さらに条件を追加する
LIBRARY

口コミ評判の良い格安鍵屋さん選び方!鍵交換・鍵開けで気をつけるこ…

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

口コミ評判の良い格安鍵屋さん選び方!鍵交換・鍵開けで気をつけること

説明 鍵業界で一番多いトラブルは、ぼったくりです。特に鍵をなくして鍵開けを依頼する際は急いでいるため、冷静さを失い安易に鍵屋さんを選んでしまうケースがあります。急いでいるときこそ鍵屋選びは慎重に行いたいものですね。こちらのページでは、ぼったくり鍵屋の手口、信頼できる鍵屋さんの選び方を中心に鍵交換や鍵開けを格安で行えるコツなども紹介していきます。

鍵屋さんを口コミや評判で選ぶ際には、様々な注意点があります。

今すぐ鍵を開けてほしい、防犯性の高い鍵に交換してほしいなど鍵屋さんを探している方で、できるだけ安い料金で安心できる鍵屋さんに作業をお願いしたいと考える方は多いと思います。そんなときに頼りになるのが実際に利用した方の口コミや評判になりますが、最近では自社の社員が口コミや評判を書いて掲載したり、お金を払って口コミや評判を専門業者に書いてもらうステマ(ステルスマーケティング)というものがあったりもするので、口コミや評判を真に受けて安易に鍵屋さんを選ぶのは危険です。

ぼったくり鍵屋の手口

鍵業界には定価というものが無く、価格設定も鍵屋さんにとって全然違います。また、料金の中には部品代以外に作業費や出張費が入っているケースがほとんどです。鍵屋さんの中には、お客さんが緊急で急いでいることや定価がないことをいいことに、作業費などを上乗せして高額な料金を請求する悪徳鍵屋もいます。悪徳鍵屋からぼったくり被害に遭わないためにも、悪徳鍵屋のぼったくりの手口を紹介していきます。

電話受付で料金の詳細を言わない

鍵屋さんに作業を依頼する際、主に電話やメールで依頼すると思うのですが、鍵屋の中には、実際の料金よりもかなり低い料金を伝えて、まずは作業員を現場に向かわせるという案内をするところがあります。作業員が現場で見積りを行い、改めて料金を確認してみると受付で案内を受けた料金よりも料金がかなり高くなっているパターンです。ただ、急いで鍵交換をしてほしい場合はついお願いしてしまいがちですし、見積りをしてもらった後では多少断りづらかったりもします。お客様心理を巧妙に利用した悪質な手法です。

広告用の低料金表示

インターネットで鍵屋さんを検索した場合、チェックする項目の一つに料金表があります。鍵屋さんは、”どこよりも安く”などのキャッチフレーズを載せて自社を選んでもらえるようにサイトでアピールを行います。料金で他社よりも優位性を持たせるために、表示のテクニックを使い(例えば8,000円ではなく8,000円~と表示してあったり、小さな注釈で地域によって料金は異なりますと記載するなど)実際の料金より安く提示している鍵屋もあるので注意が必要です。また、広告では低料金をうたっておいてまずは電話をかけてもらい、それよりも高い料金で案内するという悪質な鍵屋もいますので注意して下さい。

キャンセル料の有無

鍵屋さんに作業をお願いし、作業員に現場で見積りをとってもらったけれど、料金に納得できずにキャンセルをしたいと思うことがあると思います。サイトにもキャンセル料無料と書いてあるのに、作業員が理由をつけてキャンセル料を請求、お客さんが料金を支払うまで帰らないという悪質なやり方をする鍵屋もいます。必ず作業を依頼する前に受付でキャンセル料がかかるかを確認し、キャンセル料無料と案内された場合は証拠となる内容の広告文や表示を確認できるようにしておきましょう。

破壊して鍵を交換する手口

鍵開けを依頼した際に、シリンダーが壊れてしまっている場合や防犯シリンダーが設置してある場合は、鍵を壊さずにピッキング開錠することはできません。こういった場合には、鍵を開けるためにシリンダーや錠前を壊さなければなりません。優良な鍵屋さんの場合は、シリンダー以外の場所から鍵を開けられるか調査をし、鍵開け方法についてお客さんに相談してくれますが、悪徳業者の場合ですと、相談もなくシリンダーや錠前を壊しだすケースがあります。鍵屋からしてみれば鍵を壊す方が確実に開けられますし、壊した鍵は使えなくなるため鍵交換が必要になり、その分の料金を請求することができるからです。

信頼できる鍵屋さんの選び方 3つのポイント

料金表について受付で説明してくれる

しっかりとした料金表がある鍵屋さんに連絡すれば、同じ作業内容で料金が大きく変わることはありません。またお客さんから料金について質問された場合、概算で料金について説明できるはずです。逆に料金について聞かれているのに、「詳しいことは現場の作業員が説明します」ですと、概算でも料金が確認できないのかと不信感を感じます。料金の質問に対してちゃんと説明が出来る鍵屋さんであれば、現場での見積もりに対して大きな相違はなく、安心してご利用になれると思います。

拠点数、実績数が多い鍵屋さん

鍵屋さんというのは、個人経営から大手企業までたくさんの会社・業者が運営されている業界になります。そのなかで長年お客さんからご利用され続けるには、やはり安心と信頼が重要になってきます。拠点数や実績数が多いということは、お客さんにより長く信頼されてきて、その街の鍵屋さんとして必要とされてきたからという実績の一つでもあります。また、実績数が多い会社ですと、難解な鍵開け・鍵交換・鍵作成鍵修理などの事例を社内ネットワークで共有し、自社のノウハウとしているので様々なトラブルに対応できますし、在庫も多く持っている場合が多く、様々な鍵の種類にも対応することができます。

出張・キャンセル・見積り料が無料かどうか

鍵のトラブルというのは、鍵や鍵穴の部品の種類、作業内容によって料金がかわってきます。実際に作業員が現場で見積りをとらないと正確な料金がでないというのが実情です。お客さんは見積りの料金や内容を確認し、作業を依頼するかどうかを判断するかと思いますが、料金や内容によってはキャンセルしたい場合もあるかと思います。見積りやキャンセルの料金が有料ですと、依頼を取りやめたのに料金が発生してしまうケースが起こります。見積りを無料でとってくれてキャンセルしても、なお親切に接してくれる鍵屋さんは安心できる会社である場合が多いでしょう。

鍵屋さんが行っているサービス

鍵開け

住宅の鍵、車の鍵開け、バイクの鍵、金庫の鍵開け、机の鍵など、様々な箇所の鍵を開けることができます。また、鍵の状態や種類に限らず、幅広い種類の鍵を開けることが可能な鍵屋さんも多くあります。鍵開けで最も多い相談内容は、住宅の鍵開けです。鍵を落としたことに気付かずに家の前で慌てて電話をする方も多くいると思いますが、最短10~20分で駆けつけてくれる鍵屋さんもあるので緊急に駆けつけてほしいときなどは便利です。

鍵交換

住宅の鍵が回しづらかったり、抜き差ししにくいので新しい鍵に交換したい、防犯性の高い鍵に交換したいなど、鍵屋さんに鍵交換をお願いしたい方もいらっしゃるかと思います。鍵屋さんは、鍵交換の技術はもちろん知識も豊富にあるため、お客さんのご希望に合った鍵に交換することができます。また多くの在庫を常備している鍵屋さんは、お客さんのご希望の鍵にその場で交換することもできます。防犯性の高いディンプルキーや業務用金庫のシリンダー交換やダイヤル番号の変更等、幅広い鍵にも対応しているので、鍵交換を考えの際には、一度鍵屋さんに相談するのもいいでしょう。(関連記事=>『防犯性の高い鍵比較!玄関ドア鍵交換おすすめはディンプルキー!』)

鍵作成

鍵を失くしてしまって家の鍵や金庫が開けられない、鍵が曲がってしまって鍵穴に入らないなどのトラブルで鍵穴や錠前のトラブルではない場合、鍵一式を交換しなくても合鍵の作成を鍵屋さんにお願いしたい方もみえるかと思います。優良な鍵屋さんは鍵がなくても鍵穴を見て新しい鍵を作成することができます。鍵穴を見ることで、取り付けられてる鍵の構造を理解し、それを基に新しい鍵を作成することができるからです。合鍵の作成をお願いしたい方の中には、夜遅く家に帰宅したら家に入れないといった急なトラブルに遭う方もみえるかと思います。そんな急なトラブルにも対応できるように全国年中無休で受付している鍵屋さんもあるので、紛失キーの作成・修理をお願いしたい方には鍵屋さんがおすすめです。

鍵修理

鍵は毎日使う場所ほど鍵本体への負担が大きくなり、鍵が折れてしまったり、鍵の回りが悪くなったりします。玄関の鍵や車やバイクの鍵など、毎日使っていると、急に鍵が回らなくなったり抜き差ししにくくなったりする場合もあります。無理に回したり抜き差しすると錠前が壊れる原因になります。鍵屋さんではこうした鍵の修理も行っています。鍵の修理で大事なことは、鍵や鍵穴に負担をかけずに修理を行うことです。負担をかけないためには、鍵の構造を理解した上で正しい手順で分解を行い、メンテナンスを行った上で組み立て調整することが必要になります。金庫の錠やロッカーの鍵など比較的小型の鍵も修正できる鍵屋さんもありますので、一度鍵屋さんに相談するのもいいでしょう。(関連記事=>『玄関の鍵が回らない!鍵屋さんが教える修理方法!原因 鍵穴洗浄』『家の鍵が折れた!玄関の鍵穴で中折れ鍵取り出す前に!原因と料金』『玄関の鍵が抜けない!挿しにくい!鍵穴ひっかかる!潤滑油の効果』『鍵穴異物除去!詰まり!接着剤で悪戯!木の枝や針金が抜けない!』)

鍵取付

最近、一般家庭でも防犯意識が高まり、どの家庭でも1ドア2ロックが当たり前に備わるようになり、防犯の基本となってきました。空き巣被害に遭わないためにも、補助錠の取り付けが必要になります。補助錠には、普通の鍵から、指紋を認証するタイプのもの、カードロックタイプのものなど様々なタイプがあり、お客さんの希望に沿った鍵を取り付けることが可能です。また鍵のタイプたけでなく、取り付ける位置も、利便性を損なわない位置に取り付けてもらうことができます。取り付けるドアの形状が特殊な場合でも、ズレや隙間のない鍵の取り付けも鍵屋さんで行ってもらえます。住宅の玄関以外にも、鍵を取り付けることができるので、防犯の強化をご検討の方は一度鍵屋さんに相談するのもいいでしょう。(関連記事=>『電子錠後付け!玄関ドアの鍵 キーレス タッチキー 料金相場』)

高額になりやすい鍵サービス

金庫の鍵開け

手提げ金庫やキャッシュボックスなど、簡易的な鍵のものは比較的安価に開錠料金になるはずです。しかし、テンキータイプであったり、業務用金庫など高度なセキュリティと頑丈さをもつ金庫になってくると費用がかかってきます。番号を忘れたなら思い出せるようメモを探し、それでも開けられない場合は、しっかり見積もりをとって検討するようにしましょう。(関連記事=>『金庫鍵開け!開かない ダイヤル番号忘れた 金庫を開ける開錠業者』)

ディンプルキー

最近、空き巣被害の対策や防犯を考えて新規でディンプルキーへ鍵交換を行う方が増えています。ディンプルキーは、表面に無数の凹みや刻みがあり、不規則に並んでいる特徴を持つ鍵です。防犯性の高いディンプルキーですが、高い防犯性能のためか従来の鍵よりも開けるのが困難なため、鍵屋さんにディンプルキーの鍵開けを依頼すると高額になる場合があります。

鍵交換

鍵をなくしてしまった場合や防犯性を高めたい場合などに鍵交換をお願いするかと思いますが、鍵屋さんに鍵交換をお願いした場合、作業員の作業費と出張費がかかってきます。通常の鍵(片面・両面にギザギザがあるタイプのもの)の場合で、10,000円~15,000円ほどが一般的です。また、防犯性の高いシリンダーやディンプルキー(鍵に穴が掘ってあるタイプ)の場合は作業も複雑になり作業費が上がるため、12,000円~20,000円ほどかかってきます。これに、シリンダーなどの部品代(10,000円~20,000円)がかかってくるので、合計するとけっこうな料金がかかってきます。また、プッシュプル錠やアンティーク錠になると部品代が25,000円~50,000円かかることがあるのでより高額になります。(関連記事=>『 玄関ドアの鍵交換!業者の料金相場はいくら?ディンプルキー等』『ディンプルキーシリンダー鍵交換料金費用!賃貸マンションも対応』)

車の鍵作成

車の鍵作成の依頼の中にイモビライザーの作成があります。イモビライザーとは車の盗難防止装置の事で、キーに埋め込まれているトランスポンダーと呼ばれるチップと車のコンピューターが一致してエンジンがかかるというしくみです。イモビライザーを交換するというのは、車のコンピューターを交換するという事になり高い技術が必要となるため、どうしても料金が高額になってしまいます。

鍵交換や鍵開けを安くするコツ

自分で鍵交換部品を揃える

鍵屋さんに鍵交換をお願いした場合、平均して10,000~15,000円ほどの作業費、出張費がかかってきます。これに部品代がかかってくるのですが、今では、ネットの様々な通販サイトを利用して自分で部品を購入することができますし、卸業者が直接ネットショップを経営している場合もありますので、簡単に格安価格で部品を購入することができます。部品は自分で揃えて作業は鍵屋さんにお願いすれば、その分安い料金で鍵交換を行うことができます。(関連記事=>『玄関ドアの鍵交換!鍵穴シリンダー変更方法 自分でDIYやり方』『【画像と名称】鍵交換!種類と選び方 玄関ドア 防犯性の高い鍵』)


kaba ace カバ エース (3250R シルバー MIWA 美和ロック TE LE LSP SWLSP FE用シリンダー)

※自分で部品や道具を購入する際は、サイズや種類間違いにご注意ください。

Amazonで確認する


キャンペーンを活用する

鍵屋さんによっては、WEBページ限定で割引キャンペーンを行っているところもあります。作業費から1,000円引きや鍵製品の割引券を出すなど、お得なキャンペーンを行っています。WEB検索で”鍵屋 割引”と検索すると、割引キャンペーンを行っている鍵屋さんのサイトが検索結果に表示されますので一度お試し下さい。ただし、激安をうたう業者ほど悪質なぼったくり業者である場合もあるため、注意しましょう。

無料見積りを活用する

鍵屋さんの中には、無料で見積りを行ってくれるところがあります。鍵穴の状態や鍵のタイプを受付時に伝えて概算の料金を出してもらっても、やはり作業員が実際に現場で見積りをとらないと正確な料金はわかりません。まずは無料で見積りをとってくれる鍵屋さんに見積りをお願いし料金や内容を確認してからお願いするかどうか決めるようにしましょう。また、他社の料金が気になる場合は、相見積りをとって比較するようにしましょう。

優良鍵屋さんのサービスの流れ

鍵交換や鍵開けを鍵屋さんにお願いしたい場合、まずは電話(またはメール)でお問い合わせをします。鍵屋さんによってはフリーダイヤルを設けていて通話料が無料なところもあります。受付(大手企業だとコールセンターを設けているところもあります)で概算の料金や作業員の到着時間などを確認します。内容に納得できれば、案内してもらった日時に作業員に来てもらいます。作業員が現場に到着し、実際の状況を確認した上で、見積りを提示します。見積りの料金や内容を確認し作業を依頼するかどうかを決めます。作業を依頼し作業終了後は、作業員立会いのもと現場確認を行い鍵が正常に動くことを確認します。全てチェックし問題がなければ、最後に料金のお支払いをします、鍵屋さんによってはクレジットカードを取り扱っているところもあります。

おすすめの鍵屋さん

基本的には料金が安くて早く駆けつけてくれる鍵屋さんに依頼したいと思うはずですが、他にも抑えておきたい点はあります。まずは出張・見積り・キャンセル料が無料のところです。特に鍵交換は現場で作業員が状況を確認し、お客さんの希望する鍵のタイプなどを確認してから実際に見積りをとってみないと正確な料金はわかりません。見積りをしてもらって内容に納得ができずキャンセルしたい場合、作業をお願いしないのに料金が発生したら気分が悪いですよね。こんなトラブルに遭わないためにも出張・見積り・キャンセル料が無料の鍵屋さんを選ぶようにしましょう。次に抑えておきたいポイントは、鍵屋さんの”実績数”です。鍵屋さんへの依頼は鍵交換だけではなく鍵開けや鍵取付、鍵作成など幅広くあります。鍵の種類もシリンダーの鍵から電子キーまで多種多様です。作業員は実績や社内で共有されている実績ノウハウを基に鍵についてお客さんに最適なご提案をしています。特に鍵は交換する際に的確な手順で交換しないと、動作不良を起こすことがあります。鍵交換は熟練したプロの作業員が行ったほうが正確なので、実績数の多い鍵屋さんに依頼すると安心して作業を任せることができます。

まとめ

ぼったくり鍵業者の手口や信頼できる鍵屋さんの選び方を中心に鍵交換や鍵開けを格安で行えるコツなどを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。鍵業界に定価がないことをいいことに、高額な料金を請求したりわざと鍵を壊して鍵交換の費用を請求する悪徳鍵屋もいたりします。鍵屋さんを選ぶ場合は、受付でちゃんとした説明をしてくれるところや拠点数、実績数が多い鍵屋さんを選ぶなどして、優良な鍵屋さんを選ぶようにしましょう。また、自分で鍵交換の部品を揃えたり、キャンペーンや無料見積りなどを活用し少しでも料金を抑えるようにしましょう 。

ユーザー評価:  4.3 (4件)

ネットで1番にあがっていたので何も分からず頼んでしまいました。 相場がわからないので、きちんとした業者に頼みたかったです。 あとの祭りでしたが……

優良な業者の選び方は、とても参考になりました。ありがとうございました。