さらに条件を追加する
LIBRARY

トイレレバー故障で水漏れ!水が止まらないときの修理方法と費用

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

トイレレバー故障で水漏れ!水が止まらないときの修理方法と費用

説明 トイレのレバーが空回りしてタンク内に水がずっと流れ続けている、水がまったく止まらない、レバーの部分から水がポタポタと漏れているなどの症状で困っていませんか?はじめてトラブルに遭う人にとっては何をどうしたらいいのかわかりませんよね。今回は、トイレのレバーからの水漏れやレバーの故障が原因で水が止まらないときの修理方法や業者に修理を依頼したときの修理料金などについてご紹介したいと思います。

トイレレバーの故障で水漏れ・水が止まらない

トイレのレバーが空回りしてタンク内に水がずっと流れ続けている、水がまったく止まらない、レバーの部分から水がポタポタと漏れているなどの症状で困っていませんか?

トイレのレバーはタンク内の給排水に関わる部品なので、レバーが故障すると水が止まらないトラブルに発展することもあります。また、水が止まらないだけでなく状況によってはレバー本体の付け根から水が漏れてくるということもあります。

こういったとき、すぐに水道屋に連絡するのもいいですが症状によっては自分で直せることもあります。とはいえ、はじめてトラブルに遭う人にとっては何をどうしたらいいのかわかりませんよね。そこで今回は、トイレのレバーからの水漏れやレバーの故障が原因で水が止まらないときの修理方法や業者に修理を依頼したときの修理料金などについてご紹介したいと思います。

水漏れ・水が止まらない原因を調べる

水漏れが起こっている・水が止まらないからといって、全ての原因がレバーにあるとは限りません。むしろ、水漏れや水が止まらないなどのトラブルはレバー以外の故障や不具合が原因で起こることが多い症状です。そこで最初は、水漏れや水が止まらなくなった「原因」の調べ方からご紹介したいと思います。

原因を調べる前に止水栓を閉める

原因を調べる前に、水漏れや水が止まらない症状を一時的に止めるために「止水栓」を閉めておきましょう。トイレの止水栓はトイレ横の給水管に取り付けられていることが多いですが、止水栓が見当たらない場合は家の水道の元栓を閉めるといいでしょう。

水道の元栓の位置が分からない人は、下記の記事で場所を探してみてください。

>>>元栓・止水栓からの水漏れ原因と応急処置について

タンクのフタを外す

止水栓もしくは元栓を閉めることができたら、今度はトイレタンクのフタを開けて中身の状態を確認します。トイレのフタはジャバラホースで固定されているものと、何も固定されていないものとがあり外し方が異なるのでご説明したいと思います。

何も固定されていないフタの外し方

トイレのフタを持ち上げた際に、ホースなどがフタにくっついていなければそのまま持ち上げて取り外すことができます。手洗い管などがついていないタイプなどは、この何も固定されていないタイプになります。また、新しいタイプのトイレであれば手洗い管がついていても持ち上げるだけで取り外せるものが多いので、まずはゆっくり持ち上げてホースなどがくっついていないか確認してみましょう。

ジャバラホースがついているフタの外し方

フタを持ち上げたときにジャバラホースがついていて、フタを完全に取り外すことができない場合。この場合は、フタとジャバラホースの付け根に固定用のナットが取り付けられていると思います。フタを落とさないように注意しながら、ナットを回して取り外すとフタも取り外すことができます。ナットは素手でも回せますが、固い場合はレンチなどの工具を使うといいでしょう。

※陶器製のフタは重く、割れてしまうとフタのみの交換というのができません。力に自信がない人やDIYなどの作業が苦手な方は得意な人にお願いするか、業者に依頼しましょう。

タンクの中の水位を確認する


引用元:TOTOホームページ

タンクのフタを取り外したらまずはタンクの中の水位を確認しましょう。水位の状態によっても原因をある程度特定することができます。上画像はよくあるトイレタンクの中の構造と各部名称を記した画像です。(お使いのトイレと構造が多少異なる場合があります)

オーバーフロー管の上の方にWLと記された(もしくは黒い輪っかのようなもの)箇所があるかと思います。ここまでの水位が標準線となります。本来はここまで水が溜まれば問題ないのですが、この標準線よりも上にある場合と下にある場合で原因箇所を調べることができます。

標準線よりも上に水がある場合

標準線よりも上に水がある場合は浮球を持ち上げてみて水が止まるかどうかを確認します。


浮球を持ち上げると水が止まる

タンクの中の水量が多いのが原因と思われます。こうなってしまう原因としては浮球の故障やタンク内にある水位調節ダイヤルに何か異常が起きたときに起きることがあります。

浮球を持ち上げてみても水は止まらない

ボールタップの中にあるピストンバルブに水垢やゴミが詰まっていることが原因かもしれません。ボールタップを分解してピストンバルブの点検が必要です。水垢やゴミを取り除いて綺麗にしても改善されないのであれば、ボールタップの交換が必要かもしれません。

標準水位よりも下に水がある場合

標準水位よりも下に水がある場合は、トイレのレバーを引いてみてその反応を見て判断する事ができます。


レバーを回すとレバーは元の位置に戻る

もしレバーを回しても異常がなく、レバーの位置が元に戻るのであれば、フロートバルブという便器へ水をお送り込むのを調節する箇所に異常があるかもしれません。まずはフロートバルブの弁が単純に外れているだけかもしれませんので、しっかりと突起部にフロートバルブがはめ込まれているかどうかをチェックしてみましょう。

フロートバルブが外れていないのであれば、経年劣化によってフロートバルブ自体が故障しているため交換が必要かもしれません。また、トイレのレバーとフロートバルブを繋いでいる鎖も原因となる場合があります。

ご使用されているトイレの鎖を一度も交換したことが無いということであれば別ですが、一度鎖を交換したことがあるという場合で純正品以外の鎖に交換してみると、その鎖の長さが適正ではなくフロートバルブが浮き上がって水が止まらなくなることがあります。鎖の長さが適切かどうかも一緒にチェックしておきましょう。


レバーを回しても、回ったままで元に戻らない

レバーを回してみて元の位置に戻らない場合は、レバー自体が劣化などによって故障している場合があります。トイレを使用してからしばらく経ち、またトイレの前を通ったときにもまだ水が流れているといった経験はないでしょうか?手動で元に戻せば水の流れを止めることはできますが、レバーを戻すタイミングが早いと適切な量の水が流れずに詰まりといった別のトラブルにも繋がってしまいますので、なるべくレバーを交換するなどメンテナンスされることをオススメします。

トイレレバーが原因で水漏れ・水が止まらないときの修理方法

標準水位や部品の確認方法をご紹介しましたが、今度はトイレレバーが原因で水漏れ・水が止まらないときの修理方法についてご紹介したいと思います。

トイレのレバーについている鎖の交換

上記の動画で詳しい交換方法が紹介されています。レバーとフロートバルブを繋いでいる鎖が切れている場合は、鎖の交換が必要ですよね。TOTOなどのトイレメーカーの公式サイトから鎖単体を購入することもできますが、鎖が切れる時点でフロートバルブの消耗も考えられるのでフロートバルブと鎖をセットで交換するのもいいでしょう。

トイレのレバー本体の交換

トイレのレバーとタンクの隙間から水が漏れている場合やレバー本体の故障でレバーが空回りしてしまう・回せなくなるという場合は、レバー本体の交換が必要になります。レバー本体の交換方法などについては、下記ページで紹介しているのでチェックしてみてください。

>>>トイレレバーひねっても水がでない!空回り 原因 修理交換方法

トイレレバーの水漏れや水が止まらない修理の費用・料金表

トイレレバーの水漏れ原因や修理方法などについて紹介しましたが、自分で修理ができなかった場合は水道屋に頼むことになりますよね。しかし、業者によって料金体系が異なるだけでなく現地見積りが基本なので料金がわからなくて不安になると思います。

そこで、ホームページ上での比較対象として、生活救急車のトイレ修理の料金表をご紹介したいと思います。生活救急車も正確な見積りは現地見積りになるので、あくまでホームページ上での比較にお使いください。

トイレの修理料金表
作業内容 作業料金

調整作業等

8,000円

専用器具使用(高圧ポンプ/ローポンプ)

20,000円

専用器具/ハイスパッド使用

20,000円

便器脱着作業

20,000円

トーラー機使用(3mまで)

30,000円

トーラー機使用時追加費用(3m超1m当たり)

3,000円

高圧洗浄機使用(3mまで)

50,000円

高圧洗浄機使用時追加費用(3m超1m当たり)

3,000円

調整作業等・パッキン交換等

10,000円

タンク内部品交換(タンク脱着なし)

10,000円

タンク内部品交換(タンク脱着有り)

30,000円

追加修理作業

現場お見積り

シャワートイレ交換

15,000円

洋式便器/タンク交換

各20,000円

取り外し品処分費

現場お見積り

夜間早朝料金
(20:00~07:59までの受付)

8,000円

  • ※価格は税抜きです。
  • ※料金合計=作業料金+材料費+(追加作業+時間外料金)
  • ※高速のサービスエリアや離島など、有料道路を通らなければ行けない場所は別途3,000円(税抜き)がかかります。
  • ※上記料金は標準価格であり、トラブル状況によって作業内容が異なる場合があります。最終価格は、作業前にご提示するお見積り書の価格となります。

トイレレバー故障で水漏れ!水が止まらないときの修理方法と費用まとめ

今回は、トイレレバーが故障したかどうかの確認や水漏れ・水が止まらない原因の調べ方、自分でできる修理方法、水道屋に依頼した場合の費用目安などについてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

故障の内容によっては自分で修理できるものもあり、修理できなくても水を一時的に止めるなどの応急処置はできるので落ち着いた状態で業者を探すことができますよね。水道屋に依頼する場合は、料金体系が業者によって大きく異なるので相見積りをしてから正式に依頼すると安心です。生活救急車でも無料で見積り対応をしておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。