さらに条件を追加する
LIBRARY

パソコンで画像編集をするには!

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
パソコンで画像編集をするには!

説明 写真を撮るのが趣味で、パソコンで写真などの画像を編集してみたいと思ったけど、なんだか難しくて保存するだけになっているという人はいませんか。確かに、ワードやエクセルに比べると画像編集は設定などが多くて難しいかもしれません。しかし、せっかくパソコンを買ったからには、画像編集に挑戦してみたいですよね。そこで今回は、パソコンで画像編集をする方法などについてご紹介したいと思います。

画像編集ソフトについて

パソコンで使える画像編集ソフトは、無料のものから有料のものまで様々あり、機能などもソフトによって変わってきます。下記によく使われている画像編集ソフトを一部ご紹介いたします。

Photoshop

Lightroomなどとセットで、月額980円(税別)という一番安いプランでPhotoshopを使うことができます(※2017/11/15調べ)。プロも使っているソフトのため、高機能・多機能できちんと使いこなすのには努力と時間が必要になります。

Photoshop Express Editor

最初に紹介したPhotoshopの無料版です。提供しているのは、同じAdobe社なので、機能は似ています。ただし、無料版のため使える機能は制限されており、例えば保存できる画像はJPEGのみ、読み込めるファイル形式もJPEG、PSD、RAWのみといった具合です。ブラウザ上で使えるため、インストールする必要がなく手軽に始められます。

FotoFlexer

こちらも、インストールの必要がないWeb上で動く画像編集方法です。画像のサイズ変更やトリミング、カラー調整といった操作ができます。

GIMP

Photoshopと同じくらいの機能が備わっているといわれているのに、無料の画像編集ソフトです。サイズ変更やトリミング、彩度の調整はもちろん、レイヤーの編集といったこともできます。

画像編集の操作について

画像編集ソフトによっては高機能・多機能すぎて、初めての人には使いこなせない機能があることがあります。そのため、初めの第一歩として覚えておきたい操作についてご紹介したいとおもいます。

サイズ変更

一番最初の画像編集は、サイズ変更という人も多いかと思います。画像編集ソフトに画像を読み込ませたら、画像を好きなサイズに変更させてみましょう。メールなどで、誰かに写真を送りたいけど、サイズが大きすぎて困っているという場合に使えます。

トリミング

写真の一部を切り取って、必要な部分のみを残す操作です。引きで写真を撮ったら、余計なものがいっぱい写ってしまったという場合に使えます。

明るさの調整

外で写真を撮った際に、タイミング悪く雲がかかって写真が暗くなってしまった場合、明るさを調節することで、ある程度修正が可能です。

彩度の調整

食べ物の写真をもっとおいしそうに見せたい、白黒にしてカッコよく見せたい、レトロな感じを出したいといった場合は、彩度を調整してみましょう。

文字や図形を入れる

文字ツールや図形ツールを使って、文字や図形などを入れることもできます。吹き出しなどを使って、喋っているような写真を作りたい場合に使ってみましょう。

まとめ

今回は、パソコンで画像編集をする際に使える画像編集ソフトや、初めて画像編集をする人が覚えておきたい操作についてご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。画像編集ソフトは、使うソフトによって操作方法などが大きく変わります。本格的な趣味として始めたいという人はPhotoshop、続くかどうか分からないけどとりあえずやってみたい場合は無料のソフトを使って、もっと色んなことをやってみたいと思ったらPhotoshopといった具合にソフトを選んでみるといいかもしれません。