さらに条件を追加する
LIBRARY

カクダイのシャワーヘッドでおすすめはどれ?水圧・節水能力の比較結…

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
タグ
カクダイのシャワーヘッドでおすすめはどれ?水圧・節水能力の比較結果

説明 カクダイのシャワーヘッドを探していませんか?値段が高いイメージを持たれがちですが種類によっては低コストで交換も可能なので探してみるのもおすすめです。そこで今回はカクダイのシャワーヘッドのおすすめ製品をいくつかご紹介したいと思います。

カクダイのシャワーヘッドを探していませんか?

大手メーカーの製品を選ぶと失敗が少ないですが、その中でもどんなものがいいのか迷ってしまうこともあると思います。

値段が高いイメージを持たれがちですが種類によっては低コストで交換も可能なので探してみるのもおすすめです。

そこで今回はカクダイのシャワーヘッドのおすすめ製品をいくつかご紹介したいと思います。


カクダイのシャワーヘッドおすすめ製品【水圧】

マンションの高層階や浄水場から距離がある場所など原因はさまざまですが、シャワーから出る水が弱くて困っている方もいらっしゃると思います。

水圧が弱いと思うようにシャワーが浴びれずストレスに感じてしまったり、効率が悪く水を多く使ってしまう原因にもなります。

元々水圧が弱い場合は根本的な解決は難しいですが、低水圧用のシャワーヘッドを取り付けることで水流に勢いを付けることが可能です。

そこでここでは、カクダイのシャワーヘッドで水圧を上げることができる製品をご紹介します。


カクダイ 低水圧用マッサージストップシャワーヘッド



水圧が低いシャワーもヘッドを交換するだけで勢いのある水流にすることが可能です。2種類のシャワーを切り替えることができ低水圧でもマッサージ効果を得ることができます。


カクダイ シャワヘッド クリア 節水・低水圧用 



低水圧に対応するだけでなく、節水効果も得られるタイプのシャワーヘッドです。細身なので手が小さな子供でもしっかり握ることができます。

価格もリーズナブルなのでコストを抑えたい方におすすめです。


カクダイ 超低水圧シャワーヘッド


※種類・品番・サイズなど、買い間違いにご注意ください。


低水圧のシャワーでも勢いのあるシャワーにすることができます。他の便利機能は特についていないので『とりあえず低水圧を何とかしたい!』という方におすすめです。


カクダイのシャワーヘッドおすすめ製品【節水】

シャワーヘッドの効果の中でポピュラーなのが節水効果です。水を止めるのが面倒でついつい出しっぱなしにしてしまうシャワーは、意外と水道代の高騰に繋がってしまいます。

ヘッドの穴の数や大きさによっては使用感が悪く、なかなかせっけんなどを洗い流せなくて水を使いすぎてしまうこともあります。

このような場合はシャワーヘッドを交換することでシャワーの効率をあげて節水することができます。

ここでは、カクダイのシャワーヘッドで節水効果がある製品をご紹介します。


カクダイ リラックスストップシャワー



カクダイの通常製品と比較して35%程の節水効果を得ることができます。シャワーの穴は0.3㎜で261個開いているため、微細で優しい使用感です。

一時止水ボタンを使えばさらに節水効果を上げることができます。完全止水しないことで器具の破損対策もばっちりです。


カクダイ 浄水ストップシャワー ピュアラ



一時止水ボタン、0.3㎜の261個の穴を使用することで節水効果を得ることができます。

節水効果だけでなく、浄水カートリッジを使用することで残留塩素を除去し髪の毛や肌に優しいシャワーを浴びることができます。


カクダイ バス 節水マッサージシャワー


※種類・品番・サイズなど、買い間違いにご注意ください。


マッサージと通常のシャワーの2種類を使い分けながら節水することができる優れものです。

ワンタッチでモード切替が行えるので、シャワー中でも簡単に操作することができます。


カクダイのシャワーヘッドは自分で交換できる?

気になるシャワーヘッドを見つけられたら今度は交換を行う必要があります。交換作業自体はとても簡単なので自分で挑戦してみるのもおすすめです。

ただし新しいシャワーヘッドを購入する前に確認しておくこともあります。

ここでは、カクダイのシャワーヘッドを自分で交換する方法をご紹介します。


カクダイのシャワーヘッド交換をするときに必要なもの

カクダイに限らずシャワーヘッドを交換するときに気を付けなければならないのが『正しい部品を選ぶ』ことです。

シャワーヘッドはさまざまなメーカーがあり、取り付けできるものとできないものがあります。同じメーカー同士なら基本的に取り付けることができますが、異なるメーカーのホースにカクダイのヘッドを取り付けるなら『アダプター』が必要です。

最近ではアダプターがヘッドにセットになっている場合や、さまざまなメーカーのアダプターがセットで販売されている物もあります。

既存のシャワーがカクダイと異なる場合はヘッドと一緒にアダプターも購入するようにしましょう。


カクダイ同士でも交換できない可能性もある

メーカーが同じカクダイ同士でも、シャワーホースとヘッドが一体化しているタイプの製品はヘッドのみの交換はできません。

新しい部品を購入する前に、ヘッドとホースのつなぎ目部分が回るか確認するようにしましょう。

既存のシャワーが一体化している場合は、ホースも一緒に交換する必要があります。




カクダイのシャワーヘッドを交換する手順

新しい部品が用意できたら下記の手順で交換を行いましょう。


  • 【準備するもの】
  • ・新しいシャワーヘッド
  • ・ゴム手袋

  • 【交換手順】
  • 1.シャワーヘッドを反時計回りに回して取り外す。(固くて動かない場合はゴム手袋を付けるとやりやすい)
  • 2.新しいシャワーヘッドを時計回りに回してしっかり閉める。
  • ※異なるメーカーのシャワーヘッドから交換する場合は、ヘッドを取り付ける前にアダプターをホースに設置してください。

カクダイのシャワーヘッドのおすすめまとめ

今回は、カクダイのシャワーヘッドのおすすめ製品をご紹介しました。

最近ではネットショップやホームセンターでさまざまな商品を見かけますが、種類が多すぎて結局どれがいいのか選べない方も多いと思います。

大手メーカーの製品でもコストを抑えつつ節水や低水圧にも対応できる物が多く販売されているため、迷ったときはカクダイのような大手メーカーのシャワーヘッドを選ぶと失敗しにくいのでおすすめです。

交換作業も手順に沿えば自分で行えるので、試してみてはいかがでしょうか。