屋さんもありますがディンプルキーやカードキーなど専門性が求められる用途になると便利屋さんも鍵屋さんを呼ぶケースがあります。

鍵屋さんに依頼する

鍵屋さんに依頼する最大のメリットは、いろんなタイプの鍵、錠前をたくさん在庫として持っていることや、土日も営業している鍵屋さんが多く、緊急駆けつけも対応してくれることです。また、各社のネットワークで最短10~20分で駆けつけてくれる鍵屋さんも多くあります。ただ注意点としては、作業費・出張費がバラバラで鍵屋さんによって費用が大きく変わってしまう点です。鍵屋さんの中でも、“出張・見積料無料”の鍵屋さんを選び、作業前に必ず見積りを取るようにし金額が納得できない場合はキャンセルするようにしましょう。

自分で鍵を交換する

大家さんもしくは管理会社などの許可が取れていることが前提となりますが、自分自身で鍵、つまり取替え用シリンダーなどを購入し付け替えることもできます。ホームセンターで手軽に入手できるほか、対応しているショップでネットでの注文も可能です。ただし、鍵の種類は豊富にあるため、ドアの鍵穴のサイズを測る必要があり、手間がかかります。また、間違えた商品を購入しても防犯の意味合いから返品できないこともあります。

>>>関連記事:玄関ドアの鍵交換!鍵穴シリンダー変更方法自分でDIYやり方

>>>【画像と名称】鍵交換!種類と選び方玄関ドア防犯性の高い鍵

鍵屋さんに鍵交換を依頼した場合にかかる費用

鍵交換費用は誰が負担するのか

持ち家や購入したアパート・マンションにお住まいの方は全て実費での交換になります。

賃貸物件にお住まいの方は、借りていた物件を退去するときと、新しく物件を借りて入居するときに鍵交換費用が発生します。昨今、防犯意識が上がっていることから貸主も鍵の交換を行うようになってきました。この場合、退去者が鍵交換の費用を負担する場合と、入居者が鍵交換の費用を負担する場合があります。入居者が負担する場合ですと、入居者はいつ鍵交換が行われたかわかりません。実際に鍵交換を行っていなくても、悪意のある貸主に鍵交換を行ったことにされてしまっても知ることができません。退去者が負担する場合は、退去時に鍵交換の現場に立ち会うことができるので安心です。

鍵交換費用の賃貸トラブルとガイドライン

入居、退去時の鍵交換費用を、貸主と借主のどちらが負担するのかという賃貸トラブルがよくあります。国土交通省では問題が広がっていかないように、「現状回復をめぐるトラブルとガイドライン」でルールを定めています。ガイドラインの中では、鍵の取り替えは物件管理上の問題のため、「賃貸人が負担することが妥当」と書かれています。

しかし、実際に借主が負担する場合が多くあります。ガイドラインの”妥当”という言葉が曖昧な状況を生んでいるとも言えます。ポイントとしては、ガイドラインには強制力はないので貸主さんとの事前の話し合い、確認が重要になります

オートロックマンションの鍵を紛失してしまったら

エントランスにオートロックが付いているマンションなどの部屋の鍵を失くしてしまうと、マンションの住人の方にも悪影響を与えてしまう可能性があるため、注意が必要になります。オートロックのマンションは。1本の鍵でエントランスのオートロックと部屋の鍵を開ける事ができるようになっているからです。ですので、オートロックマンションの部屋の鍵を失くしてしまうと、その鍵を持っている者がエントランスのオートロックを解除して、マンションの中に侵入してくる可能性があります。また、鍵だけを失くしてしまった場合と鍵と一緒に身分証(住所がわかるもの)を失くしてしまった場合では状況が違ってきます。身分証と鍵を拾われてしまったら、最悪マンションの部屋のドアまで開けることが可能となるので鍵交換の緊急対応が必要になります。

オートロックマンションの鍵交換

オートロックマンションの鍵は普通の鍵とは違い、特殊なシステムが組まれていることが多いです。鍵交換を行う際は、ご自身で鍵屋さんを手配するのではなく、まずは管理会社に連絡するようにしましょう。

鍵屋さんに鍵交換を依頼した場合

鍵屋さんに鍵交換を依頼した場合、作業員の作業費と出張費がかかってきます。通常の鍵(片面・両面にギザギザがあるタイプのもの)の場合で、10,000円~15,000円ほどが一般的です。また、防犯性の高いシリンダーやディンプルキー(鍵に穴が掘ってあるタイプ)の場合は作業も複雑になり作業費が上がるため、12,000円~20,000円ほどかかってきます。

>>>関連記事:玄関ドアの鍵交換!業者の料金相場はいくら?ディンプルキー等

>>>関連記事:ディンプルキーシリンダー鍵交換料金費用!賃貸マンションも対応

鍵前本体の費用

鍵交換を依頼する場合、作業費・出張費とは別に鍵前本体の費用がかかります。


シリンダータイプ【TOSTEM(トステム)、LIXIL(リクシル)、MIWA(ミワ)など】

日本の住宅の多くで使用されているタイプの鍵です。

【料金相場 10,000円~15,000円】


インテグラル錠・ドアノブ

主に玄関・勝手口に使われている錠タイプのものです。

料金の相場 (ノーマルキー 10,000円~15,000円)
      (ディンプルキー 15,000円~22,000円)


引き違い戸錠

横に開閉する和式の扉の中央(扉が重なる部分)に装着されています。

料金の相場 (ノーマルキー 15,000円~20,000円)
      (ディンプルキー20,000円~25,000円)


レバーハンドル錠

マンションやアパートによく使用されているタイプで、横向きの棒状のレバーの上に、突起した鍵シリンダーがあります。

料金の相場 (ノーマルキー  10,000円~15,000円)
      (ディンプルキー 15,000円~25,000円)


プッシュプル錠

扉を開け閉めする時にハンドルを押したり引いていくことで開閉を行うことができる錠前。取っ手から離れた位置の上下に鍵穴が2箇所付いているタイプもあります。

料金の相場(鍵穴2ヶ所交換)
     (ノーマルキー  18,000円~22,000円)
     (ディンプルキー 26,000円~38,000円)


装飾錠(アンティーク錠)

大抵の場合、鍵穴部品のみの取替えで済むが、一部の古いタイプや、錠前故障の場合は取っ手そのものや、扉の中に埋め込まれている錠ケース一式を交換しなけばならない場合があります。

料金の相場(ノーマルキー  12,000円~15,000円)
     (ディンプルキー 15,000円~22,000円)
     (錠前全体の交換 27,000円~54,000円)


カードキー

機械にカードをかざして開施錠する鍵、ピッキングされないというメリットがあります。

料金の相場(10,000円~12,000円)

鍵交換費用をできるだけ安く抑えるためには

ご自身で、ホームセンターや鍵屋さんで部品を購入して鍵交換を行う方法が費用的に一番安く抑えられます。技術に自信がなく、鍵屋さんに依頼する場合は、まず作業・出張費を確認するようにしましょう。こちらは鍵屋さんによって金額にバラつきがありますし、作業費が異常に高額な鍵屋さんもいるので注意が必要になります。部品代に関しては各鍵屋さんで大きなバラつきはないはずです。部品代が異常に高いと感じた場合は、相場を確認するためにWEBで部品の料金を検索することをおすすめします。(メーカー、品番がわかれば検索できます)また、時間に余裕のある方は、他の鍵屋さんと相見積りを取り費用を比べてみましょう。

カギの生活救急車に鍵交換を依頼したときのメリット

生活救急車はおかげさまで創立から21年目を迎えました。安心と信頼のもと「困っている人を助ける」という企業理念に沿った鍵サービスを全国で展開しております。お客様の緊急トラブルに早急にご対応できるよう、コールセンターは年中無休となっております。また、2,270店以上の拠点を持っているため、すぐに駆けつけることが可能になっており、場所によっては最短15分で駆けつけることができます。鍵開け・鍵交換・鍵作成・鍵修理・鍵取付など様々な鍵のお困りごとに対応しております。特に鍵交換は、玄関から物置、バーロック・シャッター・郵便ポストまで幅広く対応しています。カギの生活救急車はおかげさまでたくさんのお客様にご利用して頂いておりますので、多くの鍵トラブル解決の実績数を持っております。その実績を基に、難解な鍵開け・鍵交換・鍵作成などの事例を社内ネットワークで共有し、自社のノウハウとして蓄積しているので様々なトラブルに対応することができますし、在庫も多く持っている場合が多く、様々な鍵の種類にも対応することができます。また、鍵交換を行う際に防犯性を高めたいというご相談もよく頂くのですが、そういったご相談にも柔軟に対応しております。例えば、鍵交換は、住宅の玄関ドアが一番多くお問い合わせを頂いているのですが、玄関の鍵はほぼ毎日使用する分、経年劣化も激しいため、定期的に交換することをご提案させて頂いております。また、せっかく鍵を閉めていてもピッキングやサムターン回し、カム送りとよばれる侵入手口を防げない鍵では意味がありません。安心して快適な生活を過ごせるために、お客様の生活に適した防犯性能の高い鍵のご提案もさせて頂いております。

まとめ

一人暮らしで賃貸マンションの鍵を失くした方の対処方法や鍵屋さんに鍵交換を依頼した際の料金相場をご紹介いたしましたが、ご参考になりましたでしょうか。鍵を失くすというトラブルは頻繁に起こるわけではないので、実際にトラブルに遭うと冷静さを失ってしまいがちです。また、早く家の中に入りたいときや急用が控えているときなどは、どうしても焦ってしまいます。ですが、トラブルに遭ったときは、まずは冷静になって下さい。本来、管理会社に連絡しなければならないのに、焦って鍵屋さんに連絡し勝手に鍵交換を行い、後に管理会社とのトラブルに発展してしまうということはよくあります。まずは、冷静になって鍵を探しましょう。服やカバンに入っていることもあり、車の中に忘れてしまっている可能性もあります。よく探しても見つからない場合は、まずは管理会社に連絡するようにしましょう。管理会社に詳細を伝え、お客様自身で鍵屋さんの手配を行い、鍵交換を依頼してもよいということになりましたら、そのときはカギの生活救急車までご連絡下さい。365日受付を行っており、最短15分で駆けつけさせていただきます。