さらに条件を追加する
LIBRARY

玄関ドアの取っ手をDIYで交換する方法!サイズの測り方・取り外し…

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
タグ
玄関ドアの取っ手をDIYで交換する方法!サイズの測り方・取り外し方から解説

説明 玄関ドアの取っ手を自分で交換する方法がわからなくてお困りではありませんか?『交換用部品の選び方』『交換手順』などのポイントをおさえておけば、玄関ドアの取っ手をDIYで交換できる場合があります。そこで今回は、玄関ドアの取っ手・ドアノブをDIYで交換する方法をご紹介します。

目次

玄関ドアの取っ手を自分で交換する方法がわからなくてお困りではありませんか?

玄関ドアは室内ドアとは異なるしっかりとした錠前がついているため、『自分で交換するのが難しそう』と考える方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、『交換用部品の選び方』『交換手順』などのポイントをおさえておけば、玄関ドアの取っ手もDIYで交換できる場合があります。

そこで今回は、玄関ドアの取っ手・ドアノブをDIYで交換する方法についてご紹介したいと思います。


玄関ドアの取っ手を交換する前にチェックしておくこと

ドアの取っ手は『ドアノブ』『ドアレバー(レバーハンドル)』とも呼ばれています。

ホームセンターやインターネットショップなどで交換用の取っ手を探す場合、上記のような名称で探してみるとより見つけやすくなると思います。

また、玄関ドアの取っ手を自分で交換する場合は、取っ手の仕組みや種類について知っておくと、交換手順や部品の探し方がよりスムーズになります。

そこでまずは、玄関ドアの取っ手を交換するときにチェックしておきたいことについてご紹介いたします。

玄関ドアの取っ手交換で知っておきたい『取っ手の仕組み』

玄関ドアは基本的に鍵付きのため、取っ手はドアの施錠・解錠を行う『錠ケース(錠前本体)』とセットになっています。

実際に『交換用ドアノブ』の実物や写真を見てみると、多くの製品は取っ手に錠ケースがくっついた状態で販売されています。

玄関ドアは取っ手と錠ケースが正しく組み合わさった状態でないとうまく動かないため、自分で交換するときはなるべく取っ手と錠ケースはセットで交換することが望ましいでしょう。

玄関ドアの取っ手を交換する前に『取っ手の種類』をチェック

DIYで玄関ドアの取っ手を交換するときは、事前に今取り付けられている取っ手(ドアノブ)の種類を確認しておきましょう。

違う種類の取っ手だと、サイズが合わないので取り付けられなかったり、切り欠き穴の大きさが違っていて錠ケースが入らないことがあるため、なるべく同じ種類で交換したほうが、比較的作業が楽になります。

交換用の取っ手を自分で選ぶ場合は、下記の表から玄関に取り付けられている取っ手(錠前)の種類をチェックしておきましょう。

 
円筒錠 インテグラル錠 シリンダー錠

内側のボタンを押してからドアを閉めると施錠できる。取っ手の根元に取り外し用の小さな穴が開いている。 ドアの側面にデッドボルト(鍵をかけると飛び出すかんぬきのような部品)がついている。ラッチと合わせて、2つの出っ張りがある。 シリンダーと取っ手が別々になっているタイプの錠前。シリンダーのみを交換することも可能。

※横にスクロール(スライド)できます。


玄関ドアの『取っ手だけ』交換できる?取っ手のみ交換する場合の注意点とは

『ラッチや錠前の動きには問題がない』『取っ手部分をおしゃれなデザインのものに変更したい』といった場合では、取っ手だけを交換したいと考える方もいらっしゃると思います。

鍵付きの取っ手の場合は錠前とセットで販売されていることが多いですが、取っ手の種類によっては取っ手のみの交換ができる場合もあります。

そこでここからは、玄関ドアの取っ手だけを交換する場合の注意点などについてご紹介いたします。

『同じ種類・互換性がある種類』の玄関ドアの取っ手は部品交換できる可能性あり



鍵付きの取っ手でも、種類によっては『補修用部品』として取っ手だけが販売されていることがあります。

補修用部品がある場合、まったく同じ種類のドアノブや、互換性がある種類同士の取っ手であれば交換できる可能性があります。

ただし、取っ手が古くなっていて調子が悪いときは、『取っ手以外の場所にも不具合が出ている可能性がある』点に注意が必要です。

玄関のドアノブ(鍵)を設置してから比較的年数が経っているときは、全体交換を検討してみてもいいでしょう。

取っ手だけの不具合は交換せずに修理できる可能性あり

『取っ手を握って回したときにガタつく・ゆるんだ感じがする』などの不具合の場合は、取っ手のネジ調整などで修理できることがあります。

取っ手のゆるみ・ガタつきを調整する方法は下記でご紹介しておりますので、参考にしてみてください。

>>>玄関ドアの取っ手のゆるみ・ガタつきを自分で直す方法

玄関ドアの取っ手を交換するときは『スピンドルの数を確認』

『スピンドル』とは、取っ手の内側から飛び出した半円状の部品のことです。スピンドルは取っ手の種類によって『1本』または『2本』と数が異なります。

スピンドルは錠前本体の穴に差し込んで組み立てるため、取っ手だけを交換する場合は『取っ手のスピンドルの数』と『錠前本体のスピンドルの穴の数』が同じかどうかを確認する必要があります。

さらに、『スピンドルの幅』についてもミリ単位で測っておきましょう。

正しく選べるかどうか不安なときは、製品によってはスピンドルを付け外しできる『兼用タイプ』の取っ手を選ぶか、錠前(錠ケース)ごとの交換がおすすめです。

玄関ドアの取っ手の『握り玉』は『レバーハンドル』に交換できる

円筒錠やインテグラル錠など各種ドアノブには、握りやすい・開けやすい『レバーハンドル』タイプの取っ手も製造・販売されています。

ドアノブの種類が同じであれば『握り玉からレバーハンドルタイプの取っ手に交換』することもできるので、より使いやすい取っ手に替えたいときはレバーハンドルタイプを選ぶといいでしょう。



玄関ドアが『サムラッチ錠』『プッシュプル錠』の場合は取っ手のみの交換ができない

玄関ドアの取っ手では、『サムラッチ錠』『プッシュプル錠』といった台座と取っ手が一体になったタイプもあります。

サムラッチ錠・プッシュプル錠の取っ手はシリンダー(鍵穴)のように単体で取り出せない部品のため、補修用部品を手に入れることは難しいと思っておいた方がいいでしょう。

アンティーク錠で人気のサムラッチ錠はとくに『親指で押す取っ手部分だけが壊れた』などの不具合が出ることがよくありますが、上記のような一体型のドアノブは一部分だけ破損した場合でも基本的に『全体交換』になるので注意が必要です。


玄関ドアの取っ手を自分で交換する方法

インテグラル錠やシリンダー錠などは、交換用の取っ手や工具をそろえてDIYで交換することもできます。

そこでここからは、玄関ドアの取っ手を自分で交換する方法についてご紹介したいと思います。

玄関ドアの取っ手を交換するときは『取っ手周辺のサイズを測る』

今の取っ手と違う種類の取っ手を取り付けたい場合は、あらかじめ下記のサイズを測っておきましょう。

  • ・ドアの厚み(ドア側面の幅)
  • ・バックセット(ドアノブの中心からドアの端までの長さ)
  • ・フロント(ドア側面の金属板)の長さ・幅
  • ・ビスピッチ(フロントについている、上下ビスの中心同士の長さ)
  • ・台座のビスピッチ(取っ手を外した下にあるビス穴同士の距離)

メーカーや品番が同じ取っ手なら交換が楽ですが、上記のサイズが合っていれば異なる種類の取っ手でも交換は可能です。

玄関ドアの取っ手を自分で交換する手順『円筒錠』

  • 【必要な道具】
  • ・新しい円筒錠
  • ・プラスドライバー
  • ・マイナスドライバー
  • ・キリ

円筒錠の外し方

  • STEP1
    1.ドアを開けた状態で作業を行う。
  • STEP2
    2.内側のドアノブの付け根にある穴に、キリを押し込みながらノブを引き抜く。
  • STEP3
    3.内側の丸座の溝にマイナスドライバーを差し込み、てこの原理で取り外す。
  • STEP4
    4.丸座裏金の上下のビスを、プラスドライバーで緩めて外す。
  • STEP5
    5.裏金を取り外す。
  • STEP6
    6.外側のドアノブを引き抜く。
  • STEP7
    7.ドア側面の金属プレートの上下ビスを緩めて、ラッチケースを外す。

円筒錠の取り付け方

  • STEP1
    1.ラッチケースを取り付ける前に向きを確認する。

    ※ラッチの向きはドアを開く方が斜面の高い方、閉まる方を斜面の低い方にする。

  • STEP2
    2.新しいラッチケースを差し込む。
  • STEP3
    3.差し込んだラッチケースをビスで固定する。
  • STEP4
    4.外側のドアノブを穴に差し込む。
  • STEP5
    5.内側の丸座裏金をビスで固定する。
  • STEP6
    6.裏金と丸座の凹凸を合わせて、丸座を取り付ける。
  • STEP7
    7.丸座と内側ドアノブの凹凸を合わせて、ドアノブを取り付ける。
  • STEP8
    8.ドアノブを回してラッチが出るかなど動作確認を行い、問題がなければ交換完了。

玄関ドアの取っ手を自分で交換する手順『インテグラル錠』

  • 【必要な道具】
  • ・新しいインテグラル錠
  • ・プラスドライバー

インテグラル錠の取り外し方

  • STEP1
    1.ドアを開けた状態で作業を行う。
  • STEP2
    2.内側のドアノブの丸座を反時計回りに回し、ドアノブを外す。
  • STEP3
    3.丸座裏金を固定している4カ所のビスを緩める。
  • STEP4
    4.丸座裏金を取り外す。
  • STEP5
    5.外側のドアノブを引き抜く。
  • STEP6
    6.ドア側面の錠ケースを固定している上下のビスを緩めて、錠ケースを引き抜く。

インテグラル錠の取り付け方

  • STEP1
    1.錠ケースの取り付ける向きを確認する。
    ※ドアを開く方がラッチの斜面が高い方、ドアが閉まる方がラッチの斜面が低い方の向きで取り付ける。
  • STEP2
    2.新しい錠ケースを向きに注意しながら差し込む。
  • STEP3
    3.錠ケースの上下のビスを締めて固定する。
  • STEP4
    4.外側のドアノブを差し込む。
  • STEP5
    5.内側の丸座裏金をはめ、4ヶ所ビスで固定する。
  • STEP6
    6.内側のドアノブを時計回りに回して取り付ける。
  • STEP7
    7.最後に動作確認を行い、正常にカンヌキが出るか・ラッチが作動するかを確認して問題なければ交換完了。

玄関ドアの取っ手を自分で交換する手順『シリンダー錠』

  • 【必要な道具】
  • ・交換用の錠前
  • ・プラスドライバー
  • ・マイナスドライバー

シリンダー錠の外し方

  • STEP1
    1.作業が終わるまで、ドアは開けた状態にしておく。
  • STEP2
    2.ドア側面のネジをゆるめて、フロントプレートを取り外す。
  • STEP3
    3.フロントプレートの下にあるピン(室外側)をマイナスドライバーなどで押し上げて抜く。
  • STEP4
    4.ピンを抜くと固定が外れるので、シリンダーを取り外す。
  • STEP5
    5.室内側のピンを抜いてから、サムターンを取り外す。
  • STEP6
    6.室内側の取っ手にあるネジをゆるめてから、室内側の取っ手を抜き取る。
  • STEP7
    7.室外側の取っ手を抜き取る。
  • STEP8
    8.ドアの正面に移動して、室内側のカバー・丸座を取り外す。室内側の部品を外したら、外側のカバー・丸座は手で取り外すことができる。
  • STEP9
    9.錠ケースのネジを外し、ドア板から錠ケースを抜き取る。

シリンダー錠の取り付け方

  • STEP1
    1.ドア側面から錠ケースをはめこみ、ネジをプラスドライバーで締める。
  • STEP2
    2.室外側→室内側の順で丸座・カバーを取り付けて、室内側の丸座のネジをプラスドライバーで締めて固定する。
  • STEP3
    3.室外側→室内側の順で取っ手を取り付ける。室内側の取っ手にネジをはめ込んで、プラスドライバーで締める。
  • STEP4
    4.サムターンを取り付けて、室内側のピンを差し込んで固定する。
  • STEP5
    5.シリンダーを取り付けて、室外側のピンを差し込んで固定する。
  • STEP6
    6.フロントプレートをはめ込み、ネジを締めて取り付ける。
  • STEP7
    7.ドアを開けた状態で取っ手や鍵の動作を確認したら、ドアを閉めて完了。

玄関ドアの取っ手の台座がうまくはまらないときは『ネジ穴を埋める』

玄関ドアが木製の場合、繰り返し取っ手を動かすことなどで台座のネジ穴が広がっていることがあります。

ネジ穴がゆるんでいると新しいドアノブを取り付けてもうまく固定されずに取っ手や台座がガタついてしまうので、下記のいずれかのやり方でネジ穴を埋めておきましょう。

  • 【ネジ穴の埋め方】
  • ・ネジ穴に木材補修用のパテ(ウッドパテ)を塗って埋める。
  • ・つまようじや先を削った割りばしの先端に木工用ボンドをつけてからネジ穴に差し込み、穴から出た部分をハサミやペンチで切り落とす。

※種類・品番・サイズなど、買い間違いにご注意ください。


玄関ドアの取っ手を交換せずに『取っ手の調整だけ』で修理できるパターンとは

『取っ手を握って回したときにグラグラする』などの症状で交換を考えている場合、不具合の原因によっては交換せずに修理ができる可能性があります。

取っ手がゆるむ・ガタつくなどの不具合は『ネジがゆるんで取っ手の固定が外れかかっている』ことが原因になっているケースも多く、この場合は部品を調整し直すだけでも直せることがあります。

そこでここからは、取っ手のゆるみやぐらつきを調整するやり方についてご紹介したいと思います。

玄関ドアの取っ手のゆるみ・ガタつきを自分で直す方法

取っ手のゆるみやガタつきは、取っ手や台座を固定しているネジを締め直すことで修理できる可能性があります。

台座や取っ手の根本についているネジを、プラスドライバーで締め直してみましょう。

台座を固定しているネジは、カバーを取り外した下に隠れていることもあるので、ネジが見つからないときはプライヤーなどで台座を取り外してみましょう。

取っ手(ドアノブ)の調整方法については、下記のページでもご紹介しております。

>>>ドアノブ握り玉の緩み・ぐらつきの調整と修理方法


外側の取っ手のネジを締め直すときのやり方

玄関ドアの場合、外側の取っ手には防犯の面からネジがついていません。

外側の取っ手がガタついているときは、『室内側からネジを締め直す』方法で調整を行います。

室内側の取っ手と台座を外すと、外側の取っ手の台座が確認できるので、切り欠き穴からプラスドライバーを差し込んで台座のネジを締め直してみましょう。


玄関ドアの取っ手交換を業者に依頼した場合の費用について

『交換用の部品の選び方がよくわからない』『自分で交換作業を行うのは難しい』といった場合は、専門の業者に取っ手の交換を依頼する方法もあります。

しかし、業者に作業を依頼するときは費用がいくらかかるのかが気になると思います。

そこでここからは、玄関ドアの取っ手交換を業者に依頼した場合の費用についてご紹介いたします。

生活救急車で玄関ドアの取っ手交換を行った場合の料金事例

玄関ドアの取っ手交換を業者に依頼した場合の費用は、交換する取っ手の種類など作業内容によって異なります。

正確な料金を知りたいときは現地見積もりをするのがおすすめですが、見積もりを行う場合は最低3社に連絡して見積内容を比較すると大体の相場がわかるので安心です。

ここでは費用をイメージしやすいように、生活救急車で取っ手(ドアノブ)の交換を行った場合の料金事例をご紹介いたします。

※作業当時の料金の為、料金体系・税率が現在と異なる場合がございます。

アパートの鍵入替え


勝手口のドアノブ交換

  • 項目内容 料金(税込)
  • 勝手口ドア鍵交換修理 錠前 14,300円
  • SHOWA 部品代 9,900円
  • 合計 24,200円

  • >>>この事例の詳細を見る

玄関のシリンダー交換

  • 項目内容 料金(税込)
  • 玄関鍵交換 シリンダー 11,000円
  • MIWA 部品代 12,100円
  • 錠前調整 軽作業 8,800円

  • 合計 31,900円

  • >>>この事例の詳細を見る

玄関ドアの取っ手をDIYで交換する方法まとめ

今回は、玄関ドアの取っ手をDIYで交換する方法についてご紹介させていただきました。

玄関ドアの取っ手は、種類やサイズを調べて自分で交換することもできます。また、不具合の原因によっては交換せずに修理できる場合もあります。

自分で交換・修理するのが難しいときは業者に依頼する方法もありますが、業者に依頼する場合は、最低3社から見積りを取って施工内容や料金を確認すると安心です。

生活救急車でも、ドアの取っ手の交換作業を承っております。「他社の見積りと比較したい」といったご依頼でも承っておりますので、お困りの際はお気軽に現地見積もりをご利用ください。