さらに条件を追加する
LIBRARY

トイレ便座のみの交換費用はどれくらい?料金事例から見る相場とは

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
タグ
トイレ便座のみの交換費用はどれくらい?料金事例から見る相場とは

説明 トイレの便座だけを交換する場合の費用がわからなくてお困りではありませんか?交換を検討する場合、まず費用がいくらかかるのかが気になる人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、トイレの便座のみを交換する場合の費用や、業者に依頼した場合の料金事例をご紹介したいと思います。

トイレの便座だけを交換する場合の費用がわからなくてお困りではありませんか?

トイレ便座は脱着可能なタイプが多いので、便座だけを交換できる場合もあります。

しかし、実際に交換を行うときは交換作業にいくらかかるのかが気になるという人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、トイレの便座のみを交換する場合の費用や、業者に依頼した場合の料金事例をご紹介したいと思います。


トイレの便座だけを交換することはできる?

トイレの便座はプラスチック製が多く、陶器製の便器よりも早く劣化が始まることはよくあります。

そのため「便器やタンクはなんともないのに、便座だけ色がくすんできた」といった場合に、便座のみの交換を検討する人は多くいらっしゃいます。

そこでまずは、トイレの便座のみの交換が可能かどうかについてご説明したいと思います。

トイレ便座のみの交換は「トイレの種類によっては可能」

トイレ便座は「便座を脱着できる種類のトイレなら交換可能」です。

一般的なトイレは便座を外して掃除をしたり、便座だけを取り外して交換することができます。

しかし、「一体型トイレ」など便器・便座・タンクが一体になっているタイプは、一部分の不具合だけでも全体交換が必要になる場合もあるため注意が必要です。

一体型と便座のみの交換ができるトイレの見分け方

便器・便座・タンクが一体となっているトイレは「一体型」、それぞれがパーツごとに分かれているトイレは「分離型」といわれています。

一体型トイレは各パーツがつながっているためスッキリとした見た目をしており、タンクと便座の間に段差がないことが特徴です。

また、最近増えてきている「タンクレストイレ」も、一体型トイレの一種になります。


トイレ便座をDIYで交換する方法!便座の選び方から紹介

トイレの便座だけを交換する場合、作業内容はそれほど難しくないのでDIYで行うことも可能です。

そこでここからは、トイレ便座を自分で交換する方法についてご紹介したいと思います。

トイレ便座の交換方法は「温水洗浄機能の有無」で変わる

トイレ便座には、特に機能がついていない「普通便座」や、温水洗浄(ウォシュレット)などの機能がついている「温水洗浄便座」などの種類があります。

普通便座の交換手順は比較的簡単ですが、温水洗浄便座の場合は「給水管の取り外し・接続が必要」など少し難易度が上がる可能性があります。

温水洗浄便座をDIYで交換する場合は、取扱説明書などを見ながら手順をしっかり確認することをおすすめいたします。

交換用のトイレ便座は「既存の便器と同じサイズを選ぶ」

便座を交換する場合、交換用の便座はもともと取り付けられている便座と全く同じもの(メーカー・品番が同一)を選ぶと交換が楽です。

しかし、便座だと「新しくするなら、より便利な機能がついているものにしたい」と考える人は多いのではないでしょうか。その場合は、同じメーカーの別の製品を選ぶことになると思います。

種類の違う便座に交換するときは、あらかじめ現在の便器・便座のサイズを測っておき、同じサイズの製品かどうかを確認してから購入しましょう。

トイレ便座の交換に必要な道具

トイレ便座を交換するときは、下記の道具を用意しましょう。


  • ・ドライバー
  • ・モンキーレンチ
  • ・バケツや洗面器
  • ・雑巾
  • ・便座締め付け工具

便座締め付け工具とは、便座を便器に固定しているナットを動かすための道具です。交換用の便座に付属されている場合もありますが、付属されていないときは別で購入するか、レンチまたはプライヤーを使いましょう。


※種類・品番・サイズなど、買い間違いにご注意ください。


便座を交換するときは作業前に「止水栓を閉める」

交換作業を行う際の注意点ですが、交換を始める前は必ずトイレの止水栓を閉めてタンクの水を抜き、水が出ない状態にしておきましょう。

止水栓を開けたまま作業を行うと、給水管から水が噴き出して部屋が水浸しになってしまうおそれがあります。

また、可能であれば水道の元栓も閉めておきましょう。止水栓から先の給水管のトラブルも防ぐことができます。

トイレ便座(普通便座)の交換手順

ここでは、普通便座の交換手順をご紹介いたします。

※便座によって取り付け方が異なる場合があるので、詳しい手順については取扱説明書を確認することをおすすめいたします。

1.便座の裏側にあるナット(2か所)を、便座締め付け工具を使って取り外します。

ナットを外したら、便座を持ち上げて便器から取り外します。

2.便座の固定用パーツ(2つ)を便器に差し込んで、便座の裏側からナットを軽くはめ込んでおきます(完全には締めない)。

3.固定用パーツ、便座、ふたについている穴が全て重なるように位置を調整しながら、便座を取り付けます。

4.穴にボルトを通して位置や向きを微調整し、マイナスドライバーでボルトを閉めて固定させます。

5.(2)のナットを本締めして固定させ、便座やふたを動かしてがたつきがないか確認しましょう。

トイレ便座(温水洗浄便座)の交換手順

ここでは、ウォシュレット(シャワートイレ)など温水洗浄機能つきの便座を交換する方法をご紹介いたします。

※温水洗浄便座の種類によって取り付け方が異なる場合があるので、詳しい手順については取扱説明書を確認することをおすすめいたします。

1.止水栓とつながっているナットをゆるめて、給水管を取り外します。このとき、給水管の中の水がこぼれてくることがあるため、下に雑巾を敷いたバケツを置いておきましょう。

2.交換用の温水洗浄便座に付属されている分岐金具を止水栓に取り付けて、タンク側の給水ホースをタンクに取り付けます(接続部にパッキンが入っていることを確認)。

3.電源プラグとアースを抜き、便座の両端にある本体取り外しボタンを押しながら手前にスライドすると便座を取り外せます。取り外しボタンがないときは、便座の裏側にあるナットを外して上方向に抜き取ります。

便座の下にベースプレートがあるときは、ボルトやゴムブッシュを抜き取ってから取り外します。

4.交換用の温水洗浄便座を取り付けます。ベースプレートがあるときは、先にベースプレートを取り付けてから、上に便座をスライドさせて設置します。

5.給水ホース(温水洗浄便座側)を便座本体に取り付け、分岐金具と接続します。

6.コンセントにプラグとアース線を差し込み、止水栓を開けて動作確認をしたら完了です。

トイレ便座の交換を業者に依頼した場合の費用について紹介

トイレ便座の交換作業が難しいと感じたときは、業者に依頼して交換する方法もあります。

業者に作業を依頼する場合は、あらかじめ料金の相場がわかると安心できると思います。

そこでここからは、トイレ便座の交換を業者に依頼した場合の費用についてご紹介いたします。

生活救急車でトイレ便座の交換を行った場合の料金事例

トイレ便座の交換を業者に依頼した場合の費用は、交換する便座の種類など作業内容によって異なります。

正確な料金を知りたいときは、業者に相談して現地での見積もりを依頼することをおすすめいたします。

ここでは費用をイメージしやすいように、生活救急車でトイレ便座の交換を行った場合の料金事例をご紹介したいと思います。

普通便座の交換

  • 項目内容 料金(税込)
  • 基本料金 4,400円
  • 交換取付 普通便座 10,000円
  • カクダイ 普通便座 部品代 1,817円
  • 合計 16,217円

  • >>>この事例の詳細を見る

温水洗浄便座の交換

  • 項目内容 料金(税込)
  • 基本料金 4,400円
  • 交換 温水洗浄便座 12,100円
  • 廃材処分費 3,300円
  • 合計 19,800円

  • >>>この事例の詳細を見る

便座交換(普通便座)

  • 項目内容 料金(税込)
  • 基本料金 4,400円
  • LIXIL 部品代 6,820円
  • 便座交換 普通便座 11,000円
  • 廃材処分費 2,200円
  • 合計 24,420円

  • >>>この事例の詳細を見る

トイレの便座(温水洗浄便座)交換

  • 項目内容 料金(税込)
  • 基本料金 4,400円
  • 温水洗浄便座交換 16,500円
  • 止水分岐キャップ止水 軽作業 8,800円
  • 三栄 便座 部品代 4,300円
  • 合計 34,000円

  • >>>この事例の詳細を見る

温水洗浄便座交換

  • 項目内容 料金(税込)
  • 基本料金 4,400円
  • 温水洗浄便座交換 16,500円
  • TOTO 部品代 61,600円
  • 廃材処分費 6,600円
  • 合計 89,100円

  • >>>この事例の詳細を見る

トイレ便座のみの交換費用まとめ

今回は、トイレ便座の交換費用についてご紹介させていただきました。

トイレ便座は、一部の種類を除けば単体でも交換を行うことができます。

交換用の便座を自分で用意する場合は、メーカーを確認する、サイズを調べるなどの準備をしっかり行いましょう。

便座の交換作業はDIYで行うことも可能ですが、自分で交換するのが難しい場合は業者に依頼する方法もあります。

生活救急車ではトイレ便座の交換を承っておりますので、お困りの際はお気軽にお問い合わせください。

ユーザー評価:  5.0 (1件)

以前、自分で便座の交換をしましたが今は腰も痛めており自分ではかなりキツイと感じ業者に頼もうと思いました。費用面で不安が有りましたが納得できました。