さらに条件を追加する
LIBRARY

給湯器の騒音が気になったらすることとは!

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
給湯器の騒音が気になったらすることとは!

説明 買った当初よりも、給湯器の音が大きくなっている気がすることはありませんか?もともと、音がするものですが、部品が壊れて動作がおかしくなっていることもあります。放置しておくと、給湯器全体が壊れたり、火災や不完全燃焼による一酸化炭素中毒の事故の原因になることもあります。そこで、今回は、給湯器の騒音が気になった際にすることなどについてご紹介いたします。

給湯器の騒音とは

給湯器は、外からは分かりにくいですが、実は中でガスを燃やしてお湯を沸かしたり、水を流したりしています。そのため、正常な状態でも何かしらの音はしています。しかし、なかには故障している場合もあります。そこでまずは、騒音の種類などについてご紹介いたします。

モーター音

お湯を出そうとしたり、給湯器のスイッチを操作した際などに聞こえる音は、モーター音である可能性が高いです。

ポンプの音

浴槽にお湯を張る際や、追い炊きの際に聞こえる音は、ポンプが残り湯の量をチェックしたり、冬に凍結防止のために動いているために出ている可能性が高いです。

ジュージュー音

フライパンに水が残ったまま火にかけた際にでるような「ジュージュー」といった音は、燃やしたガスに含まれていた水蒸気が結露して、給湯器の熱くなった部分に触れて再度蒸発する音の可能性が高いです。

リモコンからの音

給湯器のリモコンから、普段聞いたことのない音や音楽が流れてきた際は、エラーを起こしている可能性があります。リモコンの画面を見てエラーコードなどを確認し、説明書やメーカーサポートに電話して、どういったことが起こっているのか確認するようにしましょう。

小さい爆発音

「ボンッ」という小さい爆発音が出た場合は、給湯器内で不完全燃焼やガス漏れが起きている可能性があります。ガス臭い感じが一緒にすることもあります。

ピーという音

高い「ピー」というよな音は、ファンモーターやガスと酸素の燃焼のバランスが悪くなっている可能性があります。

騒音がした際の対応

先ほど、騒音の種類とどういったことが原因なのかについて紹介しましたが、気をつけないといけないのは、「ボンッ」という小さい爆発音と「ピー」という高い音が鳴ったときです。

小さい爆発音が出たら

「ボンッ」という小さい爆発音がでたら、使用を一旦中止して、専門の業者などに連絡をするようにしましょう。また、連絡する前に、不完全燃焼による一酸化炭素中毒などに備えて換気をしっかりとするようにしましょう。

ピーという高い音が出たら

笛のような「ピー」という高い音がでたら、こちらも一旦給湯器の使用を中止して、専門の業者に連絡するようにしましょう。

音がする前にできること

日頃から、給湯器についたホコリや土を定期的に掃除してあげると、給湯器内部にゴミなどが詰まりにくくなります。また、本体の錆びや不具合などにすぐに気づくことができるため、週1回くらいでいいので簡単に掃除されてみてはいかがでしょうか。

壊れる前に定期的な点検

給湯器などは買って数年は、大抵メーカーなどの定期的な点検がついていますが、その保証が切れてしまうと、自分ではなかなか点検を依頼したりという機会はないと思います。

定期的なメンテナンスをすることで使用年数を長くしたり、急にお湯が出なくなったりする前に計画的に給湯器を買い換えることができます。しばらく、点検などをしていない方は定期的な点検について検討されてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、給湯器の騒音の種類や原因、対策などについてご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。正常な状態でも音が出るため、変な音かどうかの見極めが難しいという人も多いと思います。しかし、給湯器の故障は死亡事故に繋がることもあるため、念を入れてチェックすることは悪いことではありません。また、「ボンッ」「ピー」という音に関しては、故障している可能性が高いため、早めに点検されることをおすすめいたします。