さらに条件を追加する
LIBRARY

蛇口交換はどこに頼む?~状況別の依頼先・依頼時のチェック事項など…

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
タグ
蛇口交換はどこに頼む?~状況別の依頼先・依頼時のチェック事項など~

説明 蛇口交換をどこに頼めばいいかわからなくてお困りではありませんか?蛇口交換を依頼する場合、『使っている蛇口の種類』や『交換が必要な状況』などによって適切な連絡先が異なる場合があります。今回は、蛇口交換の依頼先や手続きのやり方、自分で交換する場合の手順などについてご紹介いたします。

目次

蛇口交換をどこに頼めばいいかわからなくてお困りではありませんか?

蛇口交換を依頼する場合、『使っている蛇口の種類』や『交換が必要な状況』などによって適切な連絡先が異なる場合があります。

また、蛇口交換を業者に依頼するときは費用が気になるので、『なるべく自分で交換して費用を抑えたい』という方もいらっしゃると思います。

そこで今回は、蛇口交換の依頼先や手続きのやり方、自分で交換する場合の手順などについてご紹介いたします。


蛇口交換したいときはどこに頼むのがいい?状況別の依頼先・連絡先を紹介

蛇口の交換作業の依頼先は、『蛇口のメーカー』『水道業者』などがあります。

依頼先が複数あると『自分の場合はどこに頼めばいいか』で迷ってしまう方もいらっしゃると思います。

そこでまずは、蛇口交換が必要なときの依頼先を状況別にご紹介いたします。

依頼先 依頼時の状況(一例)
蛇口のメーカー
  • ・メーカー保証期間内
  • ・すぐに交換する必要がない
水道業者
  • ・急ぎで交換が必要
  • ・メーカーのサポートができない場合
賃貸住宅の大家さん、管理会社
  • ・賃貸マンションやアパートの蛇口が故障した
蛇口の購入店
  • ・交換作業を依頼する手間を省きたい

蛇口交換をどこに頼むか迷ったときの依頼先『蛇口のメーカー』

『LIXIL(リクシル)』『TOTO』『KVK』などの蛇口メーカーは、販売・設置後のアフターサポートとして蛇口の修理や交換を受け付けています。

蛇口のメーカーを確認して、そのメーカーに電話・メール・専用のフォームなどから連絡することで、訪問修理の申し込みができます。

メーカーに交換作業を依頼する場合、蛇口の保証期間内であれば無償で修理できる可能性があるので、連絡するときは保証書の内容を確認しておきましょう(免責事項に該当する場合は保証対象外となります)。

>>>蛇口交換を『蛇口のメーカー』に依頼するときのポイント

蛇口交換をどこに頼むか迷ったときの依頼先『水道業者』

『蛇口が壊れて水漏れしている』など、当日すぐに修理交換が必要な場合や、蛇口のメーカーがなくなっている・海外のメーカーでサポートが難しい場合などは、水道修理の業者に依頼する方法もあります。

当日の修理を希望しているときは、業者に連絡をする時点で『即日での対応が可能かどうか』を聞いてみましょう。

業者への依頼は電話やメールなどの方法がありますが、すぐに修理が必要な場合は電話での連絡がおすすめです。

>>>蛇口交換を『水道業者』に依頼するときのポイント

賃貸の蛇口交換をどこに頼むか迷ったときの連絡先『大家さん・管理会社』

賃貸住宅で使っている蛇口が故障や寿命で使えなくなって交換が必要になった場合は、賃貸の貸主である大家さんや管理会社に連絡しましょう。

無断で業者を呼んだり、自分で交換すると契約違反などのトラブルになるおそれがあります。

賃貸住宅の蛇口は貸主側の持ち物なので、『入居者側に過失や責任がない場合は、交換料金を貸主側が負担する』ケースが比較的多くなっています(契約内容によって異なる場合があります)。

>>>蛇口交換で『大家さん・管理会社』に連絡するときのポイント

蛇口交換をどこに頼むか迷ったときの依頼先『蛇口を購入したお店』

蛇口を販売しているホームセンターなどでは、交換用の蛇口を購入するときに交換工事を依頼できる場合があります。

また、最近ではインターネットショップで購入した蛇口も『工事費込み』の蛇口を購入することで購入と同時に交換工事を申し込むことができます。(参考サイト:Yahoo!ショッピング

ただし、販売店に依頼する場合は蛇口の購入と交換工事の申し込み手続きがそのまま続いて行われるので『ほかの業者と交換費用を比べる』ことができない点に注意が必要です。


蛇口交換はどこに頼む?『メーカー修理』を依頼するときのポイント

メーカーに修理交換を依頼する場合、メーカー側は『依頼を受けた蛇口がサポート対象かどうか』の確認が必要になります。

そのため、依頼をするときは必要な確認事項をあらかじめチェックしておくと対応がスムーズになると思います。

ここでは、蛇口交換をメーカーに依頼するときのポイントをご紹介いたします。

蛇口交換をメーカーに頼むときは『メーカー・品番を調べる』

メーカーに交換を依頼する場合、まずはもともと使っている蛇口のメーカー名と品番を確認しましょう。

メーカーと品番は、蛇口本体の根本にある刻印やラベルで調べることができます。また、保証書や取扱説明書にも記載されています。

『蛇口のラベルがはがれていて、取扱説明書なども紛失した』という場合は、インターネットで画像を検索して同じ製品を探す方法でも調べることができます。

品番がわからないときは『インターネット申し込みで画像を送る』

品番を調べてもわからないときは、インターネットで申し込むと比較的スムーズになる可能性があります。

インターネット申し込みでは蛇口の写真を画像データで送れるため、画像から品番を特定することができます。

また、故障している場所をより正確に伝えられるため、全体交換ではなく部品交換や補修で修理できるかどうかを診断してもらえることもあります。


蛇口交換はどこに頼む?『水道業者』に依頼するときのポイント

蛇口交換を水道業者に依頼した場合のメリットは『即日で対応できる可能性がある』『準備なども業者にすべて任せることができる』などがあげられます。

交換できる蛇口の種類などは見積もり時に業者が確認するので、自分で何かを調べたり用意する必要はありません。また、業者に在庫があれば異なるメーカーの蛇口に交換することもできます。

しかし、水道業者による交換作業は業者ごとに料金設定や作業内容が異なる場合があるため、納得のいく業者に依頼するにはしっかりと業者選びをすることが大切です。

ここでは、蛇口交換を水道業者に依頼するときのポイントについてご紹介したいと思います。

水道業者で蛇口交換をどこに頼むか決めるときは『相見積もり』で相場をチェック

水道業者に蛇口交換を依頼するときは、急いでいてもなるべく複数の業者に依頼して見積もりを比べる『相見積もり』を行うのがおすすめです。

『蛇口が急に壊れてしまった』などの予期しないトラブルの場合は、最初に連絡がついた業者にそのまま依頼する人も多いかもしれません。

しかし、あせって適当な業者に依頼すると、交換料金の相場がわからなくて通常より費用が高額になっていても気づかない可能性があります。

『料金と作業内容に納得して、信頼できる業者に依頼する』ためには、複数の業者の見積もりをチェックして相場を把握することが大切です。

蛇口交換で相見積もりを取るときは『最低3社ぶんの見積もりを取る』

相見積もりをする場合、比較対象にする見積もりは『最低3社ぶん』程度は取っておくことをおすすめいたします。

同じ蛇口の交換でも、地域や業者の作業方針などによって料金が変動するのはよくあることですので、なるべく3社以上の見積もりをチェックすることで相場を把握しやすくなります。

相場や業者ごとの作業内容を確認して、納得がいった業者にあらためて依頼をしましょう。

相見積もりは『出張料・見積料無料』の業者に依頼してコストを抑える

相見積もり目的で依頼をする場合は、連絡の時点で『相見積もりを考えている』ことを伝えておきましょう(業者によっては『見積もりのみ』を受け付けていないところもあります)。

また、相見積もりの依頼先は『出張料・見積料無料』の業者を選ぶと費用を抑えることができます。


賃貸の蛇口交換はどこに頼む?『大家さん・管理会社』に連絡するときのポイント

賃貸住宅の蛇口が故障や寿命で交換が必要になった場合は、まず貸主の大家さんや管理会社に連絡することが必要です。

『貸主側と入居者側のどちらが業者を手配するのか』は貸主側の管理方針や賃貸の契約内容などによって異なるので、故障の連絡をするときに確認しておくといいでしょう。

また、賃貸の場合は持ち家とは異なる注意点もあるので、次でご紹介したいと思います。

賃貸で蛇口交換の連絡をするときの必要事項

大家さんや管理会社に蛇口交換の連絡をした場合、修理業者を手配するために必要なことをいくつか聞かれる場合があります。

修理の手配などに必要なことなので、なるべくスムーズに答えられるようにしておくと安心です。

  • 【蛇口交換の連絡で聞かれる可能性があること】
  • ・住所、入居者の氏名
  • ・マンション・アパートの名前、部屋番号
  • ・どこの蛇口が故障したのか、故障した原因(わかれば)
  • ・水漏れが発生しているかどうか

蛇口が壊れて水漏れしているときは応急処置を行う

蛇口が故障した原因に過失がなくても、『水漏れを知りながら放置した』場合は、水漏れの対応費用については自己負担となる可能性が高くなるので注意が必要です。

水漏れを放置して床や壁が劣化・破損したり、階下の住人に被害がおよんだ場合は修理費用を負担する可能性があります。

水漏れの可能性があるときはシンク下などもよく確認し、水漏れを発見したらなるべくすぐに『止水栓・水道の元栓を閉める』などの方法で対処しておきましょう。

故障以外の原因で賃貸の蛇口交換をしたい場合はどこに頼む?

『蛇口は問題なく使えるけれど、もっと使いやすい蛇口に交換したい』といった理由での交換も、大家さんや管理会社に相談してみましょう。

管理者側の方針によっては『事前に許可を得て』交換できる場合があります。

ただし、故障時のように管理者側で業者を手配する可能性は低いため、交換作業は自分で行うか、自分で業者を呼んで行います。また、退去時はもとの蛇口に戻す必要があるため、交換前の蛇口は大切に保管しておきましょう。


蛇口交換をどこに頼むか費用で迷ったら『自分で交換』

蛇口交換を業者に依頼する場合、交換費用が気になるという人も多いと思います。

なるべく交換の費用を抑えたいときは、『交換用の蛇口を購入して自分で交換作業を行う』方法もあります。

そこでここからは、蛇口交換をDIYで行うときのやり方についてご紹介いたします。

自分で蛇口を交換するときは『蛇口の種類』を調べる

蛇口は基本的に同じ種類のものどうしで交換を行うので、交換用の部品を購入するときはあらかじめお使いの蛇口の種類を調べておきましょう。

 
蛇口の種類 ワンホール混合水栓 ツーホール・シングルレバー混合水栓
(コンビネーション水栓)
ツーホール混合水栓 壁付混合水栓
画像

説明 天板に穴が1個だけ空いて、そこに蛇口がはめ込まれているタイプの蛇口です。ワンホール→ツーホールへの交換はできないので注意しましょう。 洗面台に穴が2つ空いて、一方に蛇口、一方にレバーハンドルが取り付けてあるタイプの蛇口です。2個の穴の距離が一致したものでないと交換ができません。 天板に穴が2個空いて、2つの穴に蛇口本体をはめ込むタイプの蛇口です。ツーホール・シングルレバー混合水栓とは異なる種類の蛇口のため、ツーホール→ツーホール・シングルレバーへの交換はできません。 壁に穴が2つ空いて、そこに蛇口が取り付けられているタイプの蛇口です。『壁付単水栓』の場合は、穴が1つだけ空いています。

※横にスクロール(スライド)できます。

蛇口交換作業に必要な道具

蛇口交換に必要な道具は、下記のとおりです。

  • ・プラスドライバー
  • ・マイナスドライバー(ネジタイプの止水栓の場合)
  • ・モンキーレンチ

シングルレバー蛇口の交換手順

  • STEP1
    1.止水栓を閉めておく。
  • STEP2
    2.給水栓を接続している左右両方のナットをレンチで取り外す。
  • STEP3
    3.カウンター下で水栓を固定しているナットをレンチで取り外す。
  • STEP4
    4.カウンターの上から水栓を持ち上げて外す。
  • STEP5
    5.台座が設置されているときは固定ネジをプラスドライバーで緩めて取り外す。
  • STEP6
    6.新しい台座をカウンターに設置し、プラスドライバーでネジを取り付ける。
  • STEP7
    7.シャワー付きの場合は取り付ける前にホースをすべて引き抜いておく。
  • STEP8
    8.台座に給水ホース・シャワーホースを通して水栓を設置し、引き抜いたシャワーホースを元に戻す。
  • STEP9
    9.水栓の根元にあるネジをプラスドライバーで締めて、本体を固定する。
  • STEP10
    10.カウンター下の2本の給水ホースを、アダプターを使って止水栓とつなげる。
  • STEP11
    11.シャワーホースをシャワーホースソケットに取り付ける。
  • STEP12
    12.止水栓を開けて水を流し、水漏れが起こっていないか確認して完了。

ツーホール蛇口の交換手順

  • STEP1
    1.止水栓を閉めておく。
  • STEP2
    2.カウンター下左右の給水栓接続ナットを、レンチで外す。
  • STEP3
    3.本体を固定しているナットを2箇所レンチで外す。
  • STEP4
    4.上から水栓本体を持ち上げて取り外す。
  • STEP5
    5.新しい水栓を穴に合わせて設置する。
  • STEP6
    6.カウンターの下から、パッキン・座金をはめて2箇所ナットを締める。
  • STEP7
    7.給水管をナットで接続する。
  • STEP8
    8.止水栓を開け、水漏れが起こっていないか確認する。

ツーホールシングルレバー蛇口の交換手順

  • STEP1
    1.止水栓を閉めておく。
  • STEP2
    2.止水栓と給水管をつなげている2か所のナットを、レンチを使ってゆるめる。
  • STEP3
    3.給水管を取り外す。
  • STEP4
    4.天板の裏側にある、蛇口・ハンドルを固定している2か所のナットを取り外す。
  • STEP5
    5.ストッパーを外して、ハンドルとホースの接続を取り外す。
  • STEP6
    6.天板の上から、蛇口とハンドルを取り外す。
  • STEP7
    7.新しい水栓を差し込む。
  • STEP8
    8.蛇口・ハンドルのナットを締めて固定する。
  • STEP9
    9.ホースをハンドル側につなげる。つなげた後は、ホースを引っ張って抜けないかを確認する。
  • STEP10
    10.ナットを締めて、給水管と止水栓を接続する。
  • STEP11
    11.止水栓を開けて完了。

壁付混合蛇口の交換手順

  • STEP1
    1.止水栓を閉めておく。
  • STEP2
    2.水栓を取り付けている左右のナットを、レンチを使って外す。
  • STEP3
    3.ナットが外れたら水栓を取り外す。
  • STEP4
    4.両側のクランクを反時計回りに手で回して取り外す。
  • STEP5
    5.配管内の汚れを歯ブラシなどを使って落とす。
  • STEP6
    6.クランクを配管に差し込んで時計回りに回し、何回転で取り付けられるか確認する。
  • STEP7
    7.クランクにシールテープを5~6回巻き付ける。シールテープは軽く引っ張りながらしっかり密着させる。
  • STEP8
    8.シールテープを巻いたら、『確認した回数より1回転少なく』時計回りに回してクランクを設置する。
    ※回数を多く回してしまい、戻してしまった場合はシールテープを巻き直すところからやり直す。
  • STEP9
    9.反対側のクランクは回しきらずに途中で止め、クランクが『への字』になるように設置する。
  • STEP10
    10.レンチを使って両側のナットを締める。(ここも『への字のまま』取り付け)
  • STEP11
    11.両方のナットを閉めたら、クランクが『への字』から『ハの字』になるように調節する。
  • STEP12
    12.交換できたら、止水栓を開けて水漏れがないか確認する。

蛇口交換はどこに頼む?水道業者に依頼した場合の費用について

『メーカー修理の手続きが面倒』『自分で交換するのが難しそう』などの場合は、蛇口交換を水道業者に依頼する方法もあります。

しかし、業者に作業を依頼するときは費用がいくらかかるのかが気になると思います。

そこでここからは、蛇口の修理交換を業者に依頼した場合の費用についてご紹介いたします。

生活救急車で蛇口交換を行った場合の料金事例

蛇口交換を業者に依頼した場合の費用は、交換する蛇口の種類など作業内容によって異なります。

正確な料金を知りたいときは現地見積もりをするのがおすすめですが、見積もりを行う場合は最低3社に連絡して見積内容を比較すると大体の相場がわかるので安心です。

ここでは費用をイメージしやすいように、生活救急車でレバー・蛇口本体の修理交換を行った場合の料金事例をご紹介いたします。

※作業当時の料金の為、料金体系・税率が現在と異なる場合がございます。

台所の水栓交換

  • 項目内容 料金(税込)
  • 基本料金 4,400円
  • キッチン水栓取付 混合水栓ワンホール 12,100円
  • 合計 16,500円

  • >>>この事例の詳細を見る

浴室の水栓交換

  • 項目内容 料金(税込)
  • 基本料金 4,400円
  • 浴室水栓漏水 水栓本体交換 8,800円
  • TOTO 浴室水栓 部品代 24,800円
  • 合計 38,000円

  • >>>この事例の詳細を見る

洗面所の蛇口交換

  • 項目内容 料金(税込)
  • 基本料金 4,400円
  • 洗面台混合水栓交換 16,500円
  • TOTO 洗面台水栓 部品代 31,240円
  • フレキ管 部品代 2,200円
  • 合計 54,340円

  • >>>この事例の詳細を見る

蛇口交換はどこに頼む?状況別の依頼先まとめ

今回は、蛇口交換の依頼先などについてご紹介させていただきました。

蛇口交換が必要な場合は、『蛇口のメーカー』『水道業者』などに依頼することを検討してみましょう。また、賃貸住宅の場合は大家さんや管理会社に連絡をします。

蛇口交換を業者に依頼する場合、業者によって料金体系や提案される施工内容が異なるので、最低3社から見積りを取って確認するのが安心です。

生活救急車でも、洗面台蛇口の交換作業を承っております。「他社の見積りと比較したい」といったご依頼でも承っておりますので、お困りの際はお気軽に現地見積もりをご利用ください。