さらに条件を追加する
LIBRARY

鍵のシリンダー交換のやり方【図解】部品の選び方から解説

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
タグ
鍵のシリンダー交換のやり方【図解】部品の選び方から解説

説明 鍵のシリンダー交換方法を探していませんか?シリンダー自体の交換は自分でも行うことができるため、少しでもコストを抑えたいという方は挑戦してみるのもおすすめです。そこで今回は、鍵のシリンダー交換のやり方をご紹介します。

目次

鍵のシリンダー交換方法を探していませんか?

防犯性の高いシリンダーに変えたい、劣化して使いにくいから交換したいと考えているけど業者に依頼するのはちょっと・・・と思っている方も多いと思います。

シリンダー自体の交換は自分でも行うことができるため、少しでもコストを抑えたいという方は挑戦してみるのもおすすめです。

そこで今回は、鍵のシリンダー交換のやり方をご紹介します。


鍵のシリンダー交換を行う前に準備するもの

鍵のシリンダー交換を行う前に、部品や道具を準備しましょう。

ここでは、交換に必要な部品や道具をご紹介します。


鍵のシリンダー交換を行うときの部品の選び方

鍵のシリンダー交換を行う際に重要なのが部品の選び方です。サイズを間違えてしまうと取り付けられなかったり、鍵がうまく動かないなどの原因となるため必ず確認が必要です。


  • 【鍵のサイズの測り方】
  • ・ドアの厚み
  • ・フロントプレート(ドア側面の金属プレート)の長さ
  • ・ビスピッチ(フロントプレートを固定している上下ビスの中心の距離)
  • ・バックセット(ドアの端からシリンダーの中心まで)の距離

サイズさえ合っていれば、『メーカー』や『型番』が既存の鍵と異なる場合でも取り付けることができます。

万が一不安なときは既存のシリンダーと同じものを準備すると、確実に取り付けられるのでおすすめです。DIYに初めて挑戦するという方は、この方法から試してみましょう。


サイズを測るのが難しいと感じるときは

DIYが初めてという方は、サイズを測るのが難しく感じる場合もあるかと思います。こんな時におすすめな方法が、『メーカー名』+『型番』をネット検索してサイズを調べる方法です。

『メーカー名』や『型番』は、ドア側面に設置されているフロントプレート(金属板)に刻印されていることがほとんどです。

刻印を確認してネットで調べると、公式サイトなどにサイズが記載されている場合があります。このサイズを利用して同じ大きさの物を選べば、異なるメーカー・型番でも取り付けが可能です。

サイズを自分で測るのが不安な方は、試してみてはいかがでしょうか。


鍵のシリンダー交換を行うときに必要な道具

新しいシリンダーが準備できたら、道具を用意しましょう。


  • 【シリンダー交換に必要な道具】
  • ・プラスドライバー
  • ・マイナスドライバー

シリンダー交換は基本的に、この2つの道具があれば行うことができます。ただしプラスドライバーのサイズには注意が必要です。

ネジの大きさに合っていない物を使うとネジ頭がつぶれてしまい、取り付け・取り外しができなくなってしまうことがあります。

必ずネジの大きさに合ったドライバーを準備するようにしましょう。


ネジ頭がつぶれてしまったときの対処法

万が一ネジ頭がつぶれてネジが外せなくなってしまった場合は輪ゴムを使うことで外しやすくすることができます。輪ゴムは太めで、面が平らになっているものを選びましょう。

※完全につぶれてしまっている場合は、取り外しできない可能性があります。


  • 【準備するもの】
  • ・太めの輪ゴム

  • 1.太めの輪ゴムをつぶれてしまったネジ頭の上に当てる。
  • 2.輪ゴムの上からドライバーを差し込む。
  • 3.そのまま強めの力で押し付けながら、軽くドライバーを回す。

賃貸のシリンダー交換を行う前に確認すること

賃貸のシリンダーの防犯性を上げるために、自分で交換したいと思っている方もいらっしゃると思います。

しかし賃貸の鍵はあくまで管理会社や大家さんの所有物であるため、勝手に交換するとトラブルの元となります。

シリンダーの交換を行う前に、必ず管理会社(大家さん)へ許可を取るようにしましょう。万が一勝手に交換してしまった場合は、元に戻すための費用を請求される場合もあります。

まずは相談することを忘れないようにしましょう。


鍵のシリンダー交換ができる鍵の種類とは

鍵のシリンダーは交換できるものと、ドアノブなどの他の部品も一緒に交換しなければならないものがあります。

ここでは、鍵のシリンダー交換ができる鍵の種類をご紹介します。


鍵のシリンダー交換が可能な種類

鍵の種類によっては『シリンダーのみ』交換できるものとできない物があるため、事前に確認しておく必要があります。


  • 【シリンダーのみ交換できる鍵】
  • ・シリンダー箱錠
  • ・プッシュプル錠
  • ・面付箱錠
  • ・アンティーク錠(装飾錠)

これらの鍵はシリンダーとドアノブなどが別で取り付けられているため、単体での交換が可能になります。


  • 【シリンダーのみ交換できない鍵】
  • ・引違戸錠
  • ・インテグラル錠
  • ・円筒錠
  • ・チューブラ錠

一方これらの鍵はシリンダーと錠前が一体化しているため、単体のみの交換が基本的にできません。

鍵の交換を行いたいときは錠前ごと交換するようにしましょう。


鍵のシリンダー交換を自分でやる方法【図解】

ここでは、鍵のシリンダー交換を自分でやる方法をご紹介します。



鍵のシリンダーを取り外す方法

  • STEP1
    1.ドアを開けた状態で作業を行う。
  • STEP2
    2.ドア側面のフロントプレートの上下ビスを、プラスドライバーを使って取り外す。
  • STEP3
    3.4本のピンを確認したら、『シリンダー側』の2本のピンを、マイナスドライバーを引っ掛けて引き抜く。※ピンを引き抜く際は、シリンダーを手で押さえながら行う。

鍵のシリンダーを取り付ける方法

  • STEP1
    1.新しいシリンダーを取付穴にはめ込む。
  • STEP2
    2.シリンダーを手で押さえながら、2本のピンを差し込んで固定する。
  • STEP3
    3.フロントプレートをビスで固定する。
  • STEP4
    4.ドアを開けた状態で鍵を差し込んで動作確認を行い、問題なければ交換完了。

面付箱錠のシリンダー交換を自分でやる方法【図解】

取り付けてある鍵が『面付箱錠』の場合も、シリンダー交換を行うことが可能です。

ここでは、『面付箱錠』のシリンダー交換方法をご紹介します。



面付箱錠のシリンダーを取り外す方法

  • 1.ドアを開けた状態で作業を行う。サムターンは縦にしてデッドボルトをしまっておく。
  • 2.ドア内側のノブ根元についているネジをプラスドライバーで外す。
  • 3.内側・外側のノブを引き抜いて外す。
  • 4.本体を固定している4つのネジを外して本体をドアから取り外す。
  • 5.本体裏側についている、シリンダーを固定するネジをゆるめて、シリンダーを取り外す。
  • 6.プレートからシリンダーを引き抜く。

面付箱錠のシリンダーを取り付ける方法

  • 1.新しいシリンダーを向きに注意して本体に差し込む。
  • ※シリンダーの刻印が上に来るように、溝に方向を合わせる。
  • 2.シリンダーを固定するプレートをはめ、サムターンを回してデッドボルトが正常に動くか確認する。
  • 3.プレートを4本のネジで固定する。
  • 4.本体をドアに固定する。
  • 5.室外側のドアノブを、穴の突起に合わせて差し込む。
  • 6.内側のドアノブをネジ穴に合わせて差し込み、ネジで固定する。

鍵のシリンダーのみ交換できないときは全体交換

鍵の種類によってはシリンダーのみ交換できない場合や、ほかの箇所に不具合が起こっているときは錠前丸ごと交換する必要があります。

シリンダーのみの交換と比べると難易度は上がりますが、DIYで交換することも可能です。

ここでは、鍵を錠前ごと交換する方法をご紹介します。



鍵を錠前ごと交換する方法【シリンダー箱錠】

ここでは、シリンダー箱錠を錠前ごと交換する方法をご紹介します。



玄関の錠前の取り外し方

  • STEP1
    1.作業が終わるまで、ドアは開けた状態にしておく。
  • STEP2
    2.ドア側面のネジをゆるめて、フロントプレートを取り外す。
  • STEP3
    3.フロントプレートの下にあるピン(室外側)をマイナスドライバーなどで押し上げて抜く。
  • STEP4
    4.ピンを抜くと固定が外れるので、シリンダーを取り外す。
  • STEP5
    5.室内側のピンを抜いてから、サムターンを取り外す。
  • STEP6
    6.室内側の取っ手にあるネジをゆるめてから、室内側の取っ手を抜き取る。
  • STEP7
    7.室外側の取っ手を抜き取る。
  • STEP8
    8.ドアの正面に移動して、室内側のカバー・丸座を取り外す。室内側の部品を外したら、外側のカバー・丸座は手で取り外すことができる。
  • STEP9
    9.錠ケースのネジを外し、ドア板から錠ケースを抜き取る。

玄関の錠前の取り付け方

  • STEP1
    1.ドア側面から錠ケースをはめ込み、ネジをプラスドライバーで締める。
  • STEP2
    2.室外側→室内側の順で丸座・カバーを取り付けて、室内側の丸座のネジをプラスドライバーで締めて固定する。
  • STEP3
    3.室外側→室内側の順で取っ手を取り付ける。室内側の取っ手にネジをはめ込んで、プラスドライバーで締める。
  • STEP4
    4.サムターンを取り付けて、室内側のピンを差し込んで固定する。
  • STEP5
    5.シリンダーを取り付けて、室外側のピンを差し込んで固定する。
  • STEP6
    6.フロントプレートをはめ込み、ネジを締めて固定する。
  • STEP7
    7.ドアを開けた状態で取っ手や鍵の動作を確認したら、ドアを閉めて完了。

鍵を錠前ごと交換する方法【引戸錠】

ここでは、引き戸の鍵を錠前ごと交換する方法をご紹介します。

引き戸の鍵の取り外し方

  • STEP1
    1.作業が終わるまで、引き戸は開けた状態にしておく。
  • STEP2
    2.プラスドライバーでネジをゆるめて、内部化粧座を取り外す。
  • STEP3
    3.室内側の錠前を取り外す。
  • STEP4
    4.室外側の扉を室内側から見ると、外部化粧座の裏側が確認できる。裏側のネジをゆるめて、外部化粧座を取り外す。
  • STEP5
    5.室外側の錠前を取り外す。

引き戸の鍵の取り付け方

  • STEP1
    1.室外側の錠前から仮止めを行う。外部化粧座をはめ込んでから、裏側のネジを軽く止めておく。
  • STEP2
    2.室外側の錠前に鍵を差し込んで開け閉めし、動作を確認する。
  • STEP3
    3.室内側の鍵を仮止めして、ツマミで鍵を開け閉めして動作を確認する。
  • STEP4
    4.セットピンを室内側の錠前の穴に差し込み、室内側の錠前に貫通させる。室内側・室外側の鍵がかみ合うように位置を調節する。
  • STEP5
    5.位置調節ができたらネジをしっかりと締めて固定する。セットピンを抜き取り、ドアを閉めて完了。

鍵をドアノブごと交換する方法

ドアノブと鍵が一体化しているタイプの鍵も、全体の交換が必要となります。

ここでは、鍵をドアノブごと交換する方法をご紹介します。


円筒錠の交換方法

ここでは、円筒錠の交換方法をご紹介します。


  • 【準備するもの】
  • ・新しい円筒錠
  • ・プラスドライバー
  • ・マイナスドライバー
  • ・キリ


円筒錠の取り外し方

  • STEP1
    1.ドアを開けた状態で作業を行う。
  • STEP2
    2.内側のドアノブの付け根にある穴に、キリを押し込みながらノブを引き抜く。
  • STEP3
    3.内側の丸座の溝にマイナスドライバーを差し込み、てこの原理で取り外す。
  • STEP4
    4.丸座裏金の上下のビスを、プラスドライバーでゆるめて外す
  • STEP5
    5.裏金を取り外す。
  • STEP6
    6.外側のドアノブを引き抜く。
  • STEP7
    7.ドア側面の金属プレートの上下ビスをゆるめて、ラッチケースを外す。

円筒錠の取り付け方

  • STEP1
    1.ラッチケースを取り付ける前に向きを確認する。 ※ラッチの向きはドアを開くほうが斜面の高い方、閉まる方を斜面の低いほうにする。
  • STEP2
    2.新しいラッチケースを差し込む。
  • STEP3
    3.差し込んだラッチケースをビスで固定する。
  • STEP4
    4.外側のドアノブを穴に差し込む。
  • STEP5
    5.内側の丸座裏金をビスで固定する。
  • STEP6
    6.裏金と丸座の凹凸を合わせて、丸座を取り付ける。
  • STEP7
    7.丸座と内側ドアノブの凹凸を合わせて、ドアノブを取り付ける。
  • STEP8
    8.ドアノブを回してラッチが出るかなどの動作確認を行い、問題がなければ交換完了。

鍵をドアノブごと交換する方法【レバーハンドル錠】

ここでは、レバーハンドル錠の交換方法をご紹介します。

レバーハンドル錠の取り外し方

  • STEP1
    1.ドアを開けた状態で作業を行う。
  • STEP2
    2.外側台座を固定しているビスをゆるめる。
  • STEP3
    3.外側のドアノブを外す。
  • STEP4
    4.内側台座を固定しているビスをゆるめる。
  • STEP5
    5.内側のドアノブを引き抜く。
  • STEP6
    6.ドア側面のフロントのビスをゆるめる。
  • STEP7
    7.フロントを引き抜く。

レバーハンドル錠の取り付け方

  • STEP1
    1.新しいフロントを向きに注意して設置する。※フロントの向きはラッチが斜面になっているほうがドアを閉じる方、斜面になっていないほうがドアを閉じる方。
  • STEP2
    2.フロントを差し込んだらビスで固定する。
  • STEP3
    3.新しい内側ドアノブのサムターンを縦向きにしておく。
  • STEP4
    4.内側のドアノブに角芯を差し込む。
  • STEP5
    5.内側の台座をドアにはめ、ビスで固定する。
  • STEP6
    6.外側ドアノブのコイン溝も、縦向きにしておく。
  • STEP7
    7.外側ドアノブをドアにはめ、ビスで固定する。
  • STEP8
    8.取り付けができたらドアノブを動かして問題がないか確認する。

鍵のシリンダー交換を業者に依頼したときの費用相場

鍵のシリンダー交換作業は正確な部品を選ぶ必要があるため、途中で迷ってしまったり分からなくなってしまうこともあると思います。

無理やり作業を行ってしまうと故障する原因になってしまうこともあるため、早めに専門業者に依頼することがおすすめです。

しかし、業者に依頼するとなると気になるのが費用についてだと思います。

そこでここでは、鍵のシリンダー交換を業者に依頼した場合の費用相場をご紹介したいと思います。


生活救急車で鍵のシリンダー交換を行った際の費用事例

ここでは、生活救急車で実際に対応した鍵のシリンダー交換の費用事例をご紹介します。

※作業当時の料金のため、料金体系・税率が現在と異なる場合がございます。


事務所入り口のシリンダー交換

  • 項目内容 料金(税込)
  • 事務所入口ドアシリンダー交換 11,000円
  • WEST 部品代 11,000円
  • 合計 22,000円

>>>事例の詳細はこちら

 

玄関のシリンダー交換

  • 項目内容 料金(税込)
  • 玄関鍵交換 シリンダー 11,000円
  • KABA 部品代 22,000円
  • スペアキー作製 ディンプルキー 2本 6,600円
  • 合計 39,600円

>>>事例の詳細はこちら

 

玄関のシリンダー交換

  • 項目内容 料金(税込)
  • 玄関鍵交換 シリンダー 2箇所 22,000円
  • MIWA 部品代 22,880円
  • 合計 44,880円

>>>事例の詳細はこちら

 

玄関の鍵交換

  • 項目内容 料金(税込)
  • 玄関鍵交換 シリンダー 11,000円
  • KABA 部品代 22,000円
  • 玄関ドア錠前分解メンテナンス 中作業 22,000円
  • 合計 55,000円

>>>事例の詳細はこちら

 

鍵のシリンダー交換のやり方まとめ

今回は、鍵のシリンダー交換のやり方をご紹介しました。

鍵のシリンダー交換は手順に沿って行うことで、自分で行うこともできます。

しかし、交換を行うときは鍵のサイズ、種類をしっかり確認してから行うことが大切です。シリンダーとドアノブなど他の部品が一体化している物は、シリンダーのみの交換ができないので注意しましょう。

また、サイズが間違っていると取り付けできないため不安な場合は専門業者に依頼することも検討してみてはいかがでしょうか。

ユーザー評価:  5.0 (1件)