さらに条件を追加する
LIBRARY

排水管からの水漏れで床下に漏水するのは本当?正しい対処法を紹介

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
タグ
排水管からの水漏れで床下に漏水するのは本当?正しい対処法を紹介

説明 排水管からの水漏れが起こって困っていませんか?水漏れは長時間放置していると床下へ漏水してしまう原因となることもあるのでなるべく早めに対処することが大切です。そこで今回は、排水管からの水漏れで床下に漏水してしまった際の対処法をご紹介します。

排水管からの水漏れが起こって困っていませんか?

突然床に水があふれてしまったときにどのように対処したらいいかわからず、時間をおいてしまう方もいらっしゃると思います。

ただ水漏れは長時間放置していると床下へ漏水してしまう原因となることもあるのでなるべく早めに対処することが大切です。

そこで今回は、排水管からの水漏れで床下に漏水してしまった際の対処法をご紹介します。


排水管から水漏れが起こると床下へ漏水することがある

ほとんどの水回り設備に設置されている『排水管』ですが、劣化などのさまざまな原因によって水漏れが発生することがあります。

漏れてきた水を長時間放置していると床下に染みて漏水してしまうこともあるため、発見次第早めに対応することがおすすめです。

ただ、応急処置を行うにあたって、ある程度の原因を特定できればより効果的に行うことができます。

そこでここでは、排水管から水漏れが起こる原因や水漏れを放置すると起こる被害についてご紹介します。


排水管から水漏れが起こる原因

排水管から水漏れが起こる原因

排水管から水漏れが起こる原因には、下記のようなものがあります。


  • 【排水管から水漏れが起こる原因】
  • ・接続部分のナットのゆるみ、パッキンの劣化
  • ・排水管本体の破損
  • ・排水管のつまり

排水管は長年使用することで徐々に接続部分のナットが緩んできたり、内部に取り付けられているパッキンが劣化して隙間から水漏れが起こる原因となります。

また洗面台やキッチンの排水管は収納棚に設置されていることも多く、物を出し入れする際にぶつけてしまって破損してしまうケースもあります。

さらにさまざまな汚れが混ざった排水を流すことで汚れが溜まってつまりが発生し、流れなくなった水が接続部分から染み出してしまうトラブルも起こりがちです。

床にあふれているだけなら後処理は簡単ですが、床下にまで漏水してしまうと床材の張替えなどが必要になるケースもあるので注意しましょう。


床下に設置してある排水管から水漏れすることもある

床下に設置してある排水管から水漏れすることもある

水を使っていないのに水回り設備の付近から水が流れる音がするという場合は、床下に設置されている排水管から水漏れが発生している可能性が考えられます。

排水管の耐用年数は40年程度といわれていますが、使用方法によっては汚れが溜まり、劣化が早まる可能性もあります。

床下の排水管で発生する水漏れは、ふだん目につかない位置にあることから発見が遅れて被害が広がりやすいという特徴があります。

少しでも異変を感じた場合は専門の業者に依頼して、水漏れが発生していないか調査を行ってもらうことがおすすめです。


床にシミや浮きが出てしまったら

床下の排水管で発生する水漏れはなかなかすぐに発見が難しい場合が多いため、床に症状が出て初めて気付くこともあります。

床にシミや浮きなどの症状が出てしまったときは、部分的に張替えや補修が必要になってしまう場合も多いです。

できるだけ修理範囲を広げないためにも、定期的に床に異常がないかチェックすることがおすすめです。


排水管からの水漏れを放置すると起こりうる床下の被害

排水管からの水漏れを放置すると起こりうる床下の被害

排水管からの水漏れを放置していると、下記のような二次被害につながる可能性も考えられます。


  • 【水漏れを放置すると起こりうる床下の被害】
  • ・カビの発生
  • ・建材の劣化
  • ・シロアリの発生
  • ・悪臭の発生

排水管から水漏れが起こることによって家の建材が湿った状態になり、カビが発生したり建材が劣化してしまう原因になります。

建材が腐ってしまうと、それをエサとするシロアリが発生することもあり、家の耐久性が下がってしまうため注意が必要です。

また排水管を流れる水はさまざまな汚れを含んでいるため、悪臭が発生する原因にもなります。


排水管からの水漏れで床下に漏水したときの対処法

排水管から水漏れが発生して、床下に漏水してしまったときは二次被害を防ぐためにも自分でできる限り処置を行っておくことがおすすめです。

ここでは、排水管からの水漏れで床下に漏水したときの対処法をご紹介します。


どこの排水管から水漏れしているか特定する

どこの排水管から水漏れしているか特定する

床に水があふれ出てきているときは、どこに原因があるのか特定すると応急処置が行いやすくなります。

床上の排水管から水漏れが起こっているときは破損していないか、ナットが緩んでいないかなど本体をよく確認してみましょう。

水を流してみてシンクや洗面ボウル、トイレの便器に水が溜まってしまい流れない場合はつまりが起こっている可能性が考えられます。

水の音がするけど床上には症状が現れていないときは床下の排水管トラブルが考えられるので専門業者に依頼して修理を行ってもらいましょう。


排水管から水漏れしているときの応急処置方法

排水管から水漏れしているときの応急処置方法

排水管から水漏れしているときに、そのままの状態で放置するとどんどん被害の範囲が広がってしまうため応急処置を行っておくことがおすすめです。

ここでは、排水管から水漏れしているときの応急処置方法をご紹介します。


  • 【排水管水漏れの応急処置方法】
  • ・自己融着テープで固定
  • ・バケツや洗面器で水を受ける

排水管が破損してしまっていて、破損箇所が特定できている場合は自己融着テープなど、防水素材のテープを巻くことで水漏れを止めることができます。

一方でどこから水漏れしているのかわからない、防水テープがすぐ準備できないという場合は、バケツや洗面器、タオルを使用して床に水が垂れないように保護しておくだけでも効果的です。

ただ上記の方法はあくまで応急処置となるため、早めにきちんと修理を行うことがおすすめです。


床にあふれた水の処理も忘れずに行う

水の量が多いと、床下にどんどん漏水してしまう原因になることがあります。

水が床にあふれてしまったときは自然乾燥ではなく、下記の手順を参考にしっかり掃除するようにしましょう。


  • 【床にあふれた水の処理手順】
  • 1.乾いた雑巾であふれた排水をきれいに拭き取る。
  • 2.窓を開けて風通しを良くし、しっかり乾燥させる。
  • 3.床が乾いたらアルコールスプレーを撒き、きれいな雑巾で乾拭きする。

排水にはさまざまな雑菌が混ざっているため、アルコールスプレーで除菌を行うとより衛生的です。


排水管から水漏れしているときの修理方法

排水管から水漏れしているときの修理方法

床下・床上の排水管を接続しているナットが緩んでいる場合は締め直す、パッキンが劣化しているようなら交換することで水漏れを止めることができます。

パッキンはゴム製のため、劣化すると弾力がなくなって硬くなったり、手で触ると黒く汚れが付くという特徴があります。これらの症状がみられる場合は新しいパッキンに交換しましょう。


>>>パッキンの交換方法はこちら

 

一方排水管本体が劣化、破損がみられる場合は全体的に交換することがおすすめです。排水管の交換は正しい部品を用意できれば初心者の方でも行うことができます。


>>>キッチンの排水管交換方法はこちら

 

>>>洗面台の排水管交換方法はこちら

 

排水管の劣化を防ぐためには定期的なメンテナンスがおすすめ

排水管の劣化を防ぐためには定期的なメンテナンスがおすすめ

日頃からたくさんの汚れが蓄積されている排水管は、他の水道設備よりも劣化が早い傾向にあります。

そのため定期的にメンテナンスを行い、できる限り清潔に保つことが水漏れ対策として効果的です。


  • 【排水管のメンテナンス方法】
  • ・液体パイプクリーナーで掃除
  • ・髪の毛や食品かす、油などを極力流さない
  • ・熱湯を流さない

排水管の掃除を手軽に行うことができるのが『液体パイプクリーナー』を使用した方法です。排水管に流し入れて、既定の時間置くだけの簡単な作業なので定期的に行っておくといいでしょう。

また排水管が汚れる主な原因は油です。油は冷えると固まって排水管の側面にこびり付き、食品かすや髪の毛などほかの汚れも巻き込んでしまいます。極力ゴミとして捨てるようにしましょう。

さらに排水管は熱湯に弱いという性質があるため、沸かしたお湯をそのまま流してしまうと破損することがあるので注意しましょう。

お湯を流すときは冷めてから、水道の水を流しながらなど工夫することで劣化を防ぐことができます。


排水管からの水漏れ修理を業者に依頼したときの費用

排水管からの水漏れは放置しておくとどんどん被害が大きくなる傾向にあるため、できるだけ早めに修理をすることがおすすめです。

ただ、業者に依頼するとなるとどのくらいの費用がかかるのかわからなくて依頼しにくいと思う方もいらっしゃると思います。

そこでここでは、排水管からの水漏れ修理を業者に依頼したときの費用をご紹介します。


生活救急車で排水管からの水漏れ修理を行った場合の料金事例

ここでは、生活救急車で排水管からの水漏れ修理を行った場合の費用事例をご紹介します。

※作業当時の料金のため、料金体系・税率が現在と異なる場合がございます。


屋内の漏水調査

押し入れの床下から漏れているような感じで濡れているとご相談をいただきました。漏水調査にて対応いたしました。


項目内容 料金(税込)
基本料金 4,400円
漏水調査 4,400円
合計 8,800円

※作業当時の料金の為、料金体系・税率が現在と異なる場合がございます。


>>>事例の詳細はこちら

 

洗面台のSトラップ交換

洗面台のSトラップ交換

洗面台の排水管から水が漏れるとのことで訪問しました。経年劣化によって配管のトラップ部がかなりさび付いて金属が薄くなっていたため、新しい配管に交換させていただきました。


項目内容 料金(税込)
洗面台Sトラップ交換 11,000円
MIYAKO 部品代 10,500円
合計 21,500円

※作業当時の料金の為、料金体系・税率が現在と異なる場合がございます。


>>>事例の詳細はこちら

 

台所の排水つまり除去

洗面台のSトラップ交換

台所の排水がつまり、水を使うと床下の排水管からあふれてきてしまうとご相談をいただきました。排水管内に油などの汚れが蓄積し、石灰化することで排水管をふさいでいることが原因でした。

屋外の下水管から高圧洗浄機で室内台所の排水管まで洗浄を行い、つまりを解消しました。


項目内容 料金(税込)
屋内 配管洗浄 高圧洗浄機使用 3mまで 55,000円
屋内 配管洗浄 高圧洗浄機使用 追加5m 16,500円
合計 71,500円

※作業当時の料金の為、料金体系・税率が現在と異なる場合がございます。


>>>事例の詳細はこちら

 

排水管からの水漏れで床下に漏水したときの対処法まとめ

今回は、排水管からの水漏れで床下に漏水したときの対処法をご紹介しました。

排水管はさまざまな原因で水漏れが発生することがあり、放置しておくと床下に漏水してしまう可能性もあるので注意が必要です。

また、床下に設置されている排水管も経年劣化などで水漏れが起こる可能性もあるため、異常を感じたら専門業者に調査を依頼することがおすすめです。

生活救急車でも床下の水漏れ調査や排水管の修理作業を承っております。現地でのお見積りからも対応しておりますので、お困りの場合はお気軽にお問い合わせください。


ユーザー評価:  4.0 (1件)