さらに条件を追加する
LIBRARY

ウォシュレットの取り付け費用・料金相場はいくら?取り外し・取り付…

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
タグ
ウォシュレットの取り付け費用・料金相場はいくら?取り外し・取り付けのみの料金も公開

説明 ウォシュレットの取り付け費用がわからなくてお困りではありませんか?寿命や不具合で交換などを検討するときは、費用がいくらかかるのかが気になると思います。そこで今回は、ウォシュレットの取り付け費用や料金相場についてご紹介いたします。

ウォシュレットの取り付け費用がわからなくてお困りではありませんか?

ウォシュレットの耐用年数は7年~10年と言われており、ノズルからの水漏れといった不具合をきっかけに交換を検討する人も多くいらっしゃいます。

しかし、ウォシュレット取り付けの工事を行う場合は費用がいくらかかるのかが気になると思います。

そこで今回は、ウォシュレットの取り付け費用や料金相場についてご紹介いたします。


ウォシュレットの取付・取外しを業者に依頼した場合の費用について紹介

ウォシュレットを交換したり新しく取り付ける場合、水道業者に相談してウォシュレット工事を依頼する人も多いのではないでしょうか。

また、業者への依頼を検討する場合は、工事費用がいくらかかるのかを大まかに知っておくと安心できると思います。

そこでまずは、ウォシュレットの取り付け・取り外しを業者に依頼した場合の費用についてご紹介いたします。

生活救急車でウォシュレットの取り付けを依頼した場合の料金事例

ウォシュレットの取付を業者に依頼した場合の料金は、既存の便器の種類や、ウォシュレットを新規に取り付けるかどうか、取り付けるウォシュレットの種類などによって異なります。

また、新しく取り付けるウォシュレット本体を自分で用意している場合は、「取付のみ」の料金でウォシュレットを取り付けることも可能です。

ここでは費用をイメージしやすいように、生活救急車でウォシュレットの取り付け・取り外しを行った場合の料金事例をご紹介したいと思います。

※作業当時の料金の為、料金体系・税率が現在と異なる場合がございます。

ウォシュレット取付


温水洗浄便座の取り付け

  • 項目内容 料金(税込)
  • 基本料金 4,400円
  • 温水洗浄便座交換 16,500円
  • テープはずし 軽作業 4,400円
  • 合計 25,300円

  • >>>この事例の詳細を見る

温水洗浄便座交換

  • 項目内容 料金(税込)
  • 基本料金 4,400円
  • パナソニック 温水洗浄便座 部品代 34,100円
  • 温水洗浄便座交換 16,500円
  • 合計 55,000円

  • >>>この事例の詳細を見る

生活救急車でウォシュレットの取り外しを依頼した場合の料金事例

「ウォシュレットを取り外すだけの作業だと、依頼を断られるかも」と不安になる人もいるかもしれません。

しかし、ウォシュレットの取り外しのみを業者に依頼することは可能です。

「賃貸住宅を退去するから」などの理由で、ウォシュレットの交換ではなく取り外しのみを希望されるケースもよくあります。

ここでは費用をイメージしやすいように、生活救急車でウォシュレットの取り外しを依頼した場合の料金事例をご紹介したいと思います。

※作業当時の料金の為、料金体系・税率が現在と異なる場合がございます。

ウォシュレットの取外し


ウォシュレットの取外しと処分

  • 項目内容 料金(税込)
  • 基本料金 4,400円
  • 便器脱着 6,600円
  • ウォシュレット廃棄処分費 3,300円
  • 合計 14,300円

  • >>>この事例の詳細を見る

引っ越しに伴うウォシュレットの取外し・取付け

  • 項目内容 料金(税込)
  • 基本料金 4,400円
  • ウォシュレット取外し 17,600円
  • ウォシュレット取付加工 21,000円
  • 合計 43,000円

  • >>>この事例の詳細を見る

ウォシュレットを取り付けるときの費用に関する注意点とは

ウォシュレットを新しく取り付ける・交換するときによくある失敗は、「ウォシュレットの種類を回間違える」「トイレや止水栓の構造がウォシュレットに合っていなかった」などです。

取り付けや交換の失敗を防ぐには、あらかじめ既存のトイレや便座の種類・状況をしっかり確認しておくことが大切です。

ここからは、ウォシュレット取り付けの費用に関する注意点をご紹介したいと思います。

取り付けるウォシュレットを自分で購入するときは「サイズに注意」

交換・新規取り付け用のウォシュレットは、既存のトイレ便座のサイズに合ったものを選ぶ必要があります。

新しいウォシュレットを自分で購入する場合は、便座を外して下記のサイズを計っておきましょう。


  • ・便座取付穴中心どうしの距離
  • ・便器の内側の長さ
  • ・便座取付穴から便器先端までの長さ

電源がないトイレはウォシュレット取り付けと「コンセント工事」の費用がかかる

ウォシュレットは電気で動いているので、使用するにはコンセントからの電源が必要になります。

そのため、コンセントがないトイレにウォシュレットを新しく付ける場合は、電源を引いてコンセントを取り付ける工事も追加で行う形になります。

コンセントの工事には追加の費用がかかる可能性が高いため、見積もりの時点で費用について確認しておくことをおすすめいたします。


ウォシュレットをDIYで取り付ける方法を紹介

ウォシュレットは、正しい手順に沿って作業を進めればDIYで取り付けることも可能です。

そこでここからは、ウォシュレットを自分で取り付けるやり方についてご紹介したいと思います。

ウォシュレットをDIYで取り付けるときに準備すること

トイレ便座を交換するときは、下記の道具を用意しましょう。


  • ・ドライバー
  • ・モンキーレンチ
  • ・バケツや洗面器
  • ・雑巾
  • ・便座締め付け工具

※種類・品番・サイズなど、買い間違いにご注意ください。


便座締め付け工具とは、便座を便器に固定しているナットを動かすための道具です。

交換用の便座に付属されている場合もありますが、付属されていないときは別で購入するか、レンチまたはプライヤーを使いましょう。

作業中は止水栓を閉める

ウォシュレットの取り付け作業を行うときは、必ずトイレの止水栓を閉めてタンクの水を抜き、水が出ない状態にしておきましょう。

また、可能であれば水道の元栓も閉めておきましょう。止水栓から先の給水管のトラブルも防ぐことができます。

ウォシュレットをDIYで取り付けるときの手順

ここでは、ウォシュレットを取り付けるときの手順をご紹介いたします。

※ウォシュレットの種類によって取り付け方が異なる場合があるので、詳しい手順については取扱説明書を確認することをおすすめいたします。

1.止水栓と便座を接続しているナットをゆるめて、給水管を取り外します。外すときに水があふれて来ることがあるため、つなぎ目の下にバケツを置いておきましょう。

2.交換用のウォシュレットに付属されている分岐金具を止水栓に取り付けて、タンク側の給水ホースをタンクに取り付けます(接続部にパッキンが入っていることを確認)。

3.既存の便座を取り外します。ウォシュレットの場合は、両端のボタンを押しながらスライドすると取り外せる種類もあります。

普通便座の場合は、便座の裏側にあるナットを便座締め付け工具でゆるめると取り外すことができます。

4.ウォシュレットを取り付けます。ベースプレートがあるときは、先にベースプレートを取り付けてから、上に便座をスライドさせて設置します。

5.給水ホース(ウォシュレット側)を便座本体に取り付け、分岐金具と接続します。

6.コンセントにプラグとアース線を差し込み、止水栓を開けて動作確認をしたら完了です。


ウォシュレットの取り付け費用・料金相場まとめ

今回は、ウォシュレットの取り付け費用や料金相場についてご紹介させていただきました。

ウォシュレットの取り付け費用や取り外し費用は、便座の種類やウォシュレットの交換を行うかどうかなど作業内容によって異なります。

正確な料金を知りたいときは、水道業者に相談して現地での見積もりを依頼することをおすすめいたします。

生活救急車ではウォシュレットの取り付け・取り外し工事を承っておりますので、お困りの際はお問い合わせください。まずは、現地見積もりからご対応させていただきます。