さらに条件を追加する
LIBRARY

つまり修理に使うトーラーと高圧洗浄機の違いは?~排水管つまりに効…

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
タグ
つまり修理に使うトーラーと高圧洗浄機の違いは?~排水管つまりに効果的な対処法を紹介~

説明 トーラーと高圧洗浄機の違いをご存じでしょうか。それぞれ何が違うのか、どちらの方が効果があるのかなどを知らない方が多いと思います。そこで今回は、つまり修理に使うトーラーと高圧洗浄機の違いについてご紹介します。

トーラーと高圧洗浄機の違いをご存じでしょうか。

一般的なつまり解消グッズを使っても解消できないような、頑固な排水管つまりを直す道具には変わりないのですが、それぞれ何が違うのか、どちらの方が効果があるのかなどを知らない方は多いと思います。

そこで今回は、つまり修理に使うトーラーと高圧洗浄機の違いについてご紹介します。


トーラーと高圧洗浄機の違いと特徴とは

排水管がつまったときの修理方法として用いられるのが、トーラーや高圧洗浄機です。どちらも一般的なつまり解消グッズでは直らなかった場合に使用されます。

一般家庭ではなかなか目にすることがないので、それぞれがどんな効果があるのかわからない方も多いと思います。

そこでここでは、トーラーと高圧洗浄機の違いや特徴をご紹介します。


トーラーと高圧洗浄機の特徴と違い

トーラーと高圧洗浄機は、どちらも排水管がつまったときの修理道具です。それぞれの特徴は、下記の表をご覧ください。


名称 特徴 解消方法
トーラー
  • ・5~10m程の長い金属ワイヤーの先端にブラシが取り付けられている
  • ・ワイヤーブラシの業務用
  • ・つまりの原因をワイヤーの回転・摩擦によって削り落とす
  • ・室内から作業を行う
高圧洗浄機 ・ホース先端に付いたノズルから高圧の水が出る
  • ・水圧を使ってつまりを洗浄
  • ・室外の排水桝などから作業を行う

ラバーカップやパイプクリーナーなど、市販のつまり解消グッズを試してもつまりが解消できないときはトーラーや高圧洗浄機を使って修理します。

一般的につまり解消グッズ(ラバーカップなど)→トーラー→高圧洗浄機の順で使用します。トーラーや高圧洗浄機は数十メートルにわたる長いワイヤーを使用するため、排水管の奥の方で発生しているつまりにも対応することが可能です。

ただしトーラーは距離が遠くなるほどワイヤーのたるみが生じて力を加えにくくなるため、奥深くのつまりを解消したいときはノズルが届く限り一定の力を加えることができる高圧洗浄機の使用が適しています。


トーラー・高圧洗浄機は誰でも使える?

市販のつまり解消グッズを試しても直らなかった場合、『自分でトーラーや高圧洗浄機でつまりを直せるかな?』と疑問に思う方もいらっしゃると思います。

トーラーや高圧洗浄機は業務用だけでなく家庭用も販売されているため、試してみることは可能です。ただし業務用と比べて威力が弱いため、重度のつまりには対応することができません。

業務用のトーラーや高圧洗浄機は威力や耐久性などの性能が優れている分、価格も5~15万円と高額になってくるためなかなか手が出ないと思います。

家庭用のトーラーや高圧洗浄機を試してみてどうしてもつまりが解消されないときは、業者に依頼した方がコストを抑えられるのでおすすめです。


>>>トーラー・高圧洗浄機を使ったつまり修理費用


排水管がつまる原因

排水管がつまる原因はさまざまです。原因によって対処法も異なるため、まずは原因の特定から始めましょう。

ここでは、排水管がつまる主な原因をご紹介します。


生活排水による汚れ

あまり意識していなくても排水管にはいろいろな汚れが流れていき、蓄積しています。場所によって異なるため、ここではそれぞれの主な原因をご紹介します。


場所 原因
キッチン
  • ・食用油、食品カス
  • ・洗剤カス
  • ・ぬめり
浴室
  • ・髪の毛、体毛
  • ・せっけんカス
  • ・皮脂汚れ、垢
洗面所
  • ・髪の毛、体毛
  • ・皮脂汚れ、垢
  • ・せっけんカス
  • ・洗濯機の糸くず

このような汚れがだんだん排水管にこびりつくことでつまりが起こります。水が流れにくくなったらつまりが起き始めている証拠なので、市販のつまり解消グッズを使った簡単なつまり解消方法を試しておくことがおすすめです。


>>>まずは簡単なつまり解消グッズから試す

万が一完全につまってしまったときは、家庭用のトーラー(ワイヤーブラシ)を使って汚れを削り取る方法を試してみましょう。


>>>トーラー・高圧洗浄機でつまり解消する手順


異物を落とした

キッチンや洗面台で起こりがちなのが、異物を落としたことによるつまりです。あまりにも大きなものを流してしまった場合はもちろん、アクセサリーや箸、フォークなど小さな物でも、汚れとタッグを組むことで水が流れなくなってしまうことがあります。

異物によるつまりが起こったときは、ラバーカップや真空式パイプクリーナーなどのつまり解消グッズを使うと、余計に排水管の奥に流れて取れなくなってしまうこともあるためおすすめしません。

手が届かない位置にある場合は、業者に依頼して取り除いてもらうのが1番確実な方法です。つまりが奥に行けば行くほど修理費用も高くなるため、何もせずにすぐに依頼するようにしましょう。

ただしキッチンや洗面所の排水パイプがU字、S字である場合は、奥に流れずに湾曲部分に停滞していることもあります。このようなときは、パイプを分解して自分で取り出すことも可能です。


>>>異物がつまったときは


排水桝の汚れ

排水桝とは配管の合流部・湾曲部・勾配など、ゴミがたまりやすい地点に設置されている設備です。

排水に混じったゴミは排水桝の下部に蓄積し、水のみが配管に流れていく仕組みですが、この排水桝にゴミがたまりすぎると配管への入口がつまって水が流れなくなってしまいます。

排水桝には基本的に点検を行うためのフタが付いていて、誰でも開けることができます。排水桝が原因のつまりは、自分で清掃を行うことで解消することが可能です。


>>>排水桝を掃除


まずは簡単なつまり解消グッズから試す

排水管のつまりが起こったときに程度の軽いつまりなら、ホームセンターやネットショップで簡単に手に入るグッズを使って修理することができます。

まずは簡単な道具から試してみてそれでも解消しない場合は、トーラーや高圧洗浄機などの本格的な機材を使用するのがおすすめです。

ここでは、簡単なつまり解消グッズを使った方法をご紹介します。


真空式パイプクリーナー

強い吸引力でつまりを引き出すことができるのが『真空式パイプクリーナー』です。ラバーカップでは改善されないつまりも、真空式パイプクリーナーを使えば解消できることがあります。

ここでは、真空式パイプクリーナーを使ったつまり解消方法をご紹介します。


  • 【準備するもの】
  • ・真空式パイプクリーナー
  • ・バケツ

  • STEP1
    1.真空式パイプクリーナーのレバーを一番下まで下げておく。
  • STEP2
    2.レバーを下げた状態のまま、排水口に密着させる。
  • STEP3
    3.密着させたままレバーを何度か上下に押し引きする。
  • STEP4
    4.つまりが抜けるとたまっていた水が流れていく。
  • STEP5
    5.バケツに汲んだ水をゆっくり流して、きちんと流れればつまり解消完了。

液体パイプクリーナー

汚れが蓄積したことによるつまりは、液体パイプクリーナーを使って溶かすことで解消できる場合があります。

つまりの程度によって液体の濃度や成分を使い分けることで、効果を発揮することができます。購入時に確認するようにしましょう。


  • 【準備するもの】
  • ・液体パイプクリーナー
  • ・ゴム手袋
  • ・歯ブラシ

  • STEP1
    1.ゴム手袋をつけて、ヘアキャッチャーを外す。
  • STEP2
    2.歯ブラシでヘアキャッチャーに付いた髪の毛や汚れを取り除く。
  • STEP3
    3.説明書きに沿った量のパイプクリーナーを排水口に注ぐ。
  • STEP4
    4.そのまま15~30分放置する。長時間放置すると、取り除いた汚れがつまる可能性があるので注意する。
  • STEP5
    5.水がスムーズに流れたら完了。まだ流れが悪い場合は、繰り返し液体パイプクリーナーを使用する。

液体パイプクリーナーの成分と濃度

液体パイプクリーナーには、一般的に『水酸化ナトリウム』と『次亜塩素酸ナトリウム』が含まれています。

水酸化ナトリウムは主に油を、次亜塩素酸ナトリウムは主に髪の毛を溶かして分解する効果があります。場所によって汚れの種類が異なるため、使いたい場所に応じて成分を確認するようにしましょう。

また、成分濃度の確認もしておくことがおすすめです。定期的な掃除や悪臭の除去を行うなら、水酸化ナトリウム濃度1パーセント以下のもので十分効果を得ることができます。

しかしつまりが起きている場合は、濃度1パーセント以上のパイプクリーナーを選ぶことがおすすめです。


排水桝を掃除

排水桝の汚れが原因で水が流れないときは、掃除を行うことで改善することができます。排水桝の掃除は意外と簡単なので、定期的に行っておくとつまりを予防できるのでおすすめです。

ここでは、排水桝の掃除方法をご紹介します。


  • 【準備するもの】
  • ・ビニール手袋
  • ・マイナスドライバー
  • ・汚れをすくうためのひしゃく(柄は長め)
  • ・バケツ
  • ・ざる(ゴミの水切り用)
  • ・固めのブラシ
  • ・台所用洗剤
  • ・散水ホース(あれば高圧洗浄機)
  • ・可燃のゴミ袋

  • STEP1
    1.排水桝のふたを開ける。ゴミや汚れで開けにくい場合は、マイナスドライバーを隙間に差し込んでこじ開ける。
  • STEP2
    2.排水桝のふたを固めのブラシと水を使って洗う。
  • STEP3
    3.排水桝の中にあるゴミや汚れをひしゃくで取り、一度ざるに入れて余分な水を取り除く。
  • STEP4
    4.ある程度ゴミを取り除いた後は、エルボ(下向きに曲がったパイプ)を取り外す。外しにくいときは、エルボと排水管の間を棒でつついたり、棒をひっかけててこの原理を試してみる。
  • STEP5
    5.散水ホースでエルボと排水管の中にある、ゴミや汚れを水の勢いを使って取り除く。
  • STEP6
    6.底に沈んでいる、泥などの汚れを取り除く。
  • STEP7
    7.台所用洗剤とブラシを使って、排水桝の中の壁を洗う。
  • STEP8
    8.エルボを戻し、ふたを閉めて完了。排水桝から取り除いた汚れは、可燃ごみとして処分する。

異物がつまったときは

排水パイプがS字(U字)なら、排水パイプを分解することで異物を除去できる場合があります。分解は比較的簡単に行うことができるため、異物を落としたら水を流さず、まずは分解して取り出してみましょう。

ここでは、異物がつまったときの排水パイプ分解方法をご紹介します。

※ただし、すでに排水パイプを通過して排水管の奥に流れて行ってしまったときは自分で取り出すのが難しいため、無理に作業を行わずに業者に依頼するのがおすすめです。


  • 【準備するもの】
  • ・プライヤー
  • ・バケツ
  • ・ゴム手袋
  • ・雑巾
  • ・歯ブラシ

  • STEP1
    1.バケツと雑巾を排水パイプの下に置く。
  • STEP2
    2.トラップU管の下のナットからプライヤーで外す。固い場合はサビ取りスプレーを使う。
  • STEP3
    3.異物を取ったら、歯ブラシや雑巾でパイプを掃除する。
  • STEP4
    4.上のナットから元に戻す。
  • STEP5
    5.プライヤーでしっかり固定したら完了。

トーラー・高圧洗浄機(家庭用)でつまりを解消する手順

上記でご紹介した簡単なつまり解消方法を試しても改善できない場合は、家庭用のトーラーや高圧洗浄機を使った方法を試してみましょう。

ただしいくつか注意点もあるため、必ず確認してから修理を行うことをおすすめします。

ここでは、家庭用のトーラーや高圧洗浄機でつまりを解消する方法をご紹介します。


トーラー・高圧洗浄機を使うときの注意点

トーラーや高圧洗浄機を自分で使うときは、いくつか注意する点があるので確認しておきましょう。


  • 【トーラー・高圧洗浄機の注意点】
  • ・古いパイプには使わない
  • ・曲がったパイプに無理やり使用しない
  • ・高圧洗浄機は排水口付近で使用しない

古いパイプや曲がったパイプに無理やり使用すると、配管が破損する原因になります。配管が破損するとそこから水漏れが起きてしまい、自分では修理が不可能になってしまうため、無理にトーラーや高圧洗浄機を使用するのはやめましょう。

また、屋外の排水桝から使用する高圧洗浄機は、排水口付近で使用すると水や汚れが飛び散ることがあります。

排水桝に流れてくる水の色が明らかに変わったら排水口付近に差し掛かっているサインなので、それ以上先に進めないようにしましょう。


トーラー(家庭用)を使ったつまり解消手順

家庭用のトーラーは、一般的にワイヤーブラシと呼ばれているものです。つまりによって、完全に排水管が塞がれてしまったときに効果的です。

業務用のトーラーは扱いが難しいため、ワイヤーブラシをでつまりを削る方法を試してみましょう。ここでは、ワイヤーブラシを使ったつまり解消方法をご紹介します。


  • 【準備するもの】
  • ・先端がらせん状のワイヤーブラシ
  • ・養生テープ
  • ・新聞紙

  • STEP1
    1.洗面所のつまり直しは、先端がらせん状のものを選ぶ。ブラシ状は固まったつまりには向いていない。
  • STEP2
    2.洗面台の周りに新聞紙を貼り、水が飛び散ったときの対策をする。
  • STEP3
    3.ワイヤーブラシを排水口の奥まで入れる。
  • STEP4
    4.ワイヤーブラシがつまりの原因や行き止まりに当たったら、回転させたり上下に動かす。
  • STEP5
    5.抵抗がなくなったら、ワイヤーブラシを引き抜く。
  • STEP6
    6.水がスムーズに流れて、つまりが直ったら完了。



高圧洗浄機を使ったつまり解消手順

排水管の奥の方でつまりが起こっているとき、家庭用のトーラーでは解消されなかったときは高圧洗浄機を使った方法を試してみましょう。

ただし高圧洗浄機を使った方法はコツがいるため、改善できない場合は業者に依頼することがおすすめです。


  • 【準備するもの】
  • ・高圧洗浄機

  • 1.つまりが起こっている場所に通じる屋外の排水桝を見つける。
  • 2.排水桝のふたを開けてエルボを取り外し、洗浄ノズルを50㎝~1m程度排水管に差し込む。
  • 3.徐々に水圧を上げつつ手前からゆっくり奥に進めながら洗浄する。無理やり奥に進めると屋内の排水口へ逆流してしまうことがあるため、手前の汚れを落としきるまで進めないようにする。
  • 4.ヘドロ状の白っぽい汚水がでなくなるまで行う。
  • 5.つまりが起こっていた場所から水を流して、きちんと流れていけばつまり解消完了。
  • ※洗浄ホースはしっかり握っておかないと、水圧によって思わぬ方向に飛ぶ場合があります。水を出している最中は注意しましょう。




トーラー・高圧洗浄機を使ったつまり修理費用

トーラーや高圧洗浄機を使った方法はコツがいるため、思った以上に難しくてつまりが直らなかったということもあると思います。

家庭用の機材は素人でも扱いやすくできているため、威力が弱かったり長さが足りないなどの問題があります。

自分で解消できなかった場合は、業者に依頼して専用の機材を使用することで確実につまりを直すことができるのでおすすめです。

そこでここでは、トーラー・高圧洗浄機を使ったつまり修理の費用相場をご紹介したいと思います。


生活救急車で対応したトーラー・高圧洗浄機を使用したつまり修理費用事例

業者に修理を依頼するときに一番気になるのが、『費用がどのくらいかかるのか』だと思います。そんなときに目安を知っていれば安心です。

そこでここでは、生活救急車で実際に対応したトーラー・高圧洗浄機を使用したつまり修理費用事例をご紹介します。

※作業当時の費用のため、料金体系・税率が現在と異なる場合がございます。


台所つまり除去 トーラー機使用

  • 項目内容 料金(税込)
  • 基本料金 4,400円
  • 台所つまり除去 トーラー機使用 3mまで 23,600円
  • 合計 23,600円

>>>事例の詳細はこちら

 

屋内つまり除去 トーラー機使用

  • 項目内容 料金(税込)
  • 基本料金 4,400円
  • 屋内つまり除去 トーラー機使用 3mまで 28,600円
  • 屋内つまり除去 トーラー機使用 追加5m 12,000円
  • 合計 45,000円

>>>事例の詳細はこちら

 

トイレつまり除去 高圧洗浄機使用

  • 項目内容 料金(税込)
  • 基本料金 4,400円
  • トイレつまり除去 高圧洗浄機使用 3mまで 50,600円
  • 合計 55,000円

>>>事例の詳細はこちら

 

台所つまり除去 高圧洗浄機使用

  • 項目内容 料金(税込)
  • 基本料金 4,400円
  • 台所つまり除去 高圧洗浄機使用 3mまで 50,600円
  • 台所つまり除去 高圧洗浄機使用 追加4m 13,200円
  • 薬剤洗浄 8,800円
  • 合計 77,000円

>>>事例の詳細はこちら

 

つまり修理に使うトーラーと高圧洗浄機の違いまとめ

今回は、つまり修理に使うトーラーと高圧洗浄機の違いについてご紹介しました。

トーラーと高圧洗浄機の違いはワイヤーで汚れを削り取るか、水圧で汚れを分解するかです。どちらも頑固なつまりを解消するための道具ですが、つまりが起こっている位置がかなり奥にある場合、トーラーでは力がうまく加えられずに解消できないことがあります。

それに比べ、高圧洗浄機はノズルが届く限り一定の力を加えることができるため、トーラーで解消できなかった汚れにも対応できる可能性があります。

トーラーも高圧洗浄機も家庭用が販売されていますが、業務用と比べると威力が弱いため解消できないときは業者に依頼することがおすすめです。

ユーザー評価:  4.0 (1件)