さらに条件を追加する
LIBRARY

ペアガラス修理交換割れ替え費用価格!効果とメリット・デメリット

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

ペアガラス修理交換割れ替え費用価格!効果とメリット・デメリット

説明 夏場や冬場などの外気によって部屋の温度が急激に高くなったり、低くなると家のガラスをペアガラスに替えたいと考えられる人が増えます。また、ガラスの割れ替えなどでせっかくだから、ペアガラスにしたいという人もいらっしゃるかと思います。そこで今回は、ペアガラスに交換しようと思っているあなたに向けて、ペアガラスのメリット・デメリットや交換費用などについてご紹介したいと思います。

ペアガラスとは

まず、ペアガラスの名前だけ聞いたことがあるという人に向けて、ペアガラスの簡単な説明からしたいと思います。

ペアガラスと複層ガラス(2重ガラス)の違いとは

ペアガラスへの交換を考えている人がよくする質問の中に「ペアガラスと複層ガラスって何が違うんですか?」という質問があります。実は、呼び方が違うだけで同じものです。2枚のガラスをスペーサーを挟んで空気の層を作ったものが、ペアガラスまたは複層ガラスと呼ばれます。

ちなみに、もう一つよくある勘違いがあります。それが「合わせガラスとペアガラスは一緒のもの」です。構造は似ていますが、実際は全くの別物になり、期待される効果などが異なります。

ペアガラスと合わせガラスは中間の層が違う

ペアガラスは先ほど説明した通り、2枚のガラスでスペーサーを挟んでいるため間に”空気の層”ができています。しかし、合わせガラスの場合は、同じく2枚のガラスを使っていますが、間に樹脂を使った中間膜を使っています。ペアガラスは断熱や遮熱重視の方、合わせガラスは防犯・防災や防音重視の方といった具合に効果が違うため交換を検討されている方は、その違いに注意しましょう。(関連記事=>『合わせガラス修理交換割れ替え費用価格!効果とメリット・デメリット』)

ペアガラスと2重窓の違いとは

もう一つ勘違いされやすいのが、「ペアガラスと2重窓」です。ペアガラスはガラスを2枚挟んだものですが、2重窓は窓自体が2つあります。そのため、2重窓の場合は窓枠が2つあります。2重窓は、既存の窓の内側に別途窓を取り付けるため、より防音・防犯・断熱・遮熱効果が期待できます。ペアガラスとは全く別物ですので、注意しましょう。

ペアガラスで期待できる効果とは

なんとなく周りが「ペアガラスっていいよ!」と言っているから、ペアガラスに交換しようと思っている人のために、きちんとペアガラスで期待できる効果をご紹介したいと思います。メーカーや製品によって異なりますが、主にペアガラスに期待できる効果は”断熱”です。

ペアガラスの断熱効果について

ペアガラスは2枚のガラスの間に乾燥剤を含んだスペーサーを挟んで空気層を作っています。この空気層のおかげで、冬場に暖房器具で温めた部屋の熱が外に逃げにくくなります。部屋が暖かくなるだけでなく、暖房効率が上がるため暖房の設定温度の引き下げで冬場の暖房代を抑えることができています。

ペアガラスの種類によっては、より断熱に特化した中間層にアルゴンガスを溜めたものや、特殊な金属撒くをコーティングして遮熱製を高めたLow-eガラス、合わせガラスと組み合わせた防犯合わせ複層ガラスなどがあります。ガラス交換は頻繁にできるものではありませんので、しっかりとガラス屋さんやリフォーム会社とどんなガラスにするのか相談するようにしましょう。

ペアガラスの交換を考えるタイミング

通常のフロートガラスなどからペアガラスに交換される人の多くは、ガラスが割れたついで、冬の暖房代の見直し、お子さんの誕生、引っ越し、家のリフォームなどで交換を検討される人が多いように感じます。大体の方が不便を感じられて交換されるため、今窓ガラスのことで不便を感じられているなら交換を検討されてもいいかと思います。

ペアガラスは割れにくい?割れやすさってどれくらい?

小さいお子様がいると、ガラスの安全性なども気になりますよね。家で走っている際に転んでガラスにぶつかって、大怪我をしたり、顔や足、腕などに一生残る切り傷ができてしまうこともあります。ガラスの強度は種類によって様々ですが、ペアガラスの場合はどれくらいの強度なのでしょうか。

ペアガラスと一般的な1枚ガラス比較

ペアガラスの場合は、使うガラスの種類によって強度が異なるため、一般的な1枚ガラスとの比較は使うガラスの種類で変わります。例えば、一般的なフロートガラスの3~5倍の強度をもっている強化ガラスを使ったペアガラスであれば、一般的な1枚ガラスと比較して3~5倍の強度があるといった具合です。

1枚ガラスからペアガラスにすると強度は落ちない?

よくある質問に、「1枚ガラスからペアガラスにすると、ペアガラス1枚の厚さは薄くなるわけだから、強度は落ちるんでしょ?」というものがあります。実は、ペアガラスの交換は、アタッチメントと呼ばれる取り付け用の部品を使うことで、サッシはそのままでペアガラスを取り付けることができます。そのため、既存のサッシで使っていたガラスと同じ厚みのガラスを2枚取り付けることができるので、ガラスの厚みが変わったり、ガラス自体の強度が落ちることはありません。

ペアガラスの割れ方の特徴

ペアガラスに限らず、「ガラスが割れたときの安全が気になる」という人は多くいます。もしもの時に、ガラスが飛び散ったり、ガラス破片で怪我をしたりするのは防ぎたいですよね。ペアガラスの場合は、先ほどもご紹介したとおり、使うガラスの種類によって割れ方も変わります。もしも、地震や台風などでガラスが割れた際や、子供やご高齢の方が転倒した際のガラス割れが心配という場合は、強化ペアガラスがおすすめです。軽い子供やご老人の方がちょっとぶつかった位では割れない強度があり、衝突や地震などでガラスが割れても粉状にガラスが割れるのでガラス破片で大きな怪我をするリスクを抑えることができます。(関連記事=>『家のガラスの割れ方別の原因と対策!割れないよう防止する方法』)

ペアガラスの割れ防止シート・フィルムについて

ペアガラスの場合は、2枚のガラスの間に空気層があるため、通常の1枚ガラスと違って熱が逃げにくく熱割れしやすいという特徴があります。そのため、割れ防止シートやフィルムの使用は控えた方がいいでしょう。ただし、ペアガラスにも使えるように作られた製品もあるため、飛散防止フィルムなどをどうしても貼りたいという場合は、ペアガラスにも使える製品を探してみるといいでしょう。

飛散防止フィルムで割れた際の対策

飛散防止フィルムは、地震などでガラスが割れてしまった際に、ガラス破片が飛び散って怪我をするのを予防することができます。業者が施工するタイプのものから、水で簡単に貼り付けられるものまで色々あります。もしも、ペアガラスに飛散防止フィルムを貼る際は、ペアガラスにも使えるタイプか確認してから購入しましょう。


リンテックコマース防災地震対策フィルム92cmX185cmクリアーHGS-05L

※自分で部品や道具を購入する際は、サイズや種類間違いにご注意ください。

Amazonで確認する


ミラーフィルム(目隠しシート)を貼っても大丈夫?

飛散防止フィルム以外にも、ミラーフィルムや目隠しシートをガラスに貼りたいという人もいるかと思います。窓から人の視線が入ってくるのは、とっても気になりますよね。しかし、フィルムやシートは熱割れの原因にもなります。そのため、視線が気になる人は予めブラインド内臓ペアガラスや型板ガラスを使ったペアガラスにしておくことで後からフィルムやシートを貼る必要がなくなるのでおすすめです。

ペアガラスに交換するメリット・デメリットとは

ガラスを交換する際は、そのガラスに交換するメリットやデメリットを知っておきたいですよね。そこで、2枚のガラスを使うペアガラスだからこそのメリットやデメリットがあるのでご紹介いたします。

ペアガラスを使用するメリット

ペアガラスは、2枚のガラスの間にある空気層のおかげで冬場の暖房熱を逃がしにくく、また、暖房代を抑えるという大きなメリットがあります。また、使うガラスの種類によって、防犯性向上や結露防止、防音などの自分が欲しい効果を追加できるというメリットがあります。自由度の高さがペアガラスにしかないメリットでしょう。

ペアガラスを使用するデメリット

いいこと尽くしのペアガラスですが、実はデメリットもあります。ペアガラスをアタッチメントを使って取り付けようとすると、サッシ自体は既存のものを使うため、ガラス部分の結露防止ができたとしても、サッシ自身の結露が発生します。

また、サッシ枠ごとガラスを交換しようとすると、費用が高くなります。1枚ガラスなどから、密封性を保ったまま交換できないのがデメリットでしょう。

ペアガラスの防音効果について

ペアガラスに交換しようと思っている人の中には、”遮音性能”や”防音効果”を期待している人もいるかと思います。しかし、ペアガラスの構造自体に遮音性能や防音効果があるわけではありません。

ピアノの音はペアガラスで防げるか

通常のペアガラスでは防音は難しいですが、片側に合わせガラスを使ったYKKapの防犯合わせ複層ガラスと後付できる2重窓(内窓)を組み合わせれば、ある程度の防音効果は期待できます。ただし、窓自体を変えても壁などが薄かったりすると意味がないのでピアノのなどの楽器の防音目的の場合は、建物全体で防音を考えたほうがいいでしょう。

ペアガラスの断熱効果ってどれくらい?

ペアガラスは断熱効果を期待している人が多いかと思いますが、実際どれくらいの断熱効果があるのか気になりますよね。断熱効果は熱貫流率という1時間あたりにガラスを通過する熱量の効率を元に通常のガラスと比較しますが、メーカーや製品によって異なります。

そのため、実際に購入するガラスの熱貫流率と通常の1枚ガラスの熱貫流率を調べて比較するのがおすすめです。熱貫流率が小さいほど、断熱効果が高いといえます。例えば、通常の1枚ガラスが約6(W/㎡・k)で、ペアガラスが約3(W/㎡・k)だとしたら、通常のガラスよりも2倍断熱効果が高いといえます。

冬場の結露防止対策に効果はある?

ペアガラスは中間に空気の層があるため、室内側に結露ができにくい構造になっています。しかし、加湿器やガスヒーターなどを使っていると部屋の湿度が高くなって結露が発生することがあります。また、ガラスは結露しなくても、サッシの隙間部分の密閉が上手くいっておらず、サッシ部分に結露が発生するといったこともあります。

結露防止効果を高めたい場合は、サッシをペアガラスに適したものに交換する、暖房はエアコン暖房に切り替えるといった対策が必要です。

ペアガラスは防火区画でも使える?

ペアガラスであれば何でも使えるというわけではありません。防火区画で使用できるペアガラスは、主に、Low-eガラスと網入りガラスです。網入りガラスは熱割れや錆び割れといったデメリットや、見栄えが悪い、景観が気になるといった理由で、Low-eガラスが選ばれることがあります。また、Low-eガラスは遮熱・断熱性に優れているので、冷暖房費の節約にも繋がるため人気があります。

ペアガラスと防火設備について

ペアガラスは、既存の1枚ガラスからペアガラスに交換する際にサッシを交換しなくても、アタッチメントを使えば交換が可能です。しかし、防火区画においては、ペアガラスだけでなくサッシや副構成材料も含めて基準をクリアしなくてはならないので注意しましょう。

ペアガラスとトリプルガラスについて

2枚のガラスを使って空気層を作ることにより、部屋の中の熱が外に逃げにくくなったペアガラスはとても画期的ですよね。実は、ペアガラスに更にガラスを1枚追加したトリプルガラスというものがあります。

トリプルガラスにするべき?

ペアガラスを検討されている人の中には、より高性能なトリプルガラスへの交換を検討されている人もいらっしゃるかと思います。トリプルガラスは、Low-eガラスやクリプトンガス、アルゴンガスを使用することによって、ペアガラスよりも更に高断熱化が可能になっています。

トリプルガラスにすれば、ペアガラスよりも更に光熱費を抑えることにつながりますが、やはり”値段”で諦めてペアガラスにされる人も多くいらっしゃいます。メーカーや製品、どの組み合わせにするか、サイズや厚みといった細かい内容で値段の差はでてきますが、トリプルガラスの場合は”サッシ交換”が必要になってくるため、その工事費などがかかり高くなります。

それでも、トリプルガラスにしたいという人もいらっしゃいます。一生物として考えれば光熱費の節約にも繋がるから一時的な出費と考えれば問題ない、最近冬場の寒さが厳しくなっているから効果を考えると払ってもいい価値があるといった感じです。ただし、住んでいる地域や個人の価値観によって良いか悪いかは変わってくるので、じっくり考えることをおすすめいたします。

ペアガラスの中に水が入る

ペアガラスを使っていると、初期不良やサッシなどの経年劣化により、隙間からペアガラスの中に水が入ることがあります。

ペアガラスの中が曇ることも

ペアガラスの使用年数や、環境によっては、ペアガラスに内部結露が起こることがあります。また、ペアガラスの中のスペーサーはこういった結露が起こらないように乾燥剤が使われていますが、劣化して結露が発生してしまった場合は交換が必要になります。

ペアガラスの中に入っている水は取り除けない

サッシの劣化や初期不良があった場合、台風などの大雨によってペアガラスの中に水が溜まってしまうことがあります。そういった場合は、ペアガラスを交換することになります。メーカーなどの保証期間内で水が入ってしまった場合は、メーカーが無償で交換してくれることが多いです。

ただし、サッシの劣化などが原因の場合は自己負担になります。ペアガラスはアタッチメントを使うことで既存のサッシのまま、ペアガラスを使うことができますが、密封性などはペアガラスに適したサッシとは全く違います。そのため、より安定したパフォーマンスを期待するのであれば、サッシごと交換されることを検討した方がいいでしょう。

ペアガラスの交換費用の相場

ペアガラスに交換する際に最も気にされるのが、”交換費用”です。ペアガラスの種類や、メーカー・製品によって値段は様々ですが、交換する業者の作業費も様々です。そのため、一概に”○○円くらい”といった値段は、実際に家で見積りを出すまでは分かりません。(関連記事=>『家の窓ガラス割れた!修理・交換・割れ替え費用いくら?処置方法』)

生活救急車の場合

相場が分からないため、見積りを取る方が大勢いらっしゃいますが、大体でもいいから知りたいという人もいらっしゃるかと思います。そこで、当サイト運営者の生活救急車で実際にペアガラスの交換にかかった費用をご紹介したいと思います。

  • ・勝手口のペアガラスとサンルームのガラス割れ替え→44,091円
  • ・小窓のペアガラスの割れ替え→33,917円
  • ・割れた内側だけペアガラスに交換→36,401円
  • ・お風呂場のガラスにヒビが入ってペアガラス交換(フロート板透明3mm+A+型板ガラス4mm霞アタッチ付の1050×1800サイズ1枚)→82,480円

同じペアガラスの割れ替えでも、ガラスが使われている箇所によって厚みやサイズ、種類などが様々であるため費用に差が出ています。そのため、当社ではお問い合わせをいただきましても、電話では見積りを行っておりません。全て、現地で出張料・見積り料無料にて見積りをさせていただいております。

見積りは基本的に無料

見積りは基本的に無料ですが、一部「高速道路などの有料道路を使わないといけない場所」の場合は、その実費をいただくことがあります。ただし、費用がかかる際は事前にお客様に了承をいただくようにしておりますので、いきなり見積りに伺って料金を請求することはありません。ご安心して、見積り依頼をしていただければと思います。

まとめ

今回は、ペアガラスの基本的なメリットやデメリット、交換にかかる費用や料金相場などについてご紹介いたしましたがいかがでしたでしょうか。ペアガラスの場合は、通常の1枚ガラスと違って、ガラスの組み合わせや中間層にガスを使うか、サッシをペアガラスに適したものに交換するかなどによって、効果や値段などに差が出てきます。交換する際は、色々な可能性を検討した上で、業者に依頼されることをおすすめいたします。ガラスのことならガラス修理ガラスリフォームの出張ガラス屋のガラスの生活救急車へ。

ユーザー評価:  4.4 (11件)

あまり縁がない事なので参考になった

実例と金額がわかり参考になりました。