さらに条件を追加する
LIBRARY

お風呂の蛇口からポタポタ水漏れしているときの対処法・DIYでの修…

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
タグ
お風呂の蛇口からポタポタ水漏れしているときの対処法・DIYでの修理方法を紹介

説明 お風呂の蛇口からポタポタと水が止まらない症状でお困りではありませんか?水漏れしているときは、蛇口の部品が劣化しているサインの可能性があるので、早めに修理して対処ができると安心です。そこで今回は、お風呂の蛇口からの水漏れの対処法・修理方法についてご紹介いたします。

目次

お風呂の蛇口からポタポタと水が止まらない症状でお困りではありませんか?

お風呂の蛇口の場合、少量なら気にしない人もいるかもしれませんが、水漏れは蛇口の部品が劣化しているサインなので、早めに修理して対処ができると安心です。

そこで今回は、お風呂の蛇口からの水漏れの対処法・修理方法についてご紹介したいと思います。


お風呂の蛇口からポタポタ水漏れしているときの応急処置方法

蛇口を開けていないのに、蛇口の先(吐水口)からポタポタと水が落ちてきている症状がある場合。

この場合、水漏れの量がごく少量だったり、水が落ちる間隔が長いときは水道代にも影響が出にくいので気にしないという人もいるかもしれません。

しかし、ポタポタする間隔が短くて水漏れの量が多いときや、すぐに修理するのが難しい状況のときは放っておくと水道代がかさんだり、湿気でお風呂の床にカビが生える原因になることも考えられます。

そんなときは、これからご紹介する方法で応急処置をして一時的に水を止めておきましょう。

お風呂蛇口のポタポタ水漏れは『止水栓を閉めて一時的に止める』

お風呂の蛇口からの水漏れを応急処置する場合、『お風呂蛇口の止水栓を閉める』ことでポタポタ落ちてくる水を一時的に止めることができます。

お風呂の止水栓は蛇口の種類によって位置が異なりますが、たとえば下記のような場所に取り付けられています。

  • ・蛇口本体の真上・側面に付いている溝のついたネジ
  • ・蛇口の取り付け脚に付いている溝のついたネジ(壁付蛇口)
  • ・蛇口本体のカバーを外した場所にあるネジ(台付蛇口)

壁付蛇口と台付蛇口についての詳しい説明は、下記でご紹介しております。

>>>お風呂の蛇口からのポタポタ水漏れを修理するときはまず『蛇口の種類を確認』

修理まで時間がかかるときは『お風呂の蛇口を使うたびに止水栓を開け閉めする』

止水栓や水道の元栓を閉めた場合、その間は水が使えなくなります。

しかし、『修理業者がすぐには来られない』などの状況だと、再び水を使う必要が出てくることもあると思います。

このようなときは、少し不便になってしまいますが、『お風呂の蛇口を使用するときは止水栓を開けて、使い終わったら再び止水栓を閉めておく』ようにすると水を余計に使うことを防止できます。

お風呂蛇口のポタポタ水漏れは『水道の元栓』を閉めても対処できる

お風呂の蛇口に止水栓がついていない・止水栓の場所がわからないときは、水道の元栓を閉めて対処する方法もあります。

水道の元栓は、一戸建て住宅の場合は屋外の水道メーターが入っているボックス(地面に埋まっている)の中にあります。

マンションなど集合住宅の場合は、玄関横のパイプスペース(水道メーターや給湯器が設置してある所)か、屋外にまとめてボックスが設置されていることもあります。


お風呂の蛇口からポタポタ水漏れする原因と対処法を紹介

お風呂の蛇口から水漏れしている場合、蛇口の本体または部品のいずれかが劣化している可能性が考えられます。

水漏れ修理は水道業者に依頼するという人も多いかもしれませんが、水漏れの原因になっている箇所がわかればDIYで対処できる場合があります。

水漏れを自分で直してみたいという人は、これからご紹介する方法を参考にしながら水漏れ原因を調べてみましょう。

お風呂の蛇口からのポタポタ水漏れを修理するときはまず『蛇口の種類を確認』

まずは、下記の表からお使いの蛇口の種類を特定しましょう。

お風呂の蛇口は種類によって使われている部品が違うため、同じ場所からの水漏れでも蛇口の種類によって故障している場所が異なるケースもよくあります。

さらに、お風呂の蛇口には壁に取り付ける『壁付水栓』と、浴槽やカウンターなどに取り付ける『台付水栓』の2種類に分かれますので、蛇口が設置されている場所についても確認しておきましょう。

 
【壁付混合水栓】 【台付混合水栓】 【2ハンドル混合水栓】 【サーモスタット混合水栓】

浴室の壁面に取り付けられているタイプの蛇口です。壁の中にある給水管と蛇口本体は『クランク管』という部品でつながっています。 浴槽やカウンター部分に取り付けられているタイプの蛇口です。蛇口の真下にある点検口を開くと、給水管を確認できます。 水用とお湯用の2つのハンドルで温度と水量を調節するタイプの蛇口です。浴室用の場合、蛇口本体の中央に蛇口とシャワーを切り替えるための『切り替え弁』が取り付けられています。 蛇口本体の両側に、温度調節用のハンドル・蛇口とシャワーの切り替えと水量を調節するハンドルが1つずつ付いているタイプの蛇口です。ハンドルを分解すると、切り替え弁が入っています。

お風呂蛇口からのポタポタ水漏れ原因を水漏れ箇所から調べる

蛇口の種類を確認したら、次は『水漏れがどこから発生しているか』を確認します。

下記のイラストから、ご自身の蛇口の症状に近いものを選んでみてください。

お風呂蛇口からのポタポタ水漏れ原因『吐水口からの水漏れ』

『蛇口を閉めても吐水口から水が出る』症状が出ている場合、水漏れの原因は蛇口の種類によって異なります。

お使いの蛇口が『2ハンドル混合水栓』の場合は『コマパッキン(ケレップ)』という部品が原因の可能性があります。

『サーモスタット混合水栓』を使っている場合はハンドル内部の『切り替え弁』が原因になっている可能性があります。


お風呂蛇口からのポタポタ水漏れ原因『吐水口の根本(スパウト)からの水漏れ』

吐水口の根本(スパウト)から水漏れしている場合、スパウトに入っているパッキンの劣化が考えられます。

自分で修理するときは、パッキンを新品に交換してみましょう。

注意点ですが、スパウトなど回転(動く)部分に使われているパッキンは、溝のついている『Uパッキン』になります。

自分で交換用のパッキンを購入する場合は、形状をよく確認してから選ぶことをおすすめします。

>>>蛇口のUパッキンの交換方法

お風呂蛇口からのポタポタ水漏れ原因『切り替えレバーからの水漏れ』

お風呂蛇口の中央にある切り替えレバーから水漏れしているときは、内部の切り替え弁(ユニット)が故障している可能性があります。

切り替えレバーはお風呂の蛇口の中でも動かす機会が多い部品のため、パッキンと同じように劣化が早まりやすいことがあるので注意が必要です。

切り替え弁を修理する場合、切り替え弁を新しいものに交換しましょう。

>>>切り替え弁の交換方法

お風呂蛇口からのポタポタ水漏れ原因『蛇口本体と壁の隙間からの水漏れ』

壁付蛇口で、蛇口本体と壁の隙間から水漏れしている場合、『クランク管』が原因になっている可能性があります。

クランク管は『パッキン』や『シールテープ』で接続部分の隙間をふさいでいますが、これらの防水用の部品が劣化すると水漏れが発生することがあります。

クランク管からの水漏れは、パッキンを交換する、シールテープを巻き直す、などの修理方法があります。


お風呂蛇口のシャワーヘッド・シャワーホースからポタポタ水漏れしているときの対処法

蛇口や吐水口だけではなく、シャワーヘッドやシャワーヘッドの付け根・シャワーホースなどからの水漏れもお風呂の蛇口では比較的多い症状です。

シャワーからの水漏れ原因と修理方法については下記のページでご紹介しておりますので、参考にしてみてください。

>>>シャワーからポタポタ水漏れする原因と修理方法【図解】ヘッド・パッキン交換も解説


お風呂の蛇口からポタポタしている水漏れを自分で修理する方法

お風呂の蛇口からポタポタしている症状は、劣化・故障している部品を修理交換することで直せる可能性があります。

そこでここからは、お風呂の蛇口の部品を交換するやり方についてご紹介したいと思います。

お風呂蛇口のポタポタ水漏れを修理する方法『交換用部品の選び方』

お風呂の蛇口に入っている部品は、補修用として単体でも販売されています。自分で購入する場合は、ホームセンターやインターネットショップで探してみましょう。

交換用部品は、蛇口の『メーカー名』『品番』が同じものを選ぶと交換作業が比較的簡単になります。

お風呂の蛇口の場合、本体部分に貼ってあるラベルや刻印でメーカー名や品番を確認できます。また、蛇口の取扱説明書の表紙などにも記載されています。

お風呂蛇口のポタポタ水漏れを修理する方法『Uパッキンを交換』

蛇口のスパウトの根本から水漏れしているときは、スパウトのパッキンを交換してみましょう。

  • 【必要な道具】
  • ・新しいUパッキン
  • ・レンチ

Uパッキンの交換手順

  • STEP1
    1.パイプと蛇口を接続しているナットを、レンチで取り外す。
  • STEP2
    2.パイプを下に引き抜いて取り外す。
  • STEP3
    3.蛇口の中に入っているUパッキンを取り外す。
  • STEP4
    4.新しいUパッキンを蛇口に取り付ける。取り付け時、『溝のある方が上』になっていることを確認しておく。
  • STEP5
    5.パイプを蛇口に取り付け直して、ナットを締めて固定したら完了。

※種類・品番・サイズなど、買い間違いにご注意ください。


お風呂蛇口のポタポタ水漏れを修理する方法『コマパッキンを交換』

2ハンドル混合水栓の吐水口から水漏れしているときは、ハンドルのコマパッキンを交換してみましょう。

  • 【必要な道具】
  • ・新しいコマパッキン
  • ・ウォーターポンププライヤー
  • ・プラスドライバー
  • ・マイナスドライバー

コマパッキンの交換手順

  • STEP1
    1.水道の元栓を閉めておく。
  • STEP2
    2.ハンドルのキャップを取り外し、下にあるネジをドライバーでゆるめてから外す。
  • STEP3
    3.ハンドルを反時計回りに回して取り外す。
  • STEP4
    4.キャップナットをプライヤーでゆるめて取り外す。
  • STEP5
    5.三角パッキンを取り外す。手で外せないときは、隙間にマイナスドライバーなどを差し込んで抜き取る。
  • STEP6
    6.スピンドル上部のネジをプライヤーでゆるめる。
  • STEP7
    7.水栓本体から、座金とスピンドルを取り外す(座金はスピンドルと同時に取り外すこともできる)。
  • STEP8
    8.本体の中に入っているコマパッキンを取り外す。
  • STEP9
    9.新しいコマパッキンを水栓本体の中に入れる。
  • STEP10
    10.スピンドルと座金を取り付ける。
  • STEP11
    11.三角パッキンを取り付ける。
  • STEP12
    12.キャップナットをはめ込んで、プライヤーで締める。ハンドルが固くなるので、ナットは締めすぎないように注意する。
  • STEP13
    13.ハンドルを元に戻して、ネジとキャップを取り付ける。
  • STEP14
    14.止水栓を開けて水を出し、水漏れがないか確認したら完了。

※種類・品番・サイズなど、買い間違いにご注意ください。


お風呂蛇口のポタポタ水漏れを修理する方法『切り替え弁を交換』

切り替え弁が故障して水漏れしているときは、切り替え弁を交換してみましょう。

  • 【必要な道具】
  • ・レンチ
  • ・プラスドライバー

切り替え弁の交換手順

  • STEP1
    1.水道の元栓を閉めておく。
  • STEP2
    2.切り替えレバーの中心にあるネジを、プラスドライバーでゆるめて取り外す。
  • STEP3
    3.切り替えレバーを水栓本体から取り外す。
  • STEP4
    4.水栓本体についているナットをゆるめて、本体内部に入っている切り替え弁を取り外す。
  • STEP5
    5.新しい切り替え弁を水栓本体に差し込み、ナットを締めて固定する。
  • STEP6
    6.切り替えレバーを元に戻して、中心のネジを締める。
  • STEP7
    7.止水栓を開けて水を出し、水漏れがないか確認したら完了。


お風呂蛇口のポタポタ水漏れを修理する方法『切り替え弁(サーモスタット混合水栓)の交換』

サーモスタット混合水栓の吐水口から水漏れしているときは、ハンドル内の切り替え弁を交換してみましょう。

  • 【必要な道具】
  • ・マイナスドライバー
  • ・プライヤー

サーモスタットハンドル内切り替え弁の交換手順

  • STEP1
    1.左右の止水栓をマイナスドライバーを使って閉める。
  • STEP2
    2.マイナスドライバーを隙間に差し込み、ノブを外す。
  • STEP3
    3.シャワーとカランの切替表示がついている部品を取り外す。
  • STEP4
    4.ナットを手で回して取り外す。固くて動かない場合はプライヤーなどを使う。
  • STEP5
    5.スペーサーを引き抜く。
  • STEP6
    6.開閉バルブを取り外す。固着している場合はプライヤーで挟んで引き抜く。
  • STEP7
    7.新しい開閉バルブとスペーサーをくっつける。
  • STEP8
    8.くっつけたバルブとスペーサーを、本体に差し込む。
  • STEP9
    9.ナットを締めて固定する。
  • STEP10
    10.切替表示がついている部品を取り付ける。
  • STEP11
    11.開閉バルブの溝を上向きにしておく。
  • STEP12
    12.スペーサーとハンドル内側の凹凸の場所を確認しておく。
  • STEP13
    13.本体にハンドルを『パチッ』と鳴るまで押し込む。
  • STEP14
    14.左右の止水栓をマイナスドライバーを使って開ける。
  • STEP15
    15.水を流して動作確認を行ったら完了。


お風呂蛇口のポタポタ水漏れを修理する方法『クランクパッキンを交換』

壁付蛇口のクランクパッキンが劣化して水漏れしているときは、クランクパッキンを新品に交換しましょう。

  • 【必要な道具】
  • ・新しいクランクパッキン(左右1つずつ)
  • ・レンチ

クランクパッキンの交換手順

  • STEP1
    1.水道の元栓を閉めておく。
  • STEP2
    2.水栓本体とクランク管をつないでいるナットを、レンチでゆるめる。
  • STEP3
    3.水栓本体を手前に引き抜いて取り外す。
  • STEP4
    4.クランク管に入っているクランクパッキンを取り外す。
  • STEP5
    5.新しいクランクパッキンを、クランク管の中に入れる。
  • STEP6
    6.水栓本体を取り付けて、レンチでナットを締めクランク管と接続させる。
  • STEP7
    7.止水栓を開けて水を出し、水漏れがないか確認したら完了。


お風呂蛇口のポタポタ水漏れを修理する方法『シールテープを巻き直す』

壁付蛇口のシールテープから水漏れしているときは、『壁付水栓を外して、給水管との接続部分のシールテープを巻き直す』方法で修理できる可能性があります。

  • 【必要な道具】
  • ・レンチ
  • ・シールテープ
  • ・ハサミ
  • ・きれいな布

シールテープを巻き直す手順

  • STEP1
    1.止水栓を閉めておく。
  • STEP2
    2.水栓を取り付けている左右のナットを、レンチを使って外す。
  • STEP3
    3.ナットが外れたら水栓を取り外す。
  • STEP4
    4.両側のクランクを反時計回りに手で回して取り外す。
  • STEP5
    5.シールテープを巻きたい部分を、きれいな布で掃除する。
  • STEP6
    6.シールテープの先がくしゃくしゃになっている場合は、ハサミでカットして先端を整えておく。
  • STEP7
    7.シールテープは端からではなく、『2つ目のネジ山』から巻き始める。
  • STEP8
    8.シールテープを軽く引っ張りながら、時計回りに5~6回巻いていく。
  • STEP9
    9.巻き終わったら手で押さえて引っ張ってちぎる。
  • STEP10
    10.指でシールテープをなじませて完了。

※種類・品番・サイズなど、買い間違いにご注意ください。


お風呂の蛇口の水漏れが部品交換で直らないときは『全体交換で修理』

水漏れの原因がわからないときや、部品交換を行っても症状が改善しないときは、蛇口本体の故障や寿命の可能性があります。

お風呂の蛇口の寿命は10年~15年程度といわれています。

長く使っている蛇口から水漏れしているときは、蛇口の全体交換を検討してみてもいいかもしれません。

>>>水道蛇口の交換費用と料金相場


お風呂の蛇口からポタポタ水漏れしている症状の修理を業者に依頼した場合の費用について

交換や修理の作業が難しいと感じたときは、無理をせず業者に相談することをおすすめいたします。

しかし、業者に作業を依頼するときは費用がいくらかかるのかが気になると思います。

そこでここからは、お風呂の蛇口の水漏れ修理を業者に依頼した場合の費用についてご紹介いたします。

生活救急車でお風呂の蛇口交換・修理を行った場合の料金事例

お風呂の蛇口交換・修理を業者に依頼した場合の費用は、交換する蛇口の種類など作業内容によって異なります。

正確な料金を知りたいときは現地見積もりをするのがおすすめですが、見積もりを行う場合は最低3社に連絡して見積内容を比較すると大体の相場がわかるので安心です。

ここでは費用をイメージしやすいように、生活救急車で浴室蛇口の修理交換を行った場合の料金事例をご紹介いたします。

※作業当時の料金の為、料金体系・税率が現在と異なる場合がございます。

浴室の水漏れ修理

  • 項目内容 料金(税込)
  • 基本料金 4,400円
  • サーモパッキン交換 部品代 253円
  • 交換作業 4,400円
  • 合計 9,053円

  • >>>この事例の詳細を見る

浴室水栓のカートリッジ交換

  • 項目内容 料金(税込)
  • 基本料金 4,400円
  • 交換 カートリッジ 11,000円
  • KVK 部品代 1,859円
  • 合計 17,259円

  • >>>この事例の詳細を見る

浴室の混合水栓交換

  • 項目内容 料金(税込)
  • 基本料金 4,400円
  • 浴室 混合水栓交換 16,500円
  • INAX 部品代 40,600円
  • 浴室 廃棄処分費 1,500円
  • 合計 63,000円

  • >>>この事例の詳細を見る

お風呂の蛇口からポタポタ水漏れしているときの対処法まとめ

今回は、お風呂の蛇口からポタポタ水漏れしているときの対処法についてご紹介させていただきました。

お風呂の蛇口からの水漏れは原因が特定できれば自分で修理できる可能性がありますが、原因がわからない・作業が難しいときは水道業者に依頼する方法もあります。

蛇口の水漏れ修理を業者に依頼する場合、業者によって料金体系や提案される施工内容が異なるので、最低3社から見積りを取って確認するのが安心です。

生活救急車でも、蛇口の水漏れ修理作業を承っております。「他社の見積りと比較したい」といったご依頼でも承っておりますので、お困りの際はお気軽に現地見積もりをご利用ください。