さらに条件を追加する
LIBRARY

サーモスタット混合水栓の交換費用はどれくらい?料金事例から見る相…

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
タグ
サーモスタット混合水栓の交換費用はどれくらい?料金事例から見る相場とは

説明 サーモスタット混合水栓の交換にいくらかかるのかがわからなくてお困りではありませんか?サーモスタット混合水栓は高機能なものも多いため、交換するときは費用がいくらかかるのかが気になると思います。そこで今回は、サーモスタット混合水栓の交換費用や料金事例についてご紹介いたします。

サーモスタット混合水栓の交換にいくらかかるのかがわからなくてお困りではありませんか?

浴室や台所で使っている水栓が古くなってきた場合、「そろそろ交換時期かな」と考える人は多いのではないでしょうか。

しかし、サーモスタット混合水栓は高機能なものも多いため、交換するときは費用がいくらかかるのかが気になると思います。

そこで今回は、サーモスタット混合水栓の交換費用や料金事例についてご紹介いたします。


サーモスタット混合水栓の交換が必要になるタイミングとは?

水栓を長年使い続けていると、経年劣化で水漏れなどの不具合が出てくることがあります。

寿命や故障が原因でシャワーや水道が使いづらくなったときは水栓の全体交換で対応できますが、「本当に交換時期かな?」「部分的な修理で対処できないの?」など疑問に思うこともあると思います。

そこでまずは、サーモスタット混合水栓の交換が必要になるケースについてご紹介いたします。

サーモスタット混合水栓の寿命は「およそ10~20年」

サーモスタット混合水栓の寿命は使用状況や環境によって異なりますが、一般的におよそ10~20年程度といわれています。

10年以上使用しているサーモスタット混合水栓の調子が悪くなってきた場合は、交換を検討してみてもいいかもしれません。

また、寿命に関係なく、「水が止まらない」など故障のサインがあるときは早めに交換しておくと安心です。

サーモスタット機能の不具合は調節・部品交換で修理できるケースも

サーモスタット混合水栓の故障原因で比較的多いのは、サーモスタット機能の不具合です。

「なかなかお湯にならない」などの症状があると故障を疑う人も多いと思いますが、温度調節の不具合は部品の調節や交換でも直せる可能性があります。


サーモスタット混合水栓の交換を業者に依頼した場合の費用について紹介

サーモスタット混合水栓の寿命や故障による不具合は、水栓を交換することで修理できる可能性があります。

水栓の全体交換を検討する際は、まず「費用がどれくらいかかるのか」の相場を知っておくと安心できると思います。

そこでここからは、交換を水道業者に依頼した場合の費用についてご紹介いたします。

生活救急車でサーモスタット混合水栓の交換を行った場合の料金事例

サーモスタット混合水栓の交換を業者に依頼した場合の費用は、交換する水栓の種類や作業内容によって異なります。

正確な料金を知りたいときは、業者に相談して現地での見積もりを依頼することをおすすめいたします。

ここでは費用をイメージしやすいように、生活救急車でサーモスタット混合水栓の交換を行った場合の料金事例をご紹介したいと思います。

※作業当時の料金の為、料金体系・税率が現在と異なる場合がございます。

浴室壁付きサーモ取付


浴室蛇口(サーモスタット)の交換

  • 項目内容 料金(税込)
  • 浴室混合水栓(壁付)交換 10,800円
  • 部品代 37,184円
  • 基本料金 4,320円
  • 合計 52,304円
  • >>>この事例の詳細を見る

浴室水栓(サーモスタット)の交換

  • 項目内容 料金(税込)
  • 浴室混合水栓(壁付)交換 10,800円
  • 部品代 42,984円
  • 基本料金 4,320円
  • 合計 58,104円
  • >>>この事例の詳細を見る

台所のサーモ水栓交換

  • 項目内容 料金(税込)
  • 台所混合水栓(壁付)交換  69,120円
  • 配管工事 75,600円
  • 基本料金 4,320円
  • 合計 149,040円
  • >>>この事例の詳細を見る

サーモスタット混合水栓はDIYで交換できる?必要な準備・やり方を紹介

サーモスタット混合水栓は、交換用の水栓や工具を自分で用意できればDIYで交換作業を行うことも可能です。

そこでここからは、サーモスタット混合水栓を自分で交換する場合に必要な準備や交換手順についてご紹介したいと思います。

サーモスタット混合水栓のDIY交換では「設置タイプに注意」

サーモスタット混合水栓には、壁に取り付ける「壁付タイプ」と、浴槽やシンクに取り付ける「台付タイプ」の2種類があり、同じタイプの水栓どうしのみ交換できます。

この2種類は、「給水管との接続部分の位置」の違いで見分けられるので、自分で購入するときは忘れずに確認しておきましょう。

壁付タイプは基本的に「水栓本体の後ろ」、台付タイプは「水栓本体の下」に接続部分が取り付けられています。

水栓を購入する前に「取付穴のサイズ・距離を測っておく」

壁付・台付に関係なく、水栓を設置する場所には給水管を接続するための「取付穴」が開けられています。

交換用の水栓は、この取付穴のサイズや距離に合ったものでないと取り付けられないので注意しましょう。

取付穴の規格はメーカーが異なっていてもある程度共通していますが、念のため既存の水栓を一旦外して「取付穴の大きさ」「取付穴の中心どうしの距離」を測っておくといいでしょう。

サーモスタット混合水栓(壁付タイプ)の交換手順

ここでは、壁付タイプのサーモスタット混合水栓の交換手順をご紹介いたします。

水栓の交換作業は、必ず水道の元栓を閉めた状態で行いましょう。

必要な道具

  • ・交換用の水栓
  • ・シールテープ
  • ・レンチまたはウォーターポンププライヤー

※種類・品番・サイズなど、買い間違いにご注意ください。


交換手順

1.水栓本体の後ろについているナットを2つともレンチでゆるめます。

2.水栓を手前に引き抜きます。壁側には取付脚が残ります。

3.クランク管を反時計回りに回して外します。固くて回せないときはレンチを使いましょう。

4.壁側の接続部分にシールテープが残っていたときは、すべて取り除いておきます。また、周囲が汚れていたら清掃しておきましょう。

5.交換用の水栓を用意し、取付脚の接続部分に新しいシールテープを巻きます。時計回りに6~7周くらい、たるみが出ないように少し引っ張りながら巻きつけましょう。

6.壁面の開口部に取付脚をはめ込み、時計回りに回して接続します。このとき、取付脚を戻す(反時計回りに回す)とシールテープが剥がれて防水効果がなくなってしまうため、やり直すときはシールテープを巻く手順から行います。

7.水栓本体を取り付けて、ナットをレンチで締めて本体を固定します。

8.止水栓を開けて、水を出してみて動作確認を行ったら完了です。

サーモスタット混合水栓(台付タイプ)の交換手順

ここでは、台付タイプのサーモスタット混合水栓の交換手順をご紹介いたします。

水栓の交換作業は、必ず水道の元栓を閉めた状態で行いましょう。

必要な道具

  • ・プラスドライバー
  • ・レンチまたはウォーターポンププライヤー
  • ・立水栓取付レンチ

台付タイプの水栓は、水栓を設置している台の下側から作業を行う場合があります。狭い場所でのナットを操作する場合は、立水栓取付レンチがあると便利です。



交換手順

1.水栓のすぐ下にあるカバー部分のネジをドライバーでゆるめて、カバーを取り外します。

2.止水栓側→水栓(本体)側の順番で、立水栓取付レンチを使ってナットをゆるめ、給水管を取り外します。

3.取付穴部分の、本体を固定している締付ナットを立水栓取付レンチでゆるめて外します。さらに、座金→パッキンの順で取り外していきます。

4.上から本体を引き抜き、交換用水栓の取付脚を取付穴に差し込みます。

交換用水栓の取付脚に座金とパッキンがついたままになっている場合は、2つとも取り外しておきましょう。

5.点検口から、パッキン→座金の順番で各部品を取付脚にはめ込んでいき、最後にナットを取り付けて立水栓取付レンチで締めて固定します。

6.取付脚に給水管を接続します。取り付ける際は、必ず給水管の内側にパッキンが入っているかどうかを確認しておきましょう(入っていない場合は、交換前の給水管から持ってくるか、新しいパッキンを用意します)。

取り付けたら、給水管のナットを立水栓取付レンチで締めて固定します。

7.最後に止水栓を開けて水が出るかどうか、水漏れがないかを確認したら点検口のカバーを取り付けて完了です。


サーモスタット混合水栓の交換費用まとめ

今回は、サーモスタット混合水栓の交換費用についてご紹介させていただきました。

10年程度使用しているサーモスタット混合水栓が水漏れなどの故障を起こしているときは、寿命が近いので交換を検討することをおすすめいたします。

サーモスタット混合水栓はDIYでも交換することが可能ですが、手順が難しいと感じたときは業者に交換作業を依頼する方法もあります。

生活救急車ではサーモスタット混合水栓の交換を承っておりますので、お困りの際はお気軽にお問い合わせください。