さらに条件を追加する
LIBRARY

鍵を紛失したときの作成料金と対処マニュアル

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
鍵を紛失したときの作成料金と対処マニュアル

説明 家の玄関の鍵や車の鍵など、突然鍵を紛失してしまったときはどうしたらよいのか、鍵の作成方法と料金相場のご紹介します。また、家の中に入れていない状況ではすぐに開けに来てほしいケースもあると思います。安易に出張を依頼し、思わぬ高額費用を請求されてしまったということも実際に起こりうるため、できるだけ早く来てほしいときでもあせらずに優良な業者選びが肝心です。

鍵を紛失してどうしたらいいのかわからなくて、お困りではないですか?もしくは、鍵の作成を検討しているけれど料金などがわからなくて不安になっていませんか?

家の鍵でも車・金庫・机の鍵でもなんでも、鍵を紛失してしまったら鍵開けや鍵交換、鍵作成などの作業が必要になりますよね。しかし、はじめて鍵を紛失した人にとっては分からないことが多すぎて困ってしまうと思います。

そこで今回は、はじめて鍵を紛失してしまった人に向けて「鍵作成の料金相場」や知っておいた方がいいことなどについてご紹介したいと思います。

鍵を紛失したときの鍵作成料金

最初に、鍵を紛失したときに鍵屋に鍵作成を依頼した場合にかかる料金についてご紹介したいと思います。

とはいっても、鍵作成などの作業は鍵屋や使っている鍵の種類によって料金が大きく異なるため比較対象の一例として生活救急車の鍵作成料金表をご紹介したいと思います。また、鍵作成以外にも鍵開けや鍵交換、鍵抜きといった作業が必要なこともあると思いますので一緒にご紹介します。

家の玄関の鍵を紛失したときの鍵作成料金

最初は、玄関の鍵を紛失したときの鍵作成料金などからご紹介したいと思います。家の中に予備の鍵がある場合は鍵開けだけを希望される方や、鍵作成ではなく鍵交換を検討される方もいらっしゃるので複数作業の料金表をご紹介いたします。

>>>関連記事:玄関ドアの鍵交換!業者の料金相場はいくら?ディンプルキー等

玄関の鍵作製の費用・料金表
種類 作業内容 一般作業料金 ハイセキュリティ
玄関

鍵開け(解錠)

8,000円~

27,000円~

鍵作製

13,000円~

30,000円~

シリンダー交換

10,000円+部品代

-

錠前交換

23,000円+部品代

-

新規取付

10,000円+部品代

25,000円+部品代

修理・調整

8,000円~

-
基本料金

出張・見積り・キャンセル料

無料
時間外料金

夜間・早朝(※備考参照)

8,000円
  • ※価格は税抜きです。
  • ※高速のサービスエリアや離島など、有料道路を通らなければ行けない場所は別途3,000円(税抜き)がかかります。
  • ※夜間・早朝(20:00~07:59まで)の作業は、別途8,000円(税抜き)の時間外料金がかかります。
  • ※上記料金は標準価格であり、トラブル状況によって作業内容が異なる場合があります。最終価格は、作業前にご提示するお見積り書の価格となります。

車の鍵を紛失したときの鍵作成料金

車の鍵を紛失してしまったときの鍵作成料金では、まず国産車なのか外国車なのかで料金体系が異なります。また、国産・外国車問わず「高級車」になると鍵のグレードなどが高くなるので作業料金が高くなります。また、イモビライザー搭載車や一部の高級車などは鍵屋ではなくメーカーに注文しないと作れない鍵もあるので問い合わせる際は車種・年代・オプショングレード・イモビライザー搭載の有無などをあらかじめ調べておくといいでしょう。

>>>関連記事:車の鍵を紛失したときの対処法!交換可否や金額について

車の鍵作製の費用・料金表
種類 作業内容 一般作業料金 ハイセキュリティ
国産車

鍵開け

8,000円~

15,000円~

鍵の作製

13,000円~

20,000円~

鍵抜き(鍵折れ)

8,000円~

-
外国車

鍵開け

15,000円~

30,000円~

鍵の作製

28,000円~

50,000円~

鍵抜き(鍵折れ)

8,000円~

-
基本料金

出張・見積り・キャンセル料

無料
時間外料金

夜間・早朝(※備考参照)

8,000円
  • ※価格は税抜きです。
  • ※イモビライザーキーは、別途お見積りさせていただきます。
  • ※高速のサービスエリアや離島など、有料道路を通らなければ行けない場所は別途3,000円(税抜き)がかかります。
  • ※夜間・早朝(20:00~07:59まで)の作業は、別途8,000円(税抜き)の時間外料金がかかります。
  • ※上記料金は標準価格であり、トラブル状況によって作業内容が異なる場合があります。最終価格は、作業前にご提示するお見積り書の価格となります。

金庫の鍵を紛失したときの鍵作成料金

金庫の鍵作成にかかる料金は、まず鍵が開いているかどうか、シリンダーの他にダイヤルがあるかなどの条件によって鍵作成以外にかかる費用が異なります。また、金庫の鍵の場合ベースになる鍵がないこともあります。そういったときは、シリンダー交換で対応ができますが金庫の種類によってはシリンダー交換もできないタイプがあり、そういった場合は金庫の買い替えが必要になります。

>>>関連記事:金庫の鍵・ダイヤルが開かない!開け方と費用・料金相場まとめ

金庫の鍵作製の費用・料金表
種類 作業内容 一般作業料金 ハイセキュリティ
金庫

鍵開け(解錠)

8,000円~

27,000円~

鍵作製

13,000円~

30,000円~

シリンダー交換

10,000円+部品代

-
基本料金

出張・見積り・キャンセル料

無料
時間外料金

夜間・早朝(※備考参照)

8,000円
  • ※価格は税抜きです。
  • ※高速のサービスエリアや離島など、有料道路を通らなければ行けない場所は別途3,000円(税抜き)がかかります。
  • ※夜間・早朝(20:00~07:59まで)の作業は、別途8,000円(税抜き)の時間外料金がかかります。
  • ※上記料金は標準価格であり、トラブル状況によって作業内容が異なる場合があります。最終価格は、作業前にご提示するお見積り書の価格となります。

机・キャビネット・ロッカーの鍵を紛失したときの鍵作成料金

会社の机・キャビネット・ロッカーの鍵を紛失した社員がいて、予備の鍵が1本もない状態ということは珍しくありませんよね。これも金庫と同じでベースがあれば鍵作成は可能です。シリンダー交換なども一部の製品は可能ですが、大半は机・キャビネット・ロッカーなどと一体型になっているのでできない可能性が高くなります。

>>>関連記事:会社の鍵を紛失でクビ?開け方と作成料金【入り口・ロッカー・机・キャビネット・金庫】

机・キャビネット・ロッカーなどの鍵作製の費用・料金表
種類 作業内容 一般作業料金 ハイセキュリティ
ロッカー・机・キャビネットなど

鍵開け(解錠)

8,000円~

27,000円~

鍵作製

13,000円~

30,000円~

シリンダー交換

10,000円+部品代

-

錠前交換

23,000円+部品代

-

新規取付

10,000円+部品代

25,000円+部品代

その他作業(内容による)

8,000円~

30,000円~
基本料金

出張・見積り・キャンセル料

無料
時間外料金

夜間・早朝(※備考参照)

8,000円
  • ※価格は税抜きです。
  • ※高速のサービスエリアや離島など、有料道路を通らなければ行けない場所は別途3,000円(税抜き)がかかります。
  • ※夜間・早朝(20:00~07:59まで)の作業は、別途8,000円(税抜き)の時間外料金がかかります。
  • ※上記料金は標準価格であり、トラブル状況によって作業内容が異なる場合があります。最終価格は、作業前にご提示するお見積り書の価格となります。

鍵が1本もなくても鍵作成できるの?

一番不安に思われているのが、「1本も鍵がなくても鍵作成ができるのか?」といったことではないでしょうか。実は、鍵が1本もなくても鍵穴の中を覗いて鍵を作ることができる鍵があります。刻みキーなどの比較的簡単な鍵や一部のディンプルキーなどがそれにあたります。

しかし、防犯性の高いディンプルキーや登録制シリンダー、ベースになる部材がない古い鍵・特殊な形状の鍵については作成することができません。とくに、登録制シリンダーなどはメーカーに登録者本人が申請をしなければ合鍵や新規鍵作成ができませんので注意しましょう。

鍵作成で料金が高くなる鍵の種類

同じ鍵屋であっても、鍵の種類によって鍵作成にかかる料金は異なります。例えば、防犯性の低い刻みキー(ギザギザの鍵)と防犯性の高いディンプルキーでは防犯性が高くて構造が複雑なディンプルキーの方が作成にかかる料金は高くなります。また、玄関以外でいうと車の鍵で「イモビライザー」が搭載されている車などはイモビライザーキーの作成に必要な機材が非常に高価なため鍵作成にかかる費用も高額になります。

特殊な鍵・防犯性の高い鍵・最新の鍵ほど、交換・作成・修理などにかかる費用は高くなるので鍵を紛失しないように注意しましょう。

玄関の鍵を紛失したときは鍵作成よりも鍵交換

玄関の鍵を紛失したときに、あなたは鍵作成と鍵交換のどちらを選びますか?鍵屋では、鍵を紛失されたときは防犯面から鍵作成ではなく鍵交換をおすすめしています。というのも、鍵を落としてなくしたのか鍵を誰かに盗まれて失くしたのかが分からないからです。

よくある例でいうと、ストーカーの男が合鍵を隠した場所を確認して鍵を盗んでいたり、元交際相手が別れる前に鍵を盗んでいたりといったことがあります。こういったことがあるので、軽く鍵交換をおすすめすることがあります。ただ、人によってはとにかく安さ重視の方もいらっしゃるので会話の流れではおすすめもしないこともあります。もしも、防犯面で不安という場合は鍵交換を検討してみてはいかがでしょうか。

>>>関連記事:玄関ドアの鍵交換!鍵穴シリンダー変更方法自分でDIYやり方

鍵を紛失したときの作成料金と対処マニュアルまとめ

今回は、鍵を紛失したときの作成料金と対処マニュアルなどについてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

鍵の作成は鍵の種類や業者によって料金が異なるので、複数業者に相見積りをとってから依頼する業者を選ばれると安心です。また、玄関などの出入り口の鍵などを紛失してしまったときは鍵交換をしておいた方が防犯面からみると安心です。鍵を紛失されたときは、鍵作成にするのか鍵交換にするのかじっくり検討してみてはいかがでしょうか。