さらに条件を追加する
LIBRARY

洗面所つまりで水の流れが悪い!原因と直し方とは

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

洗面所つまりで水の流れが悪い!原因と直し方とは

説明 洗面所の排水口が詰まって、困っていませんか?昨日までは普通に使えていたのに、急に詰まって水が流れなくなってしまうと、慌ててしまいますよね。洗面所の排水口詰まりは、場合によっては自分で解決できることもあります。そこで今回は、洗面所の排水口詰まりの直し方や原因、予防方法などについてご説明したいと思います。

洗面所の排水口つまりで、水の流れが悪くなって困っていませんか?

洗面所の排水口は、いつも掃除をしていても徐々につまりの原因が蓄積してしまい急に水が流れなくなるといったトラブルがよく起こります。

そういった際は、つまりの原因になるものを取り除けば水はきちんと流れるようになりますがはじめて修理をする場合どうしたらいいのかわかりませんよね。

そこで今回は、洗面所の排水口つまりの原因や直し方についてご紹介したいと思います。

洗面所の排水口詰まりの原因

洗面所の排水口が詰まる原因のなかでも、よくあるのが”髪の毛”です。「洗面所で髪を洗っているわけでもないのに、そんなにつまるの?」と思いますが、ドライヤーや整髪料を使って髪を整えたり、ブラッシングをすることで髪が抜けて洗面所に落ちていきます。

すぐに掃除をしていれば詰まりを防ぐことができますが、朝の忙しい時間帯に毎回掃除をしている人は少ないですよね。大体の人が、しばらくしてから掃除をしているかと思います。そのため、掃除をしていても少しずつ髪の毛が排水口を通って、排水管のヌメリや汚れに絡まって詰まりが急に発生してしまいます。

特に、家族の多い人、排水口にヘアキャッチャーを取り付けていない人は、より詰まりが発生しやすくなります。また、髪の毛以外にも石鹸カスや、固形物を落として詰まりが発生することもあります。

  • 【洗面所の排水溝つまりの原因】
  • ・石鹸カスが原因で排水口がつまる
  • ・ヘアピンなどの固形物が原因で排水口がつまる
  • ・髪の毛などの抜け毛でつまる

石鹸カスが原因で排水口が詰まる

ハンドソープ、洗顔料や化粧を落とすクレンジングオイル、ボディクリームの残り、マッサージオイルなど、油分を含んだ液体が排水口に流れるとヌメリや油汚れが排水管に溜まり、そこに髪の毛などが入ることで詰まりが発生することがあります。

ヘアピンなどの固形物が原因で排水口が詰まる

掃除が大好きで、きちんと排水口を毎日掃除していても、固形物が排水口に落ちてしまうことで詰まりが発生してしまうことがあります。小さいブラシや、ヘアピン、アクセサリーなどが詰まってしまうと、水で流そうと思っても排水管の途中でヌメリなどに引っかかってしまい、詰まりがひどくなることがあります。

洗面所の詰まりが起こる場所

洗面所の詰まりは、主に3箇所で起こります。排水口に近い部分から、ヘアキャッチャー、S字トラップ、床下の排水管です。それぞれの詰まりが起こる場所についてご紹介したいと思います。

ヘアキャッチャー

髪の毛や糸くずなどが排水口に流れないように受け止める部品が、ヘアキャッチャーです。網目状の部品になっており、排水口にはめ込んで使います。最近のワンタッチ式で水が溜められるようになっているタイプの排水口だと、そのタッチする部品とヘアキャッチャーが一体になっています。

このヘアキャッチャー部分を掃除せずに放置していると、髪の毛と歯磨き粉などが固まって水が流れなくなってしまいます。ヌメリなども発生しやすいので、定期的なお掃除が必要です。

S字トラップ

洗面台の下側にあるパイプのS字になっている部分のことを、S字トラップといいます。トラップとは、排水管などから臭いや害虫が上に上がってこないように水溜まりを作って侵入を防いでいる部分のことをいいます。

水が溜まるような仕組みになっているため、髪の毛や石鹸カスなどの油汚れも一緒に溜まって詰まりが発生することがあります。この部分は取り外しができるものが多いため、ひどい詰まりの場合は取り外して洗浄することもあります。

床下の排水管

洗面台の下側にあったパイプの更に下にある排水管は、最終的には他のお風呂や台所の排水管が合流する排水枡に繋がっています。この排水管も、汚れなどが溜まることで詰まりが発生することがあり、ここで詰まりが発生すると自力で直すのは困難になります。

特に、水に溶けない異物などが排水管で詰まってしまった場合は、取り出さなくてはいけません。その際は、排水口から異物が詰まっている距離によって料金が変わってきます。ラバーカップなどで誤って押し込んでしまうと、その分料金が高くなってしまうので、早めに業者に依頼した方がいいでしょう。

洗面所の排水口の構造について

このページでは、洗面所の排水口詰まりの原因だけでなく、解消方法についてもご紹介させていただきます。そこでまずは、詰まりが起こる洗面所の排水口の構造についてご紹介しておきたいと思います。

排水トラップってなに?

排水トラップとは、排水管などから悪臭や害虫などが上に上ってこないようにするために水溜りを作る部分のことを言います。排水トラップには場所によって色々なタイプがあります。

台所などだと、ゴミ受けの下に円筒状の排水トラップがついており、洗面所の場合は、洗面台の下のパイプがP字やS字になってトラップになっていることがあります。中には、排水トラップがないタイプの洗面所もありますが、そういった場合は臭いや虫が排水口から家の中に入ってくることがあるため、パイプをP字やS字のものに変えることをおすすめいたします。

P字トラップ

洗面台の下にあるパイプのうち、P字状になっているパイプのことをP字トラップといいます。Pの字の出っ張り部分で、水が溜まるようになっています。そのため、この出っ張り部分で詰まりが発生することがよくあります。

S字トラップ

P字トラップと似ていますが、S字になっているパイプのことをS字トラップといいます。P字はパイプの最後は壁に取り付けられていますが、S字の場合は床に伸びています。S時の場合は、へこんでいる部分と出っ張っている部分で詰まりが発生しやすくなっています。

洗面所の排水口つまりの直し方

洗面所の排水口の構造などを知っていただいたところで、今度は実際に詰まりが起こった際の詰まり解消方法についてご紹介したいと思います。場所や使う道具によって、色々な修理方法がありますので、自分の状況にあった修理方法を試してみてください。ただし、水に溶けない固形物が詰まってしまった場合は、今回紹介する方法では修理できないため、業者に依頼してください。

関連記事:水道・排水管の詰まりの原因と修理料金について


ヘアキャッチャーで排水詰まりの修理方法

はじめて一人暮らしをする人や、ワンタッチ式のヘアキャッチャーを使っている人がよく遭遇するヘアキャッチャーの排水詰まりの場合は、掃除をするだけで修理ができます。もしも、洗面台の排水口部分に髪などが詰まっているのでしたら、今から紹介する方法で掃除をしてみましょう。

必要な道具

ゴム手袋、歯ブラシ、スポンジ、液体パイプクリーナー。

液体パイプクリーナーはどこで買う?

液体パイプクリーナーは、ドラッグストアやスーパーなどで売られています。普通の食器用洗剤ではなく、排水管用の洗浄剤として売られているので分からなければお店の人に聞いてみてください。

関連記事:排水管つまり解消にパイプクリーナー!使い方と効果おすすめ



注意点

液体パイプクリーナーを使う際は、換気をよくして使用するパイプクリーナーの説明や注意書きをよく読んでから使いましょう。また、他の洗剤と混ざると有毒なガスが発生するため、他の洗剤は使わないように注意しましょう。

手順

手順といっても、ヘアキャッチャーを取り外して掃除をして、排水管を液体パイプクリーナーで掃除するだけですので、誰でもできるかと思います。

1.ゴム手袋をしてヘアキャッチャーを外す

詰まりが既に発生している場合は、ゴム手袋を着けてヘアキャッチャーを取り外します。ヘアキャッチャーで詰まりが発生していた場合は、ヘアキャッチャーを取り外すと水が流れていくはずです。

2.歯ブラシとスポンジで洗っていく

歯ブラシやスポンジを使って、ヘアキャッチャーにこびりついた髪の毛や石鹸カスを取り除きます。

3.液体パイプクリーナーを排水口に流す

ヘアキャッチャーの汚れを取り除いたら、液体パイプクリーナーを排水口に流して、3~5分ほど待ったあと、水でしっかり洗い流します。排水パイプや排水管のヌメリ・汚れもこれで流れていきます。

4.ヘアキャッチャーを戻す

パイプクリーナーを水で流し終わったら、ヘアキャッチャーを元に戻して完了です。

S字トラップで排水詰まりの修理方法

排水口のヘアキャッチャーよりも奥にある、S字トラップやP字トラップなどのトラップ部分で排水詰まりが起こってしまった場合も修理が可能です。状況にもよりますが、道具さえあれば、初めての人でもできるかと思います。

必要な道具

ウォーターポンププライヤー、バケツ、ゴム手袋、雑巾、ブラシ。



注意点

作業する際は、誤って給水管の部品を外さないように注意しましょう。ナットが硬くて取り外せない場合は、錆び取りスプレーなどを使って回し易くしてから取り外しましょう。その際にも、他のパイプを傷つけないように慎重に作業しましょう。

手順

洗面所・洗面台の下にあるパイプは、ナットを取り外すことでパイプを取り外すことができるようになっているものが多いです。パイプを取り外すことができれば、後は掃除をするだけです。

1.バケツを排水パイプの下に置く

既に詰まりが発生している場合は、排水パイプを取り外す際に大量の水が流れてくることがあります。そのため、作業前に排水パイプのしたにバケツを置いておきましょう。飛び散りが気になる場合は、雑巾などを敷いておくのもいいでしょう。

2.パイプを固定しているナットを外す

ウォーターポンププライヤーを使って、パイプを固定しているナットを取り外しましょう。金属製のもので、錆びて取り外しがしにくい場合は錆び取りスプレーなどを使ってから作業するととりやすくなります。

3.パイプを取り外す

ナットを取り外したら、パイプを取り外します。

4.パイプのヌメリや汚れなどを掃除する

パイプのトラップ部分で詰まりが発生している場合、ひどいヌメリや汚れが発生しているかと思います。それらを、ブラシなどを使ってきれいに掃除します。

5.元に戻す

パイプの掃除が終わったら、逆の手順でパイプを元に戻して完了です。念のため、水をしばらく流して水漏れが起こっていないか確認しておきましょう。

ラバーカップを使った修理方法

トイレの詰まり解消にも使われる、ラバーカップを使って詰まりを解消する方法もあります。ラバーカップは詰まりを押し込むものだと思っている人が多いですが、実は違います。正しい使い方がありますので、参考にしてください。

必要な道具

ラバーカップ。

注意点

ラバーカップを使う際は、周りに注意して使用しましょう。また、排水口に押し付ける際に体重をかけてしまうと洗面台などが壊れてしまうこともあるため、注意しましょう。

手順

ラバーカップは、押し付けて一気に引き抜くのが重要です。簡単ですが、今一度やり方を確認してみてください。

1.ラバーカップを排水口に押し付ける

詰まりが発生したら、ラバーカップを排水口にゆっくりと押し付けます。この際に、体重をかけすぎると洗面台が壊れてしまうことがあるため、注意してください。

2.ラバーカップを一気に引き抜く

限界まで押し付けたら、ラバーカップを一気に引き抜いて、洗面所の詰まりを引き抜きましょう。これを詰まりが解消するまで、数回繰り返します。

3.解消したら液体パイプクリーナー

ラバーカップで詰まりを解消することができたら、再発予防のために、液体パイプクリーナーを使って排水管の掃除をしておくといいでしょう。

特殊な道具を使った洗面所の排水口詰まりの解消方法

今まで紹介した方法のほかにも、少し特殊な道具で洗面所の排水口詰まりを解消することができます。上の方法でも充分に対応できるかと思いますが、より酷い詰まりの場合は試してみるといいかもしれません。

真空式パイプクリーナーを使った修理方法

真空式パイプクリーナーはラバーカップと仕組みは同じで、排水口にゴム部分を押し付けてレバーを数回上げ下げし、詰まりを一気に引き抜くようにして使います。真空式パイプクリーナーの場合、先端のゴム部分が脱着可能で、トイレ用の部品と洗面所や台所用の部品といった具合に使い分けができるものがあるため、家に1本置いておくと便利です。

ワイヤーブラシを使った解消方法

先端にブラシがついたワイヤーブラシを使うことで排水管の奥の汚れ詰まりを解消することができます。ワイヤーブラシはホームセンターやネットショップなどで、1,000円くらいから購入することができます。

一般の人の場合、排水管の何mの部分で詰まりが発生しているかは、実際にワイヤーを伸ばして見ないと分からないかと思います。そのため、ワイヤーブラシを購入する際は、できるだけ長いものを選べれるといいでしょう。

ワイヤーブラシには、ブラシとノズルが着いているかと思いますが、ノズルで詰まりを除いてからブラシを使って掃除するように使います。いきなりブラシを入れてしまっても、詰まりが硬い場合は上手く解消できないこともあるため、先にノズルを入れるようにしましょう。

薬剤を使った修理方法

ドラッグストアなどの店舗で販売されている液体パイプクリーナーの他に、水道業者が使用する”ピーピースルー”という詰まり解消の薬剤がネットで売られています。ピーピースルーは市販のものと違って色々な種類があり、発熱するものや、劇物に指定されており資格がないと扱えないものもあります。そのため、間違って使用すると排水管が破裂するといったトラブルが起こるため、使用する際は充分に説明や注意点を確認してから使用しましょう。

床下の排水管詰まりで修理できない場合

今回紹介した方法では、ヘアキャッチャーや排水トラップ部分の詰まりを解消することができますが、排水管詰まりについては完全に詰まりを解消できないことがあります。

特に、排水枡近くで詰まりが発生している、固形物が引っかかっているなどの場合は、今回紹介した方法では詰まりが解消しません。そういった場合は、業者に早めに相談するようにしましょう。

洗面所の排水口詰まりを予防する方法

洗面所の排水口詰まりの原因や直しかたについてご紹介いたしましたが、できれば詰まりが発生しない方がいいかと思います。そこで、日頃からできる簡単な詰まり予防方法を最後にご紹介しておきたいと思います。

ヘアキャッチャーに別途ゴミ取りを付ける

洗面所や洗面台には、最初からヘアキャッチャーが備え付けられていることが多いかと思います。しかし、それとは別にシート式の簡単に取り外しができるゴミ取りをつけておくと、掃除をするときに取り外して捨てるだけなので便利です。仕事などで掃除が大変という人には、おすすめです。

液体パイプクリーナーを使って予防

このページでも度々登場しましたが、液体パイプクリーナーを使って、日頃からヌメリや汚れを掃除しておくのも効果的です。液体パイプクリーナーの種類によっては、ヌメリや汚れだけでなく髪の毛自体を溶かしてくれるものもあるため、購入する際はよく確認してから購入するといいでしょう。

まとめ

今回は、洗面所の排水口詰まりの原因や直し方、予防方法などについてご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。詰まりが既に発生した場合でも、ヘアキャッチャーや排水パイプなどの詰まりであれば初心者の方でも今回紹介した方法で修理ができるかと思います。しかし、排水管で詰まりが発生した場合は自分で解消するのが難しいこともあるため、そういった場合は水のトラブルに対応している業者に依頼されることをおすすめいたします。

関連記事:水道・排水管の詰まりの原因と修理料金について

ユーザー評価:  4.5 (30件)

排水に時間が掛かるようになったので 読みました。取りかかろうと思います。

とても嬉しいです。

まだ試してませんが、とりあえず役に立ちました