さらに条件を追加する
LIBRARY

シロアリ駆除の相場はいくら?料金事例から見る費用の目安を解説

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
タグ
シロアリ駆除の相場はいくら?料金事例から見る費用の目安を解説

説明 シロアリ駆除費用の相場がわからなくてお困りではありませんか?悪質な業者によるトラブルを予防するには、シロアリ駆除の相場やかかる費用の情報を集めておくことが大切です。そこで今回は、シロアリ駆除の相場や料金事例、費用の目安について解説したいと思います。

シロアリ駆除費用の相場がわからなくてお困りではありませんか?

「見積もりを取ってみたら、思っていた相場と違った」という経験をしたことがある人もいるかもしれません。

シロアリが発生したときは早めに対処すると安心ですが、慌てて適当な業者に依頼をするとトラブルの原因になる場合があるので、まずは相場やかかる費用の情報を集めることも大切です。

そこで今回は、シロアリ駆除の相場や料金事例、費用の目安について解説したいと思います。


シロアリ駆除にかかる費用とは?相場の確認方法を紹介

シロアリ駆除を業者に依頼した場合、駆除を行う前にまず「見積もり・調査」から始めます。

シロアリの被害箇所や規模などを調べて駆除のやり方を判断し、シロアリ駆除の施工にいくらかかるかを概算して見積もりを出します。

駆除にかかる費用は見積もりを確認すればわかりますが、はじめてシロアリ駆除を依頼するときは見積もりの金額が高いのか安いのかわからない人がほとんどだと思います。

そこでまずは、シロアリ駆除の相場を確認する方法についてご紹介いたします。

シロアリ駆除の相場は「相見積もり」でをチェック

シロアリ駆除の相場を確認したいときは、複数の業者に見積もりを依頼して内容を比較する「相見積もり」がおすすめです。

業者によって持っている道具やノウハウが異なるため、同じ場所のシロアリ駆除でも施工内容や料金に違いが出ることがあります。

このような違いを見極めるときは、それぞれの見積もり内容を比べるとわかりやすくなります。

相見積もりでは「最低3社ぶん」の見積もりを取るのがおすすめ

相見積もりを行うときは、最低でも3社ぶんの見積もりを取っておくとより比較しやすくなると思います。

見積もりを比べて相場を把握したうえで、施工内容や料金に納得した業者に依頼をしましょう。


シロアリ駆除を業者に依頼した場合の費用について紹介

「見積もりをする前に大体の相場を確認したい」という場合は、検討している駆除作業の規模や内容と似た事例を確認すると費用がイメージしやすくなると思います。

そこでここからは、シロアリ駆除を業者に依頼した場合の費用についてご紹介いたします。

※作業当時の料金の為、料金体系・税率が現在と異なる場合がございます。

生活救急車でシロアリ駆除を行った場合の料金事例

生活救急車では、シロアリ駆除に対応しております。

ここでは、生活救急車で屋根修理を行った場合の料金事例をご紹介いたします。

シロアリ対策


シロアリ駆除・予防

  • 項目内容 料金(税込)
  • アリ駆除(薬剤散布) 51,840円
  • アリ駆除(薬剤注入) 21,600円
  • アリ予防(防カビ) 25,920円
  • 合計 99,360円
  • >>>この事例の詳細を見る

シロアリ駆除


シロアリの駆除

  • 項目内容 料金(税込)
  • 床下シロアリ駆除消毒 28.25坪 186,450円
  • ハツリ作業(床下) 5ヶ所 38,500円
  • 外周・壁面消毒 15,000円
  • 合計 239,950円
  • >>>この事例の詳細を見る

シロアリ駆除等

  • 項目内容 料金(税込)
  • シロアリ予防と駆除(36m) 174,960円
  • 床下防カビ処理(36m) 77,760円
  • 床下調湿材 10個 146,880円
  • 合計 399,600円
  • >>>この事例の詳細を見る

シロアリ駆除の費用相場は何で決まる?施工方法・施工範囲以外の条件とは

ここまでシロアリ駆除の料金事例をご紹介しましたが、「駆除費用はどのようにして決められているのかが疑問」という人もいるかと思います。

見積もりの内容がもっと詳しく知りたい場合は、シロアリ駆除にどのような費用がかかるのかを知っておくといいでしょう。

ここからは、シロアリ駆除の費用相場がどんな条件で変わるのかなどについて解説いたします。

シロアリ駆除の『バリア工法』『ベイト工法』とは?施工方法と相場の違いを解説

シロアリ駆除作業では、おもに『バリア工法』と『ベイト工法』の2つが使われています。

  • 【バリア工法】

バリア工法は、消毒剤・殺虫剤などの薬剤を被害箇所に散布して駆除を行います。

後ほどご紹介するベイト工法と比べると安価な駆除方法で、即効性や薬剤による予防効果も期待できます。

ただし、薬剤を建物に撒くため、小さな子供やペットへの薬害が心配な場合や、建物の構造上、薬剤の散布ができない場合はほかの方法が使われることがあります。

  • 【ベイト工法】

ベイト工法は、ベイト剤という毒餌を土壌に設置してシロアリの巣に持ち帰らせ、食べさせて駆除します。

シロアリ駆除のベイト剤は「脱皮を阻害する薬」なので、人や犬・猫など脱皮をしない動物には無害です。

ただし、バリア工法より相場が高くなる傾向にあることや、効果が出るまでに少し時間がかかるといったデメリットもあります。

実際にシロアリ駆除を行うときは、業者が建物の状況などを見てどちらの工法を使うかを決定しますが、場合によっては両方のやり方を使うこともあります。

シロアリ駆除の施工費は「1㎡」や「1坪」ごとに設定されている

シロアリ駆除業者のチラシやホームページを見てみると、駆除費用は「㎡(平米)単価」「坪単価」などで表記されていることが多いです。

たとえば30坪の建物にシロアリ駆除を行う場合で、1坪の駆除費用が5,000円の業者に依頼すると、費用の合計は「5,000円×30=15万円」となります。

基本的に「駆除の範囲が広くなるほど相場も上がっていく」ことを考慮しておきましょう。

「1坪」は「約3.3㎡」

ホームページなどで業者の相場を比較する場合、業者によって施工費用の単価が「1坪」「1㎡」と、表記がばらついていることがあります。

「1坪」は「約3.3㎡」なので、1㎡より広い範囲の単価を示しています。

業者間で記載されている単価の単位が異なるときは、参考にしておくといいでしょう。

シロアリの『被害箇所』によって駆除費用の相場が変わる可能性がある

「シロアリの被害が建物のどの場所で出ているのか」によっても、施工費用が変わる可能性があります。

建物の構造上施工が難しい場所や、浴室などタイル張りの部屋は薬剤を散布しにくいため、その分複雑な作業をすることになり、費用が上がる場合があります。

また、木材の内部にシロアリがいるときなどは、木材に穴を開けてその穴から薬剤を注入する方法が使われることがあり、この場合に穴を開ける工事の費用が発生する可能性もあります。

シロアリに木材を食べられたときは駆除後に「補強工事」をすると安心

シロアリの被害が進行していた場合、建物の木材が食害で弱っていることも考えられます。

シロアリに食べられた木材を放置していると建物の強度や価値が下がってしまうおそれがあるので、シロアリの被害状況によっては駆除後に補強工事が必要になる場合もあります。

補強工事では材料費や工事費用が発生するため、工事を検討しているときは駆除のときと同様に見積もりを取っておきましょう。

シロアリ駆除を行った後は『予防対策』で再発防止

シロアリが発生した場所は、シロアリにとって過ごしやすい環境である可能性が高いです。

そのため、シロアリ駆除を行った後はまたシロアリが発生しないように予防対策も依頼しておくと安心です。

予防対策のやり方は、たとえば下記のような方法があります。

  • 【シロアリ予防対策の一例】
  • ・消毒剤を散布してシロアリを寄せ付けにくくする
  • ・調湿剤を設置して湿気対策をし、シロアリが好む環境をつくらない
  • ・点検口を作成して施工後のメンテナンスを簡単にする

シロアリ駆除の相場・費用の目安まとめ

今回は、シロアリ駆除の相場・費用の目安についてご紹介させていただきました。

シロアリ駆除の費用は、被害箇所の大きさや作業内容によって異なるため、正確な料金を知りたいときは現地での見積もりを依頼することをおすすめいたします。

生活救急車ではシロアリ駆除作業を承っておりますので、お困りの際はお気軽にお問い合わせください。まずは、現地見積もりからご対応させていただきます。