さらに条件を追加する
LIBRARY

鍵屋の選び方!業者の口コミ評判に頼る人が失敗する理由とは

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

鍵屋の選び方!業者の口コミ評判に頼る人が失敗する理由とは

説明 鍵屋の選び方について、解説しています。よく言われる「地元の鍵屋」「愛想のいいおじさん」が話さない「仕事を得るために使っているお金のこと」についても、この記事でお話いたします。

「鍵屋を探しているけれど、何を基準にして選べばいいかわからない」

上記のようなことで、悩んでいませんか?

「鍵屋 選び方」で検索すると、色々なサイトが出てきますが、どこも同じようなことを言っているので余計に迷う方が出てくると思います。

そこで今回は、はじめて鍵屋を呼ぶという方に向けて、鍵屋の選び方や注意点などをご紹介します。

鍵屋の選び方で「失敗する」人が知らないこと

鍵屋は「格安でDIYしてくれるいいおじさん」ではなく、「お金をもらって対価として、適切なサービスを施すサービスマン」です。

サービスマンなので、仕事を得るために色んな場所でお金を使っていますが、「DIYおじさん」の方がイメージがいいので、お金のことはめったに話しません。

そこでここでは、一般の人が知らない「仕事を得るための色んな場所とお金」について紹介いたします。

口コミサイトは「広告費」が発生している

口コミランキング上位の鍵屋に注意

あなたは、口コミサイトを使っていますか?

サイトにもよりますが、口コミサイトのランキングでは、お金を払うと上位表示されるものがあります。

また、一見、第三者の口コミサイトに見えて、アフィリエイト報酬が発生する業者を上位に表示させたサイトも存在しており、「口コミサイトにお金を払った業者」が上位にくるような仕組みになっていたりします。

自分で口コミを投稿してすぐに掲載されないならスルー

「でも、口コミサイトは一般の人の口コミもあるでしょ?」と思った方は、自分で試しに口コミを投稿してみましょう。

自分で投稿した口コミがすぐに反映されない場合、サイト側で投稿がコントロールされています。

Googleマップの口コミでさえ、偽アカウントを作って自社の良い口コミを投稿したり、他社の嘘の口コミを投稿する業者もいるので要注意です。

口コミは、「現実の信頼できる知り合い」か「一度使ってよかった口コミサイト」の口コミ以外は信じない方がいいでしょう。

地元の鍵屋さんも大体地元以外やっている

地元の鍵屋は地元以外も対応している

「地元の鍵屋さんが安くて安心」という定番フレーズがありますが、人口が減少している今、「〇〇市のみ対応した鍵屋」というような鍵屋はほとんどありません。

大体が、「〇〇県の〇〇市~〇〇市」や「〇〇県と〇〇府」などのように、広範囲の地域をカバーしています(じゃないと仕事が足りないので)。

そして、広範囲から仕事を取るための「広告費」や「受付・作業員の人件費」が発生しますので、地元の業者なら広告費や人件費がかからないから安いというイメージは捨てたほうがいいでしょう。

地元かどうかよりも「見積り書」を確認!

最終決定は「見積り書」を確認してからにしましょう。

例えば、地元の小さな鍵屋と全国区の大きな鍵屋で料金が同じということはありえます。

料金が同じであれば、「感じの良さ」「受付や対応時間の長さ」などお金以外のところを比較して自分がいいと思う業者を選べば失敗する可能性は低いでしょう。

電話で確定料金が出ることはない

下記2つの理由から、電話で「〇〇円です!」といったように、確定料金が出ることはありません。

  • 【確定料金が出せない理由】
  • ・部品代は仕入れ状況などで変動しているため
  • ・追加作業があったときに業者が赤字になるため

たとえば、「シリンダー交換」といっても、通常の交換だけの作業で済む場合とストライクの位置調整や取り付け穴の拡張といった追加作業が発生する場合があります。

この追加作業は、現場のドアの状態と交換できる部品の種類によって異なるので、電話や写真では判別することができません。

鍵屋の選び方は見積と比較のみでOK!

「鍵屋の選び方」についてですが、実は、やることは2つだけです。

  • 【鍵屋選びでやること】
  • ・見積り書をもらう
  • ・見積り書を比較する

ここでは、上記2つのやり方についてご紹介します。

料金が心配なら「見積り無料」をはっきりさせる

「見積り書をもらう」ときですが、「見積り無料」であることをはっきりさせておきましょう。

  • 【電話受付での聞き方】
  • 「見積りだけで断っても、お金は一切発生しないんですよね?」

いまどきは、大体の業者が見積り無料でやっていますが、なかには見積りだけでお金が発生する業者もあるので上記のように確認しておきましょう。

また、心配な場合は、電話機の録音機能を使って会話を録音しておくと安心です。

見積り書の作業内容と料金で比較する

見積り書の比較についてですが、一例をご紹介します。

  • 【見積り書の比較ポイント】
  • 鍵をなくしたため、鍵交換の見積を取った場合。
  • 見積書A:35,000円 作業内容:シリンダー交換
  • 見積書B:40,000円 作業内容:錠前交換

「鍵をなくしただけなので、シリンダーのみを交換すればいい。だから、見積書Aが安くていい!」と思いませんか?

しかし、「錠前丸ごと交換して、シリンダーのみの交換と5,000円しか変わらないなら、10年以上前のものだし見積書Bで交換しておこうかな?」という人もいます。

金額が似ていても、「作業内容」が違うということはよくあることですので、見積書をもらったら作業内容も確認しておいたほうがいいでしょう。

作業内容が分からなければ業者に質問

見積り書に書かれた作業内容の意味がわからなければ、「見積りを出した業者」に直接聞いてみましょう。

ネットで単語の意味を調べてもいいですが、見積りを出した人によって単語の使い方が異なることもあるので、見積りを出した人に直接聞くのが安心です。

また、業者Aが出した見積もりを業者Bに「業者Aの見積りの、”ここ”ってどういう意味ですか?」と聞いても業者Bには分からないので、業者Aに直接聞きましょう。

3社見積り書を取れば相場がわかる

大体、3社見積り書を取れば、自分が依頼している作業の料金相場がわかるようになります。

「鍵を紛失して、夜遅い時間だし・・」というような場合でも、見積り無料の業者を3社同時に呼んでも業者側は気にしません。

たとえ、断った2社がムスッとしても、選んでくれた1社は味方をしてくれますので、急いでいる場合でも複数の見積り書を取って確認されることをおすすめします。

鍵屋の作業で高額になりやすい内容

見積りを取ったけれど、「え!こんなにするの!」というような見積りばかり集まった場合、「自分が呼んだ業者は全部ぼったくりだ!」と思うかもしれません。

鍵のトラブルは頻繁に遭遇するものではないので、料金を聞いて驚く人はたくさんいますが、その中でも高額になりやすい作業があります。

ここでは、鍵屋の作業で高額になりやすいものの一例をご紹介します。

車のイモビライザーキーの作成

イモビライザーキーの作成は高額

車のイモビライザーキー(合鍵ではエンジンがかからない鍵)の作成は、鍵屋の作業の中でもとくに高額になりやすい作業です。

というのも、イモビライザーキーを作るための機械が『車種ごとに』数十万~数百万円かかるためです。

よっぽど急いでいない限り、メーカーやディーラーに純正キーを注文されることをおすすめします。

特殊な金庫・高級車の鍵開け

特殊な金庫や高級車の鍵開けは高くなる

会社で使っている大型の業務用金庫や「いろはに」が刻印された古い金庫など、特殊な金庫の鍵開け(ダイヤル開錠)は通常の金庫の鍵開けよりも高額になります。

また、ベンツ・フェラーリ・アウディ・レクサスなど、高級車の鍵開けも「一般車よりも難しい鍵」が使われているので高額になります。

これらは、金額が高くなるだけでなく、「作業できる作業員」も限られてくるので、見積り時点で「私の技術力ではできません」と断られる可能性もあります。

鍵屋の選び方まとめ

鍵屋を選ぶときは、「複数の鍵屋から見積り書をもらう→見積り書の内容を比較する」のがおすすめです。

業者によって料金体系は異なるので、納得がいくまで色んな業者の見積りを見比べてみましょう。

生活救急車でも、お見積りは無料で対応していますので、料金をお知りになりたい場合は、無料の現地見積もりをご利用ください。

※自己修理のレクチャーや、他社作業の金額に関するお問合せは承っておりません。

ユーザー評価:  4.3 (13件)

正に鍵の紛失でネットから業者を探している時に夫がこの記事を見つけた。そして役に立った。

痒いところに手が届く内容で、鍵業界に疎い素人にも分かりやすく親切。

勉強になった。

先に読めばよかった

ネットで1番にあがっていたので何も分からず頼んでしまいました。 相場がわからないので、きちんとした業者に頼みたかったです。 あとの祭りでしたが……

優良な業者の選び方は、とても参考になりました。ありがとうございました。