さらに条件を追加する
LIBRARY

トイレつまりの道具と使い方

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
タグ
トイレつまりの道具と使い方

説明 トイレがつまったときの道具と使い方を探していませんか?トイレつまりを解消する道具はいろんな種類があるため、どれを使ったらいいのか迷ってしまう方もいらっしゃると思います。そこで今回は、トイレつまりの道具と使い方についてご紹介したいと思います。

トイレがつまったときの道具と使い方を探していませんか?

トイレつまりを解消する道具はいろんな種類があるため、どれを使ったらいいのか迷ってしまう方もいらっしゃると思います。

そんなときはつまりの原因や起こっている場所に合わせて選ぶと、効果的につまりを直すことができます。

そこで今回は、トイレつまりの道具と使い方についてご紹介したいと思います。


トイレつまりが起こる主な原因

急にトイレの流れが悪くなったり、まったく流れなくなってしまうとどうしたらいいのかわからなくなってしまう方も多いと思います。

『トイレつまりといえばラバーカップ!』というイメージが定着しがちですが、原因によっては直らなかったり、悪化してしまう可能性もあるためまずは原因の特定から始めましょう。

ここでは、トイレつまりが起こる主な原因についてご紹介します。


水に溶けるものがつまった

トイレがつまる原因でも程度が軽く、自分で解決しやすいのが下記のような原因によるものです。


  • 【水に溶けるつまり原因】
  • ・トイレットペーパー
  • ・トイレに流せるシート類
  • ・便(排泄物)

普段トイレに流しても問題ないものであっても、一度に大量に流してしまうとつまりが起こってしまうことがあります。

しかし、これらの原因によるつまりは時間が経過することで勝手に解消されることも多いため、まずは様子を見つつ自然に直るのを待ってみてもいいでしょう。

トイレットペーパーや便つまりで2~3時間程度、トイレに流せるシート類は半日~一晩を目安に時間をおいてみましょう。

トイレに流せるシート類は、トイレットペーパーに比べると水に溶けにくい素材でできています。時間をおいても改善しないときは、トイレつまりを直す道具を使用しましょう。

>>>トイレつまりを直す道具と使い方


水に溶けないものがつまった

普段トイレに流さないような、水に溶けないものを流してしまったときは注意が必要です。


  • 【水に溶けないつまり(例)】
  • ・子供のおもちゃ
  • ・スマートフォン
  • ・トイレ掃除道具
  • など

上記のような固形物を落としてしまうとトイレの排水管をふさいだり、トイレットペーパーや便が引っかかってつまりを起こしてしまうことがあります。

排水管を完全にふさいでしまうようなつまりは、流してからすぐにトラブルが起こりますが、小さなものは徐々に流れが悪くなりつまりが起こることが多いです。

このように異物を落としてしまいどこにあるかわからない場合は、業者に依頼して取り除いてもらう必要があります。


異物つまりにつまり解消道具はNG

異物を流してしまったときに、焦ってつまり解消道具を使って何とかしようと考える方もいらっしゃると思いますがおすすめしません。

固形物がつまったときにつまり解消道具を使用すると、排水管の奥へと押し込んでしまう可能性もあり、そうなると取り出すのが困難になります。

取り出す作業の難易度が上がれば比例して修理費用も高額になるため、できるだけ早めに業者に連絡することがおすすめです。

>>>トイレつまり修理を業者に依頼した時の費用相場


水を吸収するつまりは注意

水に溶けないつまりの中でも、下記のような水を吸収するつまりには注意が必要です。


  • 【水を吸収するつまり原因(例)】
  • ・おむつ
  • ・生理用品
  • ・ペット砂

このような吸水性のあるものをトイレに流してしまった場合は、できるだけ早く取り出す必要があります。放置して時間が経てば経つほどトイレの水を吸収し、元の大きさの倍以上に膨れ上がることがあります。

膨れ上がったつまりは取り出すことが非常に困難なため、便器を取り外すなどの専門的な作業が必要です。

手で届く範囲で引っかかっているなら自分で取り出し、どこにあるかわからないといった状態のときは、業者に依頼して取り出してもらいましょう。

>>>トイレつまり修理を業者に依頼した時の費用相場


尿石がつまっている

公共の施設や店舗などで用いられることで使用頻度が高く、汚れやすい男性用トイレの小便器で起こりやすいのが尿石によるつまりです。

尿石とは、尿に含まれるカルシウムが固まってしまうことによってできる汚れのことです。掃除がきちんとできていないと徐々に固まってしまい、簡単には落とせない頑固な汚れとなってしまいます。

排水管に尿石がこびりつくとつまりの原因になり、雑菌の繁殖やアンモニアの不快な悪臭の発生につながります。

尿石によるつまりは普通の洗剤では落とすことができないため、『尿石除去剤』を使用した方法がおすすめです。

>>>トイレつまりを直す道具と使い方『尿石除去剤』


トイレがつまったときに起こる症状

トイレつまりが起こるときは、気が付かないだけで前兆となる症状が出ていることがあります。小さな異変に気づくことができれば、完全につまってしまう前に改善できるかもしれません。

そこでここでは、トイレがつまったときに起こる症状をご紹介します。


トイレの水位が高い・低い

トイレの水を流した時に水がどんどん便器内にたまってくる、水位が上がっているという場合はつまりが起こり始めているかもしれません。

また、水位が異常に低いときも、排水管の奥でつまりが起こっていることがあるので注意しましょう。

時間を置けば元の水位に戻るという場合でも、つまり改善方法を試しておくと急なつまりを防ぐことができるのでおすすめです。

つまりが起こっているときに『水を流せば勢いで改善するかな』と思う方もいらっしゃると思いますが、行き場がなくなった水が便器からあふれてしまうこともあるのでむやみに流すのはやめましょう。


トイレの水があふれてしまったときは

万が一便器から水があふれてしまったときは、そのまま放置すると雑菌が床や壁に残って不衛生なため、下記の方法できちんと掃除するようにしましょう。


  • 【準備するもの】
  • ・水 500ml
  • ・塩素系漂白剤
  • ・ビニール手袋
  • ・雑巾 2枚
  • ・ゴミ袋

  • 1.換気を行いながら掃除を行う。
  • 2.水500mlに対して、塩素系漂白剤をペットボトルキャップ2杯分加えて薄める。
  • 3.雑巾に『手順2』で作った消毒液を含ませて、床をまんべんなく拭きあげる。
  • 4.別の雑巾を水で濡らして床を水拭きする。
  • 5.掃除が終わったら、使ったビニール手袋・雑巾などをゴミ袋にまとめて捨てる。

トイレから異音がする

便器の中から『コポコポ』『ゴボゴボ』といった異音がなっているときは、つまりが発生している可能性があります。

これはつまりの初期症状として見られることが多い現象のため、放っておくと完全につまって流れなくなってしまいます。

初期の段階の軽度のつまりなら、自分でつまり解消道具を使用して直すことが可能です。ただし異物を流してしまった心当たりがある場合は、業者に依頼して取り出してもらいましょう。


>>>トイレつまりを直す道具と使い方

>>>トイレつまり修理を業者に依頼した時の費用相場


トイレつまりを直す道具と使い方

トイレつまりを直す道具にはさまざまな種類があり、それぞれつまりの程度によって使い分けると効果的につまりを直すことができます。

そこでここでは、トイレつまりを直す道具の特徴と使い方をご紹介します。


つまりを直す道具がないときは

急なトイレつまりが起こってしまったときに、都合よくつまり解消道具がなくて困っている方もいらっしゃると思います。

つまり解消道具はホームセンターなどで購入することもできますが、買いに行っている暇がない!という方は家にあるものを使って、つまり修理を行う方法がおすすめです。

家にあるものでつまりを解消する方法は、下記のページで詳しくご紹介しています。道具と比べれば威力は弱いですが、軽度のつまりには効果的なのでぜひ試してみてください。


>>>トイレつまりの直し方~自分でできる8つの修理法~


ラバーカップ

トイレなど水回りのつまりを直す道具として一番ポピュラーなのが『ラバーカップ』です。家に常備しているという方も多いのではないでしょうか。

ラバーカップはトイレットペーパーを流しすぎてしまった場合などの、程度の軽いつまりを直すのに効果的な道具です。

ラバーカップには、ゴム部分が平らな『和式用』とゴム部分に突起がついている『洋式用』の2種類が販売されているため、新しく購入するときはきちんと確認することで効果的につまりを改善することができます。

ここから、ラバーカップの使い方をご紹介します。


  • 【準備するもの】
  • ・洋式用ラバーカップ
  • ・バケツ
  • ・ビニール袋

  • 1.洋式用の先口のついたラバーカップを用意する。
  • 2.水かさが低い場合はあらかじめバケツで水を足して、便器の半分くらいの量になるように調節する。
  • 3.ビニール袋にラバーカップの柄の部分が入るくらいの穴を開け、ラバーカップを通す。
  • 4.ビニール袋が便器全体にかぶさるようにし、ラバーカップをゆっくり排水口に押し付ける。
  • 5.『限界までラバーカップを押し付けたら勢いよく引く』を繰り返し行う。
  • 6.たまっていた水が流れていき、平常の水位に戻ったらつまり解消完了。


真空式パイプクリーナー

ラバーカップでは解消できなかったつまりには、『真空式パイプクリーナー』がおすすめです。つまりを吸引して解消するという仕組みは同じですが、つまりを引く力が強力なため重度のつまりも解消しやすくなります。

ラバーカップ同様ゴム部分が和式用と洋式用で異なるため、購入時に間違えないように注意しましょう。

ここから、真空式パイプクリーナーの使い方をご紹介します。


  • 【準備するもの】
  • ・真空式パイプクリーナー

  • 1.真空式パイプクリーナーのレバーを一番下まで下げておく。
  • 2.レバーを下げた状態のまま、排水口に密着させる。
  • 3.密着させたままレバーを何度か上下に押し引きする。
  • 4.つまりが抜けるとたまっていた水が流れていく。
  • 5.バケツに汲んだ水をゆっくり流して、きちんと流れればつまり解消完了。

※種類・品番・サイズなど、買い間違いにご注意ください。


ワイヤーブラシ

排水管内でこびりついた汚れがつまりの原因となっている場合におすすめなのが、『ワイヤーブラシ』を使用した方法です。

トイレの排水管は狭く複雑な形状をしており、ワイヤーが長すぎると扱いにくいためトイレ用の5m以下のワイヤーブラシを購入することがおすすめです。

また、ブラシの先端はらせん状の金具タイプとブラシタイプがあります。つまりが固くこびりついているなら金具タイプ、汚れを落とすならブラシタイプと使い分けることで、効果的につまりを直すことができます。

ここから、ワイヤーブラシの使い方をご紹介します。


  • 【準備するもの】
  • ・ワイヤーブラシ
  • ・新聞紙(ビニール袋)

  • 1.床・壁に汚水が飛び散らないように、新聞紙ビニール袋などを使って養生する。
  • 2.ブラシヘッドをトイレの排水口に差し込む。
  • 3.ブラシヘッドがつまり部分に当たったら、柄を回転させたり上下に動かしてつまりを削り取る。
  • 4.つまりが削れたら水が流れていくようになる。


トーラー

トーラーとは業務用のワイヤーブラシのことです。ワイヤーブラシよりも頑丈で、耐久性があり重度のつまりにも対応することができます。

ただし業務用ということもあり価格相場が5~15万円と高額です。また使用時には便器を取り外す作業が必要になることもあり、難易度が高いといったデメリットがあります。

家庭用のワイヤーブラシを使用しても改善されないときは、業者に依頼したほうがコストを抑えられることもあるので検討してみましょう。

どうしても自分でつまりを直したい、トーラーが家にあるという方は下記の方法でつまりを解消することができます。


  • 【準備するもの】
  • ・トーラー
  • ・新聞紙(ビニール袋)
  • ・バケツ
  • ・ひしゃく
  • ・ゴム手袋

  • 1.床や壁を新聞紙などを使用して養生する。
  • 2.便器に水がたまっている場合は、ひしゃくや給油ポンプを使用して水を汲み出す。
  • 3.トーラーをゆっくり排水管へ差し込む。
  • 4.ワイヤーがつまりに当たったら、回転させたり上下に動かしてつまりを削っていく。
  • 5.たまった水が流れたらワイヤーを回収する。
  • 6.バケツに汲んだ水を便器に流して、きちんと流れたらつまり解消完了。

※種類・品番・サイズなど、買い間違いにご注意ください。


ローポンプ

ローポンプはラバーカップや真空式パイプクリーナーと同じく、つまりを吸引することで解消する道具です。

ラバーカップや真空式パイプクリーナーは家庭用のつまり解消道具として使用されますが、ローポンプは業務用の道具のためより高い吸引力があります。

ただし威力が高く重度なつまりに対応できる分、価格が1万円以上と高額になり、サイズも大きいため保管場所に困るといったデメリットがあります。

そのため真空式パイプクリーナーを使っても改善しないときは、業者に依頼するのがおすすめではありますが、ローポンプを使ってみたいという方は下記の方法で修理を行いましょう。


  • 【準備するもの】
  • ・ローポンプ
  • ・新聞紙(ビニール袋)
  • ・ひしゃく

  • 1.壁・床を新聞紙などを使って養生する。
  • 2.ローポンプの先端にトイレ用の長めのアダプタをつけて、ハンドルの位置を調節する。
  • 3.先端を排水口に押し当てて、先端が浸る程度の水をためる。
  • ※水が多いときはあらかじめひしゃくなどで水を汲みだしておく。
  • 4.つまりが解消するまでレバーの押し引きを繰り返し行う。

※種類・品番・サイズなど、買い間違いにご注意ください。


尿石除去剤

尿石が原因のつまりが起こっている場合は、尿石除去剤を使用した方法が効果的です。尿石はアルカリ性の汚れのため、酸性の尿石除去剤を使うことで中和させ、つまりを解消することができます。

尿石除去剤で有名である『デオライト』は、排水管の奥に尿石がこびりついている場合でも効果的に落とすことができます。ネットショップで購入することが可能です。

ここでは、デオライトを使用したつまり解消方法をご紹介します。


  • 【準備するもの】
  • ・尿石除去剤(デオライト)
  • ・給油ポンプ
  • ・ゴム手袋
  • ・掃除用ブラシ
  • ・バケツ
  • ・雑巾

  • 1.小便器のカバー、トラップをはずす。
  • 2.給油ポンプを使って、小便器にたまった水をバケツに汲み出す。
  • 3.尿石除去剤(デオライト)を小便器の中に入れて指定の時間放置する。
  • 4.ブラシで小便器とカバー、トラップをきれいに磨いて水を流す。
  • ※浄化槽を使用している場合は、デオライトの調整が必要となる場合がございます。使用方法などを必ず確認してから掃除を行いましょう。

※種類・品番・サイズなど、買い間違いにご注意ください。


トイレつまり修理を業者に依頼した時の費用相場

つまり解消道具を使っても改善されないときや固形物を流してしまった場合は、業者に依頼することがおすすめです。

しかし業者に依頼するときに気になるのが、どのくらいの費用がかかるのかだと思います。

業務用のつまり解消道具を買うのとどちらがコストを抑えられるのか知りたい!という方もいらっしゃると思うので、いくつか実際に対応した事例をご紹介したいと思います。業者に依頼する際のご参考になれば幸いです。


生活救急車で対応したトイレつまり修理の費用事例

ここでは、生活救急車で実際に対応したトイレつまり修理の費用事例をご紹介します。

※作業当時の料金のため、料金体系・税率が現在と異なる場合がございます。


トイレつまり除去 ハイスパット使用

  • 項目内容 料金(税込)
  • 基本料金 4,400円
  • トイレつまり除去 ハイスパット使用 15,400円
  • 合計 19,800円

>>>事例の詳細はこちら

 

トイレつまり除去 高圧ポンプ使用 

  • 項目内容 料金(税込)
  • 基本料金 4,400円
  • トイレつまり除去 高圧ポンプ使用 17,600円
  • 合計 22,000円

>>>事例の詳細はこちら

 

トイレつまり除去 トーラー機使用

  • 項目内容 料金(税込)
  • 基本料金 4,400円
  • トイレつまり除去 トーラー機使用 3mまで 28,600円
  • 合計 33,000円

>>>事例の詳細はこちら

 

トイレの脱着

  • 項目内容 料金(税込)
  • 基本料金 4,400円
  • タンク脱着 19,800円
  • 便器脱着 19,800円
  • 合計 44,000円

>>>事例の詳細はこちら

 

トイレつまり除去 高圧洗浄機使用

  • 項目内容 料金(税込)
  • 基本料金 4,400円
  • つまり除去 高圧洗浄機 3mまで 50,600円
  • 合計 55,000円

>>>事例の詳細はこちら

 

トイレつまりの道具と直し方まとめ

今回は、トイレつまりの道具と直し方についてご紹介しました。

一般的に広く知られているラバーカップで直せなかったつまりも、真空式パイプクリーナーやワイヤーブラシを使うことで直せる可能性があるので試してみてはいかがでしょうか。

重度のつまりが起こっているときはトーラーやローポンプなどで解消できる場合もありますが、業務用のため高額なうえに扱い方も難しいため、家庭用のつまり解消道具を試しても直らなかったときは業者に依頼するのがおすすめです。

生活救急車でもトイレつまりの修理作業を承っております。つまりが解消しなくてお困りの場合はお気軽にお問い合わせください。

ユーザー評価: ☆☆  3.0 (2件)

手で直ぐに取れました!道具が必要だと思っていたので目から鱗でした。 お金もかからず助かりました。