さらに条件を追加する
LIBRARY

トイレタンクのレバー修理・交換の費用・料金相場はいくら?事例をも…

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
タグ
トイレタンクのレバー修理・交換の費用・料金相場はいくら?事例をもとに解説

説明 トイレタンクのレバーの修理・交換費用を探していませんか?レバーの交換作業は自分でも行うことができますが、DIYが苦手な方は業者に依頼することが安心です。そこで今回は、トイレタンクのレバーの修理・交換費用を紹介します。

トイレタンクのレバーの修理・交換費用を探していませんか?

トイレタンクのレバーは劣化すると水が流せなくなってしまったり、水漏れが起こる原因となることがあります。

レバーの交換作業は自分でも行うことができますが、DIYが苦手な方は業者に依頼するのが安心です。

そこで今回は、トイレタンクのレバーの修理・交換費用を紹介します。


トイレタンクのレバー修理・交換の料金相場を紹介

トイレタンクのレバー修理・交換の料金相場を紹介

トイレタンクのレバーが故障してしまうと水が流せなくなったり、水漏れなどのトラブルが起こる原因となります。

トイレタンクのレバーの修理や交換はDIYでも行うことが可能ですが、作業を行ったことがなかったり、苦手な方は業者に依頼すると確実に直してもらうことができます。

ただ、業者に依頼するとなるとどのくらいの費用がかかるのか不安に思う方もいらっしゃると思います。

そこでここではまず、トイレタンクのレバーの修理を業者に依頼したときの費用をご紹介します。


トイレレバーの修理・交換を行った場合の費用事例

トイレレバーの修理・交換を行った場合の費用事例

ここでは、トイレレバーの修理・交換を行った場合の費用事例をご紹介します。

※作業当時の料金のため、料金体系・税率が現在と異なる場合がございます。


トイレのタンクレバー調整

トイレのレバーが取れそうな状態になっていたため、調整作業を行いました。


項目内容 料金(税込)
基本料金 4,400円
タンクレバー調整 軽作業 4,400円
合計 8,800円

※作業当時の料金の為、料金体系・税率が現在と異なる場合がございます。


>>>事例の詳細はこちら

 

トイレ修理

自宅トイレのタンクレバーが取れてお困りでした。タンクレバー交換とフロートバルブ交換にて対応しました。


項目内容 料金(税込)
基本料金 4,400円
タンクレバー交換作業 8,800円
フロートバルブ交換作業 8,800円
LIXIL マルチタンクレバー 部品代 710円
LIXIL フロートバルブ 部品代 990円
廃材諸経費 3,300円
合計 27,000円

※作業当時の料金の為、料金体系・税率が現在と異なる場合がございます。


>>>事例の詳細はこちら

 

トイレレバー調整

トイレのレバーパッキンに不具合があるとのことでご相談をいただきました。レバーの調整と部品交換を行いました。


項目内容 料金(税込)
基本料金 4,400円
トイレレバー調整 軽作業 8,800円
交換取付 その他部品 2箇所 22,000円
SANEI 部品代 1,650円
SANEI 部品代 825円
合計 37,675円

※作業当時の料金の為、料金体系・税率が現在と異なる場合がございます。


>>>事例の詳細はこちら

 

トイレレバー修理

トイレレバーが故障して水が流れない状態でした。ウォシュレット分解にてレバーを固定して改善しました。


項目内容 料金(税込)
基本料金 4,400円
トイレレバー修理 17,600円
合計 22,000円

※作業当時の料金の為、料金体系・税率が現在と異なる場合がございます。


>>>事例の詳細はこちら

 

トイレレバーの不具合修理

トイレレバーの不具合で水が流れない状態でした。部品交換を行いトラブルに対応しました。


項目内容 料金(税込)
基本料金 4,400円
タンク脱着 17,600円
交換 その他部品 数量3 9,000円
LIXIL 部品代 3,080円
SANEI 部品代 4,235円
SANEI 部品代 6,050円
合計 44,365円

※作業当時の料金の為、料金体系・税率が現在と異なる場合がございます。


>>>事例の詳細はこちら

 

トイレのレバーが故障する原因と起こる症状

トイレのレバーが故障してしまうと、操作が行えなくなってしまうなどの症状が起こることがあります。

ここでは、トイレのレバーが故障する原因と起こる症状についてご紹介します。


トイレのレバーが故障するとどうなる?

トイレのレバーが故障するとどうなる?

トイレのレバーが故障すると、下記のような症状がみられる場合があります。症状によってどのような修理が必要になるか異なるため、まずは症状の確認を行いましょう。


  • 【トイレのレバーが故障したときの症状】
  • ・トイレのレバーが空回りする
  • ・トイレのレバーが戻らない
  • ・トイレのレバーから水漏れしている
  • ・トイレのレバーが動かない

トイレのレバーはフロートバルブというタンク内の水を便器へと排水する役割を持つ部品と連動しているため、不具合が起こると水が流れなくなったり止まらないといったトラブルが起こる原因となります。

不具合を放っておくと、特に水漏れなどは床の建材が劣化したり水道代の高騰などにもつながる恐れがあるので早めに対処することがおすすめです。


トイレのレバーが空回りする・戻らない原因

トイレのレバーが空回りする・戻らない原因

トイレのレバーが空回りする・戻らないときは、下記の3点をチェックしてみてください。


  • 【チェックする箇所】
  • ・レバーとフロートバルブをつないでいる鎖
  • ・フロートバルブの根元
  • ・レバー本体の軸

レバーとフロートバルブをつないでいる鎖が外れたり切れたりしていると、空回りして水が流れなくなってしまいます。この場合は鎖をつなぎ直す、チェーンを交換すれば改善することができます。

一方でフロートバルブの根元が正常に固定されていない場合も、レバーに不具合が起こる原因となります。外れていたときは元の状態になるようにしっかり固定しましょう。

さらにレバー本体が劣化して、軸が折れてしまっていることがあります。この場合はレバーの交換が必要になるため、DIYもしくは業者に依頼して新しいものに変えましょう。


トイレのレバーから水漏れしている・動かない原因

トイレのレバーから水漏れしている・動かない原因

トイレのレバーから水漏れが起こっている場合は、レバーハンドルの内側(タンクの中)に設置されているパッキンが劣化している可能性が考えられます。

この場合はパッキンの交換を行うことで、水漏れの修理を行うことが可能です。

一方でトイレのレバーが動かなくなってしまった場合は、サビなどが原因で固着してしまっている可能性が考えられます。

この場合はレバー本体の交換が必要です。レバーの交換はDIYもしくは専門の業者に依頼することで行うことができます。


トイレのレバーが故障してしまったときは

トイレのレバーが故障してしまったときは

トイレのレバーが故障してしまうと、一時的に水が流せない状態になってしまうこともあります。

家にトイレが2つあればもう片方を使ってしのぐことができますが、そうでないときは手動でトイレを流すこともできます。

家にあるものだけで簡単に行うことができるので、修理が完了するまで少し時間があいてしまうという方は是非トライしてみてください。


  • 【用意するもの】
  • ・バケツ
  • ・ゴム手袋
  • ・新聞紙、雑巾
 
  • 1.床に雑巾や新聞紙を敷いて、汚水が飛ばないように養生する。
  • 2.バケツに6〜8L程度の水を汲んでおく。
  • 3.バケツに汲んだ水をすべて便器に流しいれる。できるだけ勢いよく流し込むのがポイントです。
  • 4.再度3〜4L程度の水を流しておく。

トイレタンクのレバー修理・交換の費用まとめ

今回は、トイレタンクのレバー修理・交換の費用をご紹介しました。

トイレタンクのレバーの不具合が起こったとき、状況によっては修理や調整のみで済む場合もあります。

原因がわからないときや修理作業が苦手な方は業者に依頼することで、簡単に解決できるのでおすすめです。

生活救急車でもトイレタンクのレバー修理・交換作業を承っております。現地でのお見積りにも対応しておりますので、お困りの場合はお気軽にご相談ください。