さらに条件を追加する
LIBRARY

毛虫がベランダに発生する原因と駆除・予防対策のやり方とは?

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

対応カテゴリ
サブカテゴリ
タグ
毛虫がベランダに発生する原因と駆除・予防対策のやり方とは?

説明 毛虫がベランダに発生して困っていませんか?毛虫の種類によっては、毛にさされると腫れてしまう毒をもったものもいるので、見つけたら早めに駆除するのが安心です。そこで今回は、毛虫がベランダに発生する原因と駆除・予防対策のやり方をご紹介します。

毛虫がベランダに発生して困っていませんか?

ベランダに植物を置いているわけでもないのに、『いつの間にか毛虫がやってくる』という人もいらっしゃると思います。

毛虫の種類によっては、毛にさされると腫れてしまう毒をもったものもいるので、見つけたら早めに駆除するのが安心です。

そこで今回は、毛虫がベランダに発生する原因と駆除・予防対策のやり方をご紹介します。

毛虫がベランダに発生する原因と時期とは

毛虫は木やプランターなどの植物の近くに生息しているイメージが強いですが、『植物を置いていないベランダにもいる』ことがあります。

1匹や2匹なら風などで偶然飛んできたことも考えられますが、5匹6匹と数が多いのであれば、ベランダに毛虫を引き寄せる何かがあると考えたほうがいいでしょう。

ここでは、ベランダに毛虫が発生する原因と時期についてご紹介します。


毛虫がベランダに発生する原因は『苔(菌類)』

「何にも置いていないのにベランダに毛虫がいっぱいいるんです」というときに、よく見かけるのが『ヤネホソバ』という毛虫です。

一般的なよく見かける毛虫は植物を餌としますが、ヤネホソバは『苔(菌類)』を食べます。

ベランダや家の外壁には、ヤネホソバの餌となる『苔』が発生することがあるので、運が悪いとヤネホソバが『びっしり!』集まってくることがあります。


苔がないのにヤネホソバがいる?

ベランダや家の外壁、軒下や雨樋の配管近辺には、「肉眼では確認できない」けれど苔が生えていることがあります。

ヤネホソバの場合は大きくなる前の苔も餌にするので「苔が見えない」ときにもベランダにヤネホソバが大量発生することもあります。

また、外壁や軒下の苔を食べていたヤネホソバが新たな餌を求めてベランダに降りてくることもあります。

梅雨の時期は特に苔が生えやすくなっているので、ヤネホソバを見かける機会が増えるでしょう。


毛虫がベランダに発生する時期

ベランダに発生する毛虫は、3月の下旬から徐々に発生し始め6月~7月、8月~9月にかけて年に3回ほど発生するといわれています。

特に6~7月の梅雨の時期は湿気が多く、ヤネホソバの餌となる苔が発生しやすくなるため、ヤネホソバをベランダで見かける可能性も高くなります。

ヤネホソバは大量に発生しても集団でまとまっていることが多いので、自分で一気に駆除して数を減らすことも可能です。


>>>ベランダに発生した毛虫を自分で駆除する方法

毛虫がベランダに発生したときに注意したいこと

ヤネホソバは毒を持っているため、触ると激しいかゆみ・腫れ・発疹などを引き起こします。

注意していても「洗濯物にくっついていた」ということがよくあるので、うっかり刺されてしまうということもあります。

万が一触れてしまったら応急処置を行い、症状がひどい場合は医療機関を受診しましょう。


毛虫に触れてしまったときの応急処置

毛虫に触れてしまったときは、下記の方法で応急処置をしましょう。

ひどいかゆみが出ている場合患部を掻いてしまいがちですが、毛虫の毒針毛が奥に入ってしまったり、他の症状を伴う可能性があるため触らないようにしましょう。


  • 【毛虫に刺されたときの応急処置方法】
  • 1.セロテープなどの粘着テープを患部に張り、毒針毛を取り除く。
  • 2.患部を流水で洗い流す。
  • 3.抗ヒスタミン軟膏を塗り、症状がひどい場合は皮膚科を受診する。


※種類・品番・サイズなど、買い間違いにご注意ください。


毛虫がベランダに発生したときの駆除方法

ここでは、ベランダに毛虫がいた際の駆除方法をご紹介します。


ベランダに発生した毛虫を自分で駆除する方法

ベランダに発生した毛虫は、自分で駆除をすることも可能です。

駆除を行う際は素手で触れてしまわないように、きちんと対策してから作業に取り掛かるようにしてください。


  • 【準備するもの】
  • ・長袖、長ズボン
  • ・軍手
  • ・長靴
  • ・ほうき
  • ・ちりとり
  • ・割りばし
  • ・ビニール袋
  • ・ガ用エアゾール殺虫剤

  • 【毛虫の駆除方法】
  • 1.長袖・長ズボン・軍手などを着用し毛虫が皮膚に付かないように対策する。
  • 2.集団でいる毛虫に『毛虫・蛾用のエアゾール殺虫剤』を噴射する。
  • 3.死骸が落ちたらほうきなどで集めてゴミ袋に捨てる。ほうきで拾えない分は割りばしなどを使ってつまむ。
  • ※死んでいても毒針毛は毒を持っているため絶対に素手で触らない。
  • 4.毛虫がいた場所にもう一度殺虫剤を噴射する。
  • 5.毛虫を入れたゴミ袋は早めにゴミに出すようにする。





大量に発生したベランダの毛虫の駆除は難しい

先ほどご紹介したように『ヤネホソバ』は集団でまとまっていることが多いです。

そのため駆除を行うのが比較的簡単に見えますが、複数ヶ所で大量に発生している場合は一度駆除しても再発する可能性が高いでしょう。

ベランダだけでなく、軒下や雨樋の近くなどに毛虫が大量に発生しているようなときは、業者による本格的な駆除をおすすめします。


毛虫をベランダに発生させないための予防対策

毛虫が発生しやすい梅雨の時期や駆除を行った後は、毛虫を発生させないための予防対策をやっておいたほうがいいでしょう。

ここでは、毛虫がベランダ発生しないための予防方法をご紹介します。


ベランダ以外にも毛虫が発生しそうな場所をチェック

ベランダ以外の場所で毛虫が発生していた場合は、ベランダの対策を行っていてもそこから移動してきてしまうこともあります。

そのため、以下のような毛虫が発生しやすい場所をチェックして予防しておくのがおすすめです。


  • 【ベランダ以外の毛虫が発生しやすい場所一覧】
  • ・屋根瓦
  • ・外壁
  • ・木の幹
  • ・雨どいの隙間
  • ・ベランダで育てている植物

ベランダ以外にもこれらの場所は苔が発生しやすいため、毛虫が出る可能性があります。屋根や外壁雨どいの隙間はなかなか目に付きにくいため、見落としがちなので注意が必要です。

また、庭に木がある場合やベランダで植物を育てているときは、木の幹やプランターに苔が生えたりヤネホソバ以外の毛虫が発生する可能性もあります。

ベランダの対策を行う際に一緒に確認して、毛虫予防を行うようにしましょう。


ベランダの毛虫予防対策1.苔を定期的に掃除する

ベランダに発生する毛虫のエサである『苔』をしっかり掃除することで毛虫を予防することができます。苔はブラシでこすれば落とすことができますが、日が当たらない常に湿っている場所や、根が深く張っているときは再発しやすいです。

苔を発生させないためには、熱湯やカビ取り剤を用いた掃除方法が効果的です。

カビ取り剤はお風呂やキッチンで使用するものでかまいません。苔に吹きかけて一定時間(カビ取り剤の種類による)放置し、ブラシでこすり落とします。

(※外壁が変色する恐れがあります。使用する前に、目立たない場所で確認しましょう。)

熱湯を使用するときは、沸騰させたお湯を苔に直接かけて(火傷に注意!)ブラシでこすり落とします。お湯の温度が低いと逆に苔の繁殖を手助けしてしまうため、できるだけ高温の状態で使いましょう。



※種類・品番・サイズなど、買い間違いにご注意ください。



※種類・品番・サイズなど、買い間違いにご注意ください。


ベランダの毛虫予防対策2.市販の忌避剤を散布する

苔の掃除が済んだら毛虫用の忌避剤を散布しておくと、毛虫が大量に発生するのを防ぐことができます。

忌避剤はネットショップやホームセンターなどで購入可能です。

忌避剤を使用しても苔の掃除を行っていないと、エサを求めて毛虫が集まってくるため、必ず苔の除去を先に行いましょう。


忌避剤を使っても毛虫が寄ってくる理由

忌避剤を使っていても、下記のような場合は毛虫が寄ってくることがあります。


  • ・忌避剤を撒いた後に雨が降ってしまった
  • ・近くに公園や林など植物が多い場所がある
  • ・庭に植物がたくさんある

上記のような状況だと、忌避対策をしていても毛虫が風で飛んできたり、忌避対策をする前に卵が産み付けられていてそれが孵化してしまうということがあります。

そのため、梅雨の時期に毛虫がたくさん発生するという人は、毛虫の駆除剤を事前に用意して見つけたら都度駆除するという対策を用意しておいたほうがいいでしょう。


>>>毛虫用殺虫剤の選び方とは?発生時期・種類・刺されたときの応急処置を解説



※種類・品番・サイズなど、買い間違いにご注意ください。


毛虫の駆除を業者に依頼した場合の費用

毛虫の駆除を業者に依頼したいと思ったときに、大体の料金がわかっていると依頼しやすいと思います。

そこでここでは、毛虫の駆除を業者に依頼した場合の費用をいくつかご紹介します。業者に依頼する際のご参考になれば幸いです。


生活救急車の毛虫駆除の料金事例

ここでは、生活救急車で毛虫駆除作業を行った際の料金事例をご紹介します。

※作業当時の料金のため、料金体系・税率が現在と異なる場合がございます。



毛虫が発生した庭の梅の木の伐採

  • 項目内容 料金(税込)
  • 伐採 低木 数量1 6,000円
  • ごみ処分 枝葉 数量10 5,000円
  • 合計 11,000円

>>>事例の詳細はこちら

 

毛虫がついた柚子の木の剪定

  • 項目内容 料金(税込)
  • 剪定 21,600円
  • 合計 21,600円

>>>事例の詳細はこちら

 

毛虫が発生した庭木の消毒

  • 項目内容 料金(税込)
  • 庭木消毒 25,000円
  • 合計 25,000円

>>>事例の詳細はこちら


毛虫がいっぱいついた松の木の剪定

  • 項目内容 料金(税込)
  • 松の木 剪定 32,400円
  • 合計 32,400円

>>>事例の詳細はこちら

 

ハチと毛虫の駆除

  • 項目内容 料金(税込)
  • 害虫駆除 54,000円
  • 合計 54,000円
 

>>>事例の詳細はこちら

 

毛虫がベランダに発生する原因と駆除・予防対策のやり方まとめ

今回は、毛虫がベランダに発生する原因と駆除・予防方法をご紹介しました。

ベランダに発生する毛虫は主に『ヤネホソバ』という種類で、苔を食料として生息しています。ベランダの苔をそのままにしておく、とエサを求めて外壁を這い上がって来るので注意が必要です。

ヤネホソバは集団で生息していることが多いため、殺虫剤をかければ駆除することができますが、大量発生しているときは無理せず業者に依頼した方がおすすめです。

生活救急車でも毛虫の駆除作業を承っております。お困りの場合は、お気軽にお問い合わせください。

ユーザー評価:  4.0 (1件)