さらに条件を追加する
LIBRARY

下水臭いときは業者に依頼が必要?臭いの発生原因と対処法を紹介

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
タグ
下水臭いときは業者に依頼が必要?臭いの発生原因と対処法を紹介

説明 部屋が下水臭くて困っていませんか?トラブルの原因によっては業者に依頼しなくても自分で対処することができるため、まずはどこから臭いが発生しているかを確認するようにしましょう。そこで今回は、下水臭いときの原因と対処法をご紹介します。

部屋が下水臭くて困っていませんか?

水回りで何らかのトラブルが起こっていると、部屋に下水臭が漂って不快な思いをすることがあります。トラブルの原因によっては業者に依頼しなくても自分で対処することができるため、まずはどこから臭いが発生しているかを確認するようにしましょう。

そこで今回は、下水臭いときの原因と対処法をご紹介します。


キッチンの下水が臭う原因

キッチンは毎日たくさんの排水を流すため汚れがたまりやすく、掃除を怠っていると下水臭くなることがあります。

しかし中には、きちんと掃除しているのに臭いに悩まされている方もいらっしゃると思います。原因がわかれば業者に依頼しなくても自分で修理することができるので、まずはどこにトラブルが起こっているのか確認しましょう。

ここでは、キッチンの下水が臭う原因をご紹介します。


排水口・排水管の汚れ

キッチンは毎日さまざまな汚れが混ざった排水を流しています。そのため、きちんと掃除ができていないと下記のような汚れが蓄積してしまいます。


  • 【キッチンの排水口・排水管を汚す原因】
  • ・油汚れ
  • ・洗剤カス
  • ・食べ残し

これらの汚れを放置したり、ゴミ受けに食材カスをそのままにしておくと雑菌が発生して臭いが漂う原因となります。

特に油汚れは冷えると固まりやすいため、排水管の側面にどんどん重なって塞いでいき、つまりを引き起こすこともあるので注意が必要です。

放置すればするほど落としにくくなり、業者に依頼して修理することになります。日ごろから手入れをしたり、まだ流れが悪いくらいの軽いつまりなら自分で直すことができるため、早めに対処することをおすすめします。


>>>排水口の掃除をする方法

>>>排水口のつまり解消法


排水トラップのトラブル

キッチンの排水口には『トラップ』というものが設置されていて、下水からの悪臭や害虫が侵入してくるのを防いでいます。

このトラップがきちんと設置されていなかったり、経年劣化による破損が起こっていると悪臭が発生することがあります。

ワントラップが外れているときはきちんと取り付け直し、万が一破損している場合は新しいものに交換しましょう。ワントラップはメーカーによってサイズが異なるため、もともと取り付けてある物を確認してから購入しましょう。

また、ワントラップの裏側は汚れがたまりやすくなっています。定期的に分解して掃除を行うと臭いを防ぐことができるのでおすすめです。


トラップの封水切れに注意

トラップの周りには『封水』と呼ばれる水がたまるようになっていますが、これがなくなってしまうと下水から臭いが上がってきてしまいます。

封水がなくなってしまったときは、蛇口から水を流して適量貯めておくようにすることで悪臭を防ぐことができます。


シンク下の隙間

排水口から下水臭が発生していると思ったら、実はシンク下の棚から臭っていたという場合があります。これは、シンク下に設置してある排水ホースに原因がある場合が多いので確認しましょう。


  • 【シンク下が臭うときに確認すること】
  • ・排水ホースが破損
  • ・排水管と塩ビ管の間に隙間がある

このような症状がみられるときは、ホースの交換や隙間を自分で埋めることで改善することができます。

それでも臭いが取れないときは、また別の原因があるかもしれません。こちらの記事でキッチン下の下水臭について詳しくご紹介しているので、チェックしてみてください。


>>>シンク下が臭い原因とは?ドブやカビの臭いがするときの対処法


トイレの下水が臭う原因

トイレの下水が臭う原因のほとんどが封水切れによるものです。トイレの便器には常に水がたまっていると思いますが、これがなくなると下水からの悪臭がそのまま上がってきてしまい、下水臭が漂う原因になります。

トイレの封水切れといっても原因は多数あるため、ここでは主な原因をご紹介したいと思います。


排水つまり

トイレの排水路内でトイレットペーパーや糸くずがつまっていると、封水を吸収して排水管の奥へと流してしまうことがあります。

これを『毛細管現象』と呼び、封水切れが起こる原因となるためつまりを取り除く必要があります。程度の軽いつまりなら『大』で流すことでつまりを除去することが可能です。

『大』で流しても流れが改善しないときは、ラバーカップなどを使用してつまりを解消する必要があります。下記の項目で修理方法をご紹介しているので、チェックしてみてください。


>>>排水口のつまり解消法


蒸発

長期間家を空けていてトイレを使用していないと、たまっていた封水が蒸発してしまうことがあります。封水が減っていたらこれが原因なので、水を流して封水を貯めておきましょう。

一般的に1か月程度の外出なら封水切れが起こることはなかなかありませんが、2か月以上そのままにしておくと帰宅した際に封水がなくなって悪臭が発生することがあります。

封水切れを防ぐためには、トイレの水を外出前に流してしっかり封水を貯め、便器にラップをかけてふたをしておくと蒸発を最小限に抑えることができるので、試してみてはいかがでしょうか。


気圧変動

排水管内の空気の気圧が変動することで、封水切れを起こすことがあります。水を一気に流すことで、排水管内にたまっていた空気が奥へ押し込まれて空気圧が変化します。

これにより排水管内の圧力が低くなり、トイレの封水が排水管内に引き込まれて水がなくなってしまうことが原因です。

マンションでよく起こる症状ですが、通気管が設置されてなかったり排水管が細いと起こりやすいため、通気管の設置や排水管の交換を行うことを検討してみてはいかがでしょうか。


洗面台の下水が臭う原因

キッチンと同じく毎日さまざまな汚れが混ざった排水を流している洗面台の排水口も、手入れを怠っていると悪臭が発生することがあります。

ここでは洗面台の下水が臭う原因をご紹介します。


排水口・排水管の汚れ

ほとんど毎日使用する洗面台の排水口や排水管は、下記のような汚れがたくさん蓄積して悪臭が発生することがあります。


  • 【洗面台の排水口が汚れる原因】
  • ・髪の毛
  • ・せっけんカス
  • ・皮脂汚れ

洗面台の排水口にはヘアキャッチャーと呼ばれる部品が設置されていることが多いですが、ここにたまった髪の毛などを放置していると雑菌がわいてヌメリが発生してしまいます。

このヌメリは悪臭の原因となったり、排水管に流れてつまりを引き起こすこともあるため、定期的に掃除することをおすすめします。

軽度のつまりなら自分でも解消することができます。下記の項目でご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。


>>>排水口の掃除をする方法

>>>排水管の汚れが原因の対処法


洗面台下の棚

キッチンと同じく洗面台の下の棚には、排水ホースが設置されていることがあります。この排水ホースと床のつなぎ目に隙間が生じているときは、ここから下水臭が上がってきてしまっていることがあります。

場合によって防臭ゴムが取り付けられていないこともあるので、自分で取り付けて隙間を塞ぐことをおすすめします。

ホースと床の隙間を埋める方法は下のページでご紹介しているので、手順に沿って行ってみましょう。


>>>排水パイプの隙間を埋める


下水が臭いときに自分でできる対処法

下水臭がしているときは、原因に沿った対処法を行うことで自分で解決することができます。

ここでは、下水が臭いときに自分でできる対処法をご紹介します。


排水口の掃除をする方法

排水口にたまった汚れが原因の場合は、掃除をすることで臭いの発生を抑えることができます。

ここでは、排水口の掃除をする方法をご紹介します。


重曹とクエン酸を使った掃除方法

ここでは、重曹とクエン酸を使った掃除方法をご紹介します。


  • 【準備するもの】
  • ・重曹 1/2カップ
  • ・お酢(クエン酸)1カップ



  • STEP1
    1.重曹1/2カップを準備する。
  • STEP2
    2.お酢(クエン酸)を1カップ準備する。
  • STEP3
    3.重曹を排水口のゴミ受けにまんべんなく振りかける。
  • STEP4
    4.重曹の上からお酢を注ぎ入れる。
  • STEP5
    5.泡がぶくぶく出てきたら少し待つ。
  • STEP6
    6.時間がたつと泡が落ち着いてくる。
  • STEP7
    7.酢と同じ分量(カップ1杯)のお湯を注ぐ。
  • STEP8
    8.そのまま1時間程度放置する。
  • STEP9
    9.時間がたったら、蛇口の水できれいに洗い流す。
  • STEP10
    10.つまり解消完了。

塩素系漂白剤を使った掃除方法

ここでは、塩素系漂白剤を使う方法をご紹介します。


  • 【準備するもの】
  • ・塩素系漂白剤
  • ・歯ブラシ
  • ・ゴム手袋
  • ・ティッシュ

  • 1.ゴム手袋をして、換気を行いながら掃除を行う。
  • 2.ヘアキャッチャーにたまった大きなゴミを、ティッシュペーパーなどを使って取り除く。
  • 3.塩素系漂白剤をまんべんなく吹き付けて、20分程度放置する。
  • 4.水でよく洗い流す。汚れがこびりついているときは歯ブラシを使って落とす。
  • ※塩素系漂白剤を素手で使用するのは危険なため、水で洗い流すときも必ずゴム手袋を着用する。

排水管の汚れが原因の対処法

排水管にたまった汚れが原因で下水臭が発生している場合は、掃除することで改善することが可能です。

ここでは、排水管の汚れを落とす方法をご紹介します。


排水管の分解清掃

ここでは、排水管の分解清掃方法をご紹介します。


  • 【準備するもの】
  • ・プライヤー
  • ・バケツ
  • ・ゴム手袋
  • ・雑巾
  • ・歯ブラシ

  • STEP1
    1.バケツと雑巾を排水パイプの下に置く。
  • STEP2
    2.トラップU管の下のナットからプライヤーで外す。固い場合はサビ取りスプレーを使う。
  • STEP3
    3.異物を取ったら、歯ブラシや雑巾で排水パイプを掃除する。
  • STEP4
    4.上のナットから元に戻す。
  • STEP5
    5.プライヤーでしっかり固定したら完了。

液体パイプクリーナーを使った方法

ここでは、液体パイプクリーナーを使った方法をご紹介します。

  • 【準備するもの】
  • ・液体パイプクリーナー
  • ・ゴム手袋
  • ・歯ブラシ

  • STEP1
    1.ゴム手袋をつけて、ヘアキャッチャーを外す。
  • STEP2
    2.歯ブラシで、ヘアキャッチャーについた髪の毛や汚れを取り除く。
  • STEP3
    3.排水口に液体パイプクリーナーを、説明書に沿った量を注ぐ。
  • STEP4
    4.そのまま15~30分放置する。長時間放置してしまうと、取り除いた汚れがつまる可能性があるので注意する。
  • STEP5
    5.時間がたったら、洗面器1~2杯分の水を一気に流す。
  • STEP6
    6.水がスムーズに流れたら掃除完了。まだ流れが悪い場合は、繰り返し液体パイプクリーナーを使用する。

ワイヤーブラシを使った掃除方法

ここでは、ワイヤーブラシを使った掃除方法をご紹介します。


  • 【掃除方法】
  • ・先端がらせん状のワイヤーブラシ
  • ・養生テープ
  • ・新聞紙



  • STEP1
    1.洗面所のつまり直しは、先端がらせん状を選びましょう。ブラシ状は固まったつまりには向いていない。
  • STEP2
    2.洗面台の周りに新聞紙を貼り、水が飛び散ったときの対策をする。
  • STEP3
    3.ワイヤーブラシを排水口の奥まで入れる。
  • STEP4
    4.ワイヤーブラシがつまりの原因や行き止まりに当たったら、回転させたり上下に動かす。
  • STEP5
    5.抵抗がなくなったら、ワイヤーブラシを引き抜く。
  • STEP6
    6.水がスムーズに流れて、つまりが直ったら完了。

排水口のつまり解消法

排水口のつまりが原因で下水臭が発生しているときは、つまり解消法を行ってみましょう。程度の軽いつまりなら自分で直すことができます。

ここでは、排水口のつまり解消法をご紹介します。

※異物を落としてしまったときにこの方法を行うと悪化してしまうため、できるだけ早めに業者に依頼して取り除いてもらいましょう。


ラバーカップ

ここでは、ラバーカップを使った方法をご紹介します。


  • 【準備するもの】
  • ・洋式用ラバーカップ
  • ・バケツ
  • ・ビニール袋



  • STEP1
    1.洋式用の先口の付いたラバーカップを用意する。
  • STEP2
    2.水かさが低い場合はあらかじめバケツで水を足して、便器の半分くらいの量になるように調節する。
  • STEP3
    3.ビニール袋にラバーカップの柄の部分が入るくらいの穴を空け、ラバーカップを通す。
  • STEP4
    4.ビニール袋が便器全体にかぶさるようにして、ラバーカップをゆっくり排水口に押し付ける。
  • STEP5
    5.『限界までラバーカップを押し付けたら勢いよく引く』を繰り返し行う。
  • STEP6
    6.たまっていた水が流れていき、平常の水位に戻ったらつまり解消完了。

真空式パイプクリーナー

ここでは、真空式パイプクリーナーを使った方法をご紹介します。


  • 【準備するもの】
  • ・真空式パイプクリーナー



  • STEP1
    1.排水口のふたを取り外す。
  • STEP2
    2.ゴミ受けを外す。
  • STEP3
    3.ワントラップを反時計回りに回して取り外す。
  • STEP4
    4.真空式パイプクリーナーを排水口に密着させる。
  • STEP5
    5.排水口にしっかり押さえつける。
  • STEP6
    6.真空式パイプクリーナーを排水口に押し付けたまま、レバーを繰り返し上下に動かす。
  • STEP7
    7.ゴボッと音がしたら、水が流れていくか確認する。
  • STEP8
    8.つまりが解消されたら部品を元に戻す。ワントラップを時計回りに回して設置する。
  • STEP9
    9.ゴミ受けを設置する。
  • STEP10
    10.最後に排水口のふたをして完了。

ペットボトル

ここでは、ペットボトルを使った方法をご紹介します。


  • 【準備するもの】
  • ・空のペットボトル(500ml)
  • ・雑巾
  • ・ゴム手袋

  • STEP1
    1.洗面台のオーバーフロー穴を雑巾で塞ぐ。
  • STEP2
    2.ペットボトルのキャップを外して、飲み口部分で排水口を塞ぐ。
  • STEP3
    3.ペットボトルを押して、ペコペコとへこませる。
  • STEP4
    4.ある程度繰り返したら、ペットボトルと雑巾を引き抜く。
  • STEP5
    5.水が流れるようになったら完了。流れないときは、また何度かペットボトルを使ってみる。

排水パイプの隙間を埋める

シンク下のパイプと床に隙間が生じている場合は、隙間を埋めることで臭いを防止することができます。

ここでは、排水パイプの隙間を埋める方法をご紹介します。


防臭ゴムを使った方法

防臭ゴムは隙間のサイズにぴったりはまるサイズを用意しないと効果を得ることができません。防臭ゴムを購入する際は『排水口・排水管の直径』を測るようにしましょう。

ここでは、防臭ゴムを使った方法をご紹介します。


  • 【準備するもの】
  • ・配管用防臭ゴム
  • ・タオル

  • 1.棚に収納しているものをすべて出して空にする。
  • 2.排水ホースから水が溢れることがあるため、周りにタオルを敷いておく。
  • 3.プラスチックのふたを上にずらして、排水管に接続されているホースを引き抜く。
  • 4.防臭ゴムを取り付けて、ホースとプラスチックのふたを元に戻す。



配管用のパテで埋める方法

防臭ゴムのサイズを選ぶのが難しいという方は、パテを使った方法がおすすめです。パテはさまざまな種類が販売されていますが、『固まらないパテ』を選ぶと外すときも簡単です。

ここでは、パテを使用した方法をご紹介します。


  • 【準備するもの】
  • ・固まらない配管用パテ
  • ・雑巾

  • 1.棚に収納しているものをすべて出して空にする。
  • 2.排水管の周りに汚れが付いているときは、雑巾でふき取って乾かしておく。
  • 3.配管の周りにパテを盛るように埋める。



キッチンの排水ホースを交換する

排水ホースの破損によって下水臭が発生している場合は、ホースを交換しましょう。ここでは、キッチンの排水ホースを交換する方法をご紹介します。


  • 【準備するもの】
  • ・排水ホース
  • ・新聞紙
  • ・雑巾
  • ・ゴム手袋



  • STEP1
    1.排水トラップと排水ホースをつないでいるロックナットを手でゆるめる。
  • STEP2
    2.排水トラップからホースを取り外す。取り外すときにホースの中の水がこぼれることがあるため、周囲に新聞紙を敷いておく。
  • STEP3
    3.ホースとシンク下の床が接している部分にある『排水プレート』と、床下排水管のつなぎ目にある『防臭ゴム』を取り外す。切り込みが入っていない丸いタイプのプレートは、ホースの上の方に移動させる。
  • STEP4
    4.新しい排水ホースをトラップに軽くはめて、床下排水管までの長さを確認する。
  • STEP5
    5.ホースが長くて床下排水管のカーブ部分などに当たるときは、曲げたり短く切って調節する。ただし、曲げすぎてホースを丸めないように注意。
  • STEP6
    6.ホースの先端に防臭ゴムをはめ込む。
  • STEP7
    7.床下排水管にホースを差し込み、つなぎ目の隙間を防臭ゴムで塞ぐ。
  • STEP8
    8.ロックナットを締めて、排水トラップとホースをつなげる。
  • STEP9
    9.排水プレートを取り付ける。
  • STEP10
    10.シンクの蛇口から水を出して、水漏れがないか確認する。

下水修理を業者に依頼したときの費用相場

下水の臭いが発生しているときは、基本的に自分で解消することができます。しかしひどいつまりや、排水管の奥で汚れが発生しているときは業者による専門機材を使った修理が必要です。

しかし、業者に依頼するときに一番気になるのが、どのくらいの費用がかかるのかだと思います。

そこでここでは、下水臭の修理を業者に依頼したときの費用相場をご紹介します。


生活救急車で下水修理を下場合の費用事例

ここでは、生活救急車で実際に対応した下水臭の改善修理の費用事例をご紹介します。

※作業当時の料金のため、料金体・税率が現在と異なる場合がございます。


トイレ異臭調査

  • 項目内容 料金(税込)
  • 基本料金 4,400円
  • トイレ異臭調査 4,400円
  • 合計 8,800円

>>>事例の詳細はこちら

 

トイレの水つまり除去

  • 項目内容 料金(税込)
  • 基本料金 4,400円
  • トイレのつまり除去 軽度のつまり 6,600円
  • 薬剤洗浄 6,600円
  • 合計 17,600円

>>>事例の詳細はこちら

 

洗面排水つまり除去

  • 項目内容 料金(税込)
  • 基本料金 4,400円
  • トーラー作業 27,500円
  • 薬品洗浄 11,000円
  • 合計 42,900円

>>>事例の詳細はこちら

 

台所つまり除去 高圧洗浄機使用

  • 項目内容 料金(税込)
  • 基本料金 4,400円
  • 台所 つまり除去 高圧洗浄機使用3mまで 50,600円
  • 台所 つまり除去 高圧洗浄機使用 追加12m 26,200円
  • 薬剤洗浄 8,800円
  • 合計 90,000円

>>>事例の詳細はこちら

 

下水臭の発生原因と対処法まとめ

今回は、下水臭の発生原因と対処法をご紹介しました。

下水臭は汚れや排水設備のトラブルなどによって発生します。汚れが原因の場合は掃除を行えば基本的に解消することができるため、定期的に行うことをおすすめします。

万が一設備に問題があるときやつまりが発生しているときは、業者に依頼すると確実に解決できるため検討してみてはいかがでしょうか。

生活救急車でも下水臭の調査や修理を行っております。お困りの場合は、お気軽にお問い合わせください。