さらに条件を追加する
LIBRARY

天窓から雨漏りが起こったときの対処法とは!

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
タグ
天窓から雨漏りが起こったときの対処法とは!

説明 天窓から雨漏りが起こって困っていませんか?いざ発生したときはどのように対処したらいいのかわからない方も多いと思います。そこで今回は、天窓の雨漏りが起こったときの対処法をご紹介します。

天窓から雨漏りが起こって困っていませんか?

天窓は雨漏りが起こりやすいという話を耳にしたことがある方もいらっしゃるかと思いますが、いざ発生したときはどのように対処したらいいのかわからない方も多いと思います。

天窓の雨漏りは放置しておくと建材の劣化が早まることもあるため、なるべく早めの修理がおすすめです。

そこで今回は、天窓の雨漏りが起こったときの対処法をご紹介します。


天窓から雨漏りが起こる原因

天窓からの雨漏りといっても原因はさまざまです。一般的には経年劣化によるトラブルが多い傾向にありますが、場合によっては新築なのに雨漏りが起こることもあります。

原因や状況によって対処法が異なるため、少しでも知っておくことがおすすめです。

ここでは、天窓から雨漏りが起こる原因についてご紹介します。


ゴムパッキンの劣化

天窓本体とガラスの隙間はゴムパッキンによって埋められています。ゴムパッキンの耐用年数は一般的に5~10年程度といわれていますが、直射日光の影響を受ける天窓はより劣化が早まる傾向にあります。

最近の天窓はこのゴムパッキンが内側に設置されていることも多いですが、築年数が古い天窓は屋外に施工されていることがほとんどです。

ゴムパッキンが劣化するとひび割れや縮みが起こり、雨水が侵入する原因になります。

ゴムパッキンの劣化による雨漏りは壁の内側に発生していることが多いため、壁のクロスが浮いているなどの症状がみられた場合は、早めに業者へ修理依頼をすることがおすすめです。


天窓周辺の汚れ

天窓の周辺には雨水を流すための通路が設けてあります。ここに飛んできた葉っぱなどのゴミがたまったり、鳥の巣が作られてしまうと水がせき止められてたまってしまいます。

雨がたまることで天窓周辺に設置されている防水加工が傷んでしまうと、雨漏りが起こる原因となります。特に瓦屋根は空間ができやすいため注意が必要です。

ゴミのつまりが原因の雨漏りは下地なども劣化させてしまうこともあり、大規模な修理が必要となるケースもあります。

ゴミがたまっているかはなかなか確認しにくいため、定期的に高所清掃を行っている業者に依頼して掃除を行うことがおすすめです。


防水シート(エプロン)の劣化・施工不良

天窓の周りには雨水が侵入するのを防ぐために防水シートや水切り板、エプロンと呼ばれる鉛でできたシートによる防水加工が施されています。これらの防水処理を行うことによって、スムーズに雨水を屋根へ流すことができます。

しかしこの防水加工は紫外線に弱いため20年程度で寿命を迎え、穴が開くことにより雨漏りが発生します。防水加工の劣化による雨漏りは天窓周辺というより、天井に症状が現れる傾向にあります。

このような場合は防水加工の修理を行うことが必要ですが、長い間放置していると屋根にも雨漏りが広がっている可能性も考えられます。

屋根の修理も必要となると費用も上がってしまうため、雨漏りが疑われたらなるべく早めに調査を依頼するようにしましょう。


天窓本体の故障・劣化

天窓本体の耐用年数は20年程度といわれています。20年以上使用している天窓は見えない部分が劣化していることもあるため、新しいものへの交換を検討しましょう。

天窓自体は特に問題はなくても天窓を固定している木枠に雨が染み込んでいて、ボロボロに腐朽しているケースも多くあります。この場合は、木枠の工事や天窓本体の交換が必要です。

また、風によって飛んできた飛来物がガラスに当たることで割れ、そこから雨漏りが起こっていることもあります。

ガラス割れが原因のときはガラスのみの交換で直すことができることもありますが、規格に合ったガラスが用意できなければ天窓本体の交換が必要です。


天窓の雨漏り修理は自分でできる?

天窓の雨漏り修理を業者に依頼するとコストがかかることから、DIYで行うことを検討する方もいらっしゃると思います。

コーキングを打つ作業などはさまざまなインターネットサイトで紹介されていますが、失敗してしまうと雨漏りを悪化させることもあるためあまりおすすめはしません。

そこでここでは、天窓の雨漏り修理を自分で行えるかについてご紹介したいと思います。


天窓雨漏り修理のDIYは危険?

雨漏りの修理を業者に依頼するとなると高額になるイメージが高く、できれば自分で修理してコストを抑えたいという方もいらっしゃると思います。

しかし天窓の修理は高所での作業が必要です。転落などの事故の恐れがあるため、万が一の場合を考えるとおすすめはしません。

また、雨漏りの原因箇所の特定はプロでも失敗することもあるほど難しいため、修理を行ってもほかに原因があって雨漏りが直らないというケースもあります。

危険な作業をしたのに雨漏りも直らないとなると、初めから業者に依頼したほうが手間も省けるうえに安全に修理を行うことができるのでおすすめです。


室内からコーキングを行うこともおすすめしない

防水加工や天窓の交換などは自分で行えなくても、室内からコーキングを打つくらいなら自分でもできそう!と水が垂れている場所をてきとうに埋めてしまうのはおすすめしません。

確かに一時的に水が垂れてくるのを止めることはできますが、排出できなくなった雨水は壁内部の別の場所に流れ、また違った場所から雨漏りが起こる原因となります。

一部にとどまっていた雨水がほかの場所へ広がれば、その分被害も大きくなり修理箇所も増えてしまいます。

室内から応急処置を行いたいときは、次の項目でご紹介する方法を参考にしてみてください。


天窓の雨漏り被害を抑える応急処置方法

天窓から雨漏りが起こったときは、できるだけ早く業者に依頼するようにしましょう。時間が経つと被害が広がってしまい、天窓の修理だけでは済まなくなってしまうこともあります。

もし業者に来てもらうまで時間が空いてしまうという場合は、応急処置を行っておくことがおすすめです。

ここでは、天窓の雨漏り被害を抑える応急処置方法をご紹介します。


  • 【準備するもの】
  • ・ビニールシート
  • ・バケツ

  • 1.天窓の下にある家具や家電などの物を移動させる。
  • 2.床にビニールシートを敷き、雨水を受けるようにバケツを置く。

これだけ?と思うかもしれませんが、天窓への対策は高所での作業が必要となり危険です。床やほかの家具への対策など、できる限りの応急処置のみ行うようにしましょう。


天窓の雨漏り修理を行う方法

天窓の雨漏りが起こったときは、専門の業者による修理が必要です。しかし、修理といっても部分修理で直るときや、全体の交換が必要になるなど状況によってさまざまです。

そこでここでは、天窓の雨漏り修理を行う方法をご紹介します。


天窓の部分修理はできる?

ゴムパッキンの劣化や防水加工の劣化などが原因の場合は、特定の個所だけ修理を行うことも可能です。

ただし雨漏りが経過してから時間が経ってしまっていたときは、天窓だけでなく周辺の屋根材の修理も必要になることもあります。

また、天窓の排水設備にゴミがたまっているときは、一度周辺の屋根材をはがす作業が必要です。瓦の場合は簡単にはがせることが多いですが、スレートや金属屋根ははがすことができず、清掃ができないこともあります。

雨漏りや汚れの状態がひどいと屋根の復旧作業も必要になることもあるため、異常を感じたらできるだけ早めに調査・修理の依頼をするようにしましょう。


雨漏りは再発することもある?

雨漏りは原因の特定が非常に難しいといわれているため、知識の少ない業者に依頼してしまうと再発してしまうケースもあるようです。

そのため、雨漏り修理業者を選ぶときは下記のポイントを参考に探してみてください。


  • 【雨漏り修理業者を選ぶときのポイント】
  • ・屋根に上って調査を行ったか
  • ・原因の特定や説明を行ったか
  • ・作業実績や口コミを確認
  • ・万が一再発したときのアフターサービスはあるか
  • ・3社以上に見積依頼をしておくと安心

雨漏りの修理は素人ではわかりにくいため、調査や原因の特定などを行わずにずさんな工事を行う業者も多くあります。

たとえ費用が安くてもずさんな工事では雨漏りは直らないため、丁寧に施工を行ってくれる業者を自分で判断しなければなりません。

雨漏りの業者の選び方は下記のページで詳しくご紹介しているため、業者選びに迷ってしまった方はぜひご覧ください。


>>>雨どいの修理はどこに頼む?~費用の目安や依頼できる業者の種類などを紹介~

※こちらは雨どいの記事ですが、業者選びのポイントもご紹介しています。


天窓の撤去も検討

雨漏りは修理をしても、また別の個所から起こってしまうこともあります。そのため、雨漏りを完全に防ぎたいという方は天窓の撤去を検討してもいかもしれません。

天窓を撤去するときは周辺の屋根材を一旦はがす作業や、室内の内装工事などが必要です。

ただ、天窓をふさいでしまうと今まで太陽光が入ってきて明るかった部屋は暗くなるうえに、圧迫感を感じる方も多いようです。

メリットとデメリットを踏まえて検討することをおすすめします。


初期の施工不良による雨漏りが起こったときの対処法

新築(築10年以内)なのに雨漏りが起こったときは、初期の施工不良が原因となっていることが多いです。

このようなとき『どこに依頼したらいいの?』、『修理費用は自己負担?』などわからないことがたくさんあると思います。

そこで、ここでは初期の施工不良による雨漏りが起こったときの対処法についてご紹介します。


新築の天窓雨漏りは『ハウスメーカー』や『工務店』へ連絡

基本的に築10年以内に起こる天窓の雨漏りは、初期の施工不良である場合がほとんどです。

メーカーの施工マニュアルに沿って設置されていない、防水テープやシートの加工がきちんと行われていないと、設置して間もないのに雨漏りが起こることがあります。

このような場合は住宅を建設したハウスメーカーや、天窓の取り付けを依頼した工務店などに連絡して対応してもらうようにしましょう。


修理費用は自己負担になる?

初期の施工不良であった場合に気になるのが、『修理費用は自己負担となるのかどうか』だと思います。

基本的に築10年未満の新築の建物であれば『住宅の瑕疵担保責任保険制度』の対象となり、修理費用を負担することなく雨漏りの修理を行うことが可能です。

瑕疵担保責任保険制度とは、売主や施工会社が供給した住宅に欠陥(瑕疵)があった場合、その修繕のための費用を保証してくれる制度です。

万が一施工会社や工務店が倒産していた場合も補償の対象となるため、住宅を購入した際に契約した保険内容を確認して手続きを行いましょう。


天窓の雨漏りではなく結露の可能性も考える

天窓の雨漏りとよく似ているのが『結露』です。雨漏りだと思っていたら実は結露だったというケースもよくあるため、事前に確認しておくことがおすすめです。

ここでは、雨漏りと結露の違いや対策方法をご紹介します。


天窓の雨漏りと結露を見分ける方法とは

天窓付近のクロスにシミができていたり、ポタポタ水が垂れてきたりすると雨漏りが起こったと思いがちですが、実は結露が原因であることがあります。

天窓のガラスの断熱性が低いと室内外の温度差によって結露が発生するため、雨漏りのように天井から水が垂れてくる原因となります。

雨漏りか結露か判断に迷うときは、『晴れている日でも水が垂れてくるか』を確認しましょう。雨が降っていないのに水が垂れているなら、結露が原因であることが多いです。

結露が原因だった場合は自分で対策を行うことで発生をできるだけ抑えることも可能なので、次の項目でご紹介する方法を試してみてはいかがでしょうか。

雨の日に水の量が増えた気がする・・・など雨漏りの不安があるときは、一度雨漏りの修理業者に調査を依頼することも検討してみましょう。


天窓の結露対策方法

天窓の結露をそのままにしておくとクロスにシミができたり、カビの原因になることもあるためできれば対策を行っておくことがおすすめです。

しかし、方法によっては高所での作業が必要となる場合もあるため、無理に行うことはおすすめしません。自分に合った方法で対策を行うようにしましょう。


  • 【天窓の結露対策方法】
  • ・換気や空気を循環させる
  • ・結露対策グッズを使う
  • ・ガラスを断熱性の高いものへ交換する

天窓ガラスの断熱性を高めるときは、フィルムやプラスチック段ボールを貼る方法がありますが、高い位置への施工は難しい作業となります。

できるだけ、窓が開閉できるタイプなら換気を行ったり、部屋の空気を循環させて結露ができにくい環境を作る方法を取り入れることがおすすめです。

また本格的に結露対策を行いたいというときは、ペアガラスなどの断熱性が高いガラスへの交換を検討してみてもいいかもしれません。

結露防止対策の詳しい方法や手順などは、こちらのページでもご紹介しているのでぜひご覧ください。


>>>窓の結露防止対策まとめ

 

天窓から雨漏りが起こったときの対処法まとめ

今回は、天窓から雨漏りが起こったときの対処法をご紹介しました。

天窓からの雨漏りはゴムパッキンや防水加工の劣化、ゴミによる排水不良などさまざまです。まずは業者に調査を依頼して、原因の特定から行ってもらうようにしましょう。

天窓の雨漏りは部分修理で解決することもありますが、設置してから20年ほど経っているときは全体の交換を行うことがおすすめです。

生活救急車でも雨漏りの調査・修理作業を承っております。お困りの場合は、お気軽にお問い合わせください。