さらに条件を追加する
LIBRARY

スマートキーの電池交換は簡単!自力で取り換える方法を紹介

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
タグ
スマートキーの電池交換は簡単!自力で取り換える方法を紹介

説明 スマートキーの電池交換方法を探していませんか?スマートキーの電池交換はやり方さえわかってしまえば、簡単に行うことが可能です。そこで今回は、スマートキーの電池交換方法をご紹介します。

スマートキーの電池交換方法を探していませんか?

電池残量が減ってきているけど、電池がどこに内蔵されているのか、どのように分解したらいいのかわからない方もいらっしゃると思います。

スマートキーの電池交換はやり方さえわかってしまえば、簡単に行うことが可能です

そこで今回は、スマートキーの電池交換方法をご紹介します。


スマートキーは電池交換が必要!

スマートキーは電池切れを起こすと操作が行えなくなってしまうため、定期的に交換が必要となります。

ただ、どのタイミングで電池交換を行うべきなのかわからない方もいらっしゃると思います。

ここではまず、スマートキーの電池交換のタイミングについてご紹介します。すぐに交換方法が知りたい方はリンク先の項目をご覧ください。


>>>スマートキーの電池を自分で交換する


スマートキーの電池の交換時期とは

スマートキーの電池の交換時期とは

スマートキーは電池が切れてしまうと車の解錠やエンジンスタートなどが行いにくくなってしまうため、切らさないように定期的な交換がおすすめです。

メーカーや車種によっては、電池残量が少なくなるとお知らせしてくれることもあります。

ただこのようなお知らせ機能が搭載されていない場合は、スマートキーの症状を見極めて交換しなければなりません。

スマートキーの電池寿命は1~2年程度といわれているため、目安に交換しましょう。また、『最近反応があまりよくない』といった症状がみられるときも、早めに交換しておくと安心です。


電池残量のチェック方法

車種によっては下記のような電池残量のお知らせ機能が搭載されています。


  • 【電池残量のチェック方法】
  • ・エンジンスタート・停止時にアラームが鳴る
  • ・メーターパネルにアイコンが表示される
  • ・スマートキー本体に電池残量が確認できるライトがついていて、色でお知らせ
  • ・インフォメーションディスプレイにメッセージを表示

車のグレードによっても機能が異なるため、詳しい確認方法は車の取扱説明書をご覧ください。


スマートキーの電池を長持ちさせる方法

スマートキーの電池を長持ちさせる方法

スマートキーは常に微弱な電波を発していて、使っていなくても徐々に電池を消耗しています。そのためあまり使っていないからといって電池交換を怠っていると、急に使えないといったトラブルも起こるため注意しましょう。

ただスマートキーの保管場所を工夫すると電池を少しでも長持ちさせることもできるため、下記の方法を取り入れてみてはいかがでしょうか。


  • 【電池を長持ちさせる方法】
  • ・テレビやパソコン、スマートフォンなど電磁波を発するものの近くに保管しない
  • ・車の半径1m以内に保管しない

電化製品の近くに置いておくと、これらの電波と常に交信を行おうとしてしまって誤作動が起こり、電池の消耗が早まることがあります。

また玄関など車付近に保管するのも常に交信を行うことになるので、電池を長持ちさせるにはできるだけ離した位置での保管がおすすめです。


その他のトラブルが起こっている可能性もある

スマートキーが故障している可能性もある

操作が行えないときは基本的に電池がなくなっていることが多いですが、まれにその他のトラブルが起こっている可能性も考えられます。

電池交換を行っても操作が行えない場合の原因は、主に下記のようなものがあります。


【電池切れ以外の操作不良】

原因 対処法
電波障害によるエラー

スマートフォンなど電波を発する機器から離して操作を行ってみる

半ドア

ドアが閉まっていない場合はきちんと閉めてから操作を行う

バッテリー上がり

バッテリーが上がるとスマートキーの操作だけでなくエンジンスタートなどのその他の操作も行えなくなる

JAFなどのロードサービスに依頼してバッテリー上がりを解消する


電池交換しても改善しない場合は、メーカーの公式サイトなどを参考に対処することをおすすめします。


スマートキーの電池切れで起こりうるトラブル

スマートキーの電池切れで起こりうるトラブル

スマートキーの電池が消耗していると誤作動を起こしてしまい、インキーなどのトラブルが起こることがあります。

スマートキーの機能でキーを車内に残したままロックをしようとするとインキー防止のための警報が鳴り、ロックが解除されるというものがあります。

しかし電池残量が少なくなるとキーが遠くにあると誤認してしまい、ロックがかかってしまうこともあるようです。

インキーしてしまったときは、JAFなどのロードサービスや出張専門の鍵屋に依頼することで解錠してもらうことが可能です。インロック解錠作業の費用についてはこちらの項目でご紹介しています。


>>>スマートキーのインロック解錠費用相場


スマートキーの電池を自分で交換する

スマートキーの電池交換は、やり方さえマスターしてしまえば簡単に行うことができます。ただメーカーや車種によって交換方法が異なる場合もあるため、詳しいやり方については取扱説明書を確認しておくのが安心です。

ここでは、一般的なスマートキーの電池交換方法をご紹介します。


スマートキーの電池の選び方

スマートキーの電池の選び方

スマートキーに使われている電池は、『ボタン電池』と呼ばれる小型タイプがほとんどです。

ただボタン電池にもさまざまな大きさが販売されていて、スマートキーの種類によって異なることがあるので既存の電池を参考に探しましょう。ボタン電池の型番は『+極側』に刻印されています。

ボタン電池はホームセンターや家電量販店、ネット通販などで購入することができます。


スマートキーの電池交換方法

スマートキーの電池交換方法はメーカーや車種によって異なる場合があるため、基本的には取扱説明書を見ながら行う方法が確実です。

取扱説明書が見当たらないときは、メーカーの公式サイトに掲載されていることもあるためチェックしてみましょう。

ここからは、主なメーカーのスマートキー電池交換方法をご紹介します。


トヨタの電池交換方法

トヨタの電池交換方法

ここでは、トヨタの電池交換方法をご紹介します。


  • 【準備するもの】
  • ・新しいリチウム電池
  • ・マイナスドライバー
  • ・小さいマイナスドライバー
  • ・布

  • 1.スマートキーの本体側面についているレバーを下げながら、メカニカルキーを引き抜く。
  • 2.メカニカルキーが入っていた穴にマイナスドライバーを差し込んで、てこの原理でカバーを外す。(傷が付くのを防ぐために、ドライバーの先端に布を巻いておくのがおすすめ。)
  • 3.ボタン電池に小さなマイナスドライバーを引っ掛けて取り出し、新しい電池に交換する。電池は+極を上にして取り付ける。
  • 4.カバーとメカニカルキーを元の状態に戻す。

トヨタの車種別の取扱説明書は、こちらのページで検索することができます。特殊なスマートキーを使用している方や詳しい方法が知りたい方は、こちらを参考にしてみてください。


>>>トヨタ 取扱説明書検索

 

ホンダの電池交換方法

ホンダの電池交換方法

ここでは、ホンダの電池交換方法をご紹介します。


  • 【準備するもの】
  • ・新しいボタン電池
  • ・コイン

  • 1.スマートキーの表面のレバーを引きながら内蔵キーを取り外す。
  • 2.カバーにコインを引っ掛けて、てこの原理で分解する。
  • 3.古い電池を取り出し、新しいものに交換する。電池の向きに注意しましょう。

スマートキーの電池交換を依頼できる場所はある?

スマートキーの電池交換を依頼できる場所はある?

スマートキーの電池交換ができないときは、プロに依頼することも可能です。固くてカバーが外れないなど、場合によっては無理やり交換しようとすると傷や破損の原因になることもあります。

うまくいかないときは、下記のような場所に依頼すると安心です。


  • 【電池交換の依頼場所】
  • ・ディーラー
  • ・カー用品店
  • ・ガソリンスタンド

この中でもディーラーに持っていくのが、一番確実に交換を行ってもらうことができます。費用は500~1,000円と比較的リーズナブルな価格なので安心です。


突然電池が切れてしまったときは

外出先などで突然電池が切れてしまったというトラブルもあると思います。電池切れで操作ができないと焦ってしまい、業者に解錠依頼を考える方もいらっしゃるかもしれませんが、電池が切れた状態でも操作を行うことが可能です。

ここでは、スマートキーの電池が突然切れてしまったときの対処法をご紹介します。


電池が切れても車を動かすことはできる

電池が切れても車を動かすことはできる

新しい電池がすぐに用意できないときは、内蔵されているメカニカルキーで車のドアを開けることができます。

メカニカルキーの取り出し方は車種やメーカーによって異なりますが、ほとんどが本体についているレバーを引くだけで簡単に取り出すことが可能です。

同様にエンジンも電池が切れたスマートキーをエンジンスタートボタンにかざすことでスタートさせることができます。

電池切れの際の車の動かし方についてはこちらのページで詳しくご紹介しているため、合わせてぜひご覧ください。


>>>スマートキーって何?鍵の仕組みや電池交換の方法『電池交換がすぐにできないときは』

 

突然電池が切れても対応できる準備をしておく

突然電池が切れても対応できる準備をしておく

特に電池残量のお知らせ機能が搭載されていない場合は、いつ電池が切れてもすぐに交換できるように車やバッグの中に電池をストックしておくのがおすすめです。

電池と一緒にマイナスドライバーも積み込んでおけば交換作業が楽になりますが、なくても作業自体は行うことができます。

電池切れが起きても操作を行うことは可能ですが、手間がかかるためできるだけ定期的に交換を行うように心がけましょう


スマートキーのインロック解錠作業の費用相場

最近ではインロック防止機能がデフォルトで搭載されていることも多いですが、それでもトラブルは後を絶ちません。

そんなインロックトラブルは、スマートキーの電池残量が少ないことも原因の一つとして挙げられます。

万が一インロックしてしまった場合は業者に依頼することで解錠を行うことができますが、どのくらいの費用がかかるのか見当もつかなくて依頼しにくいという方もいらっしゃると思います。

そこでここでは、スマートキーのインロック解錠の費用相場をご紹介します。


生活救急車でスマートキーのインロック解錠作業を行ったときの費用事例

ここでは、生活救急車で実際に対応したスマートキーのインロック解錠の費用事例をご紹介します。

※作業当時の料金のため、料金体系・税率が現在と異なる場合がございます。


ホンダS2000のインロック解錠

  • 項目内容 料金(税込)
  • 自動車インロック解錠 国産車刻み 22,000円
  • 合計 22,000円

>>>事例の詳細はこちら

 

トヨタ セルシオの解錠

  • 項目内容 料金(税込)
  • 自動車鍵解錠 国産車特殊 33,000円
  • 合計 33,000円

>>>事例の詳細はこちら

 

ポルシェカイエンのインロック解錠

  • 項目内容 料金(税込)
  • 自動車インロック解錠 外国産特殊 55,000円
  • 合計 55,000円

>>>事例の詳細はこちら

 

スマートキーの電池交換方法まとめ

今回は、スマートキーの電池交換方法をご紹介しました。

スマートキーの電池交換はやり方さえマスターしてしまえば簡単に行うことができます。一般的に電池の寿命は1~2年程度といわれているため、定期的に交換しておくことがおすすめです。

ただし電池交換がうまく行えない場合は、ディーラーなどに依頼することでプロに行ってもらうことも可能です。

今回ご紹介した交換方法や対処法を参考に、自分に合った方法で電池交換を行ってみてください。

ユーザー評価:  4.6 (11件)

ありがとうしぇいしぇい