さらに条件を追加する
LIBRARY

猫砂がトイレにつまった時の対処法「塩はNG」の理由とは?

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
猫砂がトイレにつまった時の対処法「塩はNG」の理由とは?

説明 トイレに猫の砂を流したら水が流れていかない!?こんなトラブルでお困りではありませんか?水の生活救急車でもトイレにペット用トイレ砂を流したところ詰まってしまったという修理のご依頼も少なくはありません。そこで今回は猫砂を流してトイレを詰まらせてしまった場合の対処方法と猫砂のオススメの処理方法をご紹介します。

猫砂がトイレにつまって困っていませんか?

猫砂がトイレにつまると、水が流れなくなるだけでなく最悪の場合は逆流してくることもあります。

生活救急車にも、「ペットのトイレ砂を流したらトイレがつまっちゃって・・・」という依頼はよくいただきます。

実は、軽度のトイレ砂つまりであれば自分で修理することも可能です。

そこで今回は、猫砂やペットのトイレ砂がトイレにつまる原因やつまったときの対処方法などについてご紹介したいと思います。


猫砂がトイレにつまる理由

猫砂がトイレを詰まらせる原因としては猫砂の特性に原因があります。

猫砂はオシッコなど水分を含むと固まるタイプが多く、固めるための粘性を持つ物質を素材や原料としています。トイレの水にも反応するので粘土のように固まることになりますが、一度に大量に流す事でより大きな塊となってしまいます。

そうなるとトイレの排水口や排水管の中でサイズオーバーになり引っかかってしまいます。このような現象が起こって水が流れなくなりトイレの詰まりを引き起こしてしまいます。


水に流せる猫砂でもトイレにつまることがある

「水・トイレに流せる猫砂」のような製品を使っていても、条件によってはトイレが詰まってしまうことがあります。


  • 【トイレにつまる条件】
  • ・もともとの配管のサイズが狭い
  • ・経年劣化で配管の勾配がゆるくなっている
  • ・毛が絡まった糞を取り除けていなかった
  • ・別のものがトイレにつまりかけていた

上記のような条件が揃うことで、トイレに流せるタイプの猫砂でも詰まりが起きてしまうことがあります。

そのため、なるべく猫砂はトイレに流さずに、ゴミ袋に集めて可燃ゴミの日に出すのが安心です。


タンクレス・節水型トイレは猫砂がつまりやすい

タンクレス・節水型トイレを使っている場合は、通常のタンク式のトイレと比べて猫砂がつまりやすい傾向があります。

とくに、普段の使用中からつまりが頻繁に起こるという人の場合は、トイレに流せるタイプの猫砂であっても流さない方が安心です。


>>>タンクレストイレで水が流れない原因とは!


猫砂がトイレにつまったときの対処法

猫砂を詰まらせてしまった場合でも、待っていれば少しずつ水が引いていくような軽度の症状であればご自分でも直せる場合があります。

ここでは、自分でできる対処法についてご紹介いたします。


猫砂詰まりを直す前にやっておくこと

前準備として床が濡れてしまった場合はタオルなどで拭いておき、ビニールシートを敷いておきます。

そしてバケツを用意して便器の中で浮いている猫砂は取り除きましょう。水位が高い場合は猫砂をすくうときに汚水がこぼれてしまう可能性がありますので、予めある程度汚水をバケツに移しておく必要があります。

このときに使うオススメの道具として灯油ポンプがあるとあまり床に汚水をこぼすことなくバケツに水を移すことができます。




猫砂がつまったときに塩を使わない方がいい理由

猫砂がトイレにつまった際に、「塩を入れるといい」という話を聞いたことはありませんか?

塩を入れることで、猫砂が水を吸って膨張するのを抑え、流れやすくすることが期待できます。

ただ、トイレの排水管に塩分が残ると排水管が劣化してしまうので、あまり使わない方がいいでしょう。


猫砂がトイレにつまったときはラバーカップを使う

猫砂がトイレにつまったときは、ラバーカップを使って水に溶け切らなかった猫砂を引っ張り出してみましょう。

ラバーカップを使う場合は、透明なゴミ袋にラバーカップの持ち手部分だけが通せるぐらいの穴を開けて、ラバーカップを通して便器にフタをするようにゴミ袋を被せましょう。


ラバーカップを使うときのコツ

トイレの排水口に隙間なくすっぽりと収まるようにラバーカップをゆっくりと押し付けます。後は勢いよく引っ張るだけです。3~4回程試してみて改善されないようであれば、業者に相談されることをオススメします。

また、下記ページではラバーカップが家にないときの代用方法やより強力なトイレつまりの解消方法をご紹介していますので、気になる方はチェックしてみてください。


>>>トイレつまりの直し方「自分でできる8つの修理法」




猫砂によるトイレつまりの修理を業者に依頼した場合の料金

業者に修理を依頼する際にいちばん気になるのが修理費用だと思います。大体の料金が分かっていれば、業者に依頼しやすいと思います。

そこでここでは、生活救急車が実際に対応した事例をいくつかご紹介します。


生活救急車でトイレの猫砂つまりを修理した料金事例

※料金事例は、作業当時の料金をそのまま掲載しております。料金体系・税率が現在と異なることもございますので予めご了承ください。


トイレの水つまり除去

  • 項目内容 料金(税込)
  • 基本料金 4,400円
  • 詰まり除去 高圧ポンプ使用 17,600円
  • 合計 22,000円

>>>事例の詳細はこちら


トイレの水詰まり除去

  • 項目内容 料金(税込)
  • 基本料金 4,400円
  • トイレつまり除去 タンク脱着 10,300円
  • トイレつまり除去 便器脱着 10,300円
  • 合計 25,000円

>>>事例の詳細はこちら


トイレの水詰まり除去 

  • 項目内容 料金(税込)
  • 基本料金 4,400円
  • トイレつまり除去 トーラー 28,600円
  • 合計 33,000円

>>>事例の詳細はこちら


猫砂をトイレに流さずに処理する方法

できれば猫砂はトイレに流さずに処理するのがおすすめですが、「そもそも、どうやって捨てたらいいのかわからない」という人もいるかと思います。

そこでここでは、猫砂をトイレに流さずに処理する方法についてご紹介いたします。


猫砂を可燃ゴミとして捨てる場合

市区町村で定められた指定のごみ袋に入れて指定日に捨てるようにしましょう。

注意点としてはフンを入れた袋はしっかりと密閉しておき、万が一破れてしまってもいいように2重にしておき、ゴミ出しの指定日の朝に出します。

ビニール袋だけでは臭いが漏れることがありますので、指定日まではホームセンターなどでも購入できるゴミ収集ボックスの中へ保管しておくのがオススメです。

フンを直接入れておく袋はペット用の臭いにくい袋を使ったり、専用の消臭剤を入れておくのもおすすめです。


猫砂がトイレにつまった時の対処法まとめ

ペット用のトイレである猫砂は処理の作業自体は簡単ですが、注意事項を守らなければトイレつまりなど重大なトラブルになりかねてしまいます。

市区町村によってはゴミとして処理ができず、トイレに流すことを推奨している地域もあります。

どうしても猫砂をトイレに流す必要がある場合は、面倒だからという理由で一度に流すのではなく、注意事項に書かれているように少しずつ流していくようにしましょう。

生活救急車では、猫砂によるトイレつまりの修理も承っておりますので、お困りの際はお気軽にお問合せください。

ユーザー評価:  4.4 (6件)

とても詳しく分かりやすくて良かったです。

非常に役に立ちます。