さらに条件を追加する
LIBRARY

ウォシュレットが動かないときの直し方とは?~調整方法・修理交換の…

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
タグ
ウォシュレットが動かないときの直し方とは?~調整方法・修理交換の費用など~

説明 ウォシュレットが動かないトラブルでお困りではありませんか?ウォシュレットの不具合の内容によっては、故障が原因ではなく自分で修理できる場合があります。そこで今回は、ウォシュレットが動かないときの直し方についてご紹介いたします。

目次

ウォシュレットが動かないトラブルでお困りではありませんか?

ウォシュレットの故障でよくある症状は『ノズルが出ない・水が出ない』などの動かない不具合ですが、不具合の原因によっては故障ではなく自分で修理できる場合があります。

そこで今回は、ウォシュレットが動かないときの直し方についてご紹介いたします。


ウォシュレットが動かないときにチェックすることとは?

ウォシュレットが動かない不具合が発生した場合、『中の機械が故障したのかもしれない』と考える人もいらっしゃると思います。

実際に内部部品が故障しているときはメーカーや業者による修理が必要ですが、症状によっては自分で直せる可能性もあります。

そこでまずは、ウォシュレットが動かないときに確認しておきたいことについてご紹介いたします。

『ウォシュレットの症状』から動かない原因をチェック

『ウォシュレットが動かない』トラブルには、さまざまなパターンがあります。

『本体のスイッチが反応しない』『ボタンの反応はあるけれどノズルが動かなくなった』など、まずは具体的な症状を確認してみましょう。

症状をチェックすることで、トラブルの原因をより特定しやすくなります。

  • 【ウォシュレットが動かない症状の一例】
  • ・本体やリモコンパネルのボタンを押しても反応しない
  • ・便座に座っても作動しない
  • ・ウォシュレットのノズルが出ない
  • ・ウォシュレットノズルから水が出ない

ウォシュレットが動かない原因について解説

ウォシュレットが動かない具体的な症状を確認したら、故障の原因を調べてみましょう。

下記の表から、ウォシュレットの症状に近いものを選んでみてください。

症状 考えられる原因
本体やリモコンパネルのボタンを押しても反応しない
便座に座っても作動しない

・着座センサーの反応が悪くなっている

ウォシュレットのノズルが出ない
ウォシュレットノズルから水が出ない

また、上記の症状はいずれも『電子部品の故障・寿命』が原因となっている場合もあります。



ウォシュレットが動かない原因『電源が入っていない』

ウォシュレット本体の電源が入っていないと、ボタンを押しても反応がなく、ノズルを出すなどの操作もできません。

基本的なことと思うかもしれませんが意外とよくある原因なので、まずは『電源ランプがついているかどうか』などを確認してみましょう。

また、掃除などをしたときにコンセントから電源プラグが抜けてしまう、などのトラブルも考えられるので、『スイッチとコンセント』両方の状態をチェックしておくことをおすすめします。

『ブレーカーが落ちていて電源が落ちていた』トラブルもチェック

ブレーカーが落ちると家の中のすべての電気製品が一時停止し、入れ直せば電気が復旧します。

しかし、電気製品の種類によっては電源ボタンを入れ直さないと再起動しないものもあります。

ウォシュレットも、コンセントがつながっただけでは作動しない種類があるので、そういった場合は電源ボタンを押してスイッチを入れ直しましょう。

ウォシュレットが動かない原因『リモコンパネルの電池が切れている』

壁に設置するタイプのリモコンパネルは乾電池で動いている種類も多く、リモコンの中にある電池が切れるとボタンが効かなくなります。

リモコンパネルは電池の寿命が近づくとランプの点滅や液晶の表示で通知するので、交換時期が近づいたら早めに電池交換を行いましょう。


ウォシュレットが動かない原因『ノズルが目つまりしている』

『ボタンを押してもノズルが出てこない』『ノズルは出るけれど、水が出てこない』などの症状の場合、ノズルが目つまりしていることが考えられます。

ノズルには尿石や水垢などの汚れが溜まりやすいので、定期的に掃除をしてメンテナンスを行うことをおすすめいたします。



ノズルではなく『給水フィルター』が目つまりする場合も

ノズルの状態に問題がないけれどノズルから水が出ない場合は『給水フィルター』が原因になっている可能性があります。

ウォシュレットの洗浄水は給水フィルターを通して行われているので、給水フィルターが水垢などで目つまりを起こすと、水が出なくなることがあります。

この場合もノズルの目つまりと同様に、掃除でつまりを取り除いてみましょう。給水フィルターの掃除方法は、下記でご紹介しております。


ウォシュレットが動かない原因『着座センサーの反応が悪くなっている』

ウォシュレットは、便座に座っていないときにノズルから水が出ないように『着座センサー』を取り付けています。

そのため、着座センサーがうまく反応しないとボタンを押してもノズルや水が出ない不具合が起こることがあります。

着座センサーの反応が悪くなる原因は、たとえば下記の通りです。

  • 【着座センサーが反応しない原因(一例)】
  • ・着座センサーが汚れている
  • ・ウォシュレット便座が浮いている・ずれている(固定が外れかかっている)
  • ・便座裏のクッションゴムが外れている
  • ・便座カバーをつけている

着座センサーの汚れを清掃する・ズレを調整するやり方は、下記でご紹介しております。


また、上記の原因に心当たりがない場合は、着座センサーを操作する電子部品の故障が考えられますので、メーカー修理や全体交換などを検討されることをおすすめいたします。

ウォシュレットが動かない原因『タンクの温水を使い切った(貯湯式の場合)』

『貯湯式』とは、ウォシュレット本体の中にある温水タンクから洗浄水を出すタイプのウォシュレットのことです。

貯湯式のウォシュレットで連続してノズルから洗浄水を出し続けると、タンクの温水がなくなって『お湯切れ』を起こすことがあります。

そのため、たとえば『家族が多く、ウォシュレットを頻繁に使う』などの場合、お湯切れで水が出なくなることも考えられます。

タンクのお湯がなくなったときは自動で水が溜まるようになっているので、沸かしてお湯になるまで待てば再び水が出るようになります。

ウォシュレットが動かない原因『止水栓が閉まっている』

ノズルから水が出ない場合、トイレの止水栓もチェックしてみましょう。

止水栓が閉まっていて水が出ない・少なくなっているときは止水栓を開ければ症状は改善します。

また、水道の元栓が閉まっている可能性もあるので、トイレの止水栓を開けても水が出ないときは元栓も確認してみましょう。

ウォシュレット内部の部品が故障して動かないときは『メーカーに修理を依頼』

上記でご紹介した不具合は、いずれも『ウォシュレット本体の電子部品』の故障が原因になっている場合もあります。

ウォシュレットの内部の部品が故障している可能性があるときは、ウォシュレットのメーカーに連絡して修理を依頼することをおすすめいたします。

ウォシュレットは『個人での分解修理不可』

ウォシュレットは基本的に『個人での分解修理』が不可となっており、無理に分解しようとすると火災や感電などの事故が起こるおそれもあるので、自力での修理はやめておきましょう。

内部の部品が故障した症状を自分で修理する場合は、『ウォシュレットを全体交換』する方法があります。

>>>ウォシュレットが動かない症状を『修理交換』で対応する場合のやり方

ウォシュレットが動かない原因『断水・配管の凍結』など

ウォシュレットの不具合ではなく、水道からの水が送られていないことが原因のケースもあります。

断水や配管の凍結などでトイレの給水管に水が供給されないと、ウォシュレットやトイレタンクの水が使えなくなってしまいます。

断水の場合は水道局のホームページなどを見て情報を確認しましょう。配管が凍結しているときは、溶けるまで待つ、タオルを巻いてからぬるま湯(熱湯は使わない)をかける、などの対策を行いましょう。


ウォシュレットが動かないときの直し方・対処法

ウォシュレットが動かない症状は、原因によっては調整や清掃などを行って自分で修理できる可能性があります。

そこでここからは、ウォシュレットが動かないときの直し方をご紹介いたします。

ウォシュレットが動かないときの対処法『リモコンの電池を交換する』

リモコンパネルの電池が切れてウォシュレットが操作できなくなっているときは、リモコンの電池交換を行いましょう。

1.ウォシュレット本体の電源プラグを抜いておく。

2.リモコンパネルのランプや液晶の表示が消えたら、リモコンパネルを取り外す(家庭用リモコンは上に持ち上げるだけで外せる種類がほとんどです)。

3.リモコンパネルの裏側についている電池カバーを外して、中の電池をすべて交換する。

4.リモコンパネルをハンガーにひっかけて戻してから、ウォシュレットのプラグを差して電源ボタンを押す。

リモコンパネルの外し方や電池パックの場所はウォシュレットの種類によって異なる場合があるので、詳しいやり方を知りたいときはウォシュレットの取扱説明書を確認することをおすすめいたします。

ウォシュレットが動かないときの直し方『ノズルを掃除する』

ウォシュレットのノズルが目つまりしていることが原因でノズルが出ない・ノズルから水が出ないなどの症状があるときは、ノズルの目つまり掃除で解消できる可能性があります。

ここでは、ウォシュレットノズルの掃除方法をご紹介したいと思います。


  • 【ウォシュレットノズルの掃除に必要な道具】
  • ・薄めた台所用中性洗剤
  • ・雑巾
  • ・綿棒
  • ・ゴム手袋

【ウォシュレットノズルの掃除手順】

1.ウォシュレットの操作パネルにある、「ノズル掃除」ボタンを押してノズルを引き出す。ボタンがないときは、ゴム手袋を着用してから手でノズルを直接つまんで引き出す。

2.固く絞った雑巾に薄めた中性洗剤をつけて、ノズルやノズル収納部分の汚れをふき取る。雑巾が届きにくい細かい場所は、薄めた洗剤をつけた綿棒で汚れを取る。

3.洗剤をつけていない雑巾で水拭きをして完了。

片方のノズルだけ出ないときの対処法

『ビデだけ出ない』など片方のノズルだけ出てこない症状がある場合の対処法は、『ウォシュレットノズルの付き方』によって異なります。

2種類の洗浄コースがあるウォシュレットは、たとえば下記のような構造になっているので参考にしてみてください。

  • 【洗浄コースが2種類あるときのノズルのしくみ(一例)】
  • ・おしり用とビデ用でノズルが2本ある
  • ・ノズルの内側にビデ用ノズルが入っている
  • ・1本のノズルの穴(水路)の位置でおしりとビデを使い分ける

上記のいずれの場合でも、『出ないほうのノズルや部品』の目つまり掃除をすることで動きが改善する可能性があります。

ウォシュレットが動かないときの直し方『着座センサーの清掃・調整を行う』

着座センサーがうまく作動しないときの対処法は、センサーが不具合を起こしている原因によって異なります。

また、着座センサーの場所で直し方が変わる場合もあるので、清掃・調整をする前に着座センサーの位置を確認しておきましょう。

原因 対処法
便座の奥・操作パネル側面のセンサーが汚れている

トイレシートなどで汚れをふき取る

便座裏側のセンサーにゴミが挟まっている

清掃でゴミを取り除く

クッションゴムが外れて便座がずれている

クッションゴムを取り付け直す。破損・紛失しているときは新品に交換

ウォシュレット便座に浮き・ガタつきがある

ウォシュレットを取り付け直す


※種類・品番・サイズなど、買い間違いにご注意ください。


便座のクッションゴムは単体で購入できるので、メーカーや品番を確認してネット注文やメーカー取り寄せを行いましょう。

ウォシュレットを取り付け直すやり方については、次でご紹介いたします。

ウォシュレットを取り付け直す方法

ウォシュレットの便座がゆるんでいるときは、一度ウォシュレット本体を取り外して取り付け直してみましょう。

本体右横の『本体取り外しボタン』を押しながら前にスライドするとウォシュレットが外せるので、もう一度奥にスライドして『カチッ』と音がするまでしっかり差し込んでください。

上記の方法で症状が直らないときは『ベースプレート』や便座裏側のナットがゆるんでいる可能性があるので、下記でご紹介する外し方を参考にしながら設置をやり直してみましょう。


賃貸住宅のウォシュレットが動かないときの対処法

賃貸住宅のトイレに設置してあるウォシュレットが動かなくなった場合、『入居時から設置されていたかどうか』で対応が異なります。

元から設置されていたものは貸主側の持ち物になるので、管理会社・大家さんに連絡しましょう。借主側の故意や過失がなければ、費用は貸主側の負担になるケースも多いです(契約内容によって異なる場合があります)。

自分で設置したものや、前の入居者が設置していた場合は実費で修理交換を行います。


ウォシュレットが動かない症状を『修理交換』で対応する場合のやり方

ウォシュレットは交換用のウォシュレットと工具があれば、DIYで交換することもできます。

自分で交換する場合は、下記の道具を用意しておきましょう。

  • 【必要な道具】
  • ・マイナスドライバー
  • ・プラスドライバー
  • ・レンチ

また、本体を便器の裏側からナットで固定しているタイプの場合は、『便座締め付け工具』も必要になります。

ウォシュレットをDIYで交換する手順1.『ウォシュレットの取り外し方』

ここでは、ウォシュレットの交換方法についてご紹介したいと思います。

1.マイナスドライバーで止水栓を閉めてから、レバーで水を流してタンク内の水を抜く。

2.ウォシュレットのスイッチを切り、電源プラグをコンセントから抜く。

3.レンチでナットをゆるめて、分岐金具から給水ホース(給水管)を取り外す。

取り外したときに水がこぼれる可能性があるため、下に雑巾やバケツを用意しておく。

4.ウォシュレット便座の側面(右側)にある『本体取り外しボタン』を押しながら、便座を手前にスライドさせて本体を取り外す。

5.ウォシュレット本体の下にある『ベースプレート』のボルトを、プラスドライバーでゆるめて取り外す。

6.ベースプレートとゴムブッシュを便器から取り外す。ゴムブッシュが外しにくいときは、プライヤーで引き抜くかプラスドライバーで押し込んで便器の裏側から引き抜く。

7.分岐金具のナットをレンチでゆるめて取り外す。水がこぼれることがあるので、下に雑巾やバケツを置いておく。

本体取り外しボタンがないウォシュレットの外し方

本体取り外しボタンがないタイプのウォシュレットの外し方は、下記の手順を参考にしてみてください。

1.分岐金具とウォシュレット本体をつないでいる連結管(2ヶ所)を、レンチでゆるめて取り外す。

2.便座の裏側にあるナット(2ヶ所)を、便座締め付け工具でゆるめて取り外す。

3.ウォシュレット本体をを上に持ち上げて取り外す。

ウォシュレットをDIYで交換する手順2.ウォシュレットの取り付け方

1.止水栓を押さえながら、付属のパッキンを間にはさんで分岐金具を取り付ける。さらに、タンク側の給水管と分岐金具を接続する。

2.付属の型紙に従ってベースプレートを取り付けて、取り付け穴にゴムブッシュを差し込み、ネジをプラスドライバーで締めて固定する。ゴムブッシュが差し込みにくいときは、ゴムブッシュの表面を水で濡らすと差し込みやすくなる。

3.ウォシュレット本体をスライドさせて、ベースプレートに取り付ける。

4.ホース側のナットにパッキンが入っているのを確認してから、ウォシュレット本体に給水ホースを取り付けて、レンチでナットを締める。

5.分岐水栓側にも給水ホースを接続して、止水栓をゆっくり開ける。このとき、給水ホースを曲げたりつぶしたりしないように注意する。

6.電源プラグ・アースを差し込み電源を入れ、試運転を行う。配管接続に不備があると水漏れの原因になるので、万が一水漏れが生じた場合は再施工を行う。


ウォシュレットが動かない症状の修理を業者に依頼した場合の費用について

ウォシュレットが動かない原因がわからない・修理や交換作業を自分でするのが難しいと感じたときは、業者に修理を依頼する方法もあります。

しかし、業者に作業を依頼するときは費用がいくらかかるのかが気になると思います。

そこでここからは、ウォシュレットの修理を業者に依頼した場合の費用についてご紹介いたします。

生活救急車でウォシュレットの修理・交換を行った場合の料金事例

ウォシュレットの修理や交換を業者に依頼した場合の費用は、ウォシュレットの種類や症状など作業内容によって異なります。

正確な料金を知りたいときは現地見積もりをするのがおすすめですが、見積もりを行う場合は最低3社に連絡して見積内容を比較すると大体の相場がわかるので安心です。

ここでは費用をイメージしやすいように、生活救急車でウォシュレットの修理交換を行った場合の料金事例をご紹介いたします。

※作業当時の料金の為、料金体系・税率が現在と異なる場合がございます。

ウォシュレットの水が出ない


温水洗浄便座の交換

  • 項目内容 料金(税込)
  • 基本料金 4,400円
  • 温水洗浄便座 交換 16,200円
  • パナソニック 部品代 25,600円
  • 修理 軽作業 8,800円
  • 合計 55,000円

  • >>>この事例の詳細を見る

ウォシュレット交換

  • 項目内容 料金(税込)
  • 基本料金 4,400円
  • ウォシュレット交換 16,500円
  • 廃材処分費 8,800円
  • TOTO 部品代 68,431円
  • トイレタンク内部品交換 11,000円
  • TOTO 部品代 869円
  • 合計 110,000円

  • >>>この事例の詳細を見る

ウォシュレットが動かないときの直し方まとめ

今回は、ウォシュレットが動かないときの直し方についてご紹介させていただきました。

ウォシュレットが動かない不具合は、症状によっては自分で直したり交換することができますが、原因がわからない・作業が難しいときは業者に依頼する方法もあります。

ウォシュレットの修理交換を業者に依頼する場合、業者によって料金体系や提案される施工内容が異なるので、最低3社から見積りを取って確認するのが安心です。

生活救急車でも、ウォシュレットの修理作業を承っております。「他社の見積りと比較したい」といったご依頼でも承っておりますので、お困りの際はお気軽に現地見積もりをご利用ください。