さらに条件を追加する
LIBRARY

水道の蛇口を閉めても水が止まらない『ポタポタ水漏れ』修理代金と対…

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
水道の蛇口を閉めても水が止まらない『ポタポタ水漏れ』修理代金と対処方法!

説明 キッチンや洗面所、浴室の蛇口からポタポタと水漏れが起こってしまい、自分で直してみようと思ったけど、原因や修理方法が分からなくて困ってしまったということはよくあるかと思います。そこで今回は、蛇口からの水漏れの原因と修理方法についてご紹介したいと思います。

「蛇口を閉めても水が止まらない・ポタポタ水漏れする」といったトラブルで、困っていませんか?

蛇口の水漏れトラブルは、水周りのトラブルの中でも非常にご依頼が多いトラブルです。

しかし、原因や修理方法を知っていれば自分で簡単に直せてしまうこともあります。とはいえ、はじめて蛇口の水漏れトラブルを経験する人にとっては、原因や修理方法なんて分かりませんよね。

そこで今回は、蛇口を閉めても水が止まらない・ポタポタ水漏れするといったトラブルでお困りの人に向けて、原因や修理方法などをご紹介したいと思います。

※蛇口パッキンやバルブカートリッジの交換方法や動画を知りたいという人は、下記をご参照ください。

>>>蛇口のコマパッキンの交換方法・動画

>>>蛇口のバルブカートリッジの交換方法・動画

蛇口を閉めても水が止まらない・ポタポタ水漏れするときの修理法

蛇口から水漏れがしている場合、DIYなどをしたことがある人は自分で修理しようと考えられると思います。修理といっても、劣化したパーツを交換したり、パッキンやカートリッジなどの細かいパーツを交換したり、蛇口本体を丸ごと取り替えたりと様々な修理方法があります。

  • 【主な修理方法】
  • ・劣化した部品を交換する
  • ・パッキンやカートリッジを交換する
  • ・蛇口本体を取り替える

蛇口のパーツの破損で代替品を用意できる、蛇口本体を取り外して新しい部品に交換できるといった人であれば、自分で修理はできるかと思います。しかし、錆びがひどくて取り外しができない、どんな部品を購入したらいいかわからない、蛇口以外の部分も劣化・破損しているといった場合は、作業になれていない一般の人が自分で修理するにはハードルが高くなります。

今回紹介する方法では、代替品のパーツ・道具を用意できて、ある程度DIYの経験がある人を想定しています。初心者の方でも比較的簡単に出来るものもありますが、自信がない場合は無理に作業を進めないように注意してください。

蛇口からの水漏れ原因

キッチンや洗面所、浴室などで、よく取り付けられている蛇口の種類は異なってきます。取り付けられている蛇口が違えば、水漏れの原因も変わってきます。

そこでまずは、場所別によく使われている蛇口の種類とその水漏れ原因についてご説明いたします。

キッチンの蛇口の種類と水漏れ原因

キッチンでよく使われている蛇口の種類は、大きく2種類に分けることができます。最近の家に多いレバーを上下して水の操作をするのが「シングルレバータイプ」の混合水栓です。

混合水栓とは、ひとつの蛇口からお湯と水の両方を出して水の温度を調節するタイプの水栓のことです。(※ちなみに、お湯もしくは水など片方だけ出るのが単水栓です。)もう一つが、ハンドルを捻って水の操作をする「ハンドルタイプ」の混合水栓です。それぞれ、使われている部品が違うため、水漏れの原因なども変わってきます。

シングルレバータイプの混合水栓

シングルレバータイプの水漏れの場合は、主にバルブカートリッジの劣化や故障などが原因のことが多いです。バルブカートリッジは主に、水温の調整を行っており、シングルレバータイプの混合水栓の胴体部分に入っています。そのため、混合水栓の根本部分やレバーのつなぎ目から水が漏れている場合はバルブカートリッジが原因の可能性が高いです。ただし、必ずしもバルブカートリッジが原因とは限らず、ゴムパッキンの経年劣化や取り付けが緩くなっているといった可能性もあります。

ハンドルタイプの混合水栓

ハンドルを捻って出すタイプの混合水栓の水漏れの場合、よくあるのがハンドル部分のゴムパッキンの劣化が原因のことが多いです。ハンドルタイプの混合水栓は、シングルレバータイプよりも構造が比較的単純なため、初心者の方でも自分でパッキンの交換がしやすいかと思います。

もしも、キッチンの蛇口が”ぐらぐらガタつく”という場合はパッキンの劣化ではなく別の原因が考えられます。

下記記事に、キッチンの蛇口がぐらつく場合の対処方法をまとめています。心当たりのある人は、チェックしてみてください。

関連記事:キッチン・台所の蛇口が『ぐらぐらガタつく原因と修理方法』

洗面所の蛇口の種類と水漏れ原因

洗面所の蛇口の場合も、キッチンの蛇口と同じように大きく分けてシングルレバータイプとハンドルタイプの混合水栓に分けることができます。

シングルレバータイプの混合水栓

洗面台の種類にもよりますが、水が出る吐水口とレバーが分かれているセパレートタイプのものとキッチンのようにレバーと吐水口が一体型になっているものがあります。どちらの場合も、レバーや根本からの水漏れの場合バルブカートリッジが原因のことが多いです。ただし、必ずというわけではなくパッキンの劣化や接続が緩くなっている可能性もあります。また、洗面所の蛇口でよくある『シャワーヘッド』がついているタイプの場合は、このシャワーヘッド内部のパッキンが劣化していることもあります。

ハンドルタイプの混合水栓

比較的、古いお家になるとハンドルタイプの混合水栓を使っていることもあるかと思います。この場合は、キッチンのハンドルタイプの混合水栓と同じくゴムパッキンの経年劣化が原因のことが多いです。

浴室の蛇口の種類と水漏れ原因

浴室でよく使われている蛇口の種類は、大きく2種類に分けることができます。浴槽の縁などに取り付けられている台付きタイプの混合水栓と、壁に穴を空けて取り付けられている壁付きタイプの混合水栓があります。どちらも、シャワーがついているタイプと吐水口のみ部分があります。

台付きタイプの混合水洗

浴槽の縁部分についている台付きタイプの混合水洗には、シャワーが一緒に付いているタイプ、レバーのみ付いているタイプ、ハンドルのみ付いているタイプがあります。台付きタイプの付け根部分やシャワーホースの根本部分から水漏れがしている場合は、ナットが緩んでいるもしくは、パッキンが劣化しているといった可能性が考えられます。

壁付きタイプの混合水洗

浴槽とは別に、壁に取り付けられているタイプの蛇口です。台付きと同じように、レバーやハンドルのみのタイプとシャワーが一緒に取り付けられているタイプがあります。壁付のものも台付きのものと同じように、根本部分やシャワーホースの接続部分から水漏れがしている場合は、ナットの緩みもしくはパッキンの劣化などが原因の可能性があります。

蛇口の水漏れの修理方法

先ほど蛇口の種類や水漏れの原因についてご紹介させていただきましたが、今度は水漏れの修理方法についてご紹介させていただきます。今回紹介する修理方法は、蛇口の部品の一部で交換が可能な「ゴムパッキン」「ケレップ(コマ)」「カートリッジ」に問題があって水漏れが起こっている場合に有効な方法です。

自分で交換する場合と業者に依頼する場合の料金比較

自分で交換する場合と業者に依頼する場合、かかる費用などが違ってきます。自分で交換する場合にかかる費用は、「プライヤーなどの工具代と交換する部品代」です。パッキンやコマ代などは安いもので済めば、1000円以内に納まることもあります。しかし、プライヤーなどの工具は、低価格帯のものでも700~1500円かかり、サイズなどが適したものをそろえなくてはいけません。そういった道具代と部品代をあわせると、水のトラブルに対応する業者に依頼した場合と費用が変わらなかったということもありえます。

業者に依頼する場合は、地域や業者によって異なりますが5,000円~10,000円程度が多いようです。ただし、同じ料金でも業者によってパッキンのみの単純な交換のみの場合と、スピンドルやケレップ(コマ)の交換とグリスなどのメンテナンス+アフターフォロー付きなど、作業内容が大きく異なるため、見積りをもらったらどういった作業をするのかを細かく聞いておくといいでしょう。パッキンのみの交換で出張費や作業費が割高に感じる場合は、スピンドルやケレップ(コマ)の交換なども一緒にお願いするといいかもしれません。

関連記事:水道修理業者の選び方!失敗しない人が知っている基本知識とは!

蛇口修理の前に応急処置

蛇口の修理を行う前に、各作業前に行う共通の応急処置の方法をご紹介いたします。まず、蛇口の交換など水道関連の作業をする際は、必ず止水栓を閉めるようにしましょう。止水栓を閉めないで作業を行うと、水が溢れてしまいます。

止水栓のある場所

止水栓は、キッチンやトイレ、洗面所(洗面台)などで設置されている場所が変わってきます。キッチンや洗面台などの場合は、シンクや台の下側の配管部分に別途捻られる蛇口などが付いていることがあります。これが、止水栓です。トイレなどの場合は、タンクの横などに配管が伸びており、そこにマイナスドライバーを差し込める溝があれば、恐らくそれが止水栓です。

ただし、キッチンやトイレ、洗面所(洗面台)は各家庭によって様々な種類のものが取り付けられており、必ずしも目に付く場所に取り付けられているわけではありません。もしも、各止水栓の場所が分からない場合は、家の外(水道メーターのある場所)にある大元の止水栓を止めるようにしましょう。自分の家の止水栓がどこにあるか分からない人は、メーターを確認に来る水道局の人などが来た際に教えてもらっておくといいでしょう。

蛇口のゴムパッキンの交換方法

ハンドルタイプの水漏れ原因で多い、ゴムパッキンの劣化は、新しいゴムパッキンに交換することで解決することができます。ゴムパッキンには、色々なサイズがあり、必ず交換するものと同じサイズのパッキンを用意する必要があります。

ゴムパッキン自体はネットでも購入できますが、不安な場合はゴムパッキンを取り外してホームセンターなどで実物と見比べて同じものを買うといいでしょう。

ゴムパッキンとは?

ゴムパッキンは、金属の部品の間にできる隙間を埋めてくれるゴム製の部品のことです。ゴムが劣化すると、弾性がなくなり部品をきつく締めても隙間が空いてしまい、そこから水が漏れてくることがあります。消耗品のため、定期的に交換する必要があります。交換をする際は、パッキン単体ではなく、スピンドルやケレップ(コマ)も一緒に交換する人が多いかと思います。

スピンドルやケレップ(コマ)とは?

スピンドルとは、蛇口のハンドルを捻ると上に上がる部品のことを言います。また、ケレップ(コマ)は、吐水口へ水が出るのを直接せき止めている部品で、スピンドルを上げることで一緒に上に上がり、水が出るようになります。スピンドルの上にはハンドル部分から水が漏れないようにパッキンがあり、ケレップ(コマ)にも水を止められるようにパッキンが取り付けられています。

スピンドルの場合は、パッキンとスピンドルが別々で売られていることが多く種類にもよりますが、セットの場合は400~800円位、パッキンのみの場合は300~500円位のものがあります。ケレップ(コマ)の場合も、単体であったりセットで売られていることがありセットの場合は400~800円位、単体の場合は200~500円位のものがあります。ただし、サイズや種類がきちんと適していないと交換できないので購入する際は注意しましょう。

必要な道具

交換するパッキン、ドライバー(プラス・マイナス蛇口にあったもの)、ウォーターポンププライヤー。

注意点

交換するパッキンは、交換箇所にあったサイズのものを購入しましょう。また、作業前に必ず止水栓を止めるようにしましょう。

手順

1.ハンドル部分を分解する

ハンドル部分のネジをドライバーを使って分解し、カバーやハンドルを取り外します。

2.カバーナットを取り外す

ウォーターポンプフライヤーを使って、蛇口の根元のカバーナットを取り外します。

3.細かい部品を交換する

スピンドルやケレップ(コマ)やパッキンなど、交換したい箇所の部品を交換します。

4.逆の手順で組み立て直す

部品の交換が完了したら、分解と逆の手順で組み立て直します。

5.確認

水道の止水栓を開いて、きちんと水が出るか、蛇口を締めて水が漏れないか確認して完了です。

文章ではわかりづらいと思いますので、わかりやすい動画もご紹介したいと思います。(※YouTubeのDCMチャンネルの動画です。)

蛇口のバルブカートリッジの交換方法

シングルレバータイプなどの混合水栓の水漏れ原因で多い、バルブカートリッジの故障の場合は、カートリッジを交換することで解消することができます。ハンドルタイプのパッキンの交換に比べて、シングルレバータイプは使われている部品が多く、メーカーによって構造が多種多様なため全くの初心者の人だと交換するのが難しいかもしれません。

バルブカートリッジとは?

バルブカートリッジとは、お湯と水の出る量を調整して、水温などを調節して出すことができる部品です。レバーを左右に動かすことで、バルブカートリッジ内のディスクが動き、水を多く出したり、お湯を多く出したりすることができます。また、レバーを動かすことで水を止めたり出したりする切り替えを行っているため、バルブカートリッジが劣化・故障すると水漏れが起こります。

必要な道具

交換するバルブカートリッジ、プライヤー、ドライバー。

注意点

交換するバルブカートリッジは、元々使用していたものと同じものまたは、代替品を用意しましょう。作業前には、必ず止水栓を締めて水が出ないようにしておきましょう。

また、シングルレバータイプの混合水栓は、ハンドルタイプと違ってメーカーや品番によって構造が異なるため、今回紹介する方法ではカートリッジの交換ができない場合もあります。DIYなどに慣れている人などは構造を理解して自分で進めることもできるかもしれませんが、慣れていない場合は作業を中止して業者に依頼することをおすすめいたします。

手順

1.レバーを取り外す

レバーにフタが付いている場合は、フタを取り外しておきます。フタを取り外してネジがある場合はドライバーを使ってネジを外すと、レバーが取り外せるようになります。フタなどが付いていない場合は、軽くレバーを上に引っ張ると取り外すことができます。

2.カートリッジを取り出す

レバーを取ると、カートリッジを固定している部品が出てきます。プライヤーを使って取り外すと、カートリッジが取り出せるようになります。

3.新しいカートリッジを入れる

古いカートリッジが取り出せたら、新しいカートリッジを入れます。後は、逆の手順で組み立て直します。

4.確認

部品を全て組み立て直せたら、止水栓を開けて水が漏れないか確認して完了です。

文章ではわかりづらいと思いますので、わかりやすい動画もご紹介したいと思います。(※YouTube上のKVKチャンネルの動画です。)

蛇口の水漏れ修理と水道料金について

蛇口の水漏れ修理を検討されている方の中には、水道料金が急に上がってしまったのがきっかけで修理をしようと考えられている方もいらっしゃるかと思います。

水道局の方が水道の検針に来た際に、前月よりも明らかに水道の使用量が多い場合は、水漏れしているかもしれないと教えてくれる場合があります。その際に、蛇口からの水漏れのせいで料金が上がっているのではないかと思うかもしれませんが、もしも水道料金が2倍、3倍になっている場合は、蛇口以外の配管などからの水漏れを疑った方がいいでしょう。

蛇口から水がポタポタ漏れている場合の水道料金

先ほども出てきましたが、『蛇口から水がポタポタ漏れていたから』といって、急に水道料金が2倍、3倍になることはないかと思います。1秒間に1滴のペースで水が漏れていた場合でも、住んでいる地域などによって変わりますが、月で200~400円程度だと言われています。

水道局の方から水漏れしていると言われた場合は、こういった『蛇口からポタポタ』もれているというよりも、「配管の一部から水が漏れている」「目に見えない部分で水が大量に漏れている」「トイレのタンクが故障して水が流れ続けている」といったことで指摘されることが多いかと思います。自分で調べても分からない場合は、水漏れ調査などを業者などに依頼して調べることをおすすめいたします。

関連記事:水道蛇口の交換費用と料金相場

水道工事などの助成金

住んでいる自治体によっては、水道工事などを行う際に助成金が出る自治体もあります。大規模な工事になると、10万円以上になることもあります。助成金があれば、自己負担を軽減することもできるため、工事前に各自治体の相談窓口に連絡して確認してみるといいでしょう。

まとめ

今回は、蛇口の水漏れの原因や修理方法、水道料金などについてご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。ハンドルタイプの水漏れなどの場合は、初めての人でも比較的簡単に修理ができるかと思います。パッキンなどは消耗品なので、自分で交換できるようになると今後のメンテナンス費用の節約にも繋がるかと思います。シングルレバータイプもDIYなどが得意な人であれば簡単かもしれませんが、メーカーや品番によって構造が違っているので出来ないと思った場合は作業を中止して、業者に依頼されることをおすすめいたします。