さらに条件を追加する
LIBRARY

トイレの『ボールタップ』とは?仕組み・水漏れとの関係を解説!

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
タグ
トイレの『ボールタップ』とは?仕組み・水漏れとの関係を解説!

説明 トイレの『ボールタップ』がどんな部品かについてお探しではありませんか?トイレタンクの故障ではボールタップの不具合が疑われることがよくありますが、はじめて修理をする人はまず「ボールタップってどんな部品?」と思う人もいると思います。そこで今回は、ボールタップの仕組みなどについてご紹介します。

トイレの『ボールタップ』がどんな部品かについてお探しではありませんか?

『トイレの水が止まらない』『トイレの流れが悪い』など、トイレタンクの水に関する故障はボールタップの不具合が疑われることがよくあります。

ボールタップはDIYで修理交換することもできますが、トイレタンクの中をあまり見たことがない人はまず「ボールタップってどんな部品?」と疑問に思う人もいらっしゃるかと思います。

そこで今回は、ボールタップの仕組み・ボールタップが原因の故障を修理する方法になどについてご紹介したいと思います。


トイレの『ボールタップ』とはどんな部品?役割・動く仕組みを説明!

トイレの不具合の原因を調べたときに『ボールタップの劣化・故障が原因』などの説明が出てくるのを見たことがある人もいらっしゃるかもしれません。

しかし、トイレの内部の部品は、普通にトイレを使ったり掃除をするだけでは、確認したり触ってみる機会がないため『あまり知らない・なじみがない』こともあるかと思います。

そこでまずは、トイレの『ボールタップ』とはどんな部品なのかについてご説明いたします。

『ボールタップ』はトイレタンクの中にある仕組みのひとつ

ボールタップとは、トイレタンクの中に入っている『給水設備』のことです。『定水位弁』『フロート弁』などの別名もあります。

トイレタンクのレバーを引くとタンク内の水が便器に流れて、タンクの水が空になります。このとき、タンクに水をためる働きをする部品がボールタップです。

タンクの外側にある給水管とつながっており、便器の洗浄水や手洗いの水を出す・止める動作もボールタップを通して行われています。

タンクレストイレにはボールタップがない

ボールタップはタンク式トイレに使われる部品のため、『タンクレストイレ』『一体型トイレ』など「電子部品で給水を行うトイレ」にはボールタップがありません。

タンクレストイレの水漏れや水が出ない症状は個人で修理するのが難しいので、メーカーや修理業者に依頼することをおすすめいたします。

>>>トイレの水漏れ修理の費用と料金相場

ボールタップの仕組みを図解

ここでは、トイレで水を流したときにボールタップがどのような動きをしているかについてご説明したいと思います。


  • STEP1
    1.トイレタンクの内部には、ボールタップと浮き球が設置されている。
  • STEP2
    2.レバーを引くと、タンク内の水が便器に流れていく。
  • STEP3
    3.水が流れてタンク内の水位が下がると、浮き球も下がる。
  • STEP4
    4.浮き球が下がると、浮き球とつながっているボールタップの弁が連動して下がる。
  • STEP5
    5.弁が下がって開くと、ボールタップの給水口からタンクに水が流れる。
  • STEP6
    6.タンク内の水がたまると、浮き球が上がってくる。
  • STEP7
    7.浮き球が一定の高さまで上がると、弁が閉じて水が止まる。

ボールタップで水位を調節する仕組みを利用した『節水効果』とは?

ボールタップは、浮き球の位置を自分で調節してトイレタンク内の水量を変えることができます。

レバーで水を流した場合、タンク内に溜まっている分だけ水が流れるので、タンクの水量を減らすことで節水効果が期待できます。

ただし、水量を減らしすぎるとトイレを流す力が弱くなって洗浄しにくくなる可能性があるので注意が必要です。

ボールタップで水位を調節する方法は、下記のページでご紹介しております。

>>>トイレの浮き球・ボールタップの水位調整方法

ボールタップ以外のトイレタンクの部品と仕組みについて

トイレタンク内には、ボールタップ以外にもさまざまな部品が入っています。点検やメンテナンスを行うときは、いっしょにチェックしておくといいでしょう。

  • ・フロートバルブ
  • トイレタンクの排水口にふたをしているゴム製の部品。
  • レバーとつながっていて、レバーが動くとフロートバルブが持ち上がり、フタが外れてトイレタンクの水が便器内に流れていく。

  • ・オーバーフロー管
  • タンク内の水があふれないようにする(オーバーフローを防ぐ)ための部品。タンク内の水が多くなると、オーバーフロー管に水が流れ込み、便器内に水を流す。

上記のようなほかの部品が劣化・破損した場合も、ボールタップと同様に水漏れなどの不具合が起こる可能性があります。


ボールタップの種類は『2種類』!それぞれの仕組みの違いについて解説

ボールタップには、大きく分けて『浮き球あり』タイプと『浮き球なし』タイプの2種類があります。

ここからは、『浮き球ありのボールタップ』『浮き球なしのボールタップ』それぞれの特徴についてご紹介したいと思います。

ボールタップの確認でトイレタンクのフタを外すときの注意点

ボールタップを確認するには、トイレタンクのフタ(手洗いボウルの部分)を外す必要があります。

トイレタンクのフタは持ち上げるだけで外すことができますが、タンク上部に手洗い用の蛇口が付いているトイレタンクは別の手順がいるので注意しましょう。

手洗いつきトイレタンクの場合、フタとタンク内の手洗い管がつながっている構造になっているので、先に手洗い管を外しておきます。

浮き球ありのボールタップの仕組み

『浮き球あり』のボールタップは、給水・止水弁があるボールタップの本体に、アームでつながった浮き球が取り付けられている、比較的よく見るタイプのボールタップです。

浮き球の形は丸形や楕円形、長方形などがあります。

浮き球の動きでボールタップの本体が給水・止水を行っているため、浮き球の玉やアームが破損・故障するとボールタップにも不具合が起こります。

浮き球なしのボールタップの仕組み

『浮き球なし』のボールタップは、本体についている『フロート部』が浮き球と同じ働きをしています。

タンク内の水量に合わせてフロートが上下に動き、本体の弁を開ける・閉める動作を行っています。

浮き球なしのボールタップの利点は、『フロートの調節がしやすい』ことです。浮き球を本体から外す必要がないので、なるべく手軽に節水対策がしたい人にもおすすめです。


ボールタップの仕組みを知って『ボールタップが原因の水漏れ』をDIY修理

ここまで、ボールタップの仕組みや種類についてご説明いたしました。

給水設備であるボールタップが故障すると『水漏れする・水が出ない』などの不具合が起こることがありますが、仕組みを知ることで分解して自分で修理できる可能性があります。

そこでここからは、ボールタップをDIYで修理する方法についてご紹介したいと思います。

  • 【ボールタップのDIY修理に必要な道具】
  • ・レンチ
  • ・マイナスドライバー

ボールタップの仕組みを知ってDIY修理『パッキン交換』

ボールタップと給水管との接続部分に入っているパッキンが劣化すると、その部分から水漏れが起こることがあります。

ボールタップを分解してパッキンを確認し、劣化がみられるときはパッキンを新品に交換しましょう。交換用のパッキンは100円~数百円程度で購入できます。



ボールタップのパッキン交換のやり方

1.トイレの止水栓を閉めてから、レバーで水を流してタンクの水を抜く。

2.タンクのふた(手洗い用のボウル部分)を持ち上げて、手洗い管と補助水管をボールタップから取り外す。

3.タンクと給水管をつないでいるナットをゆるめて取り外す。ナットの内側にパッキンが入っているので、劣化しているときは新しいものに交換する。

4.タンクの外側についているナットの中と、タンクの内側とボールタップが接している部分にもパッキンが入っているので、劣化しているときは新しいものに交換する。

5.ナットを取り付け直して、手洗い管・補助水管を元に戻したら、止水栓を開けて完了。

ボールタップの仕組みを知ってDIY修理『バルブ交換』

『浮き球は正常に動いているのにボールタップから水が止まらない』などの症状があるときは、バルブ(またはバルブのパッキン)が故障している可能性があります。

バルブやバルブのパッキンは単体でも購入できるので、バルブに異常があるときは新品に交換してみましょう。


※種類・品番・サイズなど、買い間違いにご注意ください。


ボールタップのバルブ交換手順

1.トイレの止水栓を閉めてから、レバーで水を流してタンクの水を抜く。

2.タンクのふた(手洗い用のボウル部分)を持ち上げて、手洗い管と補助水管をボールタップから取り外す。

3.タンク・止水栓の2か所にあるナットをゆるめて、給水管を取り外す。

4.タンクの外側についているナットをゆるめて、ボールタップを取り外す。

5.浮き球の根本についているネジを外すとバルブを取り外せるので、新しいバルブ(パッキン)に交換する。

6.バルブをボールタップに差し込んで、ネジを締めて固定する。

7.ボールタップと給水管を取り付け直して、止水栓を開ける。

8.トイレタンクに水が給水・止水がきちんとできるか確認したら完了。

ボールタップの仕組みを知ってDIY修理『浮き球交換』

『浮き球が割れている』『タンクに水はたまるけれど浮き球が動かない』など浮き球の不具合は、浮き球だけの交換で修理できる場合があります。


※種類・品番・サイズなど、買い間違いにご注意ください。


浮き球交換の手順

  • STEP1
    1.止水栓をマイナスドライバーで閉める。
  • STEP2
    2.レバーを引いて水を流し、タンクの水を抜く。
  • STEP3
    3.タンクのふたを開けて、ボールタップから手洗い管と補助水管を取り外す。
  • STEP4
    4.ボールタップ本体と浮き球をつなげているナットをレンチでゆるめて、浮き球を取り外す。
  • STEP5
    5.新しい浮き球を取り付けて、ナットを締める。
  • STEP6
    6.浮き球のアームを動かして、動作を確認する。
  • STEP7
    7.止水栓を開ける。
  • STEP8
    8.タンクに水をためて、浮き球が浮いてくるか確認する。
  • STEP9
    9.手洗い管と補助水管を取り付ける。
  • STEP10
    10.タンクのふたを元に戻して完了。

ボールタップの仕組みを知ってDIY修理『ダイヤフラム交換』

ダイヤフラムとは、ボールタップの給水・止水の動きをスムーズにするための部品です。

ダイヤフラムが劣化・故障すると、ボールタップからの給水がうまくいかなくなることがあります。

『ダイヤフラムが上がらない』『上から水がふき出ている』などの症状があるときは、ダイヤフラムを交換してみましょう。


※種類・品番・サイズなど、買い間違いにご注意ください。


  • STEP1
    1.止水栓を右に回して閉めて、トイレの水を止める。
  • STEP2
    2.トイレタンクのふたを開ける。
  • STEP3
    3.浮き玉を外す。
  • STEP4
    4.ボールタップを押さえながら、ボールタップのナットを左に回して外す。
  • STEP5
    5.ダイヤフラムを持ち上げて取り外す。
  • STEP6
    6.新しいダイヤフラムに交換する。プラスチック部分とゴムが外れてしまった場合は、針金をゴムにある小さい穴に通して組み立てる。
    取り付けるときは、向きを確認しながら行いましょう。
  • STEP7
    7.ボールタップのナット・浮き球の順番に戻す。
  • STEP8
    8.トイレタンクのふたを戻し、止水栓を左に回して開ける。
  • STEP9
    9.レバーを回して、トイレタンクに水が給水・止水がきちんとできるか確認したら完了。

ダイヤフラムはメーカーによって取り付け場所や形状が異なるほか、ボールタップの種類によってはダイヤフラムがない場合もあります。

ダイヤフラムの有無や取付位置は、メーカーのホームページやボールタップの取扱説明書などで確認しておくことをおすすめいたします。

ボールタップの仕組みを知って『ボールタップをDIYで交換』

ボールタップの部品は細かいものも多いので、部品交換が難しいときや『ボールタップが原因みたいだけど、どこが故障しているのかわからない』といった場合はボールタップの全体交換で修理する方法もあります。

そこでここからは、ボールタップの交換方法についてご紹介したいと思います。

交換用のボールタップを選ぶときは『仕組みの違いに注意』

交換用のボールタップを用意するときは、お使いのトイレタンクに合った製品を選ぶことが大切です。

ボールタップは製品によってさまざまな形状がありますが、これはトイレの種類によって『給水位置』などが異なることが理由となっています。

自分でボールタップを購入するときは、下記のチェック事項を確認しておきましょう。

チェック事項 説明
手洗い管の有無
  • ・タンクの上側に手洗い用の蛇口があるかどうか
  • ・手洗い管がないときは接続部にキャップや栓をする
手洗い管の位置

・手洗い管がボウルの真ん中・隅のどちらにあるか(種類が違うと接続管が届かない)

給水管の位置

・タンクの横・下どちらから給水管が接続されているか

洗浄方法
  • ・サイフォン式
  • ・サイフォンゼット式
  • ・洗落とし式
  • 上記3種類のどれか

ボールタップ(浮き球あり)の交換方法

  • 【必要な道具】
  • ・新しいボールタップ
  • ・レンチ
  • ・マイナスドライバー
  • STEP1
    1.トイレの止水栓を閉めてから、レバーで水を流してタンクの水を抜く。
  • STEP2
    2.タンクのふた(手洗い用のボウル部分)を持ち上げて、手洗い管と補助水管をボールタップから取り外す。
  • STEP3
    3.タンク・止水栓の2か所にあるナットをゆるめて、給水管を取り外す。
  • STEP4
    4.タンクの外側についているナットをゆるめて、ボールタップを取り外す。
  • STEP5
    5.新しいボールタップの接続部分にパッキンを入れる。
  • STEP6
    6.ボールタップを取り付けて、タンクとの接続部分にパッキン、ナットをはめてからレンチで固定する。
  • STEP7
    7.2か所のナットを取り付けて、ボールタップと給水管を接続する。
  • STEP8
    8.手洗い管・補助水管を取り付け直す。
  • STEP9
    9.タンクのふたを元に戻す。
  • STEP10
    10.止水栓を開けて水を流し、水漏れがないか確認したら完了。


ボールタップ(浮き球なし)の交換方法

  • 【必要な道具】
  • ・新しいボールタップ(浮き球なし)
  • ・レンチ
  • ・マイナスドライバー
  • STEP1
    1.トイレの止水栓を閉めてから、レバーで水を流してタンクの水を抜く。
  • STEP2
    2.タンクのふた(手洗い用のボウル部分)を持ち上げて、手洗い管と補助水管をボールタップから取り外す。
  • STEP3
    3.タンク・止水栓の2か所にあるナットをゆるめて、給水管を取り外す。
  • STEP4
    4.タンクの外側についているナットをゆるめて、ボールタップを取り外す。
  • STEP5
    5.ボールタップを取り付けて、タンク外側との接続部分にパッキン、ワッシャ、ナットをはめてからレンチで固定する。
  • STEP6
    6.2か所のナットを取り付けて、ボールタップと給水管を接続する。
  • STEP7
    7.手洗い管・補助水管を取り付け直す。
  • STEP8
    8.タンクのふたを元に戻す。
  • STEP9
    9.止水栓を開けて水を流し、水漏れがないか確認したら完了。



ボールタップの仕組みまとめ

今回は、ボールタップの仕組みについてご紹介させていただきました。

ボールタップはトイレタンクの給水・止水を行う部品のため、水が止まらない・出ないなどの不具合があるときはボールタップの状態を確認してみましょう。

ボールタップは自分で修理交換することもできますが、作業が難しいと感じた場合は業者に依頼する方法もあります。

生活救急車でも、ボールタップの修理交換を承っております。「他社の見積りと比較したい」といったご依頼でも承っておりますので、お困りの際はお気軽に現地見積もりをご利用ください。

ユーザー評価:  5.0 (1件)